【中国ドラマ】DAY&NIGHT 昼と夜(白夜追凶) の感想 絡み合うそれぞれの思惑にくらくらする

中国の刑事ドラマを見るのは初めてです。警察=公安なので、その表記が目新しくて興味深い。原題は「白夜追凶」で副題が「DAY&NIGHT」。邦題は「昼と夜」なのか「DAY&NIGHT」なのかよくわからないけどどっちでもかっこいいので良いです。NETFLIXは見たことがない中国系のドラマがたくさんあってどれを見ようが迷ったんですが、渋そうな匂いがしたこのドラマをなんとなく選んだら大当たり!めちゃめちゃ痺れた・・・ヤバイって感じ。すごく面白かったので静かに興奮しながら見ていました。

 

スポンサーリンク


 

主人公は元刑事の兄ホンファン(宏峰)と一家惨殺事件の容疑者の弟ホンユ(宏宇)という双子の兄弟。弟が指名手配犯となったことで、警察を辞職したホンファンだが、刑事時代の犯人逮捕の手腕を買われて、顧問として刑事の仕事を手伝うことになる。だが、ホンファンは暗闇恐怖症であり、夜は暗いところに行くことが出来ない。なので、昼はホンファン、夜は弟のホンユが兄のふりをしてその仕事をすることになるのだが・・・というストーリー。

入れ替わりって・・・とその設定大丈夫なの?と思って見始めたのですけど、同じところに顔の傷を作ったり、体重が同じになるように運動したり、と二人がまわりにばれないように管理しているところなどのディテールがしっかり描かれていて思わず引き込まれるのですよ。体重計に順番にのってダメだ運動しろとかいうやり取り、そういうのがとても細やかです。

弟は家の中では、指紋が残らないように手袋で、だいたいタンクトップ。視聴者は最初のうちはそういう違いで二人を見分けているんだけど、性格などがだんだん分かって来て同じ服を着ていても双子の見分けがつくようになってくるんです。

演じているのは潘粤明(パン・ユエミン) 一人二役だけでなく、弟が兄のふりをしているのを入れると三役くらい演じてる感じでしょうか?素晴らしい演技で目が釘付けです。私はどちらかというと影がある兄に惹かれてしまう。そんなくらい完全に別の人にちゃんと見える兄弟の演技。そして兄弟の複雑な心の結びつきの描写がたまらない。微妙な心情が見える。
そうそうたまたま萍踪侠影を見たらパン・ユエミンが主役で出ているのを見つけました。このドラマでの役とは全く違って新鮮!

兄が弟の無実を信じているのかどうか、という部分さえ分からなかった始まりから、ラストの事実はよく考えたらそれが出来たのは彼だけなのだけど、そうだったんだ・・・と衝撃を受けます。でも無実を晴らすためにはその方法しかなかったんだろうな、と腑に落ちるところもあって本当に先も展開も全く読めないけどしっかり筋が通っていてディテールも凝っている脚本が素晴らしい。

とはいえラストで本当の黒幕は分からない感じなので、これは続編があるのだろうか。あるとしたら絶対に見たいんですー っていうか待ってます、早く作って欲しい。

ホンファンに顧問として警察で働いてくれと言うジョウ。演じているのは王瀧正(ワン・ ロンジェン)。確かにホンファンの実績を買ってのことでもあるけれど、実はホンファンは必ず弟と接触するはずと思っていてそのためにわざとそばに置こうとしている。彼が一家惨殺事件の犯人逮捕に躍起になるのにも理由があるのだった。

色んな人の思惑が交錯してどこに進んでいくのか全く見えないのです。ジョウと兄弟のやり取りはいつもどこか緊張感がある。

新米刑事の舒桐(シウトン)、演じる樑緣(リャン・ユエン)のフレッシュな雰囲気も良かった。ホンファンを師と仰いでいるのだけど、ジョウに彼の行動を監視して報告しろと命じられる。ついて回っているうちに昼と夜のホンファンのギャップに戸惑いながらも惹かれていく。彼女が心惹かれてしまったのは兄?弟? 兄の方かな、多分。

 

その他にも疑わしく見える人だらけで、それぞれが心の中に思惑を抱きあっている様は本当に迷宮の中にいるみたい。双子でさえお互いにそうだもの。でも少しずつ解きほぐされていく謎に夢中で続きを見てしまいます。これが「はまる」ということなんだな、と思いながら見ていました。派手さは無いけれど、本当に面白いドラマでした。この空気感の渋さがたまりません!

 

 

DAY&NIGHTが見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す