【新大久保】小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)の店内がリニューアルされて綺麗になっていた!

なんだか鴨のネックにかじりつきたいな~なんて思いついて、久しぶりに行ってきました小魏鴨脖店(シャオウェイヤボー)!あの何とも言えない食べごたえと辛さって癖になるのかもしれないなあ。そんな久々の訪問では、お店の外観は変わりませんが、店内に入るとリニューアルされてて、日本人でも利用しやすい感じになっていましたよ~

 

スポンサーリンク


 

まず、1階のレジの隣にあった4人掛けのテーブルはなくなっていて、その部分には注文されたメニューを上の階に運ぶミニエレベーターが設置されてました。そして以前は、客席は2階だけだったように思うのですが、3階も客席になったみたい。そのミニエレベーターのおかげかな?

そして、レジで注文をしてから上の階の席に向かう感じだったんですが、今は席についてからゆっくりオーダー出来ちゃいます。メニューもちゃんと日本語訳がついているので、これなら中国語が分からなくても問題なしです!

米線の具も増えてて、そして分かりやすくなってて嬉しい!でも結局今までと同じイカ団子を頼んでしまったんですけどね・・・笑

そして今まで見たことのなかった新しいメニューもちらほら。

まずは鴨脖をオーダー!辛いのOKって言ったからなかなか刺激的な辛さでやって来た!ビールに合う~

生ビールは売切れみたいで在庫が無かったので、瓶ビール。
中国人のお客さんでビールを飲んでいる人はあんまり見なくて、みんな瓶のコカ・コーラや王老吉という中国の甘い漢方茶を飲んでる人がほとんど。辛さを和らげるために甘い飲み物を好むのかも?

そしてキター!米線。アツアツを食べると美味しいけど辛いので、冷ましてから食べるとちょっと辛さが和らいで食べやすい。このモチモチした麺が何とも言えず美味しいんだよな・・・ スープもしみじみ美味しいです。

そして手抓餅を頼んでみたよ!ネギ入りの薄いパンケーキという風情。これがまた美味しいんですよね。スナック的なおいしさ。香港とかでネギ入りのクラッカーがよく売ってて好きだったんだけど、ちょっとその感じの味です。とても好きな味。

このお店に行くとかなり香辛料の臭いがついちゃうんだけど、そのいろいろ使われた香辛料のせいで癖になる味になってるのかな?どうしてもたまに行きたくなっちゃうのでした!

 

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す