【中国ドラマ】宮 パレス ~時をかける宮女~ の感想 若曦と同じ時代にタイムスリップする女の子の話!

「宮 パレス ~時をかける宮女~」を視聴しました!これは現代から清の時代にタイムスリップしてしまうストーリーなんですが、若曦と全く同じ康熙帝が皇帝の時代。ってことで、ちょっとちょっと~この時代に現代人がタイムスリップして来過ぎなんじゃない~!?なんて思うけど、まああれですね。皇子が沢山いるからエピソードを作りやすいんだろうな~

 

スポンサーリンク


 

どうしても第4皇子と第8皇子の争いがメインになってくるので、思考が若曦の影響を受けてヒロインはきっと第4皇子と恋仲になるんだろうなという先入観を持って見ていたらその予想は裏切られて第8皇子とハッピーエンドな感じのラスト。まあ冷静に考えてみると第8皇子を演じるのがウィリアム・フォンですもんね。そりゃそうだな。

ヤン・ミー演じる晴川が勝ち気ではっきりしたタイプなので暗く落ち込んで悩む感じではなく淡々としているので湿っぽく無いのが好きだった。問題が起こっても取り乱したりせず冷静に解決していく感じなのよね。若曦もめっちゃ好きだったけどとにかく悲しみが押し寄せて来て見ているとわりと落ち込んだので明るいノリの方が見てて楽でいいなって思っちゃう。

ウィリアム・フォンは、この時はシュッとしてるし辮髪姿も似合ってお綺麗です。最初は暴力的だったのにいつしかただひたすら晴川を一途に愛する男になって行くのが素敵でしたね。そういえば映画の画皮2でも恋人役だったな~。この二人のビジュアルは最強なので眼福って感じ。

ミッキー・ホーの第4皇子も良かったですね。ちょっと曲者だけどよく見るとカッコイイんだな。先に四大名捕を見たので、かなり個性的な悪役を演じるタイプの俳優さんなのかと思ったらこういう役も演じるのだな~って感じ。私の想像する第4皇子のイメージにとても近かったんですよね。彼は晴川に未練があるのだけど、彼女は彼への思いをあっさりばっさり捨ててたので可哀そうであった。

あと、簒奪したってことにはなってなかったですね。周りにはそう思われたけど、康熙帝は彼を次期皇帝にって考えてたというストーリーになってました。他の皇子に狙われないように康熙帝はわざとその意思を隠していたことになってて、そういう描き方だと孤独な第4皇子の心が救われる部分があってほっとするのでした。

そして第4皇子を愛してしまう金枝役にシュー・チーウェン。嫉妬深くて彼に近づく女を排除しようと殺したりと激しい愛し方。でも最後は彼のために命まで投げ出すほどの愛だったのですよね・・・ それなのに第4皇子には愛されていないというのが切ないですね。七侠五義でもちょっと似た感じのわがままなお嬢さん役だったな。あっちはハッピーエンドですけども。

そして素言を演じたトン・リーアが古装が似合っててとても美しかった~!なんだか見たことがあるなあと思ったら、星に誓う恋のヒロイン!?あのドラマの時はさみし気すぎるというか、全然美人に見えなかったのだけど、このドラマではすごく綺麗だな~って思いました。わりとすっとした顔なのでばっちりメイクをしている方がいいだなと思います。素言ものぼり詰めるのだけど、心は満たされない切ない女性でしたね・・・ 幸せになれそうな道もあったのだけど、それまでに第4皇子のためにしてきたことを捨てられなかったのでした。その気持ちは分かる。

一番のとんでも設定は、仕立て屋の顧小春が年羹堯に成りかわるってところでしょうかね。それ絶対に無理でしょ!?って思うけど、まあそこはドラマですからね・・・

現実的にありえない~!っていうファンタジードラマは結構好きなので楽しみました。ラストも晴川が現代に戻っちゃうけど、第8皇子とも離れることなく・・・っていう展開だったので心が平和で良かったな!笑 どうやら続編もあって、ミッキー・ホーは出ているらしいので時間があったら見てみようかな~ といいつつ若曦みたいなとんでも続編だったらぶっ倒れるのでちょっと見るの怖いのでした!

 

宮 パレス ~時をかける宮女~が見れるのは・・・



【中韓合作映画】見えない目撃者 の感想 ヤン・ミーの視覚障害者役の演技は良かった!

中国映画の「見えない目撃者」を見ました!2011年製作の韓国映画「ブラインド」の中国版リメイクだそうです。リメイクなんですが、韓国版と同じアン・サンフン監督が中国版を手掛けているので、設定は変わってもストーリー的には大幅には違わないんじゃないかな~と思われます。私は中国版を韓国版にリメイクしたんだと逆に思い込んじゃっててこっちから見たんだけど、それなら「ブラインド」から見たら良かったかなあとも思いつつ。キム・ハヌルとユ・スンホだったらそっちも期待できそうですよね~

 

スポンサーリンク


 

原題は「我是証人」で私が証人ですという感じ。邦題の「見えない目撃者」はなかなか良い感じ!そして、ヤン・ミーの目が見えない女性の役はとても良かったです。顔が綺麗なのでアイドル的存在と思って見てしまってたけど、出演作も多いベテラン女優さんですもんね・・・ 実は演技が上手なんだなあって最近いろいろなドラマや映画を見てたらそう思ってきました。安定感のある演技だなあと。

あともう一人の目撃者であるリン・チョン役のルハンも割と良かったんですよね。演技っていうか彼の年齢とかキャラをそのまま役に生かした感じで活動的で屈託ない若者感がともすればめちゃめちゃ暗くなってしまいそうな内容のこの映画に明るさをもたらしてくれるって感じ。

だってオープニングがまず、ええええええ~!!!って感じで辛いの。ルー・シャオシンの目が見えなくなった&弟が死んでしまった事故の原因が彼女がどんなに後悔しても足りないような内容で、しょっぱなからいたたまれない気分になるんですよね。バンドの練習をしている弟を姉が無理やり連れ出して車に乗せてその後に事故に遭うと。逃げないように弟の手を手すりに縛りつけていたから彼が逃げられずに死ぬという・・・ この部分で心がちょっとやられる感じありますなあ。ちーん。

あとは盲導犬のツォンツォンが!ご主人を守ろうとするんだけど、そのせいで犯人にやられてしまうんですよ・・・ ここはもう一つのめっちゃつらい場面でした。泣いちゃう。ううっ。

タン・ジェン役のチュー・ヤーウェンも怖くて良かったです。インテリなヤバイ奴感がとても出ててゾッとする感じです。悪役が魅力的だとやっぱり全体が面白くなるような気がします。常軌を逸した感じの彼が追いかけて来るのを見ているとかなりドキドキしました。彼の独特の存在感が気になるので、他の出演作も見てみたいところですなー!

 

最後はヒロインが弟のことを乗り越えていく姿が描かれていたりと意外に明るく終わったのでまあ後味は良かったと言えば良かったかな。ラスト近くルハンがステージでアイドル的に歌う場面なんかもあるのはサービスショットって感じで訳が分からん気もするけど、そういうちょっとなあ~な部分を差し引いても意外と楽しめた気がします。ビデオ電話で誘導してるところとかとってもドキドキしたしね!

 

 

見えない目撃者が見れるのは・・・



【中国映画】妖魔伝-レザレクション- の感想 独特の怪しい雰囲気が最高の妖魔モノ!

妖魔伝-レザレクション-を見ましたよー!なんということでしょう。マジで美男美女しか出てこない!!!映像自体も秀麗で美しいめくるめくって感じの映画でありました。コンセプトデザインは天野喜孝が手掛けているそうで、あのオープニングの辺りとかなのかな~

 

スポンサーリンク


 

原題は画皮2なのだけど、画皮 あやかしの恋を見ていなくても問題ないストーリーなので独立した作品と思わせる邦題もこれはこれでいいのかなと思います。ジョウ・シュンが演じる小唯は500年後もそのまま同じだけで、画皮と同じ役者さんが他にも出ているけど生まれ変わりとかでさえなくて違う役なのですよねー。

画皮を見たときは何にも知らなかったけど、私もちょっと知識が増えまして、画皮は中国の小説「聊斎志異」の一編なのですね。妖怪ものは「聊斎志異」が元になっているドラマや映画が本当に多い!

ちなみに私は今、画皮2の中国のテレビドラマバージョンも視聴中なので、それと比べてなるほどーと思いながら見れたのでその点でも面白かったです。ドラマはまだ途中なので全部は分からないけど、「小唯が氷地獄に封印されていた」「公主の顔に傷がある」「蛮族の王子を生き返らせるために公主の心臓が必要」辺りは同じかな・・・ でも話数も増えると当然登場人物も増えるしで全く違う作品と思って見るくらいでこちらも良さそう。ま、結論から言うと映画の方が完成度が断然高いなと思います。かけてる予算も違うんだろうな。

 

さて、映画の話に戻りますが、この映画の見どころは靖公主と小唯が皮を交換するシーンでしょうか。非常に幻想的でして、水の中で美女二人が抱き合うシーンは異常にエロティックでございます。映画全体で張り巡らされている監督の美意識が特にこのシーンでは炸裂しているなーなんて。見ているとドキドキするくらい妖しい。

ヴィッキー・チャオ演じる靖公主が、武術も出来てとても勇ましいのに恋する乙女なのでそのギャップにたまらない気持ちになります。部下の霍心が自分を愛さないのは自分の顔に傷があって醜いせいだと思って、彼を足蹴にして暴力をふるう公主の姿は切なくも美しい。おお。

霍心(チェン・クン)もマジでイケメンですね・・・ 圧倒的顔力に何も言えないわ・・・ 彼は動きも美しいので、武将とか似合うんですよねえ。目が見えなくなっても闘って勝てるってのはビックリですけどね!ラストで靖公主と霍心が幸せそうに馬に乗って戯れてて、あー良かったですねえって思いましたよ。妖怪のおかげで深まる二人の愛って考えると小唯という存在が不憫に思えますなあ・・・

そして美男美女はこの三人だけでとどまらないのがこの映画!

雀児役でヤン・ミー!あら、これくらいの脇役でも出演するんですね。雀のイメージにピッタリで超かわいかったんですけど。雀児も結局、愛に生きたのよね・・・

そして、ちょっとダークな化粧がいつもと違って素敵なウィリアム・フォンまで龐郎という降魔師役で出てきますよ!これくらいのちょっと痩せてるビジュアルが好きだなー 蘭陵王の時はちょっとねー

お、主要キャスト5人の声は本人で吹替無しみたいー ドラマで見てると吹替が多いんで本人の声がどんなか気になってるんですよね。ジョウ・シュンの声は特徴があって色っぽいよね。印象に残るなあ。

 

画皮も良かったけど、続編のこの映画もまた違った魅力が詰まった映画でした。映像も本当に美しいし、仮面とか目隠しとか使われてるモチーフもカッコよくて雰囲気のある映画になってるなあと思います。かなり好きなタイプの映画でした。中国の妖怪ものはやっぱり好きだな~

 

妖魔伝-レザレクション-が見れるのは・・・




【香港映画】レジェンド・オブ・トレジャー 大武当~失われた七つの秘宝~ の感想 宝探し+武道大会+ロマンスって感じかな

映画「レジェンド・オブ・トレジャー 大武当~失われた七つの秘宝~」を見ました~ 視聴中のドラマ「七侠五義」に出演しているチウ・マンチェクが出演しているので興味を持って見てみたら、ヤン・ミーまで出ていてビックリ。その上、芸術・服装指導がワダエミ、武術指導がコーリー・ユンという有名どころでわりと豪華な顔ぶれですね。わくわく。

 

スポンサーリンク


 

映画の宣伝文句としては、中国版インディージョーンズらしいんですけど、確かに宝さがしの要素はありますが、すぐに見つかるしあんまり冒険感はありません。そうだなあ、宝探し+武道大会+ちょっとロマンスみたいなストーリーでしょうかね。もしもカンフー的なアクションを目当てに見ると物足りないかもだし、反対に宝探し要素を楽しみにしていたとしたらそれも物足りないかも。でもすべての要素がほどほどに散りばめられているので、そのぬるい感じがむしろちょうどいい人もいるかもしれません。私なんかはそんな感じで結構好きでした。

山奥にある中国武術の本山の武当山の景色が神秘的で美しいんです。こういう風景見るとときめくなー。ここで開かれる武術大会中に宝探しを絡めてあるって感じです。しかし武術大会の様子はイマイチ盛り上がらないかな。なにせ決勝に残る唐寧(シュー・チャオ)が全然強く見えないんですね。その点はちょっと物足りない。

唐雲龍を演じるチウ・マンチェクは丸眼鏡。古装を見慣れているせいか洋服姿はなんだか変な気分だよー。秘宝を手に入れようとするのがなぜなのか最初は分からなかったんですが、娘の唐寧の病気を治すためだったんですねー 秘宝が7つ揃ったら病気を治せるとか仙人になれるというのは中国のお話って感じがします。

女武術家の天心を演じるヤン・ミーはオレンジ+茶の衣装が似合ってとても美しいです。闘う前の最初のポーズも決まっていてなかなか所作が美しくてほれぼれ。美人は何しても美人だなー 彼女は先祖のものだった神剣を探しに来るんですが、目的が同じ唐雲龍と協力することに。

二人のちょっと仄かなロマンスもあり。この二人が協力して闘う時がダンスを踊っているみたいなんです。コートの裾をたなびかせながらの動きがなかなか素敵。
カンフー目当てで見ちゃうとこの辺が生ぬるく見えるちゃうかもなあ。ロマンチックなカンフー!って私は思えて楽しかったです。

あとは、水合一(ルイス・ファン)の睡功が面白かった。意識を無にするということに繋がるのかな。彼と唐寧もほのぼのとした間柄。そうね。全体的にほんわかしてるな。

天心のことをお姉さんと呼ぶ唐寧のこの寝室でもシーンもなんだか素敵。美人なお姉さんと妹という構図好きかも。なんにせよ美人って絵になるなあ。

 

一応、悪い人も出てくるんですけど、もちろんチウ・マンチェクが倒してくれるし安心して見れますよねー 闘っている内容のはずなのになんだか平和な映画なんですよね。ヒリヒリしたい人には向いていないですが、ほんわかした雰囲気が好きな人には意外と良いんではないでしょうか?私は結構好き。ヤン・ミーが強くて美しいだけでも満足しちゃうんですけどね!笑

 

 

レジェンド・オブ・トレジャー 大武当~失われた七つの秘宝~が見れるのは・・・