【韓国映画】その怪物 の感想 登場人物の血まみれの姿を夢に見そうだよ・・・

ぴぎゃあーーーーってな声が何度も出ましたこの映画。イ・ミンギとキム・ゴウンが主演で出てるのか~じゃあ見てみよう~と見始めた「その怪物」でしたが、そういうジャンルだったのねあわわってなったのでした。殺人鬼を演じるイ・ミンギの表情がはまりすぎてて怖い。あくまでも映画だし~と冷静に見ることが出来るタイプだし、他の役者さんの殺人鬼の演技もいっぱい見て来てるし、見てブルブルするなんて経験は今までないんですが、この映画はめっちゃ怖く感じてしまった・・・!もしかしたら、どんな内容の映画なのかという予備知識もないまま見始めたせいかもしれない。殺人鬼としては最高の表情の演技なんだろうけど、めっちゃ怖い。でも目が離せないっていうジレンマに陥りましたです。はい。

 

スポンサーリンク


 

テスが顔色いひとつ変えずに人殺しするのとか、自分でタトゥー入れてるのとか(あれって殺した人の数だけ線を入れてるってことですか?)、死体を焼いた灰を土に混ぜてその土で壺を作ってそれをコレクションしてるのとか、ラスト近くのテスとボクスンの血まみれで殺し合う姿とか、そういう物理的に見える部分でももちろん怖いんです。

しかし、この映画がとても怖かったのは、全体的に逸脱感が凄いからなのかもしれない。殺人を淡々と行うテスだけじゃなくて、その兄や母のやり方もだし、対するボクスンも普通からはかなり逸脱した存在。そういう普通が当てはまらない人々がやっていることをこっちから見ているとソワソワした気分になるのですよ。妙に陽気なコメディータッチのところも含めてなんだか見ていて恐ろしいのは、明るさと暗さのミスマッチ感に居心地の悪さを感じるせいなんでしょうか・・・?

イ・ミンギはかなりストイックに役柄に向けて作りこんだんじゃないかな・・・ とても良かったですけど、怖かったよ。えーん。白目の部分がね。特にね。
そしてポクスン役のキム・ゴウンもまともと気が狂ってるの真ん中の人なので行動が全く読めないんですよね。この映画のキム・ゴウンもイ・ミンギとは逆側の迫力があったんだよな。キェ・ナリ役のアン・ソヒョンの存在もストーリーのキーになっていて、ハウスメイドでも印象的だったけど、ここでも自然で素晴らしい演技です。

そして、パク・ビョンウンも出てたんですよー。おひげとリーゼント?みたいな髪型でチンピラみたいな役でした。映画もいろいろ出演しているんですねー!

コメディー要素と残虐な要素の同居、そして悪人に対抗する人物も警察官とかじゃなくてちょっとおかしい女の子、などいわゆる予定調和をぶっ壊す要素を取り入れて不協和音を奏でるという手法なんだろうな。そしてその作用で見た人の心に良い意味で不穏な印象を残すことになるのかな・・・と思います。反対に、なんだかな~と違和感を感じるだけの人もいるのかもしれない。

私はよくも悪くも心に残る映画になりそうな気がします。だって夢に見そうですもん・・・ ただ、見ててちょっと疲れたのは確かでございます。追いかけっこ&血まみれ!

 

その怪物が見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す