【韓国ドラマ】ロマンスは別冊付録 の感想 素敵なセリフがたくさん出て来るよー

ロマンスは別冊付録を視聴しました!いやーやっぱりイ・ジョンソクはロマンチックなのが似合って素敵だなってしみじみ思わされてしまいました。彼ってすっごい美形っていうより雰囲気イケメンだなと思ってるんだけど、その彼の持つ雰囲気がこのドラマのチャ・ウノという役とリンクして非常にはまっていました。年下の彼氏役が似合うっていうか、若いけどしっかりしてて頼りになる年下の男が似合うんだと思うんだよなあ。そういう理想を体現してくれる感じがあるわー

 

スポンサーリンク


 

ヒロインのカン・ダニ役のイ・ナヨンとの相性も非常に良くて、とっても素敵な二人でした。イ・ナヨンの声も良くて「ウノや」ってちょっと甘えと親しみを含んだ呼ぶ声が最高に可愛い。そしてダニのちょっとおばさん感とキュートさを失わない感じも非常にうまく表現されてていいんだよなあ。やっぱり年下の男は綺麗なヌナを好きっていうのがいいじゃないですか。そういうドラマっぽい定石がしっかり綺麗に表現されててめっちゃ良かったなあ。親しみを感じられる部分とロマンチックな部分のバランスもとっても良かったし!

あと、私が一番良かったなと思ったのは、姉と弟としての感情を持っていた二人が恋愛感情を持つにいたったのかという過程が非常に丁寧に描かれていたことです。小説や詩が沢山出てくるので、それとリンクして語られる彼らの心情にこちらの感情も揺すぶられてしまう。あと離婚を経験することで求める愛のカタチが変わることもあるんだろうななんてことも思ったなあ・・・

「月が綺麗ですね」とか「冬から春に変わる正確な瞬間が分からないように、いつ好きになったのかははっきり分からない」とか、心に残るセリフがいっぱいありました。小説や詩の引用も多くてとっても素敵なんです。あと、古い本が最近変わってきたのは、本自体は変わっていないけど、自分が変わったからだっていうセリフが出てくるシーンみたいに人間を「本」に例えているのも興味深かったですね。出版社が舞台ということもあって本についてのお話がストーリーに絡めてあるのが楽しかったなあ。私も本が好きなので、そういうのが嬉しかったし、なんだか本を読みたくなっちゃうドラマでしたよ!

しかし二人の関係の中でひとつ気になったのは、ダニの娘のことが徹底して描かれないことでしょうかね。韓国ドラマでは留学してる設定が多いけど、そんなに小さいころから子どもだけで留学されるのって多いのかなあ?でもまあロマンチックさを前面に置くためにはいっそ潔いくらい棚上げしてしまうしかないのかなとも思いますが。

そしてサブキャラ達も非常に個性的でみんな素敵だったな!ラブコメのコメディー的な部分は彼らが担ってた感じ。

キム・テウの演じる代表はいきなり男たちの挽歌のチョウ・ユンファで笑った。マッチくわえてるし。こんな人が代表だからキョル出版とっても楽しそう。そうそう出版社の内装もとっても素敵だったなー!

キム・テウがこういう明るい役を演じてるとなんか嬉しい。その冬、風が吹くのムチョルの悲しい役のイメージが強いからかな・・・

そしてめっちゃ好きなキム・ソニョンが創立メンバーのソ・ヨンア役で出てたのも嬉しい。なんかパワーがあって好き。

考えてみたら創立メンバーはみんな個性的だったな・・・ あとはキム・ユミとチョ・ハンチョルだもんな。彼らに全く負けてなかったイ・ジョンソクすごい。

 

ソン・ヘリン役だったチョン・ユジンはイ・ジョンソクとW-君と僕の世界-でも共演してましたね!あのドラマではあんまり印象に残らない感じだったのに、ここではちょっと極端な役がうまい具合にはまってて良かったです。無表情だと怖い雰囲気なので感情が激し目な役の方が似合うかもー

まあその他のサブキャラ達も非常に濃いキャラなんだけど、なんかうまくまとまってたなー 散漫になってしまいそうだけど、本づくりに対しての情熱が彼らの真ん中に背骨として通った形でストーリーが展開していったからかもしれないな。

 

最近、夢中になって一気に見ちゃうドラマがあまり無かったんだけど、このドラマはとっても私の好みであっという間に見ちゃいましたよー やっぱりイ・ジョンソクはこういう役が似合うなあ。ロマンチックなラブコメを堪能しましたよー とっても面白かったです!

 

 

ロマンスは別冊付録が見れるのは・・・
⇒Netflix


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す