【香仏合作映画】ラスト・ブラッド の感想 三つ編みセーラー服と日本刀のチョン・ジヒョンはクール!

映画の「ラストブラッド」を見ました!チョン・ジヒョンが主役ということで見てみたんだけど、原作が日本のアニメ、映画自体は香港とフランスの合作映画ということで一体どんな感じなのか視聴前は全く予想できない感じ!

私は結構、外国から見た日本のイメージのとらえ方に興味があるので、なかなか面白かったんですよね。日本って全然こんなんじゃない!って思って見ちゃうといろいろ気になって楽しめないかもしれないかなあ。そういえば大学時代の友人が卒論で映画の中で描かれる日本像みたいなのを研究してたなあ。その時に外国映画で日本が出てくるのをいくつか教えてあげたけど、今ならこれも教えてあげるなあ~なんて思ったのでした。

 

スポンサーリンク


 

チョン・ジヒョンの表情はとてもクールでかっこよかったけど、セーラー服に三つ編みというのがシュールですよねえ。そして、日本刀というミスマッチ感がなかなか圧倒的。最近、中国の時代劇もよく見ているのせいで思ったのが、剣と刀というのは造形的にも象徴的にもかなり違う印象を受けるような気がしました。剣よりも刀の方がどこか禍々しいような気がする。鬼には刀が似合うのかもしれない。

といいつつ、映画の中で一番気になったのは、鬼なの?ヴァンパイアなの?っていう部分ですよね。言葉は文化と連動して表す範疇が変わると思うのだけど、外国語では異形の者が「鬼」ですべてを含むのかしら?日本語を使う者の感覚としては鬼は角が生えた鬼であり、ヴァンパイアは血を吸う吸血鬼であり、別物の感覚なんだけどな。でも今こう書いてて「吸血鬼」って言葉には「鬼」という文字を含むじゃないですか!!!!!そうか、ヴァンパイアって鬼の一種なのか!!!?感想を書きながら自分自身で新しい気づきとともに自己完結!!!笑

アクションシーンはまさにアニメを実写化した感じの動きですね。日本の時代劇とは違う。日本の殺陣はどこか不文律のお約束があるもんな~ その部分はアクション監督がコーリー・ユンなのを知れば納得。まんま香港映画のワイヤーアクション感があるかな。

最大の敵が「オニゲン」っていうネーミングセンスだけはようわからんなあと思いつつ(鬼の源だから?)、血が丸く飛び散るイメージとか、米軍基地の町とか、視覚的にも工夫されている部分も多くて、わりと面白かったです。サラッと見るには悪くないかな!

 

ラスト・ブラッドが見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す