【韓国ドラマ】ある春の夜に の感想 チョン・ヘインがシングルファーザー役!

「ある春の夜に」見ました〜 チョン・ヘインとハン・ジミンとどちらも好きな俳優さんなので期待して見たんですが、ジョンインの母親役の女優さんとか見てなんだかこれはよくおごってくれる綺麗なお姉さんと似てる匂いがするぞ!?と思ったらやっぱり監督も脚本も同じ方でした。前回は年上のお姉さん、今回はシングルファーザーと一般的に周りの人に反対されるような恋愛を描くのが好きなんだなーと思われます。まあラストは前回ほどのモヤモヤはなかったのでまだ良かったんですけども。

 

スポンサーリンク


 

しかしチョン・ヘインは違うタイプのドラマに出た方がいいんじゃないだろうか。私はこの脚本家の方が描く人物像があんまり好みじゃないんですよね。なんとなくじめっとしてるというか。ジホもいい人なんだけどあまりにも普通過ぎて魅力的とも思わないし、興味もわかないという。その点は前のジュニも同じだったなあ。あなたが眠ってる間にのウタクは素敵だったんだけどなあ。チョン・ヘインは好きなんだけど、私はこの2作は全くピンと来ないですね・・・ せっかく主役なんだけどねえ。

まあとはいえハン・ジミンが演じたジョンインはわりとスパッとした性格の女性だったのでまだ良かったかな。そうじゃなかったら私は多分イライラして挫折しかねないドラマでした・・・ そうそう一応ドラマ上ではジホとジョンインは両方35歳という設定だったんだけど、これもちょっと無理があったのかも。ハン・ジミンはその年齢設定で問題ないけど、チョン・ヘインは実年齢の30歳よりも更に幼く見えるタイプの顔立ちなので、そのせいでなんとなく年下の男の子に見えちゃってまるで前作の設定を引きずっているような感覚に陥ってしまったなあ。

恋に障害はつきものだけど、あんまり現実的に身につまされるような事情をだらだらと描かれると見てるの嫌になっちゃうんだよなあ。そういう親に反対されてるのとか忠実に描くのとか見てわかるわかる〜って思うものなんでしょうか?どちらかというとドラマでは現実逃避したい感覚があるので、そういうとこがあまりにもリアルだと私は好きじゃないです・・・

ところで、このドラマで一番心に残ったのは、キム・ジュンハンです。ジョンインの元彼のギソク!彼が西武の源田選手に似てるんですよ!一度そう思ってしまったもんで出てくるたびに源田選手に〜やっぱり似てる〜ってばっかり思ってしまいました。でもギソクはしつこくしてるんだけどあんまりジットリした感じはなくてカラッと恨んでた感じなのでまだ救われたな。同じセリフを言ってもやっぱり俳優さんによって雰囲気が違いますよね。なので彼のおかげで最後まで見れたかも。


https://www.seibulions.jp/team/player/detail/2019_6.html

似てると思うんだけどなあ。すぐにそういえば源田選手は今年ご結婚なさいましたね。おめでとうございます!あ、話が逸れてしまった~

ヒロインのお母さん役がキル・ヘヨンで前作と同じパターンだったけど、今回は娘の味方だったのでほっ。母親が相手の人のことを悪様に罵るのは聞くに耐えないです・・・ そういうシーンが出てくると逃げたくなっちゃうんですけど、そこが無かったのでほっとしました。罵るようなシーンでもちょっと面白おかしい感じの描写だったら平気なんですけども。

ま、そんな感じで残念、あんまり好みじゃないドラマでありました。どうやらアン・パンソク監督とキム・ウン脚本家のコンビは私の好みではないという疑いがあるなあ。綺麗でいい雰囲気風の映像なのに全く心に響かなかったなあという感じでありました。

 

ある春の夜にが見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す