【韓国ドラマ】優雅な女 の感想 なんだか掴みどころのないストーリー、そしてソンギかわいそうじゃないかー!

優雅な女を見終わりましたが、なんだか掴みどころのないドラマだったな、というのが正直な印象です。スキャンダラスな家庭の虚栄や野望を描くのかと思いきや、なんだかストーリーは復讐へと広がって行き・・・ 視聴者の裏をかく事に重点を置いたらこんな散漫な内容になりましたよーって感じなんだろうか?うーん。でも面白くなかったわけではないです。不思議。

 

スポンサーリンク


 

誰が出演しているかを知らずに見始めたんですが、主役のチョ・アラを演じているのはオ・ヒョンギョン。どっかで見たことあるな~と思いながら見てたら、伝説の魔女のソン・プングム役の女優さんだったー!あのドラマ好きだったんだよな~ 今回もベテラン女優役だし、なかなか迫力のある役が似合う。

そして、ラジオのDJの仕事のシーンで眼球浄化の無断横断と曲紹介をするシーンが!美男バンドの劇中歌だ~!!!と1人で盛り上がりました。同じ放送局tvNのドラマだからですよね、きっと。あのドラマも好きだったなあ。

そして、旦那のコン・ジョンハン役のパク・ソンウンが「実は自分はゲイでチ・ソンギを愛している!」と家族に告白するんですけれども、私はこの時ジョンハンのソンギに向ける視線がどうみても愛しているという視線の演技に見えないな・・・と思ってしまって。霜花店のチュ・ジンモのチョ・インソンに向ける愛をはらんだ生々しい目つきが焼きついているもので、ジョンハンも心から彼のことを愛しているというならあれくらいでないと・・・と思ってはいたのでした。

そしたら、結局ジョンハンのソンギに対する愛情はそういう恋愛感情ではなくて、ゲイではないとラスト辺りで判明しまして、ということはパク・ソンウンそれも踏まえてどこか恋愛感情を含んだ視線にならないように演技してたのかな、そうだとしたら凄いなと思った!そして私の疑いも当たった風な展開となった!

このドラマでは、クォン・ユルが演じたチ・ソンギだけはなんだかとても切ない存在だった。復讐には走らない赦しの天使。そして最後には悲しい結末を迎えることに。本人は何にも悪く無いのにね。なので、チ・ソンギの描き方に関してはとても後味が悪いです・・・ 来世は幸せな人生を送るんだよ! クォン・ユルは可愛くも見えるし、ミステリアスにも見える人なので、いろいろな役を演じてるイメージですが、私はブレインでのどこでも寝ちゃうちょっととぼけた外科医役が好きです。

B1A4のジニョンはおバカだけど意外とピュアな息子を魅力的に演じてたな~と思いました。あんな家庭でいたらもっとひねくれそうな気もするけど、おバカなところが幸いした感じしてどこか素直なのかもしれない!

この二人の愛の結末は少し悲しいけど、ちゃんとお互いにいっぱい愛したから、ナニの人生は幸せだったよね?

彼はふざけてる時と、こんな表情のギャップが良いなあ。ドラマで初めて見たと思ったんですけど、メンドロントットも出てたんですね。あの時の役とイメージが重ならなくて全然分からなかった!髪の色が違うというのもあるのかな。

将軍の夫婦が最後は元サヤに戻ったのは意外。将軍はあんなにチョ・アラに「愛している!」って言ってたのに、妻が去るとその存在の大きさに気づくとか、都合良すぎないかい?

 

結局、何を描きたかったのか分からないドラマだったけど、雨降って地固まってやっぱり家族って大切だよね!みたいなこと言いたい感じなのかな、という気もした。チョ・アラ夫妻も隣の家の夫婦も家族関係が修復されるという結末を迎えた訳だから。表面上は視聴者に衝撃を与えるエピソードを見せつつも、意外とテーマはオーソドックスなものだったのかもしれない。

 

このドラマが見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す