【香港映画】盗聴犯 狙われたブローカー の感想 ダニエル・ウーのバイクアクションがすごい!

盗聴犯 死のインサイダ-」に引き続き、「盗聴犯 狙われたブローカー」を視聴いたしました!一応原題では前者が「竊聽風雲」、後者が「竊聽風雲2」となっているのですが、同じ役者さんが出てはいるもののストーリーは完全に独立しているので、どっちから見ても大丈夫でございます。どっちも見たから分かったんですけどね。続いてると思って焦って2もすぐに見たよね~

で、私はラウ・チンワンとルイス・クーはどっちも出てるけど、ダニエル・ウーは出てないな~と思ったら出てた!爆 え~!1で眼鏡をかけたインテリっぽいマックスと2の万能すぎる野性的な男ジョーが同一人物だったなんて!全然違う人に見えません!?ジョー役の人を全く違う俳優さん(彼女たちの恋愛時代とかに出てた巫迪文、似てないかな・・・?私の記憶なんてそんな程度)と勘違いしてたのもありまして余計にビックリしてるんですけど、感想を書こうとして調べてて知ったから本当に驚きました。あんな肉体派なんだ~すごいな~ イメージがまったく違う!!!!

 

スポンサーリンク



 

という訳で、メインキャスト3人は同じでそれぞれ違う役ってのはなかなか面白いですね。それぞれガラっと違いますからね。凄い役者さん達だからこその試みって感じ。

ルイス・ク―は保安課の刑事課長ホー。今度は道は外れず職務を全うしようとする警察官。スーツを着てピシっとしてる姿はやっぱり素敵。またまた白髪交じりの髪なんだけど、これがこんなにセクシーなのって彼ぐらいなんじゃないかと思うなあ。

そしてラウ・チンワンはブローカーのロー役。完全な悪人という訳ではない感じが凄く似合っているなって。あっちにもこっちにも弱みを握られて利用されて大変。逃げようとしたけど、まあ無理ですよねえ。

まあ一番すごかったのはやっぱりダニエル・ウーですよね!もう忘れませんよお~笑 前回とは打って変わって父親の敵を取ろうとする親孝行な退役軍人のジョー役。カーアクションもバイクアクションも凄いですよ!!!今回の見せ場はそこかなあ。最初から、わ~って感じです。今回は彼が一番印象に残りましたなあ。

自分の身を犠牲にする(殺させる)ことで犯罪の証拠をつかみ悪人を逮捕させるというストーリーをどこかでも見たなあと思ったのですが、韓国ドラマのサインだな・・・ あれは自分の死体を解剖させることで犯人が毒を使って殺人をした証拠を掴もうとしたんでしたな。この映画ではやっぱり最後に残された証拠は盗聴して録音されて音声でしたね。ジョーの身体に盗聴器を埋め込んでの壮絶な復讐にやっぱりやるせなさが募ります。

そのおかげで悪人を捕まえることが出来て良かったとは思うのだけど、でもやっぱりなんとも言えない虚しさは残るかな・・・ 悪い爺さん逮捕で溜飲が下がってスッキリする!って人にはいいんだけど、それって本当に父親の復讐になっているのかな、お父さんは息子にそんなことをして欲しいと望んでいたのかな、と思ってしまう私としては他の方法を選べなかったのだろうかと考えてしまうのでありました。親のために犠牲になる子どもを見るのがあまり好きではありません・・・

そうそう、だってジョーがあれだけ綿密な計画を立てて盗聴したり、バイクに乗ったり、何でも出来て万能な訳ですよ。それだけの能力があったら他の方法で復讐することも出来たんでは?と思っちゃうのと、ホーが道路から落ちそうになったジョーを助け上げた後、ジョーに手錠も嵌めないでそれも背を向けて電話をし出した時に反撃を受けて自分が手錠をかけられてジョーには逃げられるってシーンで、ちょっとスーンってしたな。まあラストを見るとそこに繋げるためにはジョーにまだまだ一役買ってもらわないといけないからそこで捕まるわけはないんだけど、ちょっとわざとらしいなと思ってしまったのですよね。

そういう感じで、すべてを盗聴に繋げる感じとか、ラストのジョーの行動ありきのストーリー展開なので、ちょっとおや?と正気に返ってしまうような感覚がありました。全体的にはカーアクションとか見どころも多いんですが、私は1の方がストーリーとしてはしっくり来るかな、って感じでした。それぞれ良さがありますが!

 

 

盗聴犯 狙われたブローカーが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す