【香港映画】花様年華 の感想 それは過ぎ去っても確かにそこにあって朽ち果ててさえ美しい

ウォン・カーウァイの映画は初期のものは見ていたのですが、花様年華はいつか映画館で見れる機会があったら見たいな・・・となんとなくまだ見ていませんでした。だけど、なかなかそんな機会もないまま今まで来てしまったのです。ですが、ふと思いついて見てみたのでした。

 

スポンサーリンク


 

この独特の世界観は、やっぱりウォン・カーウァイならでは。隅々まで張り巡らされた美意識に酔いしれました。そして彼はきっと頭に鮮明に撮りたい画が浮かんでいるんだろうなと。だから撮影の際は淡々とその画を再現しているのだろうと思ったのです。

そしてこのムーディーな感じが最高なんですが、もっと感じたのはソリッドだな、ということ。こだわりを表現するには「引き算」が必要であり、徹底的に要らないもの、必要ない情報は取り除かれているのだと気づきました。引き算の美学のようなものを強烈に感じる。

例えば、トニー・レオンの妻も、マギー・チャンの夫も声や存在は感じさせられはするけれど、実際に画面にその姿を現すことはない。無機質な存在だから彼ら二人が不倫の恋だとしても生々しさがないのです。この引き算が美しさを際立たせる。もし相手も視聴者に見えていたら彼らの恋がこんなにも際立たなかったはず。

あとは出てくる場所も部屋、食堂の部屋、ガードレールの下?、ホテルの部屋、車の中、マギー・チャンの会社など限られた場所だけ。こだわりぬいたものしか映さない。どこか気を抜いた部分がなくて緊張感があるのはそのせいかも。

あれもこれもと映したくなる気がするのに、必要なもの以外をばっさりと排除することがこだわりに繋がるのだと気づいたのでした。

マギー・チャンの衣装の美しさもそれだけでも見る価値がある。その姿の美しさはちょっと涙が出そうなくらい・・・

毎日通る階段を映したまま、衣装が変わった姿を見せることで違う日の彼女だと表現するなんて魔法のようでした。

トニー・レオンもイコール哀愁みたいな演技が素晴らしい。とにかくこの映画は主役の二人も素晴らしいので、相乗効果がすごい。

しかし、こういう湿ったような映像ってどうやって撮影するんだろう?中国系の映画でよく感じる空気感なのだけど、たまらなく魅力的だなと思います。

ラストのアンコール・ワットは唐突な感じもしますが、あの場面は彼らの恋のように朽ち果てても美しいという場所でなければならなかったのだと思う。何度もすれ違ってしまった二人だけれど、確かに愛は存在した。そしてその記憶を封じ込めた後、時間がたって薄れてしまっても、その思い出は朽ちた姿さえ美しいものなのです。

 

花様年華が見れるのは・・・





【韓国ドラマ】恋愛操作団:シラノ の感想 ホン・ジョンヒョンとチョ・ユヌ目当てで楽しんだ!

恋愛操作団:シラノを見ました~。ちょっと軽く見られるドラマを見たいなと思ってこのドラマを選んだので、その目的には合ってたかな。しかしイ・ジョンヒョクとスヨンのラブラインに全くこれっぽっちも魅力を感じなかったので、メインの出演者たちには興味無しでした(^^; でもホン・ジョンヒョンとチョ・ユヌのビジュアルとかキャラがとても私の好みに合っていたので彼らを目的に楽しめたのでまあ良かったです。

 

スポンサーリンク


 

それにしても、私おじさん好きなはずなんですけど、イ・ジョンヒョクはどうも口角が下がってる感じがしてどうもかっこいいと思えないんですなあ。脇役でちょっと個性的なおじさんくらいで出てる分にはいいんですけども、主役のイケメン枠で出られても心がときめかないな・・・ そしてライバル役のイ・チョンヒも嫌いではないんだけど、やっぱりスヨンを取り合いするのがこの二人というのは私の好みに合いませんでしたー

でもシラノのメンバーのあとの二人、ホン・ジョンヒョンとチョ・ユヌが素敵だったので、もう彼らばっかり見てましたね。彼らにまつわるエピソードも良かったですし。

チョ・ユヌはこういうドラマで見ると笑顔が眩しくて確かに花郎でキレイな男の役をしていたのも納得だし、ホン・ジョンヒョンは会社員の役は恋のハイヒールでめっちゃイマイチだと思ったけど、こういうロックっぽい恰好だとスタイルも良いのでかっこいい。そしてちょっと個性的なキャラだったのもツボで良かった!

シラノ・ド・ベルジュラックと同じように、ソ・イルロクがコ・ドイルからユン・イソルへのラブレターを代筆していたから劇団の名前がシラノってことなんだろうけど、劇団を作ったときはドイルが団長だったのでは?ソ・イルロクが団長だったらそのネーミングも分かるんだけども。

それとも恋愛操作団シラノが、依頼者の恋愛を操作する手伝いをすることがシラノ・ド・ベルジュラックの代筆と同じという意味でのネーミングということ?劇団は違う名前で操作団だけの名前がシラノなら納得行くのだけど、どうだったんだろう?やや流し見だったから記憶が曖昧です・・・

 

それにしてもゲストが大変豪華だったんですよ!

チェ・ウォニョンもちょっとだけ出てた。そう、おじさんでも彼は大好き。主役でもいいよ!むしろ希望!

そしてコン・ユも出てました!シャツめっちゃ似合うな!
あとはテミンも高校生役で出てたけど、なかなか良かったな・・・。同級生に片思いしてるアイドルだったんだけど、切ない視線が魅力的でした。

 

映画もあるみたいなので、っていうかむしろ映画が先でヒットしたからドラマも作ったという感じかな?映画にはチェ・ダニエルも出ているし、時間が限られている分内容もまとまっていて映画の方が面白そうな気がするので、機会があれば見てみたいと思いますー!

 

恋愛操作団:シラノが見れるのは・・・




 

【鶴橋】徳山商店のトッポキの美味しさは今まで食べたなかで一番かも!?

昨年に生野コリアタウンに行った時には徳山商店でキンパを購入したのですが、このお店はトッポキがおいしいんだよ、なんて話を聞いて今回はトッポキを買いました!垂れ幕?テントが新調されて色鮮やかなオレンジになってますね!

前に来た時は、右も左も分からず、とりあえずコリアタウンに行った、という感じだったのですが、今回はなんとなく概要が分かった状態で下調べしてから行けたので良かったです。確かにこのお店は「餅専門」という文字がありますもんね。餅を買わないとです!

 

スポンサーリンク


 

場所はコリアタウンMAPの36番にあります。このストリートの真ん中くらいのところに位置しています。

食べ歩きをしている人も多いですが、私は帰り際にテイクアウトで購入。

ちゃんとこんなしっかりした蓋をつけてくれるので、安心して持ち帰れます!
爪楊枝も入れてくれてましたよ。

閉店間近に購入したら、おまけでチーズトッポキも入れておくね~とサービスしてくれました。ラッキー!ちなみにこのサイズは200円です。リーズナブル!

左上の太くて丸いのがチーズトッポキです。

チーズトッポキなんて食べたことないな~と思って、どこにチーズがあるんだろうと思っていたら・・・

パクっと食べてみると真ん中にチーズが入ってました!!!あら、これ美味しいですね。辛さも和らぎます。

さて、チーズトッポキもおいしかったのですが、とにかく餅がおいしい。たれは他のお店とそこまで変わらないと思うのですが、餅が違う!

私が今まで食べたトッポキの中で一番おいしいと思うくらい!

買った日の夜に冷めた状態で食べたのですが、モチモチ状態は変わらずだし、うわーこれ美味しいなあ・・・と大ファンになってしまいました。

そういえば、韓国餅もたくさん店頭で販売しているし、お餅を製造しているお店だからなんだな、と納得。調理する前のも売ってたのだとしたら買ってくれば良かったな~なんて思ってるくらい。

また行く機会があったら絶対にリピートしたいと思いますよ~!!!

 


【韓国映画】ビューティフルサンデー の感想 手が心臓から一番遠いところだから自分でも癖に気づかない

ナムグン・ミンも出ていることだしと見始めた「ビューティフルサンデー」ですが、一体どう着地するんだろうと思っていたら最後に突然なるほどそういうことだったのか・・・と分かる仕組みになっていました。まあでも陰鬱な気持ちになる映画ではあります。謎が解けてもすっきりはしない。そんな感じ。

あの林檎は禁断の林檎を食べてしまったことを表現しているのか、韓国語で謝罪という言葉と似た発音を持つ林檎だから、贖罪の意味だったのか。両方を指していたのかな・・・

 

スポンサーリンク


 

出来るだけ種明かしをしないようにしている構成なので、ちょっとやっぱり整合性が取れない部分があるように思うんですよね。でもこんなにもラスト近くまで答えを引っ張ってたのはすごい。とはいえ、節々で少しずつヒントは出されていたので、勘のいい人なら早くに気づいたかもしれないなあ。

私はミヌがスヨンを刺してしまった辺りでそういうことかとなんとなく。しかし奥さんは子供を堕ろしたと言っていたけれど、嘘だったんだなあと私には思えたんだけどどうなんだろう?床に広がっていく血を見てそうかなと。スヨンにも迷いがあったのか。

ラストでカン刑事とミヌが対決したのが日曜日。ビューティフルサンデーというタイトルはとても逆説的で苦しくなる。私が知っている以上に日曜日に宗教的な意味があるのかな・・・とも思えたのだけど、詳しくは分からない。ミヌはどこか生きるために自分の罪から目をそらす必要があって作り出された別人格みたいなものだったんだろう。結局同一人物だった二人が自分の罪を自分で裁いて救済を与えた美しい日曜日という結末はそうするしかなかったのだと分かるけど、何も解決した気がしないのだった。

それはおそらくスヨンを強姦した時の理由が「自分が自分じゃなかったんだ」「衝動的だったんだ」という理由をミヌが並べ立てているから。そして本当にその罪に苦しんでいたなら警察になろうなんて思えない気がするから。「仕方がなかった」から罪を犯したというばかりで、自分は悪くないのだと言っているようにみえるから。だから確かにこの映画はプロットの複雑さという意味での興味は持てるけど、外側をショッキングに飾り立てているだけのように感じられて、まん中の何かが抜けているような気がしてしまうのでした。

っていうかどういうきっかけがあろうと衝動で強姦なんてどんな言い訳しても許されないからな!それも好きな人にそんなことしたら余計あかんやろという感じで最初の部分からなんだかあんまり理解できない感じなのかも。強姦を描いているのがダメっていうのではなくて、あのシチュエーションでそんなことになるか?っていう感じで納得出来ない気持ちを持っちゃうなあ。たいていのことは映画だからと思って見れるんことが多いんだけど、なんだかここは無理だったのかも。だから見ている側として陰鬱な気分になってしまったのかもしれない。

 

編集などの技術的には非常に凝っていて興味深かったのですが、人間の心の中にもう一歩踏み込んで描かれていたらもっと視聴者にも訴えかけるものがあったのかな、なんて思うのでした。ちょっとモヤっとした気分が残りました。

 

 

ビューティフルサンデーが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】おひとりさま~一人酒男女~ の感想 そんなにおいしそうにビールを飲まれたら見てる方も飲みたくなりますから!

おひとりさま~一人酒男女~の視聴終了しました!このドラマも美味しそうなものがたくさん出てくるんで大変食欲が刺激されるんですが、食べ物よりも何よりもハ・ソクジンがあまりにもビールを美味しそうに飲むので見る度に「ギ、ギブミービール!」ってな具合になりました。実際にはノンアルコールビールを飲んで演技してらっしゃるんでしょうかねえ?役者さんってすごい。日本でもビールの消費量が減っているそうですが、CMとかよりもこういう風にビールを美味しそうに飲むシーンのあるドラマをビール会社が協賛して合同で作った方が効果的なんじゃないの!?と思いました。もちろんストーリーも面白いドラマじゃないとですけど、このドラマはちゃんと面白かったですよ!

 

スポンサーリンク


 

このドラマはキャスティングがとても良かったな~と思います。ハ・ソクジンってちょっと偏屈な男を演じるとなんの違和感もなく本当にそういう人に見える。でもちょっと可愛いところもあって魅力的に思えるのはギャップのせいかな。一人で晩御飯を食べる時間を大切にしていたのにパク・ハナを好きになってから少しずつ変わっていく気持ち。そしてそれに戸惑う感じが良かった。

パク・ハソンもパク・ハナみたいなちょっとドジっ子を演じてもしっくり来るし、反対にキリっとした強い女性も演じてもしっくり来る。彼女も演じる役に応じて動きもちゃんと変える女優さんだな。オドオドした感じを出すのとか本当にうまい。このドラマではおうちで一人でスナック菓子を食べながら缶ビール飲んでるのが可愛かったなあ。

チン・ジョンソクの弟役のコンミョンも、キーくん、キム・ドンヨンの受験生3人組も、DIAのチェヨンも良かったな。彼らの微妙な関係性の描写も素晴らしくて、夢中でどんどん見ちゃった。

それにしても鷺梁津(ノリャンジン)みたいに公務員の予備校と寮があんな風に集まっているような地区は日本にはない気がしますね。ある程度予備校が集まってる地区はあるのかもしれないけど、日本人みんなが一般的な常識として知っている程のそういう地区はなさそう。私も思いつかないしなあ。公務員になるのが韓国の方が難関なのかな?もしくは目指す人が多いのかな?

あとはハ・ソクジンと1%の奇跡で共演してたチョン・ソミンがお見合い相手としてゲスト出演してたり、キム・ジソクがまた?!オ・ヘヨンの時の役名のイ・ジンサンで出てたり、SHINeeのミンホや2AMのチョ・グォンも出てたりしましたね~ こういう遊び心が楽しい。

行政学講師役のミン・ジヌンがドラマや映画の登場人物のモノマネばっかりしてるんだけど、それを見たらだいたい元ネタが分かるようになってきた自分にもビックリ。彼のモノマネはしつこさも感じたけど、でもその部分だけで終わらずに一人ひとりのエピソードがきちんと描かれていたのがこのドラマの面白かった点なのかもな。

そして最後まで彼らの公務員試験の結果がどうなるのか・・・というのもちょっとドキドキしながら見つつ、ラストまでちゃんと面白いドラマでした!これも続編がどんどん作れそうだけど、どうなるかなー?

 

 

おひとりさま~一人酒男女~が見れるのは・・・