【香港映画】008皇帝ミッション の感想 何も考えずに笑い転げたい時に見るのにピッタリ!

チャウ・シンチーのコメディー映画って実は見たことなかったんですが、本当に何も考えずに笑える映画が見たいな~という気分になったのでお酒を片手に見てみましたよー。ナンセンスギャグの応酬にあっけにとられた感もありますが、これでもか!っていう畳みかけ具合にパワーを感じる映画でもありました。この限度を超えてくる感覚って良い意味で中国っぽさを感じるなあ。日本って「ほどほど」の適量を好む気がするんですよね。それは良い面もあるけど、突き抜けた部分が無くて平均的なものになってしまうという弊害もあると思うんですよね。

 

スポンサーリンク


 

一番面白くて好きだったのは、金の国の陰謀で明の皇帝が宇宙人の着ぐるみ着せられてるところで、他の警護官も殺されてしまって零零發(チャウ・シンチー)が必死で闘うシーンかな。磁石の強力さにも笑っちゃうんだけど、丸太棒みたいなのでガンガン、ガンガン殴ってるのが面白くてたまりませんでした。零零發は武術とかできないって設定で、どんくさくでんぐり返りをしたりしてたけど、殴る動作がめっちゃ俊敏で間髪入れずに殴りまくっててるのがツボにはまっちゃった!

カリーナ・ラウもよくこんな映画出てるなあと思ったけど、めっちゃ楽しそうに演じてて見てるこっちまで楽しい気分になってしまうよねえ!出演者がちょっと笑っちゃってるくらいの感じがたまりませんなー。ロー・ガーインのつけ鼻毛とかその絵面にいるだけで笑ってしまうよ・・・耐えられない!笑

 

シリアスな映画ももちろん大好きなんだけど、こういうの見るとコメディーもたまにはいいなあと思いました。人を傷つけない明るい笑いっていうのはいいもんだなあ。チャウ・シンチ―と言えばコメディーなんだろうけど、私はそういうのは全然見れてなくて、彼の出演作はゴッド・ギャンブラーくらいの気がするので、今更だけどもっと見てみたい気になりました!せめて少林サッカーくらいは見るぞー!

 

 

008皇帝ミッションが見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す