【中国ドラマ】王女未央-BIOU- の感想 非の打ちどころのない拓跋濬が素敵ー!

王女未央-BIOU-の視聴を終了しました!いやーこれも面白かったです。中国の美人やイケメンがいっぱいで目も楽しいけど、ストーリーも分かりやすくて良かったです。ラストがややハッピーエンドのようでもあり、半分切なくもあるけれど、それでも主役の二人の心がきちんと寄り添える結果だったのでまだ良かったです。

スポンサーリンク


でもちょっと思ったんだけど、タイトルにも「未央」って入ってるし、主役は未央に成りすましてた馮心児なものの、本物の未央は冒頭の1話か2話目くらいで殺されてしまうんだよねえ。なので、本物の未央が可愛そう~っていう思いがずっと消えなかったぞ。気の毒。まあいいんだけど。

その偽の未央を演じてたティファニー・タンはこの役とても合っててカッコよかったー!多分私が好きな古装片のヒロイン像が自分で道を切り開いていくような頭の良い女性なんだろうなあ。意地悪にも怯まず、自分の足で立っている未央というヒロインはカッコよくて素敵だったな。

そして常茹を演じたマオ・シャオトンもほんとうまい。素直で可愛いお嬢さんと思いきや裏で画策しているのは彼女だったよブルブルっていう展開は面白かったな。これぞ獅子身中の虫で味方の顔をしている敵が一番怖いってやつ。李長楽みたいに表立って攻撃してくる敵は分かりやすくて対策可能だから実は大して怖くないんだよね・・・ 長楽役を演じたリー・シンアイはこういう意地悪っぽい役が多いなあ。ハンシュクでもそんな感じの役だったなと思い出しました。あの時はわりとふっくらした人だなと思ったんだけど、このドラマではすっごく細くなってた気がしたな。

そしてそして、拓跋濬役のルオ・ジンも非常に良かったですねえ。正統派イケメン~ このまっすぐで頭も良くて愛にも一途な拓跋濬という役がピッタリで、余計にカッコよく見えたのかも~ このルオ・ジンとティファニー・タンのお二人はご結婚したんですよね。おめでたい!美男美女でお似合い!最後はちょっと長楽をだましてたりはしてたけど、あまりにも完璧で非の打ちどころが無さすぎる皇子なんてあんまり好きにならないんだけど、拓跋濬は好きだったな。ちょっと可愛いところもあったからかな~

でも拓跋余役のヴァネス・ウーもとても良かったです。闇を抱える皇子役がなかなか魅力的でした。ドレッドみたいな髪型が分かりやすく悪い人っぽ過ぎたかな。拓跋余が皇位に執着する気持ちはちょっと切ない。

李敏徳役のリャン・ジェンルンも可愛かったな。女装とか似合いそうな可愛さでした。割と謀略が張り巡らされてるドラマだったので、拓跋迪との追いかけっこみたいなやり取りがこのドラマのちょっとした息抜きでした・・・

 

ドロドロした宮廷モノドラマとも言えるんだけど、そこまで見るのがしんどく無くって割とさらっと見れたのは主役の二人の愛が揺るぎないものだったのと、拓跋濬という皇子がどこまでもさわやかだったからかもなー わりと面白かったです!

ただ、ラストを見て愛する人には自分より長く生きて欲しいのか、寂しい思いをさせたくないから自分は相手より先に死ねないと思うのか、というのはどちらの方が愛情が深いのだろうかなんてことは考えてしまったのでした。

 

王女未央-BIOU-が見れるのは・・・


【中国ドラマ】金蘭良縁 の感想 柳文昭が恨みを晴らすパートが長い!後半は見ててしんどかった~

金蘭良縁の視聴を終了いたしました!見始めの頃はコメディー要素が強いのかな~という気持ちでわりと軽い気持ちで見れてたんですが、ラストに近づくにつれ柳文昭の金家への仕返し?復讐?が陰険で執拗になって来て、その上長く続くので見てるのが嫌になっちゃったのですよねえ。そこはそんなに尺を割いて丁寧に描くべきところなんだろうか・・・と思ってしまった!

偽装結婚からの本当の愛が始まる、っていうのはドラマではよく使われるモチーフだけど、その他の要素が色々詰まっててストーリー自体はキライじゃなかったんだけどな~ もっと30話くらいで無駄な部分を省いてコンパクトにまとめたらもっと良かったのかもな、なんて思うんだけどどうでしょうね。

 

スポンサーリンク


 

直近でウォレス・フォを見たのが、花千骨で禁欲的で冷たい役だったのだけど、そういう役よりも実はこういう明るめのツンデレ男が一番似合う気がするなあ。顔が端正なので冷静な役を演じると必要以上に冷たく見えてしまうような、そんな気がする。なので、この金元宝という役は私は好きだったかな!まあ途中の「玉麒麟を守るために彼女に冷たくして家から追い出す」みたいな独りよがりはあんまり好きじゃないけどね。相手のためを思って・・・という行動は相手が望むことではないことが往々にしてあるので、やっぱりそういう時は話し合うべきなんだろうなあ。ドラマの中じゃなくても現実でもそれはなかなか難しいんですけども。

そして、ティファニー・タンもマイ・サンシャインとか未央でどちらかというともの静かな役を演じてるのばかり見てたから玉麒麟役ではっちゃけたお転婆娘姿がのびのびしてて良い意味で意外だった!彼女は背が高いし背筋がピーンとして姿勢がいいので、武術がうまい役も割としっくり来て、アクションもいけるのね~というのは発見でした。

他は最初の方でしか出てこないけど、四大名捕に出てたジァ・チンが踊り子役に合ってたなあ~とか。ロイヤルトランプにも出てたし、わりとよく見かけますねえ!

そして金元宝の友人役の顧長風役でホアン・ミンが出てましたねえ。主役の友達というのがあまりにもピッタリの俳優さんだなあ・・・ 私が彼を初めて見たのは、あの星空、あの海。~人魚王の伝説~だったけどそれ以来本当によく見ます。

ああ、それにしても柳文昭(ワン・ヤン)の恨みが深すぎてなんだかなあって感じ。あの目をむいた演技は役柄にはとても合ってたけど・・・ 彼の置かれた状況でああいう気持ちになるのが分からないことは無いけど、その恨みを晴らす部分が長すぎて本当に見てるのが嫌になっちゃったなあ。考えてみたら実はいっぱい人が死んでたりもするよねえ。ううむ。もうちょっと最後までコメディータッチで通した方が良かったんじゃなかろうか。麒麟も武術も達者で強気の女だったのに、最後の方は泣くばかりでイマイチだったねえ。

そして!本当のラストはまあハッピーエンドっぽくはあるんだけど、結婚式後のどんでん返しみたいなのがありまして、この部分もそれいる!?って思ってしまいました。まあその前の陰湿な仕返し達に嫌気がさしててやっと結婚良かったね~とすっきり見終わりたかったという私の希望ですね。これは。はい。

それから、タイトルが邦題で金蘭良縁になっちゃってるんだけど、原題は金玉良縁で実は家と家の良縁というダブルミーニングでもあったので、そのままで良かったんじゃないかな!? まあ別にいいけど!やばい!文句ばっかり書いてしまった~ あれですね。やっぱりラスト近くの印象が色濃く残ってしまうもんなんだなあ。ピークエンドの法則!

 

金蘭良縁が見れるのは・・・



  

【中国ドラマ】マイ・サンシャイン〜何以笙簫默〜 の感想 ウォレス・チョンが演じるホー・イーチェンがとても素敵!

いやー 久しぶりに細胞が活性化された気分になるドラマを見ることが出来ましたよー マイ・サンシャイン〜何以笙簫默〜を見たんですが、このドラマの鍾漢良(ウォレス・チョン)が!控え目に言って最高にカッコイイです。ひえええええ!
一応、江湖の薔薇で見たことあったんだけど、その時は全然かっこよくないなあ・・・なんて思って数話で挫折した私の目は節穴なんじゃないかと自問しちゃうくらい。まあ、あのドラマはストーリーが好みではない感じだし、古装だったのがイマイチだったのかもしれないなあ。古装でもキリっとした髪型ならいいのかもしれない。それはともかく、感情をあまり外に出さないクールなホー・イーチェン役は激烈に良いです。

 

スポンサーリンク

 

そして、唐嫣(ティファニー・タン)もとても可愛い!ちょっとチン・セヨンにも桐谷美鈴にも似ている気がする。そりゃホー・イーチェンが7年間も忘れられなかった女性はこれくらい美人であってくれないとね。

しかし、このボブスタイルもその後のショートもウィッグのような気がするんで、それがちょっと浮いた感じがあって気にはなりました。ショートカットになった時に、みんながその髪型が変だ、伸ばした方がいいっていうんだけど私には普通の髪型に見えたんだけどな。中国では女性はロングヘアが定番でショートは珍しいのかな?

大学生のチャオ・モーションを演じるのは、呉倩(ウーチェン)。私の妖怪彼氏のヒロインですね。ちょっと癖があるタイプなので、ティファニー・タンのイメージとはうまくかぶらない感じはあるんだけど、7年間の渡米生活で性格が変わってしまったという設定なんで、まあ許容範囲。彼女のはつらつとした表情とか動きはやっぱり目を奪われる魅力があるなあ。ホー・イーチェンにつきまとっていてもどこかさわやかなだったのは彼女のその雰囲気のおかげなので、この部分はティファニー・タンよりウーチェンで正解だったのかも!

そして、大学生のホー・イーチェンは羅雲熙(レオ・ロー)。顔立ちはウォレス・チョンと全く違うけれど、クールで感情を表さないところ、堅物なところ、ちょっと影のある感じがうまくてウォレス・チョンと彼をちゃんとリンクして見ることが出来ました。

譚凱(タン・カイ)が演じたイン・フイのモーションを手に入れようとするやり方はなんだか子どもみたい。きちんと向き合って好きだと伝えることもなく、彼女を幸せにできるのは自分だ、彼女は私を必要なはず、と勝手に思い込んでいるのってどこまで独りよがりなんだろうかと思ってしまうのだった。手段を問わないと言いながら、モーションに嫌われたくない故に酷いことは出来ない訳だから、勝敗は目に見えてる。なのにそれを直視しないただの夢見がちなロマンチストおじさんに見えてしまった。残酷なことを言ってしまえば、中国に帰国した後、モーションがイーチェンと結果的にうまく行かなかったとしてもモーションが彼を選ぶことはないだろうに。

結果的に彼の存在が、モーションとイーチェンの愛が強固であることに気づく要因になるという皮肉。そして、ずっとそばでイン・フイのこといつも考え、ずっと見守っているリンダの思いに彼が気づくことがあるのだろうか。そんな風に私たちってないものねだりで大切なものに気づかないものなのかもしれない。

モーションの友人、シャオシャオ役の米露(ミー・ルー)は最高の元カレでもモデル役だったな!我儘なモデルっていう役が似合っちゃうのよね。静止画はいかにもモデル~だけど、意外と表情豊かなのでサバサバした役が良かったかも。

 

ドラマによくある設定として、「5~10年間くらい元カノまたは元カレを忘れられないでいる」というのがよく出てくるのだけど、実はあんまりしっくり来ないでいるんですよね。そんなことあるわけ無いような気になってしまうというか。環境や生活が変われば人って結構変わってしまうものかなと思うし、そんなに長い間忘れずにいられるのってまれなことではないかなって思う。
なので、そういう設定の時はそうなる理由や背景に納得感がないとドラマのストーリーに入り込めないんですよね。

でも、このドラマでは、ホー・イーチェンの1人で抱え込むような性格やチャオ・モーションの渡米後の辛い生活などがしっかり描かれていたので、二人がお互いを忘れられなかったのがすっと受け入れられてドラマに引き込まれてしまった感じです。そりゃ忘れられないよね、うんうん、みたいな感じで。だから二人がその後、思い合っているのにすれ違いながらも愛を確認して近づいていく感じなんかもリアリティーがあって、切なさがたまらなかったんです・・・ とは言っても、モーションは早くイーチェンにイン・フイとは偽装結婚だったと言いなよとは思ったけども!笑 まあそこもイーチェンの性格なら聞きたくないっていうのもありかなと見てました。

一番のトキメキポイントは、感情を心に押し込めて生きているイーチェンのモーションへの思いの発露するシーン二つ。
会っても冷たくしてしまう癖に気になって仕方なくて、酔った勢いでモーションの家の前まで行って思わずキスしてしまうところ。いつもクールなイーチェンの隠していた感情が爆発してしまうのを見てギャーーーーーってなりました。壁ドンとかあんまり好みじゃなくて他のドラマでいいと思ったことないのだけど、このドラマのは良かったです!!!!
もう一つは、香港に出張に行くために荷造りしているモーションを見て、「また僕を置いていくのか!」とイーチェンが取り乱すところ。普段が冷静なフリをしている彼なので、実はそこまでの不安な気持ちを心に抱えていたなんて!とこっちまで動揺しますよ・・・ってな感じでここでもギャーってなりました。やっぱりギャップなのかな。まあそんな感じで、ウォレス・チョンが演じるホー・イーチェンに私はすっかりメロメロになりました。好き。

あと良かったのは、イーチェンの父親の死の遠因がモーションの父親なのだけど、そのことをモーションには最後まで隠し通すんですよね。こういう事実があるとそれが原因になって二人がすれ違うストーリーになりがちと思うんだけど、そこはイーチェンがモーションのために言わないという方法を取るのがなんだか新鮮で素敵。それがイーチェンの愛し方なのですね。ああ。

そうそう、イーチェンの声もいいなあと思ってたんですが、どうやらウォレス・チョンのセリフは吹替みたいなのです。イメージに合う気がしたのでビックリ。
ちなみに吹替は邊江という方みたいで、あの星空、あの海のウィリアム・フォンの吹替とか太子妃 狂想曲の盛一倫の吹替なんかもしてるので、私はこのいい声を今までに何度も聞いてるようです~

 

二人が幸せになるまでに紆余曲折があったせいか、ラスト近くのラブラブな二人に良かったねえ、本当に良かったねえ、と幸せな気持ちで見れるドラマでした。欲を言えばラストの2話くらいはもう少しカットしても良いような気がしたかな。もしもあの時こうしていたら・・・という大学時代の回想シーンをなぜか大人の二人で撮り直してる部分は助長に感じちゃった。そういうところもありつつ、でもウォレス・チョンがあまりにも素敵なのでそれだけで私的には大満足のドラマでした!ときめいた!

 

マイ・サンシャイン〜何以笙簫默〜が見れるのは・・