【韓国ドラマ】私が一番きれいだったとき の感想 たった数日でも一生忘れられない恋なんだろうな

my-prettiest-moments

KBSのドラマスペシャルの1話ものですが、イ・ジョンソクが出ているので見たいな~と思っていた『私が一番きれいだったとき』を見ました。まだまだ初々しいイ・ジョンソクの魅力が溢れます。やっぱりこの頃から独特の雰囲気があるなあと思うのでした。

 

スポンサーリンク


 

彼女の入院の付き添いで病院でいたジョンヒョクは、同じ病室の夫も子どももいるシネに一目ぼれ。余命宣告を受けているシネにそんなことは関係ないとただ自分の思いを告げるジョンヒョク。優しいけれど自分を病人として扱う夫と強引だけれど自分を女として見てくれるジョンヒョクの間で揺れるシネ。そして最後に彼女が選んだ生き方は・・・という感じのあらすじ。

若さゆえかかなり強引なジョンヒョクがなかなか魅力的。不倫といってしまうとそれまでだけど、ただ誰かを好きという衝動を素直に表現する彼にはどこかやっぱり惹かれてしまうかも。若さとか歳とかの問題だけではないけれど、やっぱり年齢を重ねるごとに固定概念や常識やそういうものに縛られてしまうものだから。

ひょうひょうとして熱さなんて全く感じさせない容貌なのに、視線だけが雄弁に思いを語るのです。こういうギャップがイ・ジョンソクの素敵なところだなあ・・・ この役もとても良かったな。

シネが入院する前に自宅にいる時に、息子が着替えだっけか、トイレに行くときだっけかにママじゃなくてパパを呼んで手伝って~と言ってるのが悲しかった。シネはほとんど病院にいるから息子ともあんまり触れ合えていないのがそれだけで伝わって来てなんだか切ない。

本当は私たちは有限の時間を生きているのに、その期限が突き付けられないとそのことに気づかない。だから本当は癌で余命宣告された状態も、今元気だけど明日は何が起こるかわからない状態も同じなのだと思う。その先がなんとなく見えているか、全く分からないかだけで。そう考えるとどんな状態でも関係なくてただ毎日を精一杯どう生きるかだけなんだな、と思ったのでした。

だからシネは、最後に『病人のシネ』を捨てて、『ただのシネ』を生きようと思ったのだと思う。そしてジョンヒョクの彼女への思いがそれを選ぶ勇気をくれたのかな、とそんなことを思うのでした。

 

 

↓英語字幕版はKBS WORLDの公式動画で見れますよ~!

私が一番きれいだったときが見れるのは・・・



【韓国ドラマ】 恋するシャイニング★スター~気になる彼は星いくつ!?~ の感想 ピノキオ出演者がたくさん出てる~  

恋するシャイニング★スター~気になる彼は星いくつ!?~の視聴を終了いたしました~!ピノキオのチョ・スウォン監督が演出を担当した作品とのことで、ゲストもいっぱい出演してて(むしろ出過ぎなくらい)ちょっと笑っちゃいます。

 

スポンサーリンク


 

ヒロイン役のユリちゃんは出てなかったけど、まあ、まずキム・ヨングァンもピノキオ出てましたもんね。このドラマのカン・テホ役のキム・ヨングァンは仕事に厳しいチーム長。ほんとは後輩のコ・ホが好きで影で色々とこっそり彼女の世話を焼いてるのに、表面的には辛く当たって見せてて、その気遣いを本人にはまーったく気づかれてないのですよね。これ、なんか隠れて尽くす感じがときめき旋風ガールのルオ・バイ先輩にちょっと似てるな~と思っちゃった。ツンデレともちょっと違う気がするけど、こういう男性像が流行ってるのかなー?

あとこのドラマはちょっと見るかどうか悩んだんですが、その理由は主役のユリちゃん。彼女のこと嫌いじゃないんだけど、作品によって当たり外れが多いな、という印象があるんですよね。良かったな~と思ったのは被告人。イマイチだなと思ってしまったのは、君に泳げ名もなき英雄あたり。ファッション王はドラマ自体が???だったので私には演技がどうかさえ判断できない気分。そんな感じで半信半疑で見たんですが、このドラマの役は本人のイメージに合ってたせいか良かったんですよ!!!まあ、モテモテの役なんだけど、確かに可愛いし、頑張り屋さんで仕事もバリバリ頑張って言いたいことをはっきり言うような役は合うなあ。

イ・ジフンは元カレだけど、本当は今もコ・ホの事が好きという役。ちょっとこういう悲しそうなの似合うなあ。ちょっと寂し気な表情が似合ってしまう。目に戸惑いを含んだ雰囲気があるからでしょうか。揺れる瞳。

シン・ジェハはコ・ホの後輩社員役。彼もピノキオ出てましたね。ユン・ギュンサンが演じたキ・ジェミョンの子どもの時の役。なんだかちょっと子犬っぽい。でも彼は犯人役とか悪い人も演じられそうだな~なんて思ってるんだけどな。どうかな。これからが楽しみだな~とちょっと注目したいところ!

 

それにしてもピノキオからゲスト出演の俳優さんがいっぱい出てて豪華すぎる!

スター役でイ・ジョンソク。

コンビニ店員役でパク・シネ。

取引相手の担当者役でミン・ソンウク。彼もよく見るな~。あなたが眠ってる間にも出てたし!

そして警察官役でユン・ギュンサンまで!本当に豪華ですがここまで来るとちょっと監督も本人たちも面白がってるでしょ!って感じで見てるこちらまで笑っちゃいます〜

 

まあ概ね面白かったんですが、コ・ホと母親の関係についての描写はあんまり共感できなかったな・・・ 結局、母親は兄だけでなく、コ・ホのこともちゃんと愛してるって言いたかったんだろうけど、そう見えない。娘にねだったお小遣いを無職の兄にあげるのはちょっとねえ。自分の子どもであっても平等に好きとは限らないですよね。親だって人間だもの。

あ、元カレがコ・ホと別れた理由が「実は病気で・・・」じゃなかったのは良かったですね!ちょっとそれはそろそろ飽きちゃったし。

という感じで、ピノキオを見た方ならゲスト出演者を見るだけでも楽しいし、ドラマも軽い内容なので見やすくてそれなりに面白かったです!

 

恋するシャイニング★スター ~気になる彼は星いくつ!?~が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】あなたが眠ってる間に の感想 ウタクの静かな片思いに心打たれるよ・・・

あなたが眠ってる間にの視聴を終了しました。ちょっと、ん?と思う部分はあるもののなかなか面白かったです。結構一気に見てしまいましたよ~ それにしても、イ・ジュンソクが出演するドラマというのは「不思議な能力のある人」がいるのが多いな・・・と思ったら、このドラマの脚本家さんも「君の声が聞こえる」と「ピノキオ」と同じパク・ヘリョン作家だからみたい。この方はそういう設定が好きなんですね~!ちなみに今回の不思議な力は「予知夢を見る能力」です。まあ確かにイ・ジョンソクはちょっとファンタジーっぽいのが合う気もしますね。違う脚本家さんだけどWもそうだし、そういうドラマにキャスティングしたくなる気持ちは分かる。

 

スポンサーリンク


 

最初は予知夢を見るのはスジが演じるナム・ホンジュだけだったのだけど、あることをきっかけにチョン・ヘインが演じるハン・ウタクと、イ・ジョンソクが演じるチョン・ジェチャンも見始めるようになるんですね。そしてその夢が実際に起こってしまうのです。ナム・ホンジュは予知夢で見た内容を自分には変えられなかったと自分のせいで父が死んだと罪悪感を持っているのですが、ウタクとジェチャンはそれを変えて行くのですが・・・という内容です。

しかし、なんだかこの三人は普通に暮らしてたらそんなに危ない目に合わないでしょうっていうくらい怪我したり死にそうになったりするんですよね・・・ まあこちらとしてはドラマなので死にはしないだろうと思って見てるんですけども!笑

当たり前のように魅かれあっていくホンジュとジェチェンの二人は激情的な愛では無くてどこかソウルメイトみたいな風情。小さな頃に父親が同じ犯人によって殺されたために同じ葬儀場で会い、その後その犯人の兄が自殺しようとしていたところを二人が葛藤しつつも助け出したという過去があって、お互いにそれが相手がその時の子だとはなかなか分からないんですけども、どこか繋がっているところ感じかな。

そして、その二人よりもずっとギャーってなったのが、ホンジュを好きなのだけど、魅かれあう二人に気づいていてそっと静かに自分の心の中でその思いを育てているウタク。
まあホンジュにばれてないだけでジェチャンにはばれてるんですけどね。それにしても超魅力的だった!!!!チョン・ヘインはどこかで見たことがある顔だ・・・と思ったら三銃士でその中の一人を演じてた人でした。ああ、あの時もカッコいいなと思ったけど、今回は更に演技も良かったし、可愛い雰囲気もありつつ、目尻の辺りが色気を感じさせるのが良いです。
彼の片思いを表すシーンでやっぱり一番記憶に残るのは、本当に寄り添うことは叶わないから、まるで二人が寄り添ったように見える影をこっそり写真に撮って壁紙にしてるところ。知ってる人がやってたら、おいおいって言いたくなりそうだけどいいんですドラマの中のイケメンがやってるから!笑

さて、悪役はイ・サンヨプ演じる弁護士のイ・ユボムが一人で担ってる感じなのですが、彼がそうなってしまった理由とか過去や背景などが全く説明されてないので、その点が残念かなあ。分かったのはどうやら親に愛されてこなかったとかそれくらい。なのでどうしてそうまで悪くなってしまったのか説得力に欠ける部分があります。まあでも私は彼はどちらかというと悪役が似合う顔だと思っているので、キャスティングの面では良いと思います。

私がこのドラマで良かったなあと思ったのは、細かいところの心情を表現している部分です。シン検事が裁判で勝てなかった時に自分は悪くない!先輩が解剖をしなかったせいだ!と言い張りながらも誰もいない部屋で隠れて泣いていたところ。そして、イ検事とソン検事が被害者の解剖をするべきか、臓器提供を選ぶべきかと揉めてる時に、自分の子どもが肝臓移植を待っているけれど、それでも解剖をするべきだと思うというソン検事。その理由は、被害者の親は事実を知りたいと思うはずだと、検事としての意見ではなく「親として」そう思うと言うところ。そんな風に色んな意見や気持ちが丁寧にドラマの中に入れ込まれていて、メインのストーリーと違うところで結構グッと来たのですよね。美は細部に宿ると言いますが、まさに細かいところに気を使って作ると途端にドラマが生き生きする気がします。

 

最初は葬儀場で出会ったことのある二人が恋に落ちるという設定にシンデレラと4人の騎士に似てるな・・・と思ったんだけど、そういう取ってつけた感じでは無くてもっとストーリーの中心に関わってくる出会いだったのでまた違いましたね。私は誰が昔助けた犯人の兄なのか全然気づかなかったのでそう来たか~とそこは面白かったです。そうだった、青い海の伝説とかでもだけど、同じ役でも若い頃と中年くらいで違う俳優さんを使うからどの人がどの人だったのかを分からないようにしてけむに巻くっていうのが韓国ドラマではあるんだったと思い出しましたよ。

 

全体的にはとても面白いドラマでしたが、イ・ジョンソクとスジのカップルについてはまとまり過ぎた感じでややスルーして見てしまって、回りの登場人物を興味深く見てた感じかな!私はどうしてもウタクびいきになって見てたので仕方ない^^; でもイ・ジュンソクの検事姿もふにゃ~としたダメなところとピシッとしたところのギャップがかっこ良かったです!

 


↑どうして日本版のDVDのジャケットはこんなにダサくなってしまうのか・・・?

【韓国映画】君に泳げ の感想 可もなく不可もないスポーツ青春ものって感じかな・・・

いつか見なきゃ~と思っていた映画の「君に泳げ」を見ました。
今をときめくと言っていいであろうイ・ジョンソクとソ・イングクがメインキャストですし、個人的に私は学生時代に水泳部だったので、水泳シーンも楽しみにしていたんですよ!arenaの水着が懐かしい~

そして、この部分は私は別に楽しみにしていなかったけど、水泳だから当たり前のように上半身が出てるシーンも多かったです。高校生という設定だし、水泳選手なのにあんまり分厚い体型だったらぽくなくて嫌だなあと思っていましたが、イ・ジョンソクは細身がいい感じに水泳選手らしいかんじで、ソ・イングクの厚みもギリギリ水泳選手でいけるかな・・・と思いました。

ムッキムキだと水の抵抗を受けてしまうのと、筋肉過ぎると重すぎて良くないんだろうな。個人的には分厚いよりも薄めの筋肉がついている方が好きなんですけど、それも水泳をしてた影響なのかもなあ、とそんなことを思ったり。ストーリーに関係ないことばっかり考えて見てた・・・

 

スポンサーリンク

 

お話の内容は、青春ものですね。
努力型の水泳エリートのウサン(イ・ジョンソク)と、天才型だけど訳アリのウォニル(ソ・イングク)の二人が水泳と恋のライバルっていう、ん?ちょっとこれありがちな設定ですよねーと思いつつ。

素の彼らを知っている訳ではないけど、ドラマで見るイメージのままのキャスティングです。意外性はないかな?

ソ・イングク演じるウォニルは、ナイショの恋していいですかの時とイメージがかぶる。高校生らしい無邪気な感じ。

イ・ジョンソク演じるウサンは、国家代表に選ばれるスポーツエリートなところがWの時と同じ。

水泳の演技はきっとすごい特訓したんじゃないかなと思うんですが、飛び込みもターンとかもキレイだし、泳ぎもなかなか見応えがありましたよー!
かなり力を入れて水泳シーンはキレイに撮ろうとしているのが分かってその点は大満足でした。まあ国家代表レベルなのかは分かんないけど、十分です。良かった。

だがしかし、ヒロイン役のユリちゃんがちょっといまいちだったなあと思いました。
まあ、水泳のエピソードが中心で、愛というよりは淡い恋って感じなので、恋愛部分は丁寧に描かれている訳では無いので仕方ないし、演技がどうこうって訳ではないんです。ただ、彼女はバンドでギターボーカルを担当していて、プロを目指しているという設定。それなのにギターがね・・・ 実際に弾いて音を出すわけで無いのは分かるけど、それにしてもせめてもうちょっと弾いてるように見えるくらいには練習するべきだったんではないだろうか?水泳シーンがちゃんとしてただけに比べるとおいおいとツッコミを入れてしまいました。

細かいことを言うと、少人数のオーディションシーンでは、ジョンウンはギターを持たずにステージに上がって歌っていたのに、ギターの音がした。(ちなみに彼女のバンドはギターボーカルとベースとドラムの3人構成)なんでだ。
そして、今度はお客さんもいっぱい入ってるオーディション番組みたいなシーンでは、ジョンウンはギターを弾きながら歌っていたけど、ほとんど弾いてなくて、でも弾いてない時にもギターの音がすると思ってめっちゃ観察してたら、サポートギターみたいな男の人もステージにいて、その人が弾いてる設定!オーディションでサポートギターとかどういうこと!?もうキャスティングする時から4人構成のバンドにしたら良かったのに・・・と思ったのでした。多分こんなこと気にしているのは私だけでしょう~~ああ~どうでもいい~でも気になるんや~

あ、なんだか映画の内容に関係ない事ばかり書いてて申し訳ない気分に^^;

あ、そうそう水泳部員でユン・ギュンサンも出てるのを発見しました!
そのままユン・ギュンサンって役名でしたよ~ ほんとにちょい役って感じだったけど、イ・ジョンソクとユン・ギュンサンはピノキオの前から共演してたんですね~

 

まあいろいろ気になることはありましたが、軽い気持ちで見れる青春映画です。
好みの俳優さんが出てて興味がある人にはいいかと思います。

 

君に泳げが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】ゆれながら咲く花(学校2013)の感想 とても良質な学園ドラマ!良い作品に出会えたな・・・としみじみ

ゆれながら咲く花を視聴終了しました!

実はかなり前に見終わっていたんだけれど、なんとなくなかなか感想が書けずに自分の中で熟成していた感じです。すぐに感想を書いて気持ちを吐きだしたい!という感覚になるドラマと、見た後もしばらくしみじみと心の中にとどめておきたいドラマがあるんですよね。という訳でこのドラマは後者だったみたいです。

 

スポンサーリンク

 

考えてみたら、大好きなイ・ジョンソクとチェ・ダニエルが出ているのになんでまだ見ていなかったの?と自分でも疑問なんですけども。なんだか学園ドラマっていじめが出て来ることが多いので、見る前にちょっと躊躇してしまうんです。実際に見てみたら面白かったという学園ものも多いんですけど、好んでは見ない感じ。多分そんな感じでなんとなくスルーしていたんですよね。

でも、遅ればせながら視聴したんですが・・・
見て良かった!です!!!

先生からの視点、生徒からの視点、どちらかに偏らずに丁寧に描かれていて、そしてご都合主義的にうまく行きました良かったね、というのでもなく、現実の教育現場というものに対しての真摯に向き合って作られていると思えました。

イ・ジョンソク演じるコ・ナムスンとキム・ウビン演じるパク・フンスの友情が一番軸になって描かれているかなと思うんですが、あんなにでっかいのにちゃんと高校生に見えるの凄いなって思いました。2人はどこかピュアな透明感があるから違和感が無いんだろうな。自分でも自分の感情がどういうものか分からないで持て余すという感覚、2人のやり取りはなかなか見応えがありました。好きだからこそ反発して、傷つけてしまう・・・ でも最後は仲良しに戻って、今度は仲良し過ぎて微笑ましかったです。男の子って感じ。

チャン・ナラとチェ・ダニエルの先生コンビもとても良かったです。
先生も悩みながら、生徒と一緒に成長していく姿を見て、確かに教育というのは生徒も1人1人違うし、完全な答えなんて無くて大変なものだと思うのでした。
関係ないけど、チェ・ダニエルが着てたこのカーキのコートが好きだったな~。高校時代にこんな先生がいたら絶対に好きになっちゃうな・・・ 残念ながら若い先生はほとんどいなかったよ!

タイトルにもなっている「ゆれながら咲く花」の詩がとても良かったです。
日本は授業であんまり詩についての授業なんて無かった気がするんだけど、韓国では結構あるのかな?詩も好きなので興味があります。

勉強の成績がすべて、順位がすべて、良い大学に行くのがすべて、そんな価値観しか親も学校も教えてくれなくて、本当はきっともっと大事なことがあるのに、それは自分で気づかないと知ることが出来なくて、今なら分かるようなあの頃の焦燥感を思い出して、胸が痛くなりました。本当に受験勉強は大変だったな・・・ああ(遠い目)

最後にオ・ジョンホが戻って来たのか、という事に関しては、私はきっと戻って来なかったかなとは思っているんです。でも、担任の先生の二人は出来ることは全部やったんですよね。お金なら貸してやるから学校に来いとまで言って。
あの時に、オ・ジョンホは「道は踏み外さないから」と言っていて、確かに先生が自分のために色々としてくれているとことをきちんと受け止めたからこそ出る言葉だと思うのです。だから彼がこれから高校には行けずに働くという道を選んでも、なんとか学校に戻って来る道を選んでも、どちらだとしても大丈夫だと思えたのです。
きっと彼はどんな状況でも乗り越えていけるだろうと。
ほんとそういう小さなこと(先生が自分を気にかけてくれたこと)で、生きて行けたりするものなんだと思う。

 

高校時代も、大人になってからも、日々揺れながら生きて行くもので、ドラマの中でその姿を見て、私も頑張ろうって思えたのです。
時にこういう良いドラマに会えるから、やっぱりドラマを見るのやめられないなあ~!

 

あ、書き忘れてたけど、思いっきりハイキック!も同時に視聴しているので、突然オペラ歌いだしたり、オッケー!って言ってるパク・ヘミしか想像できなくて、教育熱心な怖い校長先生には見えなくて困った^^;
普通のドラマで出ているところを見たことがある人をコメディーで見るのはいいけど、先にコメディーを見ちゃうとそのカラーの方の印象が強過ぎて払拭できません・・・ そういう人が何人かいるんですよね。全くの余談ですが!

 

ゆれながら咲く花が見れるのは・・・