【台湾ドラマ】ハッピーメーカー の感想 ストーリーはう~ん・・・でもロイ・チウはかっこよかった!

ラン・ジェンロンとジョー・チェンが主役のドラマ「ハッピーメーカー」を見ました。なんだかNETFLIXってラン・ジェンロンが出演しているドラマの配信多めな気がする。ほら、CHOSENとかPS男とか。しかし、これを選んだのはちょっと失敗だったかな・・・。私はあんまり面白いと感じられなかったような。

 

スポンサーリンク


 

ラン・ジェンロンってショコラで見た時はかっこいいな~と思ったんですが、あのやくざ者って感じの役が合ってたからなのかもしれないな。スーツを着てオフィスワークをしている雰囲気が漂ってこなくてこのドラマではイマイチ。

不幸な子供時代と厳しく育てられたせいで人に対して冷酷っていうのは表情が怖いタイプなので似合ってるんですけどね・・・ うーむ

フーアン役のジョー・チェンが薬草を扱う人という設定に興味を持って見始めたんだけど、それに関しては薬草の話などはあまり出てこなくてちょっと残念。彼女は田舎娘みたいな服装をしているのがあまりにもしっくりしていて、綺麗な服を着ると普通の人になって魅力が失せてしまう感がある。

ところでハッピーメーカーのタイトルの由来ってつまりフーアンがまわりを巻き込んで幸せにしちゃう天使みたいな存在って感じなのだろうけど、そういう部分が全然感じられなかった。そんな存在だった?確かに最後はヤン家はみんな暖かい家族になってたけど、彼女が家に来たからなのは確かなのだけど、彼女のおかげという圧倒的な要素も出来事もなかった気がするので、説得力が無い感じ。むしろ弟の存在が大きいのかな・・・

後は、フーアンとダーフォンがどうしてお互いに恋に落ちたのかも実はあんまり分からなかったんだな。どのタイミング?

でも2番手男子のドンジェ役のロイ・チウはイケメンで素敵だったな。ドラマの役柄では、いつでもフーアンを見守っていてくれる人なのだけど、優しすぎるのか押しが弱いので物足りない。

目を伏せた時にまつ毛が長い!この髪型とかも似合っててビジュアル的にはとても好みでした。

シュウ・ジエカイも久しぶりに見た!あの忘れられないアリスへの奇跡に出てた人!あれは私の台湾ドラマを見たいという気持ちをしばらく打ち砕くパワーがあった思い出のドラマですな・・・ あ、それはもうすっかり払拭されてまたガンガン見れるようになりましたけども。

あ、あとすごく気になったのが謎のキウイ押し。スポンサーなのだろうけど、食べるデザートは必ずキウイ、飲むのもキウイジュース。たまたま行くのがキウイのイベントでキウイの着ぐるみまで出てくるよ。宣伝ってそっと意識に刷り込むくらいがちょうど良くてやり過ぎると逆効果な気がしてしまうのだった。まあ面白いからいいけど。

台湾ドラマのほのぼのした家庭的なノリは嫌いではないのですが、このドラマではフーアンの「家族は大事!一緒にいるべき!」みたいなセリフが多すぎて、むしろちょっとイライラしてしまったんですよねー。いや、家族も色んな形があっていいんじゃないの!?みたいな気持ちになってしまってですね。ストーリー展開でそれを見せてくれるならいいんだけど、あんまりにもセリフに出てくると「そうかな?」と思うものなんだな、とそんなことを思いました。

なんだかちょっとすべて中途半端な気がしてあんまり面白くは思えなかったかな?色んな定番のドラマ的要素は出しているのにその後の展開が無いみたいな消化不良感を感じるんですよね。という感じなので、出演者に好きな俳優さんがいる方でそれを目的に見るのはいいかもですが、ストーリーを期待してというのはちょっと・・・かもしれません。

 

ハッピーメーカーが見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す