【韓国ドラマ】愛の迷宮~トンネル~ の感想 事件解決のため30年の時を超えてやってきた刑事のストーリー

「愛の迷宮~トンネル~」の視聴を終了しました!チェ・ジニョクとユン・ヒョンミンはどちらも好きな俳優さんなので見るのをとっても楽しみにしていました。そしてその期待を裏切らない面白さでありました!タイムスリップという題材は韓国ドラマではよく出てきますが、パターンはいろいろですよね。このドラマのタイムスリップは30年前から現在へという形なので、時空を超えた主人公の驚き方にこの30年間の進歩というのはかなり急激だったんだなと実感します。事件の解決のための捜査方法も昔と今では全然違う!世の中は加速度的に変化しているなあ!

 

スポンサーリンク


 

ま、でもやっぱり邦題にはいつもの如くツッコミを入れたくなりますね。愛の迷宮なんて言われたらどんなメロドラマが展開されるのかと思って見始めたんですけど、犯罪捜査モノやん!?ってビックリしましたよ。ちょっとちょっと!残酷な殺人事件なんかも発生するんですけど、なんでジャケットがピンク色なんだろう・・・?
まあグァンホがヨンスクを愛していて、過去に戻って彼女のそばに行きたいという愛もあるけど、娘の存在が明らかになって娘を守りたいという愛もあるので、言ってみれば家族愛が描かれてるので、迷宮ってのはちょっとなあ。そしてその部分よりも犯人逮捕のための捜査に重点が置かれてる気がするのですね。っていうか、事件は迷宮の中って感じだけど、愛の存在は確かだから迷宮じゃないじゃないですか?ドラマの内容のイメージとタイトルのイメージがかけ離れてると本当にガッカリしちゃうよー

まあそれはさておき、このドラマはとてもキャストが良かった!熱血刑事のパク・グァンホ役のチェ・ジニョクと冷静で人とあまり関わらないキム・ソンジェ役のユン・ヒョンミンの相性もとても良くて見てて楽しかったな~。むしろ今まではチェ・ジニョクは冷静なイメージの役の印象の方が強かったんですけど、熱血さがすごく良くてね、いい意味で驚きでした。スタイリッシュなイメージを脱ぎ捨てて泥臭い感じの地道にでも着実に捜査する刑事役が好印象でした。ユン・ヒョンミンもどこか独特の雰囲気がありますよね。不思議な軽妙さがあって、冷たいふりしてもちょっとお茶目なのでグァンホとソンジェの心の距離が縮まって行くのを見るのが楽しかった!

他の強力班チームのメンバーも面白メンバーだったので、ほのぼのしてて良かったですよね。現在では本当にチーム長になってたソンシク役のチョ・ヒボン、クァク・テヒ役のキム・ビョンチョル、ソン・ミンハ役のカン・ギヨンのやり取りが最高に面白かったな~!だから、事件は凄惨なものではあったんだけど、全体的にあったかい雰囲気のドラマだったのが良かったですね。シン・ジェイ役のイ・ユヨンも神秘的で良かったし、感情を抑えて生きてきた彼女の心がほどけていくのにちょっと感動してしまったり。

そんな感じでとても好きなドラマでした。タイムスリップをして変化したであろう結果の整合性はどうなるんだろう?という疑問はちょっとあるんですけども、まあその辺はまあいいかな。どっちの世界の人々も幸せに暮らして欲しいなあなんて思ってしまう。そんな風に登場人物に親しみを持ってしまう感じでした!

 

 

愛の迷宮~トンネル~が見れるのは・・・



  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す