【中国映画】リセット 決死のカウントダウン の感想 パラレルワールドってそういう事だっけ?

映画「リセット 決死のカウントダウン」を見ました!私がこの映画を見た目的はリウ・チャンであります。麗姫と始皇帝の際の彼の凛々しさが印象的で他の出演作を見たいと思っていたのでありました。ヤン・ミーも好きだしねってことで期待して見たんですけどね。うーん。ところで製作にジャッキー・チェンも関わっているらしいです。色んな作品を手掛けていますねえ。

 

スポンサーリンク


 

さて、まずはお目当てだったリウ・チャン。彼って背も高くてシュッとしたイメージなんだけど、眼鏡&セーターのちょっとポヤポヤした感じの役。彼も学者役なんだけど、あんまり知的には見えない感じ。

多分、彼が演じてる大雄は夏天にほのかな好意を持っている感じなのかな~って気がするので、あんまり切れ者って感じじゃなくて、優しい感じの役作りなのかな。
あっ、クール担当はこの映画ではウォレス・フォなのかもしれないか!

とはいえ、普通にかっこいいんですけども、この役は彼でなくてもいいかもな・・・と思ってしまったりして。クールな役を演じてる彼を見たいんだけどなあ。この映画ではあんまり活躍するシーン無かったので寂しかったし、他に日本で見れる出演作は無いのだろうか~!!!

さて、ストーリーの話に戻りますと、まず一番最初に実験成功〜ってみんなで喜び合うシーンがあるんだけど、あれ?この人たちこんなに演技わざとらしい人たちだったっけ?と驚くくらい違和感があります。全体的になんかそんな感じなんだよなあ。これは本人たちの実力というよりは演出のせいじゃないかな?だって出演者の方たちを他の作品でも何度も見てるけど、感じたことのない感覚ですよ。多分、リウ・チャンという目的が無かったらそこの最初の部分で挫折するかもしれないレベルでなんか変な気持ちになりましたな。

夏天は豆豆を助けるために奮闘して、何度も時空を超えて、夏天が3人になっちゃうんですけど、パラレルワールドの概念ってそもそもそれで合ってます?みたいな感覚に陥ります。元の世界に戻って、何度も時空を超えるとその度にまた新しいパラレルワールドがそれぞれ出来て、3人が同じ場所に介することはないのでは無いかと思うんだけど、量子物理学的にその点はどうなんだろう?ただのタイムトラベルと思えばあり得る設定なのかな?分からん。まあでも同じ人が3人一堂に会するっていうのが息子を助けるためにこの映画ではとても大事なポイントな気がするので、あんまり考えてはいけない気もします・・・

まあでも良かったのはオリジナル夏天が何度もタイムリープするうちに脳細胞の一部が破損するかなんかでどんどん凶暴になっていくんですけども、その凶暴なヤンミーがとても良かったことかなあ。彼女かなり顔がキリッとしてるから殺し屋似合うかもしれないねえ。素敵なママよりはそっちの演技のほうがハッとしたね。

そういえば、ウォレス・フォも悪役的なのを見るのは初めてだったかも?彼ってあんまり表情豊かな感じがしないので、いっそこんな風なちょっと極端な役の方が合うのかもと思いました。私は悪役の方が好きかもしれない。

それにしても母性愛というのは、非常に凶暴なものにもなり得るのかなというのが感想。ちょうど、韓国ドラマのウォンテッドを見た後だから余計にそこについて考えてしまうのかもしれない。自分の家族だけを守るために他の人達が傷つく事に対する無関心の罪について描かれてたドラマだったのですよね。
だからこの映画の中で出てくる、自分、自分の家族、自分の子どもさえ無事だったら他の人は死んでも構わないと思う心がとても恐ろしい。それはウォレス・フォが演じた崔琥にも言えますね。彼も自分の家族に会いたいがために豆豆を殺し、ネクサス社を爆破までするんですから。愛って裏を返すと他者に対する暴力にもなりうるということなのでしょうか・・・

どうもメインのストーリーについてというんではなくて、設定について色々と物思いにふけってしまう映画だったなという印象であります。

さてさて、夏天の息子の豆豆なんですが、三世三生を見た人なら、あ!と思うであろう子が演じてます。そう、阿離役のハマー・チャン君ですよ。またまた親子役であります。怖い目に遭ってめっちゃママーママーって泣いてて演技だけど可哀そうだったよ・・・

そして意外なところで、キム・ヒウォンが出演しています。なぜ急に韓国の俳優さんが!?と思ったんですが、チャン監督は韓国の方のようなので、その縁なのかも?しかし、割とあっという間に殺されて出番はあんまりないし、せっかくの個性的な役者さんなのに活かせてない感じが非常にもったいないですなー

 

ジャッキー・チェンがプロデュースってことでアクションシーンもあるし、細かいことを気にしなければそれなりに楽しめるのかもしれません。私は気になることが沢山あってあんまりだったかな!

 

リセット 決死のカウントダウンが見れるのは・・・




【香港映画】バレット・ヒート 消えた銃弾 の感想 サスペンス&ガンアクション&ロマンスまで楽しめる!

香港映画のバレット・ヒートを視聴しました!製作総指揮はイー・トンシン、監督はロー・チーリョンです。ロー・チーリョンはイー・トンシン監督のアシスタントをしていた方のようです。主演はニコラス・ツェー(謝霆鋒)とラウ・チンワン(劉青雲)。サスペンス&アクションと二人のやり取りが見ごたえがありました。

 

スポンサーリンク


 

「完全犯罪は存在しない」「人は元はみな善人である」というラウ・チンワン演じる松東路の言葉がラストのニコラス・ツェー演じる郭追の選択につながるんだろうなとは思うんですが、そこだけはちょっとこじつけっぽく感じてしまいました。あと郭追の動機が不十分なのです。だからそこに繋がる過程が唐突に感じてしまうので、消えた銃弾の秘密が判明した後から失速ぎみな印象です。

とはいってもそういうもったいないな~という部分があったとしてもかなり夢中になって見た面白い映画でしたよ!

そうそう、ヤン・ミーも出演してます。ちょっとミステリアスな占い師役でした。そういう役割だけで終わるのかなと思ってたら、突然のニコラス・ツェーとのロマンスが出現します。そう出現と言いたくなるくらい唐突でビックリしたんです。二人のキスからそういう関係になるシーンはお美しいんですけどね。この映画のストーリー展開でそういうの出てくると思わなかったので意外性~~ まあ美しい二人をキャスティングしておいて何もなかったらもったいないか!

そしてラウ・チンワン、ニコラス・ツェーと一緒に消えた銃弾の捜査をする三人組の一人としてジン・ボーラン(井柏然)も出演しています。皇后的男人で主役だった人ですね。いやー他の二人の存在感があり過ぎて彼だったとは全く気づきませんでしたね。そうそう、松東路が「どうしてこの三人だったのか」というセリフを聞いて私が怪しいと思ったのはジン・ボーランだったんですけど、全くハズレでしたね・・・ 全然読めてなかったですわ。

ガンアクションのスローモーションな撮り方とか見ごたえがありましたし、カッコよかったですね。カンフーとはまた違うけど美しい動きで見ててワクワク。楽しい。

という風な感じで私はやや見当違いの予想をしてしまったので、むしろラスト近くまで真相がわからなくて面白かったんですよ!でもだからこそ最後が余計に急展開に感じてしまったのかもしれませんが、監督が表現したかったものはとても良く伝わったので満足です。

それにしてもニコラス・ツェーはいい役者さんになったし、良い歳の取りかたをしたなあ。演技的にも風貌的にも素敵なままでいてくれて嬉しい。ラウ・チンワンも相変わらずだし見て良かったなあと思う映画でした!

 

 

バレット・ヒート 消えた銃弾が見れるのは・・・

【中国ドラマ】宮 パレス ~時をかける宮女~ の感想 若曦と同じ時代にタイムスリップする女の子の話!

「宮 パレス ~時をかける宮女~」を視聴しました!これは現代から清の時代にタイムスリップしてしまうストーリーなんですが、若曦と全く同じ康熙帝が皇帝の時代。ってことで、ちょっとちょっと~この時代に現代人がタイムスリップして来過ぎなんじゃない~!?なんて思うけど、まああれですね。皇子が沢山いるからエピソードを作りやすいんだろうな~

 

スポンサーリンク


 

どうしても第4皇子と第8皇子の争いがメインになってくるので、思考が若曦の影響を受けてヒロインはきっと第4皇子と恋仲になるんだろうなという先入観を持って見ていたらその予想は裏切られて第8皇子とハッピーエンドな感じのラスト。まあ冷静に考えてみると第8皇子を演じるのがウィリアム・フォンですもんね。そりゃそうだな。

ヤン・ミー演じる晴川が勝ち気ではっきりしたタイプなので暗く落ち込んで悩む感じではなく淡々としているので湿っぽく無いのが好きだった。問題が起こっても取り乱したりせず冷静に解決していく感じなのよね。若曦もめっちゃ好きだったけどとにかく悲しみが押し寄せて来て見ているとわりと落ち込んだので明るいノリの方が見てて楽でいいなって思っちゃう。

ウィリアム・フォンは、この時はシュッとしてるし辮髪姿も似合ってお綺麗です。最初は暴力的だったのにいつしかただひたすら晴川を一途に愛する男になって行くのが素敵でしたね。そういえば映画の画皮2でも恋人役だったな~。この二人のビジュアルは最強なので眼福って感じ。

ミッキー・ホーの第4皇子も良かったですね。ちょっと曲者だけどよく見るとカッコイイんだな。先に四大名捕を見たので、かなり個性的な悪役を演じるタイプの俳優さんなのかと思ったらこういう役も演じるのだな~って感じ。私の想像する第4皇子のイメージにとても近かったんですよね。彼は晴川に未練があるのだけど、彼女は彼への思いをあっさりばっさり捨ててたので可哀そうであった。

あと、簒奪したってことにはなってなかったですね。周りにはそう思われたけど、康熙帝は彼を次期皇帝にって考えてたというストーリーになってました。他の皇子に狙われないように康熙帝はわざとその意思を隠していたことになってて、そういう描き方だと孤独な第4皇子の心が救われる部分があってほっとするのでした。

そして第4皇子を愛してしまう金枝役にシュー・チーウェン。嫉妬深くて彼に近づく女を排除しようと殺したりと激しい愛し方。でも最後は彼のために命まで投げ出すほどの愛だったのですよね・・・ それなのに第4皇子には愛されていないというのが切ないですね。七侠五義でもちょっと似た感じのわがままなお嬢さん役だったな。あっちはハッピーエンドですけども。

そして素言を演じたトン・リーアが古装が似合っててとても美しかった~!なんだか見たことがあるなあと思ったら、星に誓う恋のヒロイン!?あのドラマの時はさみし気すぎるというか、全然美人に見えなかったのだけど、このドラマではすごく綺麗だな~って思いました。わりとすっとした顔なのでばっちりメイクをしている方がいいだなと思います。素言ものぼり詰めるのだけど、心は満たされない切ない女性でしたね・・・ 幸せになれそうな道もあったのだけど、それまでに第4皇子のためにしてきたことを捨てられなかったのでした。その気持ちは分かる。

一番のとんでも設定は、仕立て屋の顧小春が年羹堯に成りかわるってところでしょうかね。それ絶対に無理でしょ!?って思うけど、まあそこはドラマですからね・・・

現実的にありえない~!っていうファンタジードラマは結構好きなので楽しみました。ラストも晴川が現代に戻っちゃうけど、第8皇子とも離れることなく・・・っていう展開だったので心が平和で良かったな!笑 どうやら続編もあって、ミッキー・ホーは出ているらしいので時間があったら見てみようかな~ といいつつ若曦みたいなとんでも続編だったらぶっ倒れるのでちょっと見るの怖いのでした!

 

宮 パレス ~時をかける宮女~が見れるのは・・・



【中韓合作映画】見えない目撃者 の感想 ヤン・ミーの視覚障害者役の演技は良かった!

中国映画の「見えない目撃者」を見ました!2011年製作の韓国映画「ブラインド」の中国版リメイクだそうです。リメイクなんですが、韓国版と同じアン・サンフン監督が中国版を手掛けているので、設定は変わってもストーリー的には大幅には違わないんじゃないかな~と思われます。私は中国版を韓国版にリメイクしたんだと逆に思い込んじゃっててこっちから見たんだけど、それなら「ブラインド」から見たら良かったかなあとも思いつつ。キム・ハヌルとユ・スンホだったらそっちも期待できそうですよね~

 

スポンサーリンク


 

原題は「我是証人」で私が証人ですという感じ。邦題の「見えない目撃者」はなかなか良い感じ!そして、ヤン・ミーの目が見えない女性の役はとても良かったです。顔が綺麗なのでアイドル的存在と思って見てしまってたけど、出演作も多いベテラン女優さんですもんね・・・ 実は演技が上手なんだなあって最近いろいろなドラマや映画を見てたらそう思ってきました。安定感のある演技だなあと。

あともう一人の目撃者であるリン・チョン役のルハンも割と良かったんですよね。演技っていうか彼の年齢とかキャラをそのまま役に生かした感じで活動的で屈託ない若者感がともすればめちゃめちゃ暗くなってしまいそうな内容のこの映画に明るさをもたらしてくれるって感じ。

だってオープニングがまず、ええええええ~!!!って感じで辛いの。ルー・シャオシンの目が見えなくなった&弟が死んでしまった事故の原因が彼女がどんなに後悔しても足りないような内容で、しょっぱなからいたたまれない気分になるんですよね。バンドの練習をしている弟を姉が無理やり連れ出して車に乗せてその後に事故に遭うと。逃げないように弟の手を手すりに縛りつけていたから彼が逃げられずに死ぬという・・・ この部分で心がちょっとやられる感じありますなあ。ちーん。

あとは盲導犬のツォンツォンが!ご主人を守ろうとするんだけど、そのせいで犯人にやられてしまうんですよ・・・ ここはもう一つのめっちゃつらい場面でした。泣いちゃう。ううっ。

タン・ジェン役のチュー・ヤーウェンも怖くて良かったです。インテリなヤバイ奴感がとても出ててゾッとする感じです。悪役が魅力的だとやっぱり全体が面白くなるような気がします。常軌を逸した感じの彼が追いかけて来るのを見ているとかなりドキドキしました。彼の独特の存在感が気になるので、他の出演作も見てみたいところですなー!

 

最後はヒロインが弟のことを乗り越えていく姿が描かれていたりと意外に明るく終わったのでまあ後味は良かったと言えば良かったかな。ラスト近くルハンがステージでアイドル的に歌う場面なんかもあるのはサービスショットって感じで訳が分からん気もするけど、そういうちょっとなあ~な部分を差し引いても意外と楽しめた気がします。ビデオ電話で誘導してるところとかとってもドキドキしたしね!

 

 

見えない目撃者が見れるのは・・・



【中国映画】妖魔伝-レザレクション- の感想 独特の怪しい雰囲気が最高の妖魔モノ!

妖魔伝-レザレクション-を見ましたよー!なんということでしょう。マジで美男美女しか出てこない!!!映像自体も秀麗で美しいめくるめくって感じの映画でありました。コンセプトデザインは天野喜孝が手掛けているそうで、あのオープニングの辺りとかなのかな~

 

スポンサーリンク


 

原題は画皮2なのだけど、画皮 あやかしの恋を見ていなくても問題ないストーリーなので独立した作品と思わせる邦題もこれはこれでいいのかなと思います。ジョウ・シュンが演じる小唯は500年後もそのまま同じだけで、画皮と同じ役者さんが他にも出ているけど生まれ変わりとかでさえなくて違う役なのですよねー。

画皮を見たときは何にも知らなかったけど、私もちょっと知識が増えまして、画皮は中国の小説「聊斎志異」の一編なのですね。妖怪ものは「聊斎志異」が元になっているドラマや映画が本当に多い!

ちなみに私は今、画皮2の中国のテレビドラマバージョンも視聴中なので、それと比べてなるほどーと思いながら見れたのでその点でも面白かったです。ドラマはまだ途中なので全部は分からないけど、「小唯が氷地獄に封印されていた」「公主の顔に傷がある」「蛮族の王子を生き返らせるために公主の心臓が必要」辺りは同じかな・・・ でも話数も増えると当然登場人物も増えるしで全く違う作品と思って見るくらいでこちらも良さそう。ま、結論から言うと映画の方が完成度が断然高いなと思います。かけてる予算も違うんだろうな。

 

さて、映画の話に戻りますが、この映画の見どころは靖公主と小唯が皮を交換するシーンでしょうか。非常に幻想的でして、水の中で美女二人が抱き合うシーンは異常にエロティックでございます。映画全体で張り巡らされている監督の美意識が特にこのシーンでは炸裂しているなーなんて。見ているとドキドキするくらい妖しい。

ヴィッキー・チャオ演じる靖公主が、武術も出来てとても勇ましいのに恋する乙女なのでそのギャップにたまらない気持ちになります。部下の霍心が自分を愛さないのは自分の顔に傷があって醜いせいだと思って、彼を足蹴にして暴力をふるう公主の姿は切なくも美しい。おお。

霍心(チェン・クン)もマジでイケメンですね・・・ 圧倒的顔力に何も言えないわ・・・ 彼は動きも美しいので、武将とか似合うんですよねえ。目が見えなくなっても闘って勝てるってのはビックリですけどね!ラストで靖公主と霍心が幸せそうに馬に乗って戯れてて、あー良かったですねえって思いましたよ。妖怪のおかげで深まる二人の愛って考えると小唯という存在が不憫に思えますなあ・・・

そして美男美女はこの三人だけでとどまらないのがこの映画!

雀児役でヤン・ミー!あら、これくらいの脇役でも出演するんですね。雀のイメージにピッタリで超かわいかったんですけど。雀児も結局、愛に生きたのよね・・・

そして、ちょっとダークな化粧がいつもと違って素敵なウィリアム・フォンまで龐郎という降魔師役で出てきますよ!これくらいのちょっと痩せてるビジュアルが好きだなー 蘭陵王の時はちょっとねー

お、主要キャスト5人の声は本人で吹替無しみたいー ドラマで見てると吹替が多いんで本人の声がどんなか気になってるんですよね。ジョウ・シュンの声は特徴があって色っぽいよね。印象に残るなあ。

 

画皮も良かったけど、続編のこの映画もまた違った魅力が詰まった映画でした。映像も本当に美しいし、仮面とか目隠しとか使われてるモチーフもカッコよくて雰囲気のある映画になってるなあと思います。かなり好きなタイプの映画でした。中国の妖怪ものはやっぱり好きだな~

 

妖魔伝-レザレクション-が見れるのは・・・