【台湾ドラマ】HIStory マイ・ヒーロー の感想 元カノのラン・シーがめっちゃ可愛そう・・・

「HIStory マイ・ヒーロー」を視聴しました。このタイトルはアーロン・ライが演じるマイ・インションの名前からですね。インションを漢字で書くと英雄なので、つまりヒーローってことですね。それとグー・スーレンにとってインションの存在がヒーローって意味合いもあるのかなあ。

ストーリーはBLではあるけれど、ちょっとひねった作りになっていて面白かったです。が、一番に思うのはラン・シーが可愛そうってことですね。気の毒~

 

スポンサーリンク


 

インション(男)とラン・シー(女)は恋人同士。本当は死ぬのはグー・スーレン(男)のはずだったんだけど、死神の手違いでラン・シーが死んでしまいます。すでに彼女の体は火葬されて戻れず、その後に死んだグー・スーレンの体に乗り移ることになります。そして死神に出された7日間以内にインションに愛されてキスされたら生き返れるという条件をなんとか叶えようとするのだが・・・というストーリー。

なのでスーレンとインションのやり取りに見えるくだりは実はラン・シー(外見はスーレンだけど)とインションなんですよね。見かけはBLだけど中身は違うというのがややこしい。スーレンがどんな人なのかが分からんやんと思うんですが、彼は日記帳を残してまして、そこに好きな人への思いがつづられており、ラン・シーはその好きな相手が誰かは分からないまま読んでいるものの、どうやらその相手にも愛されていたらしいことには気づきます。実はその相手はインションだったんですね~

そうです。インションはお嬢さまのラン・シーとつき合ってはいたけれど、本当に好きだった訳ではなくて実際に惹かれていたのはスーレンだったんですね・・・がーん!

そんな中、7日間の約束の時間までにインションに愛されなければいけないラン・シー。でもインションは彼女が好きなの?それともスーレンなの?というドキドキの展開になってしまいましてね(っていうか丸わかりだけど)。短編ドラマっていうのもあるけど、割とバッサリくる最後でラン・シー気の毒~ってなりました。ひえー

さて、笑っちゃったのがランニング後のペットボトルのくだりです。インションとスーレンがランニングに行ってその後に座って休むんですけど、インションがペットボトルの水を飲んでその飲みかけのボトルをスーレンに渡すんです。間接キスだ~ってドキドキしながら飲むスーレン(ただし中身はラン・シーだけど)。その1回のやりとりで終わると思ったらボトルの水がなくなるまで二人で渡しあいっこですよ・・・うふうふアハアハしてる二人の初々しい反応がBL的萌えポイントなのかもしれないけど、尺を長くとり過ぎててそこに笑ってしまったよ~~ その上、1本の飲み終わったらインションがさらにもう1本ペットボトルをリュックから出してきたんで、おいおい最初から1本ずつ飲みなよ!と突っ込まずにはおれなかったです!!!

という感じで多分楽しむポイントを間違ってる気がするけど、私のツボポイントもあり楽しめました。アーロン・ライの肉体も惜しげもなくアピールされてますのでそこも見どころではないでしょうか。彼ははっきりした顔のイケメンさんですね。残念ながらお相手役のジアン・ユンリンがあんまり好みじゃなかったのでBLのカップル的には私はあんまりだけど、ストーリーの構想は面白いな~と思いました!

 

HIStoryが見れるのは・・・
⇒Netflix





こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す