【韓国映画】私を忘れないで の感想 それでも忘れられずに何度でも出会うのだろうか

「私を忘れないで」の視聴を終了しました。私の頭の中の消しゴムに出演したチョン・ウソンが今度は彼自身が記憶を失ってしまう側です。

胸が締め付けられるような切ない救いのないストーリーのようにも思うし、記憶を失ってもそれでもやっぱり何度も出会ってしまうというのは救いのようにも思えて複雑な気持ちになる映画であります。

原題が「나를 잊지 말아요」、邦題が「私を忘れないで」でほぼ直訳ですね。この言葉が誰が発したものなのかというのもポイントだと思うんだけど、英題だと”Remember You”になっているのが興味深い。映画の中で最後にこのセリフを言った声はソゴォンのだったと思うんだけど、英題をつけた人はどうとらえてるのかな?ソゴンとジニョンの関係がお互いに「私を忘れないで」=「あなたを忘れない」であるともいえるかもな、なんて思ったりもする。うーん。深いわ。

 

スポンサーリンク


 

この間見た映画の監視者たちではチョン・ウソンはクールな悪役を演じていてそれもめちゃ良かったんだけど、この映画のように情感たっぷりの演技もやっぱりいいですね。ストーリー運びがやや淡々としていて、チョン・ウソンとキム・ハヌルの表情がすべてというような映画だけど、それで十分成り立っていて引き込まれてしまう。

記憶を失った時の表情、そして結局またジニョンに惹かれていく時のソゴォンの表情。記憶を取り戻してしまった時の表情。そしてまた忘れてしまって無へ。

相手の存在を忘れないと生きていけないのに、記憶から消し去ってしまうことは出来なくてまるでメビウスの輪のように何度も繰り返すであろう二人の出会いと別れが切ないです。忘れればすべて過去と言っても本当に忘れてしまうことは出来ないのです。

これも愛のひとつのカタチなのでしょうか。そうだとしてもとても苦しい愛。でも幸せな愛でもあるのかしら。彼らの関係と同じように視聴者の心にも答えが出せない映画のような気がしますね。ただひたすら切ないのでした。

 

私を忘れないでが見れるのは・・・
⇒Netflix



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す