【韓国ドラマ】恋のスケッチ〜応答せよ1988〜 の感想 古き良き時代を描いた心温まるドラマ

「恋のスケッチ〜応答せよ1988〜」の視聴しました!このシリーズでは1988がいちばん好きだなあ。1997は最後まで見たけどヒロインがどちらの男性を選ぶのかというのを引っ張り過ぎが見ててちょっとめんどくさかったのと、1994に至ってはアラが苦手過ぎて途中で挫折したし。でもこのドラマは最後まで楽しく見れたので良かったです。

彼らがテレビで見てた映画が「男たちの挽歌」でそこに思わず反応。この映画は韓国でも人気なんだなあ。「僕の彼女は九尾狐」で、ドン・ドンイル演じる武術監督がチョウ・ユンファの真似してマッチ棒くわえて出て来たりしてたもんね。たまに韓国ドラマでこの映画のネタが出てくるんですよね!

スポンサーリンク


 

ストーリーは横丁の人々を満遍なく取り上げていて、そしてそれぞれに向ける視線が暖かい。まさに古き良き時代をうまく描いててほんわか心も温かくなる感じがいいんです。韓国でもこういう場所や人の繋がりがだんだん減ってきているからこそこういうドラマが受けるとも言えるのかもしれませんね。ほんとどの登場人物も好きになっちゃう。それぞれの家族や状況も詳しくエピソードが描かれていたので、思わず感情移入できちゃう感じなのが良かったな。

その他、主要人物たち以外にもゲスト的な出演者もいましたねー

ちょっと昔な髪型のチョン・ヘインが可愛い。ドクソンの中学の同級生役でした。

そして1994のスレギがソヌの大学の同級生で出てたり。こういうのがあるからこのシリーズは、1997→1994→1988の順で見るのがいいのかな~

ラストはこの二人の結婚式で良かったなあ。表面的にはきつく見えるボラの本質見抜いて彼女を好きになるソヌが好き。定石通りにドクソンを好きになるようなタイプには興味が全くわかない。だからドクソンがジョンファンを選ぼうがテクを選ぼうが好きにして~と思って見てました。

ドクソンとテクとジョンファンの三角関係に興味が湧かなかったのにはもう一つ訳があったんですよね。それはドクソンがテクを選んだ後にも、それまでの幼馴染以上に彼に恋愛感情を持っているようには全く見えなかったせいかもしれない。それまでの無邪気なドクソンは最高に良かったのに恋愛部分がイマイチだったのはヘリの演技力の限界のせいなのかな・・・とも思っていたんですけど、ドラマを見終わった後にヘリがリュ・ジュンヨルと実生活でつき合ってると知ってなんとなく感じた違和感になるほどなって思いました。本物の愛がそっちにあったのがにじみ出ちゃったのかもね!

全体的に愛情をもって作られたのが分かる素晴らしいドラマですよね。しんみりさせられたり、大笑いさせてもらったり、本当に良いドラマ。とってもオススメです!

 

恋のスケッチ〜応答せよ1988〜が見れるのは・・・



   

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す