【中韓合作映画】見えない目撃者 の感想 ヤン・ミーの視覚障害者役の演技は良かった!

中国映画の「見えない目撃者」を見ました!2011年製作の韓国映画「ブラインド」の中国版リメイクだそうです。リメイクなんですが、韓国版と同じアン・サンフン監督が中国版を手掛けているので、設定は変わってもストーリー的には大幅には違わないんじゃないかな~と思われます。私は中国版を韓国版にリメイクしたんだと逆に思い込んじゃっててこっちから見たんだけど、それなら「ブラインド」から見たら良かったかなあとも思いつつ。キム・ハヌルとユ・スンホだったらそっちも期待できそうですよね~

 

スポンサーリンク


 

原題は「我是証人」で私が証人ですという感じ。邦題の「見えない目撃者」はなかなか良い感じ!そして、ヤン・ミーの目が見えない女性の役はとても良かったです。顔が綺麗なのでアイドル的存在と思って見てしまってたけど、出演作も多いベテラン女優さんですもんね・・・ 実は演技が上手なんだなあって最近いろいろなドラマや映画を見てたらそう思ってきました。安定感のある演技だなあと。

あともう一人の目撃者であるリン・チョン役のルハンも割と良かったんですよね。演技っていうか彼の年齢とかキャラをそのまま役に生かした感じで活動的で屈託ない若者感がともすればめちゃめちゃ暗くなってしまいそうな内容のこの映画に明るさをもたらしてくれるって感じ。

だってオープニングがまず、ええええええ~!!!って感じで辛いの。ルー・シャオシンの目が見えなくなった&弟が死んでしまった事故の原因が彼女がどんなに後悔しても足りないような内容で、しょっぱなからいたたまれない気分になるんですよね。バンドの練習をしている弟を姉が無理やり連れ出して車に乗せてその後に事故に遭うと。逃げないように弟の手を手すりに縛りつけていたから彼が逃げられずに死ぬという・・・ この部分で心がちょっとやられる感じありますなあ。ちーん。

あとは盲導犬のツォンツォンが!ご主人を守ろうとするんだけど、そのせいで犯人にやられてしまうんですよ・・・ ここはもう一つのめっちゃつらい場面でした。泣いちゃう。ううっ。

タン・ジェン役のチュー・ヤーウェンも怖くて良かったです。インテリなヤバイ奴感がとても出ててゾッとする感じです。悪役が魅力的だとやっぱり全体が面白くなるような気がします。常軌を逸した感じの彼が追いかけて来るのを見ているとかなりドキドキしました。彼の独特の存在感が気になるので、他の出演作も見てみたいところですなー!

 

最後はヒロインが弟のことを乗り越えていく姿が描かれていたりと意外に明るく終わったのでまあ後味は良かったと言えば良かったかな。ラスト近くルハンがステージでアイドル的に歌う場面なんかもあるのはサービスショットって感じで訳が分からん気もするけど、そういうちょっとなあ~な部分を差し引いても意外と楽しめた気がします。ビデオ電話で誘導してるところとかとってもドキドキしたしね!

 

 

見えない目撃者が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す