【韓国映画】観相師 -かんそうし- の感想 時代の流れというものは人の能力を超えたところにあるのだ

映画の「観相師 -かんそうし-」を見ました!Gyao!で配信してたので、そういえばこれ見たかったやつー!と飛びついたのでした。モチーフは「観相」なんですが、時代背景は違うけれど、ドラマの王の顔でも扱われていましたよね。手相とか観相とか要はこういう相を持っている人には○○な人が多いという事象を集めた統計学だと思うので、絶対的なものではないけど、母数が多ければある程度信憑性が高くなるのかもしれないですね。

 

スポンサーリンク


 

それにしてもキャストが豪華で凄いです。ソン・ガンホ、チョ・ジョンソク、イ・ジョンジェ、イ・ジョンソクなんて一人で主役をはれる役者たち。そんな俳優さんが脇役を演じているので、見ごたえがあるに決まっているのでした。見る前に知っていた出演者はソン・ガンホとイ・ジョンソクだけだったので、見てる途中でどんどん出てくる大物に豪華~と驚きました。

キム・ヘスが芸妓姿がとても美しくて迫力。ネギョンをこき使おうとだまして取った証文を盾に今度は首陽大君の額にほくろを作るのを手伝わされるという話の流れが非常にうまく出来てて感心してしまいました。

その他の点でも伏線がきちんと回収されていて、この映画は脚本がとてもよく出来ているのです。ネギョンの義弟のペンホンについてが最後まですごかった。ネギョンの観相で、ペンホンの喉仏は短気を起こして失敗すると言われているんだけど、官吏になりたい甥のジニョンにこっそりと都に行くお膳立てをしてしまい(ジニョンは観相によると官吏になると不幸になる相が出ている)、ジニョンは無事に官吏になるもののある出来事があって視力を奪われる、そしてそれをペンホンがキム・ジョンソのせいだと早合点して首陽大君にキム・ジョンソが彼を討つ計画を立てているとチクリに行く(実は首陽大君のしわざ)、その結果キム・ジョンソが殺され、ジニョンは不幸な最期を迎える。そしてペンホンは喉仏を自分でつぶす、という流れ。

抗えない運命の大きな流れに翻弄される姿がとても怖かったのでした。

ネギョンの息子役のジニョンを演じたイ・ジョンソクも薄幸な感じが非常に似合う。最近堂々とした役ばかりを見ていた気がするのだけど、意外とこういう不幸を一身に背負った雰囲気も出せるのだと発見した気分です。

古装も割と似合うんですねえ。初めて見た気がする。多分。しかしジニョンが最後まで気の毒な役でした。首陽大君はネギョンを殺すよりも息子を殺す方がネギョンのダメージが大きいことを知っていたので、矢をジニョンに向けたのでしょうか・・・

散々、「首陽大君は逆賊の相だ」と聞かされつつも、首陽大君の登場はじらされるんですが、イ・ジョンジェが出てきた時にわーおって思いました。傷もいっぱいつけていかにも悪そうにメイクしてあるせいもありますが、私が想像していた逆賊のオオカミの相の期待に応える顔だったので、ちょっと興奮しました。いかにも悪そうで最高でしたな。こういう時は先にキャスティングを知らない方が楽しかったりしますねえ!

そしてちょい役の内官役に見覚えのある顔が!秘密の森のキーになる役だったユン課長じゃないですかー イ・ギュヒョンも気になっている役者さんであります。

 

最初は田舎の貧乏だけどほのぼのした家族ののんびりした風景が、都に行ってからの時代に翻弄され具合のスピード感が凄かった。見ている方も一緒に巻き込まれたような感覚を味わうのはその対比が効果的に作用しているせいだろうな。大切なものを失い、自分の力の限界を知り、一つの時代の移り変わりを体験した後に海を眺めるネギョンの表情に表れた感情は何だったんだのだろうか・・・ 無常感だったのかな。

 

観相師が見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す