【韓国映画】恋愛の温度 の感想 別れてからの方が相手のことが気になるのは何故だろう?

恋愛の温度を視聴しました!イ・ミンギが出演している映画を全部見ようと思いつつなかなか進まなかったのですが、ロマンチックアイランド10億クイック恋は命がけその怪物皇帝のために、と見て来て、あと日本で見れそうなのは朝鮮名探偵3とTSUNAMIあたりでしょうかね?2015年に韓国で公開された「私の心臓を撃て」も見たいけど、DVDの日本発売がないようなので無理かなあ・・・

 

スポンサーリンク


 

さて、いつもやや特殊な役が多い気がするイ・ミンギですが、この映画の中では普通のサラリーマン。それも銀行員。ううううん。

今までの映画やドラマで見た役柄はある程度それなりにははまっていていい感じで見れたんだけど、この銀行員役だけはイマイチだったかも。銀行員には全く見えなくて困ったなあなんて思いながら見ておりました。どこかオーラというか独特の雰囲気が消せないのかなんか・・・ちょっと違うなあと違和感を感じながら見ておりましたよ・・・ キム・ミニもちょっと浮世離れした雰囲気があったけど、イ・ミンギよりはまだ普通のOLに見えたかな。ま、個人的な印象ですけども。

そのせいか普通の恋愛を描こうとしている映画なのになんだか私には彼らがそう見えなくてこれはあくまでも映画だから・・・みたいな気持ちが終始脳裏にちらつく感じで見てました。

社内恋愛をしている二人は、つき合っていた3年間は同僚にばれずに冷静に隠してうまくやっていたのに、別れた途端にヒートアップして喧嘩を始めて職場でばれてしまうという。この感じは分かる。こういう思うようにいかない熱くなったり冷たくなったりする自分たちでは操作できない恋愛の温度感を描きたかったのかな・・・というのは伝わってきました。自分の気持ちを思い通りに動かすことなんて出来ないよね。特に恋愛に関しては、と思う。

別れてからの二人の応酬はまるでギャグってな感じに強烈なので面白いです。借りてたPCを壊して着払いで送ったり、カップルプランの解約前に買い物して請求を相手に押し付けたり、お互いの新しい恋人が気になってSNSを執拗にチェックしたりとどんどんエスカレート。本当に思いが無かったら相手がどうしようと気になんてならない訳で、それに気づいてよりを戻すのだけど、今度は相手に合わせようとお互いに我慢を重ねてそれが限界に達してまた別れてしまう二人。お互いのためを思って行動しているのにうまく行かない二人の様子はなんだか身につまされる。言葉を尽くしても分かりあうことなんて難しいのだけれど、そもそも自分の感情を完全に理解することさえ難しいのに相手のことを理解することなんて出来るのだろうか、なんて気持ちになってしまうのでした。ああ。

二人の間に起こる出来事をわりと極端に描いているので、共感できる~!って気分にはなれないのですが、それでもやっぱり恋愛のままならない感じ分かるなあと思う部分もあって興味深く見れたかな。ラストの試写会で出会った二人の穏やかな表情が良かったので後味は悪くないです。映画としてはそんな感じでイ・ミンギの演技という意味では私にはあんまりって感じでありました~

 

恋愛の温度が見れるのは・・・



【韓国映画】恋は命がけ の感想 霊も出てくるけどコメディー要素の強い楽しい映画でした~

映画の「恋は命がけ」を見ました!着実にイ・ミンギ出演作を見るっていうのを達成して行っています。ただU-NEXTにせっかくTSUNAMIがあったのですが、これだけは手が出せなかった・・・ パニック映画系はちょっと苦手なんだな・・・ パンデミックとか竜巻とか今のところ日本で実際に起こったのを私が見たことが無い災害ならあまり臨場感を感じずに見られるのですが、地震関連は怖くて見れないなあと。まあそこを無理してまで見るものでもないですしね!映画は娯楽として楽しもうっと。

 

スポンサーリンク


 

この映画は、イ・ミンギお得意のラブコメって感じなので安心して見れました。ホラーっぽい雰囲気のマジックショーで人気のマジシャンと、霊につきまとわれてて霊が見えちゃう女の子のストーリーです。その女の子(ヨリ)は、高校時代に死にかけた体験があって、その時に親友よりも先に人工呼吸を受けたから助かったんだけど、次に人工呼吸を受けた親友は死んじゃったんですね。その時からその親友の霊がヨリのせいで自分が助からなかったからと彼女を幸せにするものかと付きまとって、彼女のまわりにいる人たちに危害を与えるんですねえ。だからヨリは友達とも電話だけ、彼氏もいないし、家族も外国へ移民しちゃって、独りぼっちで寂しく生きてるんです。でもマジシャンのジョグ(イ・ミンギ)と恋に落ちて・・・ってなストーリー!

恋の障害が「霊」なんですけど、ヨリに恋人が出来るのを阻止しようとするので、付き合い始めたらジョグが次々と危ない目に遭っちゃってね・・・ 看板が落ちて来たり、事故に遭ったりと正に命がけの恋なんですよねー。でも、付き合うってなった時にヨリがジョグに「保険に入ってね」って言うところは面白かったな!

やっぱりイ・ミンギってお茶目なちょっと頼りないような男の子役が似合う気がする。悪人役もいいんだけど、メイクでなのか、演技でなのか全く違う顔をする。で、この映画ではちょっととぼけた風味のある男の人の役なので、持ち味が存分に発揮されている感じ。暗闇で霊におびえる表情とかめっちゃ可愛いんですよね。
あ、でもマジシャンとしてステージに立ってる時のアイラインばっちりのメイクだとカリスマ感がやっぱりあるし、この映画ではどっちも見れていいね!

ソン・イェジンもとっても可愛い。暗い雰囲気を醸し出してみてもやっぱりどこか印象的だからジョグがヨリを好きになっちゃうの分かるわー。まあいつの間にそんなにも好きになっちゃってたの?って気はしたんだけどね。そこまで有無を言わさず惹かれてしまうっていうほどの説得力は感じなかったかなあ・・・ 最後にやっぱり無理だから別れるって決めたときにジョグが「愛してる」って涙をボロボロに流して泣いてるのを見たときはそんなに好きだったのか・・・知らんかったって思っちゃったのねえ。

ジョグの彼女役を演じてたユン・ジミンはずいぶんと年上に見えたけど、クールな彼女というイメージで落ち着いた人を選んだのかな?いまいち二人が恋人同士に見えなかったなあ。ユン・ジミンは、キャリアを引く女でちょっと曲者のチョ・イェリョンを演じてた人ですよね。一度見たら忘れない顔だな~ クールビューティーって感じでわりと好きですけど!

ヨリの友達たちも面白キャストだったし、霊は出てくるけどそんなに怖い訳でもなく恋愛のスパイス要素くらいの位置づけだから楽しく見れる映画ですねー。イ・ミンギもかっこいいし満足しました~

 

恋は命がけが見れるのは・・・


【韓国映画】 クイック!!の感想 難しいことは何も考えずにバイクアクションを楽しむべし!

勝手に私が開催しているイ・ミンギが出演している映画を見ようフェスティバルなんですが、今度は「クイック!!」を見ました。日本版のジャケット写真とか字体を見て、10年くらい前の映画なのかと思い込んでたんですが、2011年だからそこまで古くはなかった!イ・ミンギが10億の次に出演した映画のようです。ほ~

これタイトルのクイックは、バイク便の意味のクイックと制限時間内に行かないと爆発するっていう意味で「早く!」という意味でのクイックをかけてあるのかな~?

 

スポンサーリンク


 

爆弾テロ事件、ラブラインなどのストーリーもちゃんとあるんですけど、これはもう何にも考えずにバイク&カーアクションの疾走感を楽しめばいいっていう映画ですね。総製作費10億円をかけたというだけあってかなり本格的!バイクのこととか全然詳しくないけど、そんな私でもすごく楽しめました。

エンドロールにスタントの撮影シーンなんかが少し流れるんですが、実際にケガをしたスタントマンも多くて本当にこれだけのものを撮るのは本当に大変だっただろうなって思う。主役のイ・ミンギとカン・イェウォンも体をはって頑張ってます。でもそのおかげでなかなか迫力のある映画になってる~ 助かるって分かっててもちゃんとドキドキするもん。

イ・ミンギとカン・イェウォンのカップルはとても可愛い。暴走族時代のキス(イ・ミンギ)がイマイチ崩れた雰囲気がないのが物足りないけど、現在のバイク便の配達をしてる彼がライダースジャケットとスリムパンツ着てるのは最高に似合ってかっこいい。アイドル歌手のアロム役のカン・イェウォンもとても可愛い。三十路なのに21歳と偽ってるという細かい設定に笑う。

そしてコメディー部分を担当のキム・イングォンが最高なんですよね~ キスとライバルの暴走族だったキム・ミョンシクだけど、今は警官になってるんですね。彼が必死で二人を追いかける姿がとても面白いです。このキャラの存在は大きい!トンネルでキスが壁を使って逃走するのを見て思わず、わ~お!って彼が興奮しちゃうところが好きで何回も見ちゃった。見てないで追いかけなさいよ~て感じなんだけどね。キム・イングォンといえば、帰って来てダーリンで見たっけな?調べてたらこの前見た超能力者にも闇金業者でゲスト出演してたらしい。全く覚えてないのう・・・

 

あと出演陣も何気にとても豪華!チュ・ジンモ、ユン・ジェムン、マ・ドンソク、オ・ジョンセ、キム・テウ等々。あの人も出てる~この人も出てる~って感じ。テロの犯人は誰なんだっていうのは警察が図解で簡潔に説明してくれたり、本当にアクションありきのストーリ―展開で潔くていいです。考えてみたらバイク、車、最後は電車まで使ったアクションだもんな。盛り沢山だな。

 

こういう映画は何にも考えたくない時とか、ちょっと元気がないな~なんて時に見たら元気が出ていいんじゃないかな。めちゃめちゃ考えさせられる映画も好きだけど、こういう単純にスカっとする映画もいいよね。映画館向きの映画だな。面白かった~!!!

 

クイック!!が見れるのは・・・

【韓国映画】10億 の感想 オーストラリアのパースの大自然は美しかったがストーリーは・・・

韓国映画の「10億」を見ました~ これはイ・ミンギとパク・ヒスン目当てで見ましたが、生き残りサバイバルゲーム的なお話なので、そのゲームに参加する人数が多いので、他にも割と有名で知っている俳優さんがたくさん出ていました。しっかし、サバイバルゲームと言ったら最後に誰が生き残るかが分からないのが面白いんじゃないの!?って思うのに、そこは冒頭から種明かしされちゃうので、おやおやって感じなんですよね。

 

スポンサーリンク


 

結局、プロデューサーがなぜそんなサバイバルゲームを開催したかという理由がラストで明かされるので、1人誰が生き残るかよりもそこがクライマックスだったということですよね。まあ、無作為に選ばれたと思ったメンバーが実は訳あって計画的に集められた人員であった、というのは定石の設定ですが、やっぱりここでもそうだったという訳ですね。

そのサバイバルゲームが行われる場所がオーストラリアのパースなんですけど、私はその景色がなかなか綺麗でいいな~なんて思ったんですよね。夕日とかブッシュとか砂丘みたいなとことか。あんなに大自然が残ってるんだなって思って。
なので、映画の中の登場人物たちが生き残るために必死になっている気分が伝わってこなかったという感じもあるかな。あんなに広大な場所に本当にそこまで監視カメラを設置して、逃げようとする彼らの行動が手に取るように分かるなんてことはやっぱり不可能だなって冷めた気分になりながら見てしまうのであった。

プロデューサー役のパク・ヒスンは、風貌は似合ってて良かったかな。でも近くにいたのに妻を助けずに見ていただけだったという理由でその人たちを殺そうとするのはやっぱりおかど違いだろう。ただ、大切な人を失って空っぽになった心っていうものは何かで満たさないと人間って生きていけないんだろうなとは常々思っているので、彼はその焦点のずれた復讐というものを目的として心に持つことで生きて来たんだろうな、とは想像できる。だからその目的を叶えた時に、すべて終わってしまったんだろう。

サバイバルゲームといってもゲーム自体にもほとんど興味が湧かないようなものばかりだったかな。人間の欲望みたいなものを一番表現していたのが、イ・ミンギの演じてた役だったので見てて興味深かったのはその部分くらい。

茶髪のイ・ミンギは新鮮。今どきの男の子って感じだった。他の人たちは良心を捨てきれない中途半場な人が多かったので、まあそれが普通の人なのかもしれないけれど、極限に置かれたら人間がどうなるのかというところを見せたいんじゃないの?と思うストーリーなのにかなりぬるく感じちゃう。

 

ってな訳で、この映画のどこが見どころだったのかな・・・と考えたところ、オーストラリアの大自然だったんじゃないか、という結論に。私にとってはですけどね。
インターネットで放送されてたっていう設定もあんまり効いてない気がするし、そういう感じでいろいろずれてしまって全体的にイマイチな印象を与えるのかな、と思われる映画でありました。

 

10億が見れるのは・・・

【韓国映画】皇帝のために の感想 ヤクザの成りあがり系ストーリーかと思ったらブロマンス要素もあったのかも

イ・ミンギの出演作を見よう月間なので今度は「皇帝のために」を見ました。先日見たロマンチック・アイランドから180度転換して、ナイフでざっくざく人を刺す悪い奴の役です。どこも見ていない空虚な目つきが怖いし、何を考えてるか分からない表情がうまいよなあ。この感じが韓国のノワール映画って感じなのかな?でもしょっぱなから喧嘩のシーンなんだけど、敵が一人ずつ攻撃してくるのが都合よいなあ~ってちょっと失笑しちゃったのだった。

 

スポンサーリンク


 

この「皇帝のために(황제를 위하여)」というタイトルは、実はダブルミーニングなのかもしれない。最初は「皇帝」が指すものが、彼らが働いている皇帝ファイナンスなんだなと思っていたのです。でもラストまで見ると「皇帝」はイ・ミンギが演じた「イ・ファン」も指していたのかもしれないと思ったのです。イ・ファンの名前のファンって音は皇と同じなんじゃないかな。多分。

パク・ソンウン演じるチョン・サンハの行動が実はイ・ファンのためだったのか・・・と分かる場面があって、そこでタイトルの意味に思い至ったんですよね。そうするとなんだか話が繋がってくる印象がある。

さらっと見ると何を言いたかったのか分からない、なんて感想になってしまいそうな映画でもあるんだけど、そういう隠された意図みたいなものが散りばめられている気もしたのですよね。

イ・ファン(イ・ミンギ)は元野球選手だけど、八百長に手を染めて捕まってしまったところをサンハに拾われて皇帝ファイナンスで働くことになる。借金取り立てのやくざなんだけど、とにかく腕っぷしは強くて喧嘩が強い。彼の強さは技術というよりどうなってもいいという捨て身の空虚さから来るんだろうか。とにかく刃物で刺しまくるのがヤクザっぽい。プサンという土地柄かな。

クラブのマダムとのセックスシーンも激しい。相手役のイ・テイムは完璧ボディーで美しいけど、最中の顔があんまり色っぽくないかも。そして喧嘩中のナイフで何度もさすシーンの間に突然セックスシーンが挿入されるのがなんのこっちゃと思ってたんですけど、もしかして刺す行為の反復をリンクさせてたってことなのかな・・・なんて急に思いました。ほお。

チョン・サンハ(パク・ソンウン)が、どうしてファンをかばうのかというのは他の部下たちにもずっと言われていたんだけど、それは彼が義理堅い人だからかと思っていたんだけど、それだけではなかったのかなと思わされるラストだった。もしかしてちょっとブロマンス的要素があったのかな・・・と。

ファンは昔からヤクザの序列の中にいたわけではないから、上下関係なんて気にしてなくてその点では奔放なんですね。そういうところもサンハには好ましく写ったのかもしれない。彼はそれを超えられない人だったから。そしてサンハとファンは昔からの因縁もあったし。

 

そんなストーリー展開を見て最初に書いたタイトルのダブルミーニングに思い至った訳です。元野球選手が裏社会でのし上がっていくストーリーなのかと思っていたらそんな単純な話でもなかったのかもしれない。ただ、ファンの感情が全くと言っていいほどあんまり伝わってこないのです。わざとそういう演技なのかどうかは分からないけど。だから余計に難しくて意図が伝わりにくい映画な気がする。

 

見終わった後はなんだかよく分からないなあ・・・という印象だったんですが、少し時間がたってもしかしてそういうことだったのかも?と思う部分が出てきた感じの映画でした。そしてだんだんと意外と悪く無かったかもしれないな、なんて感想に変わってきた感じですねー

 

 

皇帝のためにが見れるのは・・・