【韓国ドラマ】アイドルマスター.KR の感想 夢に向かって頑張る姿は眩しい~!

アマゾンオリジナルの「アイドルマスター.KR」を見ました!THE IDOLM@STER=アイマスというゲームの名は聞いたことはあってアイドル育成ゲームっていうのは知っていたけれど詳しい内容は知らない私。どんなのかな~とちょっと見てみたら、ソンフンが出てるし、内容もなかなか面白かったしで、結構夢中になって見ちゃいました。この作品も本当のオーディション番組を収録したものかなと思っていましたら、ちゃんとドラマでしたよ!なかな見ごたえあり。

 

スポンサーリンク


 

簡単にまとめるとこんな感じ。実際にサバイバルで勝ち抜いたメンバーが、このドラマの出演者として演技しているんだけど、ドラマの中でもサバイバルが行われていたり、実際のメンバーたちのそれぞれの特徴をうまく設定に取り入れており、フィクションとノンフィクションがうまく交じり合って非常に見ごたえがあるんですよ!そういう意味でもすごく脚本がうまいし、エピソードが主要メンバーだけに偏っていなくてちゃんとそれぞれの事情が分かるように散りばめられています。愛情を感じるよね。とてもいい。

そんな虚実混じった感じのストーリーをうまくドラマっぽくしてくれたのは彼らの存在でしたねー プロデューサー役のソンフンと社長役のパク・チョルミンですね。彼らがいることでやっぱり作品が締まりますな。

ソンフンのプロデューサー役はピッタリでしたね。しかし顔もだし、全身が彫刻みたいなイケメンですなあ。彼も悩む姿が似合うよねえ。

パク・チョルミンはちょっと面白担当でもあるし、のほほんとした天然の社長が殺伐としたサバイバルの中での癒しなんですよね。

そんな社長も実は過去があって、前は裏社会で生きていたんですね。彼がなぜ、彼女たちの夢を後押ししようとするのかという理由が分かるエピソードもちゃんと描かれていてその辺も丁寧です。

色々事件も起こるんだけど、ひとつひとつを彼女たちが乗り越えようと頑張る姿はなんだか見てて胸を打つものがある。実際にReal Girls Projectというグループでアイドル活動をしたけれど、人気爆発という訳には行かなかったという事実を知っているので、そういう意味でも虚実をないまぜにした感覚が自分の中に湧いてしまう感じです。この活動の後にも、アイドルリブートプロジェクト「The Unit」に出演したりもしたんですもんね・・・ スジはその中で9位になってUNI.Tでの活動もしたようです。アイドルの世界は厳しい。

ゲームを知らなくても楽しめるガールズドラマって感じです。大変な世界だなーと思うんだけど、でもそれでも夢を持って生きている彼女たちの姿は眩しいです。最初は写真だけ見てると見分けがつかないなあ~なんて思っていたんだけど、ドラマの話数が進む度にそれぞれの個性が見えて来て、だんだんファンになっちゃいましたね。日本からもユキカが頑張ってますしね!メンバーは今はどうしてるんでしょうか?どこかドラマとかで見かけることがあったら応援しちゃうな~ 純粋にドラマとして面白い作品でした!

 

アイドルマスター.KRが見れるのは・・・




こちらの記事もどうぞ!


Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/simba630/aquietmanmusic.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/simba630/aquietmanmusic.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/simba630/aquietmanmusic.com/public_html/wp-content/themes/refinesnow2-1.2/comments.php on line 35

コメントを残す