【台湾ドラマ】スターな彼 の感想 シャーリーン・チョイがとてもキュート!

「スターな彼」の視聴を終了しました!Gyao!で配信してたので、ちょっと見てみるかという気持ちで試し見をしたら意外と面白かったんですよ。台湾ドラマだと思って見始めたのに冒頭で広東語が聞こえて来てあれれ?と思ったら、主人公の女の子が香港出身でお父さんを探しに台湾にやってくるという筋書き。そしてそのヒロインを演じてるのがシャーリーン・チョイという香港の女優さんだったのでキャスティング的にも納得~ この前見た映画のツインズ・エフェクトで香港アイドルのツインズの存在を知ったので、ああ!あの時のツインズの片割れの彼女か~というのも頭の中で繋がってますます興味が湧いてそのまま続けて見ることに!

 

スポンサーリンク


 

マイク・ハーの出てるドラマって見たことあったっけ?と思ったら思いっきり悪魔で候を見てましたわ。

あのドラマでの江戸川猛はかなり誇張した役だったので見ててなんとも言えない気分だったんだけど、今回のはもうちょっとナチュラルな演技でまあ良かったです。ただやっぱり表情とかキスシーンはやっぱり妙に動きが激し目な気がするけどもね・・・ あと彼は顔のパーツが全部派手で俳優顔だな~なんて思う。現代劇が多いイメージだけど、実は時代劇の扮装なんてのもめっちゃ似合う気がするけどなあ。

シャーリーン・チョイはとにかく可愛くて、タクシー運転手の地味な服装してるのがまた似合ってていいんですよねえ。あんな子が傷ついて涙を流してるところとかほっとける男性いるんです!?ドラマの中でもいなかったか・・・ 涙を流すダーシンを見てむしろ自分が傷づくボー・イエ・・・ もうね、きっとハッピーエンドだと分かってるんだけど、あの涙を見ると切ないよ~

ジョン・ウェイリー役を演じたチェン・チーカイもカッコ良かったなあ!ウェイリーがいい奴なんですよ。好きと気づいたら猪突猛進!裏で手を回すとかじゃなくて単純にまっすぐに好きっていう気持ちでぶつかって行く人なもんだから、いい。ダーシンが言った言葉を真に受けて、実家に戻って家業を継ぐことを決めたりね・・・ 短絡的なんだけど、根がいい人なんで、ダーシンも彼と一緒になっても幸せになれるんじゃないだろうかなんて途中で思っちゃった。まあそうならないのは分かってたけども。

チェン・チーカイは「ホントの恋の見つけかた」や「Starlit」にも出てる様子。割と好きなタイプなので、機会があったら見てみよう~

そして、ヤン・ウェイチェンそして、を演じたチョウ・ツァイシーはどっかで見たぞ~と思ったら「アリスへの奇跡」の聖子じゃないですかー 私に一時期台湾ドラマから離れさせる威力のあったあの作品・・・ 彼女を忘れる訳がありません!と言っても別に彼女の演技が悪かったんではなくてドラマが訳分からんかっただけですけどね。なので、今回のウェイチェンはボー・イエが好きなだけで悪い子ではなく普通の良い子だったので前の印象が払拭されたかなあ。

そしてボー・イエのお父さんとの思い出の場所、そして後にはボー・イエとチェン・ダーシンとの思い出の場所となる菁桐が出て来て、台北に舞う雪を思い出しましたねー 確かにとても美しい場所なので映画のロケ地としてよく利用されるんだろうなと。何度も見てると行ってみたくなりますね。

あと、なるほどな~と思ったのはダーシン(德馨)の名前の由来。劉禹錫の陋室銘(ろうしつのめい)の韻文の一節「斯是陋室、惟吾德馨」からきているというシーンがあってなるほどと思いました。この一節の意味は「狭い部屋にいても自分が徳を持っていればなんら恥ではない」というような意味でいいと思うんだけど、僻地に左遷されていた劉禹錫がその状況で作ったものなのです。

ダーシンの母親は左遷された訳ではないけれど、愛する人に結果的には捨てられて彼とは隔たった場所にいる。だけど、そんな状況でも「自分が彼を愛してその思いを持っていれば幸せで問題はないのだ」と自分に、そして娘に言い聞かせるような思いでつけた名前なのかしらとそんなことを考えたらとても切ないです。父親は母親を愛していたと信じていたけれど、実は単に浮気性な人だったのかもしれないことが分かってくるので余計にね・・・

そして、なんとこんなところでまさかのワン・カイが出て来てビックリ。ボー・イエの妹の彼氏役!ちょっと大学生には見えないな~なんて思ったけどね!上海でのシーンもあるので、大陸の俳優さんも出てたんですねー

そしてわりと好きだったのは、ホテルのスタッフの二人。もしかして漫才コンビとかなのかと思ったら違いました。コメディドラマによく出てる俳優さんなのかな?左が肖剣で右が姜超という俳優さんだそう。肖剣はチェン・カイコーの「運命の子」アンディ・ラウ主演の「未来警察 Future X-cops」、姜超は「ホントの恋の見つけかた」に出てるみたい。またどこかで見かけることがあるかしら。

そして台湾ドラマでおなじみの那維勳(ナー・ウェイシュン)も監督役で出てましたねー 私が見るのは久々かも!

タクシー会社の皆さんもちょっと面白キャストだったんですけどね。彼らが食べてるスナックとか間食がとっても美味しそうに見えたなあ。あ、ルーロー飯もやたら出てくるので食べたくなったなあ・・・

あと、ボー・イエのマネージャー役だった王耀慶(デビット・ワン)はどこかで見たことがあると思ったらミッションアンダーカバーだった~

 

まあ、そんな感じで台湾ドラマらしくすごい悪人も出てこないし(強いて言えばダーシンのパパくらいかな・・・)その上、借金、3億円の宝くじ、ボー・イエがダーシンに別れを告げる理由などの流れも無理なく進んでいく感じでそこが良かったです。そこにコメディー要素も絡めつつ楽しいドラマでした!ワン・カイなんて意外な俳優さんも出てたし見て良かったな~!

 

スターな彼が見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す