【韓国ドラマ】ロマンスが必要2 の感想 ロマンスというよりははじめから家族のような二人のお話

ロピル第2弾!ロマンスが必要2の視聴を完了しました!主役がチョン・ユミ、脚本がチョン・ヒョンジョンという事もあって同じ組み合わせのドラマ「恋愛の発見」をどうしても思い出してしまいましたねー あのドラマのヒロイン、ヨルムよりはこのドラマのヨルメの方がまだ好きかな・・・という気もするけど、やっぱりちょっと印象がかぶってしまう感じでした。

 

スポンサーリンク


 

ストーリーとしては、面白くないことは無いんですけど「病気による別れ」というのが出てくるところが私は好みじゃないのですよね。愛しているのに別れなければいけない状況を作り出すためにはとても便利な理由ではあるけど、ドラマの常套手段過ぎるので、またか・・・という気持ちになってしまうのは否めないなあ。

チョン・ユミになんとなく苦手意識があるんだけど、彼女自身が苦手なのか、この脚本家が作り出す女性像が苦手なのか自分でもよくわからない。恋愛の発見でもそうだったけど、ズバズバ言うけど可愛いから許されて愛される女性を描きたいのかな・・・という意図は分かる気がするものの、私にはヨルメが素敵な女性には見えないんだなー どちらかというと苦手だと思ってしまうので、もっともっとそういう部分を打ち消してくれるキュートさを感じさせる人に演じて欲しい。お綺麗なんですけどね~ 彼女だとどうも計算っぽく見えてしまうのですね。あ、でもそういえば新感染でのチョン・ユミは別に平気だったので、チョン・ユミ×チョン・ヒョンジョンの組み合わせが苦手なのかも。

ジフン役のキム・ジソクはよかったよね。とても良い人というのをうまく演じてたので、なんでヨルメはあんないい人を捨てられるんだと思わせることに成功していた気がする。ただ、それでもなお、彼を捨ててさえ、どうしても忘れられず手放せない相手がいるという気持ちも理解できるので、この部分は成功。

そうそう、ロピル1の二人もちょっとだけ出てきましたよ!ジヒの元カレがキム・ドクス、キム・テウの元カノがヒョンジュという設定。キム・テウを演じていたホ・テヒは1でも出てましたね~

2はヒロインのヨルメの比重が高くて、女友達二人のロマンスがあんまり印象に残らなくてその部分は面白く無かったなあ。その点は1は三人三様でキャラが立ってて良かったですね。

そういう部分もあったせいか、ラストの独白みたいなので「ロマンスが必要」というタイトルに繋がるように仕上げてはあったけど、2はあんまりロマンスが必要って感じのストーリー展開じゃなかったかな?そうだなあ、別れても別れても好きな人みたいなイメージ。ソクヒョンとはロマンスだったから別れられないというよりは、それよりも二人はもっと近いソウルメイトのような家族のような雰囲気ですよね。 なのでロマンスって部分が弱いなあ。

それにしてもこの脚本家の方は元カレと寄りを戻すストーリーが好きなのかな。私はあんまり好きじゃないパターンなのでもっと新しい展開のドラマを見たいなあ!ロマンスが必要3はよりを戻すパターンじゃなかったかもか~

 

ロマンスが必要2が見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す