【韓国ドラマ】美少女キラーK の感想 ヒロインがゲームのキャラみたいだったよ!

美少女キラーKを見てみましたよー!恋愛じゃなくて結婚でとっても好印象だったハン・グルのドラマ初出演作です。女子学生の殺し屋役だったんですけども、ライフルなんかも使いこなすしナイフ二刀流だし、ゲームキャラみたいだなーなんて思いながら見ておりました。

 

スポンサーリンク


 

全3話なのですぐ見終わちゃうな~と思って見始めたんですけど、アクションを見慣れてる私でもちょっと疲れる感じで1日に1話ずつって感じで見ました。演技に力が入っているのが伝わって来て、見ているこちらも力が入っちゃってしんどいのかなー。激しいドンパチ、グサグサ刺す殺し合いなんていう作品は、映画の尺くらいがやっぱりちょうどいいのかもしれないなあ。

ハン・グルが割と肉感的なので余計にリアルな女子高生って感じなんですよね。ほら、すごい細い人だともっと人形っぽいイメージで見れる感じなんですけど、彼女だと血まみれになるとますます生々しいです。そういうとこが妙に迫力がある映像になってる気がします。それにドラマが終わった後のおまけの撮影風景のところで、彼女が「同じところをけがしちゃった・・・」と言ったり、飛び降りシーンなんか自分でやってて、かなり激しいアクションも本人が頑張ったんだなーって感じ。これは大変だっただろうなあ。

殺し屋集団SS1のリーダー的存在のミン室長役のパク・ヒョジュ。チャ・ヨンジン(ハン・グル)に殺人方法を教えるトレーナーであり、姉のように慕われる存在であり、そして最終的には敵同士として闘う間柄になる人。味方から敵になったユ・ソンホへの愛憎の思いを抱いてもいる。こうして書いていても複雑な人間関係であるよなあ。

ヨンジンに恋心を抱く高校生役でキム・ドンジュンも出ていました。彼がヨンジンの目の前で殺されてしまうことが、殺し屋として生きてきたヨンジンの心が変化するきっかけになるんですよね。なので、実はストーリーのキーになる人物とも言えるかも。

そして、ヨンジンの高校の同級生役で見たことある人達が出てました。
左端のペ・ヌリはキャリアを引く女で出てたし、まん中のイ・アリンは君を愛した時間とか色んなドラマで出てますね。忘れられない顔だなー

 

殺人組織の裏にあったクォン・トファン(チョン・グクファン)の企みが、実際にありそうでちょっと怖いよね。病弱な自分のために子どもの脊髄を利用したり、それを事業にしようとするのを見ると、昔も不老長寿を求めた人々がいたけれど、今もそういう人がいるのは変わらないのかもな。

ちょっと猥雑な雰囲気や派手なアクションが映画っぽくもありました。ストーリーも割と良く出来ていて意外と見ごたえがありました!

 

美少女キラーKが見れるのは・・・

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す