【中国香港合作映画】ラスト・シャンハイ の感想 久しぶりに見た呉鎮宇(ン・ジャンユー)に大興奮!

最近、映画を見る機会が多いのですが、そういえばチョウ・ユンファは最近はどうしているんだろうなんて思って見てみたのがこの「ラスト・シャンハイ」であります。もちろん歳はとったなあとは思うけど、あの存在感は健在でありましたなあ!そして他の出演者に誰がいるかを何も知らずに見ましたが、おお!という人が結構出ていたので、見て良かったわ~!

 

スポンサーリンク


 

サモ・ハン・キンポーもほんと色んな映画で見るからどんだけ出てるんや!ってビックリするけど、この映画で久しぶりに見て嬉しかったのは断然!呉鎮宇(フランシス・ン/ン・ジャンユー)であります。やっほー

少し前に彼のことを思い出して頭に浮かんでですね。香港映画をよく見てた頃に見たあの人はなんて名前だったけな~と考えていたんですよ。そしたらたまたま見たこの映画で出てた!癖のある役を演じているのも全く変わっていない~ そう考えてみるとそうかそうか私は昔から癖のあるおじさんが好きだったんだな・・・と思いいたったのでありました。マオ将軍役のうさん臭さったらたまりません。この映画は彼ありきだと思う!!!

ああ、香港の映画館で彼が主演の映画も見たことあるもんなあ。その時いっぱい見たからタイトルもすっかり忘れてしまったよ・・・ なんだったけなあ。

なんつってン・ジャンユーのことばっかり言っていますが、チョウ・ユンファも良かったですよ。中国服が本当に似合う。年相応に恰幅が良くなったのがまた良くて、素敵な人は歳に関係なく素敵なんだわと思い知るねえ!

そしてチェン・ダーチーの若い頃を演じたのがホァン・シャオミン!この二人が同一人物を演じているのが全く違和感なくてちょっと驚くほど。

ホァン・シャオミンもいい役者さんですね。血気盛んな頃のダーチーの演技も、イエ・ジーチウに恋する演技も良かったな・・・ ジーチウとは結ばれなくてアーバオ (莫小奇/モニカ・モク)と結婚するですけども、アーバオの思いも切なくて、時代に飲み込まれた彼らの運命に涙してしまう。

イエ・ジーチウを演じたユアン・チュアン(袁泉/ヨランダ・ユアン)も美しかったな・・・ 住む世界が違ってしまったと彼女からダーチーの手を振りほどいたけれど、捨てきることが出来ない思いがどこか残っている。でももう二度と手に入ることは無いのだった。

教会での刺客を見て、隋唐演義の徐茂公じゃないかな~と思って調べたらそうだった~ 杜奕衡(ドゥ・イーフン)ですね。出番ちょっとだけだったのにすぐ分かったぞー 特徴のある顔ですもんね。

そして、東京媽祖廟の前を通った時にすごく太い線香が刺してあるのを見てビックリしたんだけど、ホン・ショウティンとチェン・ダーチーが義兄弟の契りを交わすシーンでその太いのが出てきて、本当にあんなに太いのを使うんだなあと思ったという話。

 

時代背景として日本軍が上海に攻め込んでいる時なのなので、どうしてもに日本軍が敵として描かれちゃうんだけどね、それはそれとして。
アクションもストーリーも見ごたえあって結構見いっちゃったな・・・ ちょっぴり苦くて切ない映画だったなあと思うのでした。

 

 

ラスト・シャンハイが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す