【台湾ドラマ】 笑うハナに恋きたる の感想 見ているうちにだんだんハナのハッピーに巻き込まれる!

ディーンフジオカも出てるし、ちょっと見てみようかな~と思ったら、意外と面白くなってきてdTVで最後まで一気に見ちゃいました。
「笑うハナに恋きたる」って凄いタイトルだなって思ったけど、
内容と結構合ってるような気がします。なかなかうまいです。

 

スポンサーリンク

 

ハナは天然パーマだし、洋服のセンスもかなり個性的で、最初はギョッとする感じ。
そしてドラマの中で、スタイリストのタムを演じるウィルバー・パンもそう思って、最初は悪趣味で嫌いって言ってるのに、だんだんハナの心優しいところを知って惹かれてることに気づくんですよね。

ドラマで「良い人」として設定されてて、まわりの登場人物から「良い人だ」「性格がいい」と台詞で言われるものの、全く良い人に見えないってことがよくあって(彼女はキレイだったとか!)、そういう時はドラマ全体の説得力が無くなっちゃって面白くなくなってしまうんですけど、このドラマでのハナはそういうところが自然で私も良い子だなといつの間にか思わされて、だんだん好きだな~と思ってました。

レイニー・ヤンは初めて見たので、素がどんなタイプか分からないけれど、このドラマではしゃべり方とか歩き方とか表情とかぶっ飛んだハナに成りきってて、結構上手だと思いました。
他のドラマではどうなのかとっても興味があります。

ウィルバー・パンももちろん初見で、特に好きも嫌いもなかったけど、だんだんかっこよく見えてくる魔法w
タムがかなり毒舌だったのですが、かなり板についた感じだったので、これまた全然違う役を演じてるところを見たいな~と思いました。

そしてディーンさんは、メインキャストを多分吹替えじゃなくて自分で中国語を話して演じてて凄いな・・・と思いました。
しばらく日本でいたという設定ではあるものの、台湾人の役ですからね。
王子様をオトせ!を見た時は、むしろ日本人って知らなかったしな・・・

ともかく台湾でもイケメン設定だったから、カッコイイの基準は結構似てるんだな!
それにしても変なギャザーがビラビラの光沢素材のシャツを何度も着てて、そこはちょっとwと思いましたけども!!!

ミシェル・チェンも少し前に見た映画の花様とは全く違うタイプの恋に必死になるあまり少し意地悪な役。
そんななのに、意外とどんくさくって怪我ばっかりしてるというコミカルな部分も違和感無くてそれも良かったです。

台湾ドラマはどれもな気がするけど、家族の描き方がとても優しいなと思います。
面白可笑しく作られているけど、このドラマもそう。
それぞれの家族がハナのおかげで変わっていくのが良いです。

 

アニメっぽい大げさな作り方だし、コミカル過ぎると思う人もいるかもしれないので、苦手な人もいるかもな~とは思うのですが、でも個性的なハナが自分のありのままを受け入れて、そして明るいパワーでまわりをハッピーにしていく姿が見てる人まで元気にしてくれる可愛いドラマだなと私は思いました!

軽い気持ちで見れる、意外とオススメのドラマです!

 

笑うハナに恋きたるが見れるのは・・・



 

【台湾ドラマ】狼王子-Prince Of Wolf- の感想 主役の二人も美しいし面白い!そして「許す」ということについて考えた!

狼王子の視聴を完了いたしました!
多分、去年にアニキに恋してでBii君を知った頃に、you yubeで歌を色々探していたら、彼が主題歌を歌っているこのドラマのPVを見て、いつか見たいな~と思っていたのです。
こういう現実離れした設定大好物なんですよね~

6歳の頃にオオカミのいる山に置き去りにされた澤明がオオカミ夫婦に育てられるんだけど、写真を撮りに来た蜜蜜と出会ったことをきっかけに人間社会に戻ることになり・・・といった感じの内容。

韓国映画の私のオオカミ少年の台湾版リメイクとか聞いたんですけど、内容が本当に全く違います!!!!
そうだなあ、映画のオオカミ少年はかなり不完全燃焼な気持ちになったのですけど、
この台湾版はドラマで時間もたっぷりありますから、家族愛もあり、ラブストーリーもあり、盛りだくさんの構成です。

そして、主役の2人がとても美しくて、見てるだけで惚れ惚れ。
狼(っていうかシベリアンハスキー?)も可愛くて、大型犬が大好きな私はそれもかなりポイント高かったです。

変にCGとか使わずに、いっそ犬にしたのが良かった気がするなあ。
加工といえば、目の色を変えてるくらいなので、狼じゃないやん!犬やん!とは思うんですけど、でもデレック・チャンが犬に、パパ!(ぱー)って呼びかけるのマジで可愛くていいんですよ。

狼(犬)の姿を見てるだけでも楽しかったよー!
とってもお利巧で可愛い・・・

デレック・チャンは、特に最初の頃のオオカミと森で住んでる時の姿が素敵。
ニッキ―・ウー+イ・ジフン(青い海の伝説とか出てる)÷2って感じの雰囲気だと思うんですけど、そんなこと思うの私だけかな・・・
傷だらけだったり、破れたタンクトップを着てるだけど、露出が多めでも変にいやらしい感じでもなく、とにかく可愛くてさわやか。
森の中で裸足で撮影大変だったと思うのですが、その甲斐あって、ステキなシーンがいっぱいあったなあ。
とにかく景色が美しいのも見どころです。
人間社会に出て来てからもカッコいいけど、最初のさわやかさや純粋さが鮮烈だから、ちょっと魅力が半減してしまうのですよね・・・

そして、アンバー・アンは、少女時代のソヒョンをもっとお姉さんにした感じ?
こういう綺麗なお姉さん好きです。
すらっとしたスタイルも素敵で、見てるのが楽しい!

この主役の二人があっという間に恋に落ちて、めちゃめちゃラブラブなシーンが沢山あるんですが、寄ると触るとキスしてるから、なんか笑っちゃってました。
可愛いし、素敵なんだけど、笑うしかないとこもあったw
でも、もちろんそんな状態がずっと続くわけではないので、障害が色々と出て来た後は、そのラブラブっぷりを見た後だと擦れ違う二人が余計に切なく見えるかな。

そして、澤明が恋愛の勉強をするためにドラマを見る際、アニキに恋してを見るシーンがあるので、もしかして、製作陣が同じかもな~と思いました。
わざわざBLとは何かを教えてからそのドラマを見せてた!ワハハ

それが関係あるのか分からないけど、アニキに恋してにも出てたチェン・ユアンが蜜蜜の妹役で出てた!
美人姉妹~
彼女もやや複雑な心情をしっかり表現してて良かったな・・・

その恋人役の薛仕凌は実はお坊ちゃまというのが結構あってた!
大嘴巴というグループの人らしい~

クービン は澤明のライバル役
始めの頃はなんだか苦手な顔だな~と思ってたんだけど、だんだん見慣れて来て、そしていい人になって来て平気になりました。

ドラマでは彼の存在が色々とキーだったのかな・・・

リン・ミンチェンはマレーシア出身みたい!
彼女もアンバー・アンとは違うタイプだけど、とってもキュートで可愛い~
最後は幸せになりそうな予感がしたので良かったな・・・

そして、澤明のママは台湾ドラマでよく見るシエ・チョンヌアン!
王子様を落とせ!とか本当によく見る女優さん。
いつも全く違う役柄を演じ分けてて凄いね~

あと、薬草店にいる面白担当のこの二人も良かったです。
ほんと登場人物がバラエティーに富んでる!
でもそれぞれの性格の設定とかしっかりしてて、そういうところが台湾ドラマの良いところだな~と思います!

 

スポンサーリンク

 

そして、主題歌はBiiくんの歌!

同じ曲だけど、Biiくんが出てるバージョンのMV

そして挿入歌もBiiくんの歌!
私は主題歌よりもこっちの方が好きです。

しかし、盛り上がる場面でかなり唐突に曲が流れだすんで、くるぞーくるぞーってその時点ですでに笑ってしまうのですが、もうちょっと曲を入れるは抑え気味でも良いのでは!?

 

そして、とても興味深かったのは、このドラマの中に流れる精神というか、「許す」という事に対しての描き方です。
韓国ドラマで「復讐」がよくテーマになるのとはまた違いますよね。
でも秘密は許す部分を描かれてたし、まあドラマによるとは思いますが、
それぞれの国の置かれてる立場とか考え方とかも少し影響するのかもしれません。

叔父が「5歳だか6歳だかの時に山に置き去りにする」というのは自分で手を下さずとも殺意があってのことだと思うのです。
結局は、狼が育ててくれたので、死ぬことは無かったけれど、それでも家族と引き離されて、文化的な生活も出来ずにいたというのはかなりひどい仕打ちを受けた事になるのだと思うのですが、澤明や家族は復讐ではなくてどこまでも許すことを選ぶのです。
叔父さんは因果応報と思えるようなひどい出来事が起こって心を入れ替えるという部分も描かれているので、その辺りも丁寧だなと思います。

許すということ、許さないということ、その違いについて少し考える機会になりました。ちょうど、「人を許さないことは、自分自身で24時間そのことに関して看守をつけて見張っているようなものだから、許すということは自分のためなんだ」というのを本で読んだところだったので、余計にその部分に反応したのかも。

そういうことを考える機会になるのは面白いな~と思いました!

 

【中国ドラマ】あの星空、あの海。~人魚王の伝説~ の感想 海とウィリアム・フォンの美しさにただただ平伏すのみでした!

『那片星空、那片海  The Starry Night The Starry Sea』を視聴終了いたしました!
(原題の方がなんだか素敵な気がする!)

ドラマの内容としては、人間と人魚の恋というありがちな設定ではあるのですが、
人魚が男性の方だったり、生命の源とも言える『霊珠』が1つしかないためどちらか一人しか生き続けられない状況で愛し合う二人が切ないです。

でも、内容よりも素晴らしかったのが、全編を通して貫かれてる美意識みたいなもの。とにかく風景が美しいのです。
海や島の濃い緑など、とにかく美しく撮影されていて、ロケ地に行ってみたいと思う事間違いなしです。(私は完全に行ってみたくなってますw)

海はどうやら台湾の澎湖や緑島で撮影されたようで、沈螺のお家は上海にセットを作って撮影されたみたい。
他にもニューヨークやソウルでも撮影されたそうなんだけど、ニューヨークは分かるけど、ソウルはどの部分なんだろう?分からないな~

なんといっても沈螺のお家がとにかく素敵で、この素朴で緑がいっぱいの美しい自然の中にいると、主役二人の美しさが際立ちます。
何も言えないような圧倒的な美しさのパワーに、それだけでも見て良かったなあと思う気持ちになります!

 

スポンサーリンク


そういう風景も良いのですが、私が驚いたのはウィリアム・フォンの美しさ・・・!
名前は聞いたことある気がするし、出演作の蘭陵王のタイトルは聞いたことはあったけれど、実際にちゃんと見たことはありませんでした。

人魚の王~?男性が人魚なの~!?なんて思いながら見始めたけど、
もう途中から何も言えなくなって、なんという美しい方なのかと平伏すような気持ちで見ておりました。
カッコいい~好き~とかそういう感情では無く、ただただ、お美しいな~と思うそんな感じ。
 

やたらポケットに手を入れてるんだけど、背筋が伸びた姿はなんとも神々しい・・・
人魚王の造形は耳とか手とかウロコはえてるし、怪物感あるけど、それも悪くなかったです。
 

無口な人という設定もノーブルな感じを出してて良かったのかな。
まあ1000年も生きてる設定ですから、現代のテンポとは違って当然ではあるけど、
その点も異次元って感じがして合ってました。

お相手役のヘイデン・クオもお美しいのですが、静止画の方が美しいタイプの方。
色んな表情をすると時々おばさんっぽく見える時があって。
ウィリアム・フォンと抱き合ってるような動きのない時の美しさは最高です。
完全に絵になる二人。最高(何度もいうw)

 

あとはまわりの登場人物もなかなかきちんと描写されてて、
それは中国ドラマの良いところのような気がします。
どれだけ脇役陣を性格までしっかり設定できているかって結構ドラマの奥行きに影響すると思うんですよね。

特に好きだったのはこの二人。

沈螺の幼馴染みの江易盛を演じていたホアン・ミンと、人魚をまもる魔女の家系のリャンリャン役のワン・モンリー

江易盛はとんでもなくいい人だし、リャンリャンも良い子でいつでも主役二人の味方!

特にワン・モンリーはキリっとした美人さんで好きなタイプ!
アクションもなかなか良かったです。

太目の眉とアイライン、グリーンのシャドーが素敵で、このメイク好きだな~って思って見てました。

そして沈螺のもう一人の幼馴染みの周不聞は、そこまで・・・!?と言うくらいなかなか悪い人でしたw
もっと悪そうな安佐が意外と早く諦めるので、彼の沈螺への常軌を逸した執着はおそろしいです。だから私の記憶の中の安佐の影は薄い・・・
でも最初からこの人悪そう感がある配役なので、そこは意外性がなくてちょっとつまらなかったかな~と思ったりも。
いい人そうに見えるあの人が!?みたいな方が面白かったかな~と思う。
だって、見るからに怪しいんだもん。

周不聞の妹役の不言もまた違うタイプの可愛さ。
こういう切れ長の目って魅力的。
あ、スマホケースがキティ柄だ!
    

あとは必ず一人出て来るお調子者の朱一漾役のワン・イェンリンも好きでした。
私は劇中のこういう役の人を好きになれるかどうかで、ドラマ自体を楽しめるかって左右されます。ウザいな~と思ってしまうと、なんだか見るのが嫌になったり。
でも彼はおバカなんだけどほんとはいい人っていうのを自然に演じてて好感持てました。

 

小さい頃に一度死んでしまって霊珠のおかげで生き返った沈螺、
霊珠が無いと数か月後には死ぬ運命の人魚の呉居藍、
親愛のキスをすることで霊珠を取り戻すことが出来るけど、
取り戻すことで彼女の命を奪ってしまう事になるからキスは出来ない、というなんとも絶妙な設定。
愛し合う二人のお互いを思う気持ちは見ていて切ない。

最後はどういうことだったの!?と何度か見てもいまいち確信できていないんだけど、
多分こういうことだったのかな・・・と自分の中では思っています。
悲しい終わり方には違いないけれど2人の愛としては哀しくないと思って良いのだと思います・・・

ちなみに続編の2もあるみたいで、どうやら1000年前の二人の物語みたい。
古装で撮影しているみたいなので、これも見たい。
きっとヒスイのペンダントの秘密が明かされるはず―!

まあ、まだ先だと思うので、その前にウィリアム・フォンの出てる蘭陵王も見なければ!

 

 

 

【台湾ドラマ】台北ラブ・ストーリー/美しき過ち の感想 丁寧に描かれる感情表現が素晴らしい

有名な俳優さんが主役という訳でも無いし、本当になんとなく見始めたドラマだったのですが、とてもとても良かったんです。
こういう出会いがあるからやっぱりドラマを見るのは楽しいな!と実感しました。

お父さんと息子が同じ女性を好きになってしまう・・・というあらすじを見ると、不倫もの!?と思ってしまいそうですが、そんなイメージで想像してしまうようなドロドロしたものは全くなく、台湾の美しい風景をバックに描かれるのは、普通に生きているように見える人々の色んな思い。

それぞれの登場人物に向ける視線がとても優しく、だからこそなのか俳優さんの演技も素晴らしくて話が進んでいくに涙が止まらない回もありました・・・!




ちょっと長回しの撮影が多くて、映画っぽい感じも素敵なんですよね。
台湾映画を見た時と似ている感覚があって、よくあるアイドルが主役で出ているドラマとは一線を画したイメージです。

あと、主役のマンチン役のリン・チェンシーの歯並び、ユーエン役のモー・ズーイーほくろがいっぱいある顔が自然でとてもいいです。
やっぱりそういう自然体ってなかなか美しいなあって思いました。
美しさの基準は人によって違うだろうけど、そういう部分も好感が持てるなあって思ってドラマを見ていました。

一番演技で印象に残ったのは、モー・ズーイーかなあ・・・
最初はちょっと気の利かない不器用な男子って感じなんだけど、実はかなり辛い経験をしていたというのが分かってくると、垣間見せる傷ついた表情や、影のある表情、涙を流すときの繊細な演技にすっかり釘づけになります。
この人、きっと殺人犯とかそういう狂気の演技も出来そう・・・と思って見ていたら、ちょっとだけそういうシーンも出て来て、確信が持てました。
気になる俳優さんに躍り出たなあ。他にも出ているドラマがあったら見てみたいです。

あと、マンチンの3人のお母さんがまた良いんですよね。
名前が凝ってるというか、往年の華流系の有名女優さんの名前なんですよね~
マギーはマギー・チャン(張曼玉)で、チンシアは、ブリジット・リン(林青霞)で、チェリーはチェリー・チェン(鍾楚紅)!
彼女たちはホステスという設定だったので、これは源氏名なのか本名という設定なのか?って感じだけど、知ってる人から見ると、お!って思うようにできてるんだろうなあ。
ちなみにチンシアは台湾ドラマでよく出てるリン・メイシュウで、チェリーは君には絶対恋してないのお姉さん役だったシャオシェンで、人情溢れる。良いです。

それから、アニキに恋してに出てるチェン・ユアンがここではちょっと意地悪な女の子を演じてます。
意地悪な可愛い子っていいよね・・・似合う。
でも徹底的に悪い子って感じじゃなくて単純で裏表がなくて思ったこと全部口に出ちゃうって感じだったからそれもドラマに深みを与えてたのかもなあって思う。

台湾でのタイトルが『罪美麗〜An Innocent Mistake〜』で日本のタイトルにも『美しき過ち』が入ってるんだけど、この罪っていうのは、パパがマンチンを好きになってしまったことだけじゃなくて、後妻が犯した罪も愛ゆえなんだろうし、そういうのを全部含んでるのかな、って思いました。

台詞も含蓄のある言葉が多くて、何度か見たら、その度に心に残る部分が違うかもしれません。
本当にとてもとても素晴らしいドラマでした!オススメ!

そういえば、エンディングの声がパパの声に似てるなと思ったら、やっぱりパパが歌ってるみたい。歌手なんですかね?
挿入歌とか歌も素敵でした!

 

台北ラブ・ストーリー/美しき過ちが見れるのは・・・


  

【台湾ドラマ】王子様の条件~Queen Loves Diamonds~ の感想 ファッションも恋愛も人情もストーリーも楽しめるステキなドラマ!

実は最近はあまり先が気になる韓国ドラマが無くてかなり視聴速度が落ちていました。
なので感想を書きたいけど、書くのが無い状態^^;

で、ちょっと久々に台湾ドラマなんて見てみようかな~と思って手を出した王子様の条件が何これめっちゃ面白い!ってことで結構なスピードで見てしまいましたよ~

こういうの久々で楽しかった!

台湾ドラマって、今まで私が見た経験上でだけなんだけど、すごく面白いか、なんだこれは・・・とかなりの衝撃を受けてまた台湾ドラマを見るのをためらうようになってしまうくらいかの両極端なんですよね。
だからこのドラマもどうだろうか・・・とかなり半信半疑で見始めたものの、大満足することになりました!

ちなみに私が今まで見た中で大好きなのは、アニキに恋してと君には絶対恋してないとハートに命中100%あたり。こ、これはちょっとというのは、アリスへの奇跡と恋のキセキですね。
なので、これでちょっと私の傾向がわかるかも?笑




台湾の拝金女王や、英語のマテリアルガールというタイトルの方が内容は分かりやすいと思うんだけど、日本のタイトルの王子様の条件になっちゃうと主役が女性じゃなくて主役が男女みたいな感じになる気がしますね。
これはもしかして、F4のヴァネス・ウーが出ていることを考えてわざわざそうしてるのかな・・・とか思ったり。台湾ではリン・ホンは有名だろうけど、日本だとヴァネス・ウーの方が有名だろうしなあとか考えてました。

いやでも、このドラマはもう断然リン・ホンが主役です!!!!
どんな服でも着こなして、本当に美しいです。

なにせ『セックス・アンド・ザ・シティ』で衣装を担当したパトリシア・フィールドが衣装監督をしてて、これでもか!っていうほどオシャレな服が出て来るんですよ。

でも本当にどんな服も着こなしていて、見ていてほれぼれするほど!
さすが一流のモデルさんです。

肩が出てる服を着てる美しくない人を見るのが嫌いなのだけど、
彼女はもっと着て下さいって感じです!

こんな人に来てもらえるならそりゃ服も喜ぶだろうと思う!!!
ブランドものとか興味がないけど、美しく装っている美しい人を見るのは好きだな~と実感。
これくらいブランドものを着こなせる人が演じたからお金が第一っていうチュマンという役だったけど下品にならずにキュートだったんだと思う。

このウェディングドレスもちょっとチャイナっぽくて素敵でした。
走るシーンがあるから後ろについてる飾りがシャラシャラと音が鳴ってそんなことまで計算されているんだなと感心しました。

 

そしてヴァネス・ウーは初めて見たんですが、ヒールを履いたらリン・ホンの方が大きいから背が低いのかなと思ったら、リン・ホンが179センチもあるからだったみたい。180センチもあるのにねー!ビックリだー

最初はカッコよさが分からなかったんだけど、だんだんかっこよく見えて来るというドラママジック!
そういうのもドラマが面白かったからこそですよね。

でも、どうしてもソフトバンクホークスのぽんちゃん(本多選手)に見える・・・

に、似てるう!

ともかく二人がラブラブしてるのは本当に好きでたまらない二人って感じで良かったです。
まあ最後はうまくいくんだろうと思って見てはいたけれど、最終話まで本当にどうなってしまうのか分からなくてドキドキしたなあ。
好き合ってる二人なのに、傷つけあったり、擦れ違ったりを見て一緒に一喜一憂しちゃった。

 

あと脇役陣もすごくすごく良かったです。
こういうほのぼのした人情ものって台湾ドラマの得意分野だな~って思う。

朝南市場の皆さんは個性的であったかくて最高!
ハートに命中100%のチャン・シンイ―のお母さん役のリン・メイシュウがヴァネスのお姉さん役で出てたり。

ナー・ウェイシュンもチュマンのよき理解者として出てて楽しい!
彼は本当にどのドラマでも愛すべきキャラなんですよね。

ゲン会長役のクー・パオミンは君には絶対恋してない!でお父さん役で出てましたね~

そんな感じで見たことがある好きな俳優さんがいっぱい出てて安心感があります。
台湾ドラマの良いところは、あんまり悪い人が出てこないことですね。
そのせいかほのぼのしている気がします。
その上、このドラマは脇役それぞれの背景やキャラクターが本当にしっかり描かれていて、そこが素晴らしいところだった気がします。

ダンソン・タンもちょっと繊細な役を演じてて良かった。
なんだか見覚えがあるような気がして考えていたんだけど、私の妖怪彼氏で悪い人の役をしていた人に雰囲気がちょっと似てるかも!
でも全然違う俳優さんで、私の妖怪彼氏に出てたのは李昕亮っていう方みたい。

 

それから、いちばん素敵だなーと思ったのは、キャメロンが作ったジャスティンのMV!
確かにそこには隠し切れない二人の愛が写っていて、なんだか感激しちゃった・・・
二人の演技がとても良いんだなあってそこで実感しました。
だからドラマにすっかり入り込んで楽しかったんだなあって思います。

チュマンとお母さんのエピソードも最後まで丁寧に描かれていて、なんだか本当に良い場面が多かったなあと思います。

 

とっても素敵なドラマでした!!!
最近見た台湾ドラマはどれも当たりで嬉しいです!!!

王子様の条件が見れるのは・・・