【韓国ドラマ】追跡者(チェイサー)の感想 権力の実態とは一体なんなんだろう?

なんというのでしょうか。これは見応えがあったともいえますが、なかなかにビターというか苦々しさが残るエンディングでありました。
そして一体「権力」とは何なんだろうか?と思わず考え込んでしまったのでした。そういう意味では非常に意義のある問題提起をしてくれているドラマと言えるのかもしれません。

 

スポンサーリンク


 

いやーしかしここまで演技派な俳優さんで固められていると圧巻ではあります。
が、言い換えるとイケメンが潔すぎるくらい出て来ません(失礼!)
「あえて」なんだろうとは思うんですけど、でもPKジュンはアイドルなんだからもう少しイケメンでも良かったのでは?イ・ヨンウが悪いって訳ではないのですが、女子中学生にキャーキャー言われるにはもう少しフレッシュさとか、物が分かっていない若者感がある配役だった方が、ペク・スジョンを何度も車で轢くなんてことが出来るような怖さを感じたのではないかなと思ったりも。イ・ヨンウは悪そうな感じが出過ぎてて私的にはイマイチでした。

それでもやっぱりソン・ヒョンジュ、キム・サンジュン、パク・クニョン辺りのやり取りは迫力があって思わず見入ってしまいました。ソン・ヒョンジュにとっては娘の名誉を晴らしたいとか、事故の真実を知りたいという目的が明確でしたが、キム・サンジュンやパク・クニョンは状況に応じて敵か味方なのかが、瞬時に変わっていく様が非常にスリリングでした。緊迫感があって暑苦しさまで感じてしまうほど・・・!お腹いっぱい!

ちなみに私はキム・サンジュンが結構好きなんですが、あそこまで眉間の皺を寄せて芝居がかった感じなのに、なんかちょっと色気を感じるんですけども、それって私だけ!? キム・ソンリョン演じるジスが愛してもらえないのにカン・ドンユンを愛してしまう気持ちがちょっと分かるような気がして良い配役だと勝手に満足していたのでした。

そして、めっちゃ演技派な男優たちの中で、シン・ヘラ役のチャン・シニョンがすごく頑張っていて負けてない!という印象でした。ちょっとした表情の変化など、女心と冷徹なところがうまく混ざりあっていてとても良いな・・・と何度か思いました。あと、大谷亮平も韓国人役で出ていて、なかなか悪役が似合っていて、全く違和感なし!まあ、あまり台詞が無い役ではあったけれど、演出などは韓国語なのだろうから、きっと苦労したんだろうなと思って、すごいなあと思いました。ロマンスが必要3に出てたパク・ヒョジュはこんな刑事役とか似合いますね。めっちゃ走ってたけど、かなり早くてきっと運動神経が良さそう・・・とか思った!笑

 

しかし、ラストは何とも言えない空しさが漂い、苦い味が喉の奥に残る気がします。自分が誰かに何かをされた、酷い境遇だった、から今度は自分が権力を持ちたいという目標を持つことの意味の無さというのが描かれていたのでしょうか?
権力があれば、自分の都合の良いように回りを動かせるというのであれば、一体「権力」とはどのようなものなのでしょうか?総理大臣とか社長とか地位の高い人になって、得た権力で自分のためにその力を使いたいと思うということは、反対に自分が地位が低いとしたらそういう人に自由に思い通りにされても仕方ないと思うことのような気もしてしまう。

けれど、権力を持っていても、最後にはまわりには誰もいなくなってしまったソ会長のように、その力の使い方を間違えると本当は何も手に入らないのだなと思ったのです・・・

ペク・ホンソクも罪を償うと実刑を受けたけれど、娘からのパパは無罪!の幻想のようなシーンは私はちょっと納得がいかない気がしてしまったのです。PKジュンが悪い事をしたからと言って事故とはいえ、殺していい訳では無かったのではないだろうか、と。娘を失った悲しみを知っている人にしては、誰かの息子を失わせたことに対しての台詞が軽すぎたような気がしてしまう。

 

とまあ、いろいろグルグルと考えてしまうようなドラマなのでした。
いまいちうまく感想にまとめられないー^^;

 

追跡者(チェイサー)が見れるのは・・・



【鶴橋】韓国家庭料理アズマ 自家製の味噌でつくったテンジャンチゲは優しい味でした!

キャーとうとう新大久保だけじゃなく鶴橋に行ってきましたよ!
・・・と言っても鶴橋は初めてではなく焼肉は食べに行ったことはあるのですが、コリアンタウンに足を踏み入れるのは初めてでした。焼肉はよしだによく行ってたな~

 

スポンサーリンク


 

大阪に行く用事があったのですが、一日予定が空いたので、そうだ!そこでランチを食べようと向かいました。

鶴橋の駅を降りて、市場に足を踏み入れるとなんとも言えないパワーに圧倒されます。アジアな感じがたまりません。この時に、今日はアジュンマがやっていそうな市場の食堂でランチをすると決めて、そして見つけたのがこのアズマでした。

本通り商店街のやや端っこなので、人通りもまばら。
生野のコリアンタウンに行く途中なら通るかな?

どのランチも気になったんだけど、辛いものの気分では無かったし、そういえばいわゆるテンジャンチゲを食べたことがないなとふと思い、味噌チゲのセットにしましたよー

いつも純豆腐チゲとかキムチチゲにしちゃうもんな。

その他も美味しそうなメニューがいっぱいありますが、カオリフェとか気になりますな。エイって癖がある味なんですっけ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも美味しそうだな・・・

アルコールもいろいろ。
この日はあんまりアルコールを飲みたい気分では無かったー!

おかずは5種類
キムチも他のも美味しい。まさに家庭料理感あります。素朴な味です。良い!

そして味噌チゲがやってきましたー!ぐっつぐつ言ってるー!
アジュンマいわく味噌が自家製だから美味しいよってことだったんだけど、本当に美味しかったです。これも優しい味。

こういうの求めてたのーっていうランチが食べられて大変満足しました。

帰りにはまた来てねってスタンプカードもいただいたんですけども、さすがに1年間で15回は行けないかな・・・という気はするな^^;

でも丁寧に作られたお料理はとっても美味しかったのでまた行きたいな!
鶴橋は新大久保とはまた全然違う雰囲気でなかなか面白いですね。

 

 


【台湾ドラマ】華麗なる玉子様~スイート・リベンジ の感想 アーロンが期待通りのツンデレ社長を演じてくれてるな~

華麗なる玉子様~スイート・リベンジ(これまたなんという邦題!)の視聴を終了しました!いやあ、台湾ドラマって平和でいいよね~と思いました。そんなすごい内容ではありませんが、ほんわかのんびりしてて見てて安心します。また韓国ドラマとは違う楽しみがありますねえ。

 

スポンサーリンク

 

そんな安心感があるのは、このドラマでも主役のアーロンが自他ともにピッタリくると認めているツンデレ社長を演じてることもあるのかもしれないな~と思います。

私は俳優さんは2通りあるのではないかと思っていて、ドラマが変わっても同じような役を演じ続ける方が似合ってるタイプと、どんな役でも演じられるカメレオンのように印象を変えて演じるのが似合うタイプ。どちらがうまいとか下手だという意味では無くて向き不向きがあるなと思うのです。

そういう意味ではアーロンは完全に前者だと思っているので、変に演技派に転身しようとかせずに常に主役でツンデレ社長的な似合っている役を演じ続けてくれることが嬉しかったりするのです。そういう意味では期待に応えてくれるアーロンの役が非常にどストライクなドラマで楽しみました。

あ、あとアーロンはあごが美しい。キスシーンで一番綺麗に見える角度なんだろうなあ~とアーロンのあごばっかり見てました。良い。

相手役のユータンを演じていたジョアンヌ・ツァンも涼し気な顔つきでお綺麗でした。まあアーロンとの相性は可もなく不可もなくかな?

そういう印象を抱いてしまったのは、秘書役のアイシャが更に可愛くて私の好みだったからかも・・・ 私だったらこっちを選ぶな・・・

多分、ゴージャス美人なんだけど、かっちりとしたスーツを着てるのがとても良いんですよ・・・!演じてるレネ・ライは初めて見たけれど、めちゃめちゃ可愛い!

レネ・ライで検索したら結構露出が高い衣装を着ててビックリ。うわーそんな人が清楚っぽい恰好をしたらまた印象が違うものなんですねー

本人はまあ置いておいて、アイシャが自分の恋が叶わなくてもジー・ウェンカイを支え続けるその愛が私は好きでした。

そして、ジー・ウェンカイのライバルのワン・ズーユー役のジャック・リーは初めて見たーと思ってたら、恋にオチて!俺×オレでもレオ役で出てた人だった!その時もアーロンの恋敵役でしたねえ。前回はお髭で、今回はメガネとかっちりスーツで同一人物だと全然わかりませんでした。

今調べて知りました。あ~ビックリした!笑

二人は恋愛でも仕事でもライバル関係だったりするんですが、その戦いもシビアなものではなく、なんとなく先が読めるしでなんだかんだやっぱり平和です。まあそこがいいんですけど。

あと台湾のドラマってオフィスのインテリアがとても可愛い。このドラマも3課のオフィスがソファーがイームズとか使われてて素敵です。そういうのも楽しみどころ。

最後はハッピーエンドが見えてるし、安心して見れるドラマです。
ちょっと回想シーンが多過ぎるけどその辺りは飛ばし飛ばしで見たよ!笑

 

 

そうそう、マーフィーの愛の法則がGyao!で配信が始まったので、ちょっと見てみたら、3課の仲間のJRとシア・ルージーが出て来て笑ってしまった!沢山ドラマを見るとだんだん見たことある俳優さんばかりになっていきますねー!笑

 

華麗なる玉子様~スイート・リベンジが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】恋のハイヒール の感想 キュンキュンすべきなんだろうけど、なんだか笑ってしまうのだった

恋のハイヒールを視聴終了しましたー!1話が約15分くらいで10話なので見るのも楽ちん。そう最近は集中力が無いので、こういう短いのが助かります。

 

スポンサーリンク


 

しかし、なんだろうこれは・・・?と思ってしまって、キュンともせず切なくも無く、なんだか分からないけど笑ってしまう感じでした。

まず、ホン・ジョンヒョンが素敵な上司なのかよく分からない気分。それというのも私が彼を初めて見たのはでなので、あのアイラインが上下バッチリのちょっと悪い役でなのに実は心が弱い、そういうのがすごく好きだったから。そしてむやみに切なくがしんど過ぎて明るいキム・ウビンを見たいとうっかりヴァンパイアアイドルを見始めたらそこにもホン・ジョンヒョンが出てるんだけども、ひどい設定のコメディー(褒めてます)なもんだから、ちょっとホン・ジョンヒョンって一体どういう俳優さんなのか混乱してる気分なんですよねー。カッコいいのかな?どうなのかな?ウーンみたいな。

そして、クールな上司という設定とのギャップを狙ってるのか知らんけども、クマさんのエプロンとかつけて料理し始めたりするし、一体なんなんだ。無理やりプレゼントされてつけてみたとかじゃなくて、自らつけてたし。おいおい。

そしてスンヨンも可愛いのかどうかがよく分からなかったなー。女優さんには珍しく口角が下がった不機嫌顔だなーと。でも動物っぽくてキュートな気もするし。まあ、恋愛に疎い純情で一途な女の子感は出てたような気はしますが。

パク・ジンジュは個性的な顔だけど、可愛いよね。結構好きです。
ヒロインの良き友達という役柄に欠かせないタイプだよね。良い人感があるなー。

恋のライバルの課長役のチョン・ガウンは見たことあるな~と思ったら、千回のキスでチ・ヒョヌのお姉さん役だった人でした。確か紹介だかお見合いだかで出会った自分より背の低い相手と出来婚をするような役だったかな? そして今回のちょっと強引な役も合ってたなー

そういう訳で、ホン・ジョンヒョンはなんだかつかみきれなくて好きかどうか分からない気分なんだけど、ベッドでのシーンで腕がなんて白くてすべすべなんだ!と思ったし、手がとても綺麗だったので、それはいいな~と思いました。

しかし、衣装やメイクで男性もかなり印象が変わるもんですねえ。男性から見る女性もそんな感じなんだろうなと、メイクを落としたスッピンを見て驚く男の人の気持ちがちょっと分かった気分です。

 

ここでキュンとすべきなんだろうなというシーンは沢山ちりばめてあるのですが、そういうシーンになると、来た来た~と思って私はなんだか笑ってしまうドラマでした。どうしてなんでしょう!笑

 

恋のハイヒールが見れるのは・・・


【新大久保】辰家 ヂンガ(元コリアンスンデ家)でスンデ鍋を食べた~!

まあつまりそういうことです。ゴハン行こうよシーズン2を見てスンデ炒めみたいなのが美味しそうだなあと思って食べたくなったんですよ・・・ ありがちー!

で、ちょっと調べてみたらやっぱりスンデはここかなあ?と言うことで、辰家(ヂンガ)へ行ってきました。元はコリアンスンデ家という店名だったけど、変えたみたい。でもやっぱりスンデ料理の種類は多いままなので、新大久保でスンデで検索したらこのお店が出て来ましたね。多分名前が変わっただけなんじゃないかな?

場所は辛ちゃんの目の前にあります。ちょうど大久保通りと職安通りの間くらいの場所と言えるかな??

 

スポンサーリンク


 

多分、前に一度行ったことがあると思うんだけど、その時はそのままのスンデを食べた気がする。今回は土曜に行ったのですが、結構入れ替わり立ち替わりでこみあっていました。私たちは最後の空きテーブルにイン出来たのでラッキーでしたが、その後は数組が満席で断られていたりも。韓国人と日本人が半々くらいのイメージで人気店なのかなと思いました。店員さんもテキパキ働いていて、少し前に行った新大久保の端っこにあるお店とは大違いだったな~という印象です。

さて、食べるものが決まっているので、オーダーを決めるのが楽ちんで良いです。っでもスンデ炒めにするかスンデジョンゴルにするかでちょっと迷いつつ、結局スンデ炒めに決定!

スンデ以外にも基本的な韓国料理はありますね。
サムギョプサルとかポッサムとか。

む、プルナクチジョンゴル気になるなあ。牛肉とタコの鍋だって!

その他にもチヂミやチャプチェなども。

麺類も美味しそう・・・

ビールは480円です。新大久保ではちょっと高めかな?

ちなみにプレミアムモルツです。
プレミアムモルツって優しい繊細な味わいなので、韓国料理のような濃い味付けにはもっとガツンとしてるスーパードライとか一番搾りの方が合うような気がするんですけどね・・・なんてことは実はちょっと思ってる。
でも新大久保でのプレミアムモルツ遭遇率が上がってるような気がするのでシェアを伸ばしているのでしょうかねー?

パンチャンはどれも美味しかった!大根キムチの汁がとても美味しい・・・
すっきりしますねー

そして、スンデ炒め来たよー。
これにもエゴマとエゴマ粉がいっぱい!
鍋類にはほとんど入ってるものなのでしょうか?ともかく大好きなので嬉しい。

出来上がりー!
炒めという割には汁がいっぱい出てますね。スンデも形が崩れるくらい煮て味が染み込むととても美味しかった。

ク・デヨンの言う通り、コプチャンから食べて、スンデはもっと後で味が染み込んでから食べましたよ!(影響受けまくり・・・)

最後にチャーハンにしたかったけど、おやつも食べてお腹がいっぱいだったので、この日は断念しました。また機会があったら次回にきっと!

は~ 超満足しました。美味しかったな~
ごちそうさまでした!