【韓国映画】スパイな奴ら の感想 10年ぶりに指令を受けたスパイたちのドタバタコメディー!

映画「スパイな奴ら」を見ました!スパイものにしてはコメディー要素も多くて見やすいんだけど、スパイの存在がリアルに感じられる環境自体に複雑な気持ちを抱いてしまいますね・・・

 

スポンサーリンク


 

前半は、10年ぶりに暗殺指令を受けた韓国に潜入している北朝鮮のスパイたちのドタバタぶりを描いています。銃を山に埋めたらマンション開発されてて見つけられないとか、引っ越しで銃弾を無くしたとか、生活のためにお金が必要で大変ですっかり所帯じみてたりとか。そういう部分がコメディータッチで描かれるので気を抜いて見ていると、実際の作戦に移りだんだんとシリアスな展開になっていきます。ずっと韓国で住んでいてすっかり慣れてしまったスパイ達と、この作戦のためにやってきたスパイたちの温度差が面白くも切ない・・・

ユン顧問(ピョン・ヒボン)の死からそれまでのぬるい空気が一気に変わるのはうまい。カン代理(ヨム・ジョンア)とウ代理(チョン・ギョウン)が昔につきあっていたというのを聞いて、ユン顧問がキム課長(キム・ミョンミン)に「二人はやったのか!?」「やってるな」と何度も聞くんだけど、そんなとぼけたおじいさんが置かれている状況というのが本当は平穏とは程遠い場所だったんだな、って引き戻される感じ。

キム・ミョンミンもコメディータッチの役柄もとてもうまい人だし、シリアスな演技もうまい人なので、一作品の中でどっちの部分もある演技が見れるのは良かったな。アクションシーンも思ったより派手で面白かったです。チェ部長(ユ・ヘジン)がどこまでも任務を遂行しようとする姿もすごかったし。

ふとしたセリフで、ストーリーの中にコントラストを作るのがとてもうまい構成だったなと思う映画でした。ユン顧問のセリフも、チョ部長のセリフもしかり。

 

韓国に住んでいるスパイ4人のキャラ設定もしっかりしていたし、北朝鮮から来たチョ部長もいい味を出してたし、登場人物が魅力的だったので、面白かったなと思います。ラストのキム課長のちゃっかりも面白かったし、私は結構楽しく見れた映画でした!

 

 

スパイな奴らが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す