【香港映画】少林サッカー の感想 チャウ・シンチ―映画のおじさん達はどうしてこんなに魅力的なんだろう!?

やっと「少林サッカー」を見ましたよ~!いやもう単純なストーリーなんだけど、よくできてて文句なしに面白いですなあ。008よりも更に万人が楽しめる映画のような気がしますね。しかしチャウ・シンチ―映画にはいつもおじさんが沢山出てきますけど、ほんとただのおじさん達なのになんでこんなに輝かせるのがうまいんだろうって感心します。ほんと美人も出てこないし(出てるけどみんな変なメイクとか扮装だし)イケメンも出てこないのに(チャウ・シンチ―は実はイケメンだと思うけど)こんなに惹きつけられちゃう映画ってすごいななんて思う。

 

スポンサーリンク


 

シン(チャウ・シンチー)の足の脚力も凄いけど、他の兄弟弟子たちのそれぞれの技も面白くてもうずっと笑ってました。でも爆笑っていう感じじゃなくて、あはははうふふふみたいなゆるい笑いがずっと続く感じなのよね。すごいパンチを一撃食らわせられてノックアウトって感じの笑いじゃなくて、ジャブの応酬で最後には面白くてもうだめだパタリみたいな気分ですね。

ほんとに画面にいるだけで面白いおじさんたちがいっぱい出ててね。監督のファンやクのン・マンタとか、鉄の頭のウォン・ヤッフェイとかはチャウ・シンチ―の映画の常連ですよね。他のメンバーも味があるというか個性的というか、言ってみれば美しい絵柄ではないのに(失礼!)好きでたまらないって気分になっちゃう。

あと敵チームになぜかカレン・モクやセシリア・チャンが出て来たり、ヴィッキー・チャオもぶつぶつのあばた顔の人の役だし、オシャレしようとしたのにボディコンみたいな肩パットの入った服とドぎついメイクになっちゃったり、スキンヘッドになったりでまともな顔の時が全然ないし~~!あ、でも最後に出てきた雑誌の看板だけまともだったかな。でもそれって写真じゃん!笑

 

ストーリーも単純で分かりやすいけど、ちゃんと筋が通ってて勧善懲悪で気持ちよさがあるのかもな。おじさん達が自分の能力を発揮する正しい手段を得て活躍するっていうのは、見ている側が何者でもない自分に重ね合わせて元気をもらえるっていうような要素もこの映画にあるのかな・・・なんて思いました!

まあとにかく単純に面白くて素敵な映画ですよね!面白かった!

 

 

少林サッカーが見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す