【韓国映画】サニー 永遠の仲間たち の感想 いつからだって自分の人生の主役になれる

日本でもリメイクの映画がまさに今、上映されてるサニー。本家の韓国版の映画がGyao!で配信されていたので見てみました。「友情」とか「仲間」とか「郷愁」というのは実は私はちょっと苦手なキーワードなのです。だから多分「応答せよ」などはあんまりピンと来ないんですが、この映画は良かったな。感動の押し売り感もなく、ただシミジミと心に染み渡る感じがありました。

 

スポンサーリンク


 

高校時代とかどうしてあんなにバカみたいに必死で、小さなことにも全身全霊で悩んで、そしてなんて不器用だったんだろうなあ。私の高校時代とは時期が違うし、隣の国の話なのだけど、でもつまらないことに熱狂して、ギャーギャー言ってたのは同じだなあ。

そしていつの間にか住む場所もバラバラ、生活もそれぞれ違っていくと疎遠になるのも同じ。そういえばお父さんが言ってたな。歳をとると懐かしい人に会うタイミングがお葬式になってしまうって。映画の中でそうだったようにそういうきっかけが無いとなかなか会うことがないのだった。

それぞれのエピソードが多すぎず少なすぎず、そして昔と今の切り替えも非常に秀逸でこの構成は本当に素晴らしい。無理に涙腺を押されるって感じではなくて、でもどれかのエピソードに自分の思い出を思わず照らし合わせてグッと来るように作られている気がします。

私が一番好きだったのは、高校時代のイム・ナミが友達の兄の友人ジュノに仄かな恋心を抱くんだけど、美人の同級生スジにキスをしているところを見てしまって、彼をモデルに描いた絵を渡せなくなり、そして今のジュノにやっと絵を渡した帰り道、ナミが高校時代の自分を抱きしめてあげるシーン。うわーん!そうそうあの頃ってほんとナイーブだったんだよねー!!!!

そして、キム・シフの佇まいが年下女子をときめかせるのにあまりにもピッタリでキャスティングが素晴らしい~!!! 中高生の時ってちょっと年上というだけでかっこよく見えて憧れてしまいがちだったなあ・・・(遠い目)

 

男性も女性も例えば家庭で職場で、○○のパパとかママや○○の部下とか部長とか肩書が出来るといつの間にか自分の名前で生きられなくなっていく気がする。自分自身を生きることを忘れてしまいがちなのだけれど、それは本当は自分の気持ち次第で、いつからでもまた自分が人生の主役になって生きることが出来るんだと思った。

最後のダンスのシーンのみんなの笑顔、最高でした!オススメ。

 

サニー 永遠の仲間たちが見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す