【韓国映画】僕らの青春白書 の感想 1980年代の地方都市が舞台の青春映画

映画「僕らの青春白書」を見ました!イ・ヨヌ監督の作品なんですが、以前見たことのある亀、走るも同じ監督の作品のようです。ほのぼの系が得意なのかな?1980年代の韓国の地方都市が舞台の青春映画なのですが、もっともっと前のファッションに感じてそれよりも前の時代を背景にしたものかと思ってました。イメージではなんとなく裾が広がったパンツなんてもっと昔な気がするんだけど、日本とはまた違うかもだし、ソウルと地方都市とかは違うのかもしれない。

 

スポンサーリンク


 

ともかく主演陣は今をときめく人気の顔ぶれが出演していてとても豪華です。イ・ジョンソク、パク・ボヨン、キム・ヨングァン、イ・セヨンの4人を軸に物語が展開していきます。

モテ男のジュンギル役のイ・ジョンソクは、ちょっとダサさが足りなかったなあー。喧嘩に弱くて逃げ回る姿とかは良かったんですが、普通にキレイ過ぎる気がして、イマイチ昔のダサさが物足りない。方言もあんまりかな。うーん。

まああれ以上どうすることも出来なかったのかもしれないけど、一緒につるんでる3人組のあとの二人がいい感じにダサいので、彼だけがすっとし過ぎたように感じて浮いてしまってちょっとつまらないのだった。

クァンシク役のキム・ヨングァンは、カッコつけた番長を思いっきり演じてくれてた感じ!シャツの前を開けて柄Tシャツを着るのが不良の印なんですかね?あの本人としてはめっちゃかっこつけてるんだけど、まわりで見てると気恥ずかしい感じ、青春だなあ・・・ めっちゃパンタロンなズボンなんだけど、身長があって足が長いので妙に迫力があったわ~

ヨンスク役のパク・ボヨンがとても良かったです!ト・ボンスンでのキュートだった彼女のことを思うと、体は小さいけど迫力のある女番長が素晴らしかったなー。突っ張ってるけど一途な女の子って最高に好きです。

おバカなジュンギルは、全然本当のことが見えてないんだけど、この世代って特に男の子より女の子の方が思考が大人っぽいのよねえ。

ソウルからの転校生ソヒ役のイ・セヨンもなかなか良かったです。しかし、いくらソウルから来たとは言え、この時代に高校生のピアスはまだのような気もするなあなんてことが気になったり。まあ、彼女も実はかなりのワルだったという設定なので、そのせいなのかもしれないけど。しかし、イ・セヨンは美少女とワルのどちらも演じられるイメージなので、この配役とてもうまいなあと思いました。

そして脇役でとってもいい味を出していたのが、先生役のこの二人。最高にその時代の人でした。この空気感を醸し出せる彼らは本当にすごいよなあ。彼らがいることで映画の雰囲気がずっとアップしたと思う。

 

内容は可もなく不可もなく。ジュンギルを一途に好きなヨンスク。モテ男を気取っているジュンギルはまだまだガキっぽくて色んな事情が分かっていないでちょっと拗ねて生きてるんだよな。あの感じが青春なのかもなあ。あとで振り返ると「馬鹿だなあ・・・」って恥ずかしく思っちゃうんだけど、その時は分からないんだな。

強烈に心に残るような映画ではないけど、最後もハッピーエンドで見やすいし、お目当ての俳優さんがいる人が見るには良いと思います!

 

僕らの青春白書が見れるのは・・・
⇒Netflix



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す