【中国ドラマ】蘭陵王妃〜王と皇帝に愛された女〜 の感想 蘭陵王より宇文邕が素敵すぎるのだった

蘭陵王妃〜王と皇帝に愛された女〜の視聴を終了いたしました!私は以前見たウィリアム・フォン主演の蘭陵王はあんまり興味が湧かなかったので、これはどうかな~と思って見始めたんですけど、おおいに楽しみました。

・・・と言ってもはっきり言って宇文邕があまりにもかっこよくて素敵だったので、彼を見るのが楽しかったという感じ。他の部分はあんまりだった(おいおい)んだけど、でもまあ全体的には面白かったな~と思います。

 

スポンサーリンク


 

もちろんヒロインが主役なんだろうけど、彼女を巡って争う男性はどちらかというと、蘭陵王の方がメインだと予想して見始めたけどそういう訳でもなかったかな。

蘭陵王役のアンディ・チェンはまあ美しくはあるけれど、こういう古装がばっちり似合うかというとちょっと物足りないのかなあ。「蘭陵王」という役に対する人々の期待の大きさってのがどうしてもあるよね。私もそうだし。

ちなみにアンディ・チェンは台湾のアイドルグループのAKのメンバーだそうで、宇文毓役だったクリス・シェンもメンバーだそう。彼はアイドルとは思えないような貫禄あったなあ。

かつ、これは脚本のせいかもしれないけど、このドラマの中での蘭陵王がどうもあんまり素敵じゃないんですよね。例えば、母親が自作自演で腹を刺して、清鎖に刺されたと言った時、蘭陵王は清鎖のことを全く信じず、そしてよく調べもせず「もうお前とは二度と会わない」と言い放ち、その癖やっぱりその後にまた長安に調べに清鎖に会いに行くってなんじゃこの男サイテーやなって思っちゃうんですわね。ま、割とそんな感じなので、調子が狂う。

しかしそんな彼とは対照的に宇文邕が徹底的に素敵なんですよ・・・ 演じてるポン・グァンインがばっちりこの役に合ってて溜息が出るほど。政治には興味がないうつけものの振りをしているけれど本当は誰よりも優秀な男、そして愛する女性のことを徹底的に守ろうとする男。このドラマでは、宇文邕はそういう設定だからカッコよく見えちゃったのかもしれないけど、ポン・グァンインの演技力のおかげで余計に素敵に見えてしまったのでは?なんてことを思いましたね。

ポン・グァンインは洋服姿も素敵だけど、とにかく古装がとても似合いますねえ・・・

皇帝になってからのお着物が襟を抜いたみたいな着くずし方になって、何これ!セ、セクシーいいいいいい!って悶絶しました。衣装さん天才。
蘭陵王のたらいの水浴びシーンでは腹筋のなめるようなカメラワークには笑ってしまったけど、そういう露骨なのは全然興味が無いけど、ポン・グァンインにはクラクラしましたねえ。
まあ、そういうところもだけど、彼は188センチあるんだけど、姿勢が良いのが素晴らしくって本当に古装が最高に似合います。このドラマの見どころは主にそこであります(私基準)

 

ストーリーとしては、ヒロインの端木怜が始皇帝の時代に作られた天羅地宮を作った端木吉の末裔で、そこに入るにはその一族の血が必要という設定はなかなか面白いですよね。天羅地宮を制する者が天下を取ると言われているので、皆が必死になって三種の神器を探す、と。

ひとつは「鎮魂珠」
朱雀の魂を溶かして作った物らしい

もう一つは「離殤剣」
隕石を鍛錬して作ったもの。

そして最後は「青鸞鏡」
天下統一の秘密を封印したものだそう。

他のドラマでも鎮魂珠が出てくるのを見たことがあるので、天羅地宮とか三種の神器なんかは中国の方なら当たり前の知識なのかな~?

後は護法4人の存在が面白かったですね。彼らがいることでストーリーが単純にならずにうまく構成されていたような気がします。

香無塵は3つの顔を持つって言ってたけど、ほとんどを孫誌翔が演じていて

最初の方だけ張曉晨が白髪と黒髪で演じてただけだったかな?

護法って天羅地宮を守るっていう使命があるのかなと思っていたんだけど、妙無音も諸葛無雪もわりと個人的な欲望で動いてたな・・・ 紫魅も息子のために動いてたし、結局どういう役割の人達だったのかはあんまり分からなかったな・・・私だけかもしれないけど~~理解力欲しい~

「お前が無事ならよい」と清鎖に尽くしまくる宇文邕にきゃーーーーとなるんだけど、宇文邕の苦悩とか愛情とかそういうのが全く分からない清鎖がちっとも賢く見えないのだった。

そして「全部私のせいよ」という清鎖に「そうだ!そうだ!」って思っちゃったな。皇帝が崩御した時に全部私のせいだって言ってたんだけど、ほんとその通りって思ってしまった・・・ でも清鎖の性格がちょっとクールなところは嫌いではないんですけどね、

清鎖役のクリスティ・チャンも可愛いんですけどね、タイプ的には歌姫役の彼女なんかの方が好きなんですよね。調べてみたけど名前分からないの残念。とっても美人だったのにな。

こうやって感想を書いてみると私はなんだかんだとこのドラマをとても楽しんだんだなって事が分かりました。でもやっぱり主にポン・グァンインを見ていた気がするので、かなり偏った感想になった実感があります。わはは!

宇文邕のカッコよさを堪能したさにもう一回見たい気持ちさえありますもんねえ。それだけの価値がある~

 

蘭陵王妃〜王と皇帝に愛された女〜が見れるのは・・・




 

 

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す