【韓国映画】ロマンチック・アイランド の感想 ボラカイ島の美しい海が素敵!

イ・ミンギ目当てに映画「ロマンチック・アイランド」を視聴しました!軽いテイストのラブコメですが、ボラカイ島の景色も綺麗で楽しく見れました。3組のカップルが登場しますが、それぞれのカップルの接点は同じツアーに参加したという点だけなんだけど、うまくまとめてあるな~という感じでした。

 

スポンサーリンク


 

芸能人だけどつまったスケジュールに爆発しちゃって1人でフィリピンに来たユ・ガヨン(ユジン)、フィリピンで働いてる友人に誘われてやってきたプー太郎のイ・ジョンファン(イ・ミンギ)。普通に韓国で生活をしていたら出会うことのない二人だけど、偶然の出会いから段々と仲良くなっていく。

南の島って開放感ありますし、だんだん親密になっていくよねえ!ユジンはお化粧濃い方がいいな。可愛い。イ・ミンギも可愛いおとぼけ男子って感じです。出演作を見れ見るほど演じる役の振り幅が広い。どの役も違和感なくてスゴイです。今回はちょっと頼りないところがとてもいい。

最初は背中にサインを書いてもらうだけで喜んでたのにね。ジョンファンは消さないから!って言ってたけど、消えるから!と思いつつ。

フィリピンはセブ島しか行ったことないけど、ボラカイ島の海がとってもキレイですねー 開放的な気分になってそりゃ恋にも落ちますね。

 

もう一組は父の訃報を受けマニラに来たCEOのカン・ジェヒョク(イ・ソンジュン)、仕事も家族も嫌になっちゃって旅に出たチェ・スジン(イ・スギョン)。

ボラカイ島に行くことにはしたもののスーツ着ちゃってるジェヒョク。でもだんだんとスジンのペースに乗せられてバカンスを楽しむ姿勢になって行くのが自然でいい。

ジェヒョクの表情が少しずつ柔らかくなっていくんですよ。それがとてもいいです。

明日帰るというジェヒョクと、まだ旅を続けるというスジン。ちょっと距離感のある、でもお互いに好感を持ってる感じの見せ方がうまくて、ガヨン&ジョンファンカップルとはまた違いが出てていいのです。

 

そして三組目が、パク・チュンシク(イ・ムンシク)とその妻ヨンシク(イ・イルファ)。チュンシクは自分が脳腫瘍だと知り、妻と娘のために保険金を残そうとこの旅行に死ぬつもりで来たんですね。だけど、自分でうまく死ぬことが出来なくてとうとう殺し屋に依頼することに。でもターゲットとしてチュンシクだけでなく、ボラカイ島ツアーに参加したジョンファン、ジェヒョクの写真までもが手違いで殺し屋に渡ってしまうこととなり、一体どうなってしまうの!?というようなストーリー。

まあ、チュンシクもやっぱり生きたいって思い直してたし、このゆるいノリでまさか誰か死ぬってことはないだろうと分かるのでその点は安心して見ていられますね。

 

帰国してからもそれぞれがハッピーエンドです。旅行中のドキドキってその場の力もあるから帰ってきたらその魔法がとけちゃう感じが私はあるんだけどな。そういうのはこの映画の登場人物たちはたやすく乗り越えちゃうのもいっそ潔くていいのかな。ボラカイ島の景色も綺麗だし、軽い気持ちで楽しめる映画でしたよー!

 

 

このドラマが見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す