【韓国ドラマ】ウチに住むオトコ の感想 ナンギルのナリへの献身的な愛がすごいな~

韓国ドラマの「ウチに住むオトコ」を見ましたよ!今まで見たドラマ(と言っても野王と仮面しか見てないけど)での役柄の印象のせいかもしれないんですが、スエにちょっと苦手意識がある私。だからこのドラマも見るのをちょっと躊躇していたのですが、キム・ヨングァンは見たいしなってことで挑戦してみました。

 

スポンサーリンク


 

そうしたら今回のスエのホン・ナリ役は、はっきりした物言いの女性で嫌味が無くて良かったんですよねー 思わせぶりだったり、思惑を秘めたような役だと彼女はそれっぽく見え過ぎて私はなんだか抵抗感があるみたい。むしろ今回みたいなあっけらかんとした役だと、なんだかすごく好きだったなー なので、スエが苦手というより私が今まで見た彼女が演じた役が苦手だったようです。

そんな話は置いておいて、ストーリーはどんな感じかと言うと、キム・ヨングァン演じるコ・ナンギルの人生をかけたホン・ナリへの片思いの行方はいかに!?って感じ(まとめ過ぎ)。ホン・ナリを守るために彼は何でもするんですよ。自分の恋が叶わないのは構わないけれど、それでも彼女を守りたいっていうね。こんな人いないよなあ~~~なんて身も蓋も無いことを思わないでもないけど、ナンギルの気持ちにはナリの母親への恩に報いたい思いも含まれてるから少しは彼の気持ちが分からないでもないような気もする。

まあ、良かったのはナリがわりと早いうちにナンギルの気持ちに気づいて、彼女もそんな彼を愛するようになったことかな。その部分が最後まで引きずられたら見るのしんどかったかなとは思いますが、義父とその娘という関係性も二人で乗り越えるならどうってことない障害ですから!愛があれば!

このドラマには、ウ・ドファンも出演してます。ナンギルがチンピラだった時の仲間のワンシク役なんですけど、こういう役とても似合うわあ。キム・ヨングァンの方が強かった設定なんだけど、むしろ彼の方はいまいち暴力の匂いがせず、ウ・ドファンの方が断然崩れた空気を纏うのがうまいです。ちょっと卑屈な表情とか最高ですな。やっぱり切れ長の目も演技も好きだなあ~と思いました。

そうそうキム・ジフンがナリの元カレ役で出てたんですけど、彼も良かったです。まあナリと結婚間近だというのに彼女の後輩と浮気をしちゃうという男ってどうなんだと思うんだけど、ナリへの情も捨てきれなかったり、ヨジュのことを愛そうとしてたり、なんだか憎めない感じだったのですよ。なんかその雰囲気がうまく合ってて良かったんだよなあ。出番は最初の方だけでしたけど!

チョ・ボアはイケメンバンドの時にめっちゃ可愛いな!と思って、失踪ノワールMの時も良かったしで好きな女優さんなんだけど、最近はヒロインの男を奪おうとする嫌な美人みたいな役が多くてつまらんなあ~と。このドラマも愛の温度もね・・・ 明らかに美人なので、こんな役似合うとも言えるから仕方ないのかなー

愛の温度と言えば、ホン餃子の従業員役で出てたイ・ガンミンが、グッドスープの従業員役でも出てましたね~ これからもうちょっと出てくるかなあ?さあどうでしょう。

考えてみたら一応裏社会的な人も出てくるし、物騒な話っぽいんだけど、彼らがあんまり迫力もないし怖くないので、難敵な気がしないんですよね。なので困難が色々あるようでどこかのんびりした雰囲気のドラマだな~と思いました。スエとキム・ヨングァンの相性も良かったし、それなりに面白かったです。

 

ウチに住むオトコが見れるのは・・・
⇒Netflix







【韓国ドラマ】偉大な誘惑者 の感想 世界の全てだった三人の微妙なバランスの関係が壊れる時

偉大な誘惑者の視聴を終了いたしました。最近、韓国ドラマを日常的に見ているので、すっかりそのパターンに慣れてしまって見始めた頃はどれも新鮮だったのに、なかなかこれだ!というドラマに会えなくなってしまって悲しい。でもこのドラマは心理描写がしっかりしていて、三人だけの世界がすべてだったのに微妙なバランスが崩れていく様が儚くも胸に迫って来てなんだかとっても切なかったです。思春期特有のというには特殊な環境に置かれたそれぞれがお互いの存在が必要だった必死な思いというか。

 

スポンサーリンク


 

とにかくこのドラマは配役がとても良かったなあ。お互いに守り合ってる三人のシヒョン、スジ、セジュというメンバーがもう完璧。シヒョン役のウ・ドファンも良かったし、セジュ役のキム・ミンジュも良かったけど、なによりもスジのムン・ガヨンが彼女しか考えられないっていうくらいだった。彼女の「シヒョンが私以外の誰かを好きになるわけない」という気持ちが鼻もちならない感じというよりは本当にただそう信じて疑わないのが表現出来てて素晴らしかったなあ。気高いシャム猫のような姿が美しかったです。

ウン・テヒ役がジョイというのもまあいいかなと。三人の均衡を破る存在という意味ではいいんだけど、そういう意味での純粋な存在としての起爆材の役割だけで良かったなと思ってしまう。三人だけの世界がすべてじゃないと分かったシヒョンの目の前には広い世界が開けてしまって、それなのに自分にはテヒしかいないという世界にまた閉じこもる必要性が感じられないのだった。そしてテヒがそこまでシヒョンに思わせる人には見えなかったのでした。わかんない。私が三人の世界が好き過ぎたせいもあるのかもしれない。

だから、なんというかこのドラマ、スリリングな心理が描かれていてとても面白かったんだけど、ラストだけは突然ありがちな韓国ドラマになってしまって残念だった。数年後にハッピーエンドというのではなくて、三人の世界が壊れた後に外の世界でそれぞれの道を見つけていく姿で良かったな。あの出来事は大人になる通過点にして欲しくて、シヒョンとテヒが時間がたてば許しあって一緒になるのはなんか違うと思ってしまったな。また来たお約束って思ってしまってね・・・ まあそうか親世代も実は繋がっていて関係があったというのもよくある設定とも言えるかなあ。

私は僕らのメヌエットみたいに一瞬を永遠にして欲しかったんですね。そういう刹那的なものをシヒョンには求めてしまう、というか単に私の希望かも。でも反対にスジとセジュはどうしても離れずに一緒にいて欲しいという私もいたのでその希望は叶ったかな。あの二人が離れ離れなんて残酷すぎる・・・

三人がやったことの報いの受け方もまさかギヨンがそこまで狂気に満ちた人だとも思わなかったので、意外性がありました。イ・ジェギュンは普通の軽薄な人風の演技から行き過ぎた感じまで見てるこっちがぞっとするような演技を見せてくれて意表を突かれたなーって感じ。良かったです。

てな感じで私基準ではラストは少し不満があるもののとても好きなドラマでした。とここまで書いてから韓国での視聴率はどうだったんだろう(ちなみに良くなかったらしい)と調べてたらフランスの小説「危険な関係」が原作のドラマなのだと今、知りました。え、それってペ・ヨンジュン主演の映画「スキャンダル」と原作が同じじゃないですか!実はその映画も最近見たんですが、なるほど確かに比べてみると骨格の部分は同じかもしれないけど、時代設定も違うしラストも違うなあ。同じ原作でここまで違う作品を作れるものなんだなあと感心しきりです。これは原作も読んでみたいところですね!

しかし、私がこのドラマで好きだった三人組っていうのはこのドラマ用の脚本として創作されたもので原作にはない部分かもしれないなあ。そこがメインじゃなかったのね・・・ まあそれぞれどこを楽しんでも自由だからいいんだもんね~!笑

 

偉大な誘惑者が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】マッド・ドッグ の感想 復讐ものだけどひねりが効いてて痛快で面白かった!

マッドドッグの視聴終了しました!これ結構面白かったー!
刑事、弁護士、検事などが主役のドラマは沢山ありますが、これは元保険調査員が主人公。つまり保険金が出る前にそれが詐欺でないかどうか調査する役割の人。考えてみたら保険会社にはそういう仕事担当の方がいるのだろうけど、自分には関わりがないものでなかなか思いつきもしないもので、その設定からすでに珍しくて面白いなーと思いました。

 

スポンサーリンク


 

あと内容に全然関係ないところで、私が勝手に「おー!!!」と盛り上がったことがあります!!! それはゴールデンクロスに出ていたチョン・ボソクがこのドラマにも出てまして、あのドラマでやたらと鼻ヒクヒクさせるのがまるでハイキックのミノのようだと思っていたんですけど、そしたらなんとこのドラマでチョン・ボソクとキム・ヘソン(ハイキックのミノ)のどっちも出てるじゃないですかー!同じシーンで出ることは無かったんですけど、共演だ!うおおおおと思ってしまった~

でもこのドラマではチョン・ボソクの演技は普通だったし、表情も気になるところは特に無かったので、ゴールデンクロスのソ・ドンハ役の時だけで、わざと過剰にやってたんだなということが分かりました^^; そしてキム・ヘソンはミノを演じてた時からビックリするくらい変わってなくて驚き。童顔だなあ・・・

 

マッド・ドッグのメンバーがチェ・ガンウ(ユ・ジテ)、チャン・ハリ(ファヨン)、チーター(チョ・ジェユン)、ペンティアム(キム・ヘソン)そしてはじめは敵対していたキム・ミンジュン(ウ・ドファン)。彼らの関係性が変化していくのがとても面白くて!家族を失った人も家族に見放された人も、その本当の家族以上の信頼関係で繋がっていて、そういうのが血の繋がりにあぐらをかくような当たり前と言われてしまう家族関係よりずっと羨ましいと思ったのです。これからの新しい時代は血縁だけではうまく回らなくなっていくような気がしていてだから彼らのような人々を描いているのを新鮮な気分で見ていました。親や家族との絆を大切にするドラマも感動するんだけど、家族以外の人は傷つけても平気みたいな描写が無意識になんだろうけど出て来る時があってそういうのはあんまり好きじゃないなって思うことがあるんですよねー

 

最初の数話はユ・ジテのやや芝居がかった演技が過剰に感じてしまったんですが、扱う事件の内容が飛行機事故だったりして大きくなってきたりするとちょうど良く感じるようになって来ました。あんな個性的なチームを率いるにはあれくらいでいいのかなと。溢れるチームリーダー感。

そして、このドラマが面白かったのは、ウ・ドファンが演じていたキム・ミンジュンの存在があったからだと思う。味方なのか敵なのか分からない不敵で得体のしれないミステリアスな感じがとても効いてたな~ 独特の雰囲気がすごく良かったし、冷静なところがガンウとの対比もあってしっくりと来た感じ。ファヨン演じるチャン・ハリとの近づきそうで近づかないようなラブラインもすっごく良かった!明らかに魅かれあってるのは分かるんだけど、あからさまな描写が無いのかむしろめっちゃ好きでした。しかし、ファヨンはボディラインが豊満なのに視線がキリっとしててそのギャップがカッコ良かったな~ 韓国の女優さんは細い人が多いから彼女みたいなタイプは新鮮でした。他のドラマでも見てみたいと思いましたもん!

そして、私のお気に入りのチェ・ウォニョンが出てて、そして最高にゲスい役を演じててめっちゃ良かったです。ヨーロピアンスタイル?なネクタイの締め方をしてて胡散臭さ全開でした。彼のなりきりっぷりが大好きです。こういう悪い役を演じてるのがあまりにも似合ってる気がしちゃうんだけど、あなたが眠っている間にとかでは普通の善良なお父さん役でその時はちゃんと良い人に見えるんだもんなあ。すごいなあ。

 

このドラマが面白かったのは、単純に敵と味方に分かれるんじゃなくて、敵同志の中での攻防、味方同志の中での攻防がそれぞれにあった部分かなと思います。そしてそれぞれの登場人物のキャラクターが個性的で面白かったし、でもちゃんとクッションとなるようなチョ・ジェユンとかチャン・ヒョクジンのような脇役も光っていてバランスが良かったです。ラストもすっきり終わってくれるし爽快感もあるドラマでした!かなり好きです。