【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)のスパイスは癖になる味&新メニューが出てたよ!

友人が鴨の首をかじりたいかじりたい辛い物を食べたいというので、行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!前回行ったのは8月だから思ったより間があいていました。なんだかもっと頻繁に行ってるイメージだったけど違ったようです。とはいっても新大久保のお店の中では定期的に訪問している方ですね。

全体のメニューは前回のと変更は無かったんですが、新メニューが出来ていましたよ!

串焼き各種が新メニューとして紹介されていたので、その中から羊肉の串をオーダーしてみました。イカ団子の串焼きなんてのもちょっと斬新な気がしますな・・・

テーブルの横に呼び出しボタンもあるので注文もしやすくなって良い感じであります。本当に初めて来たときは日本語を話せる店員さんがいなくて苦労したりもしたのですが、今はすっかり便利になりました。今回も日本語も話せる店員さんでしたし。

む、なんか粉がいっぱいかかってる・・・ので、辛いのかと身構えたのですが。

そんなに辛い訳ではなくて、ビールに合う良い感じの辛さ。鴨に使われてるスパイスとはまた違う味なので、羊肉に合うものなんだろうな~ この羊肉串は中国の新疆辺りに行った時に夜に屋台で食べたのと感じが似てる~なんて懐かしい気持ちになりました。お仕事で行ったんだけど、夜の街に現地ガイドさんが連れて行ってくれたんですよね~ 懐かしい!

 

スポンサーリンク


 

さて、鴨の首もやってきましたよ~

オーダーする時に辛いタレをかけますか?と聞かれたんですが、丁重にお断り。かけなくても唇が痺れるのに、かけたら一体どれくらい辛いんだろう・・・?

興味はあるものの「美味しい」の範疇の辛さで食べたいので未挑戦のまま。いつかは挑戦してみたいなあ・・・

ちなみにちゃんとこんなビニール手袋がついてくるので手が汚れません。便利。
そうそう、食べてるとだんだん唇が痺れてくるので、途中から「そうか!唇が当たらないように歯で肉を噛みちぎればいいんだな!」なんて思いついてしまったのですごい形相で食べていたかもしれません・・・

ひと口目はそこまで辛くないって思うんだけど、後からじわじわと来る痺れる辛さなんです。途中からだんだんと何も考えられなくなって来たので、ストレスを忘れたい人なんかにもこの辛さはオススメかもしれません!

そして私の大好物の米線!今回はエビ団子をトッピング。もっちもちの麺が本当に美味しくて、麺類の中で一番好きかもしれないなあなんて思うくらいです。そして美味しいスープと適度な辛さ。黒酢をかけて食べると体がポッカポカになります。本当に美味しい。

外食をすると、私はあとからすごく喉が渇くんですが、ここの食べ物は辛さが引いた後は喉が渇きません。化学調味料とか使ってないからじゃないかな?

そしてラストはメニュー真ん中の手抓餅で野菜を巻いたもの。

唐辛子がのってる写真だからこれも辛いのかな・・・?と思ったのですが、食べてみたら中のキャベツ(だと思う)がとにかく甘くてとても美味しい!

手抓餅ってわりと脂っこいんだけど、すごく美味しいんですよね。ビールに合うなあ~!これもお気に入りになっちゃったなあ。

完全に鴨首と米線を食べるのを外せないので、他のメニューをなかなか試せないのでした。嫌っていうほど通ってこの二つを飽きるほど食べたらやっと他のメニューを試すことが出来るようになるかしら・・・!笑

 

 


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す