【韓国映画】ペルソナ -仮面の下の素顔- の感想 IUの魅力が詰まったオムニバス形式の映画

「ペルソナ -仮面の下の素顔-」を見ました!これは主役がIUの4作品のオムニバス形式の映画。それぞれ違う4人の監督が演出をしています。これが凄く良かったんですよ・・・ 最近はNETFLIXでドラマや映画を見ていたんですが、見た作品の中で1番くらいに良かった!それぞれが短編映画としても良かったんですが、通して見ることで浮き上がってくるIU、イ・ジウンの魅力、そして人間というものの可能性、複雑さや根底にあるものに触れたようなそんな感覚に陥りました。

 

スポンサーリンク


 

4作品それぞれの監督はこちら。

【LOVESET】イ・ギョンミ
【コレクター】イム・ピルソン
【キスの罪】チョン・ゴウン
【夜の散歩】キム・ジョングァン

私が知っているのは愛のタリオのイム・ピルソン監督くらいですな。なるほど、愛の残酷さを描いているところが彼の作品っぽいです。

このオムニバス映画を作るにあたって、IUからインスピレーションを受けて各作品が作られたのだろうな~ということはよくわかるのですが、個々の単体の短編としてだけではなく、それぞれの作品の繋がりとかストーリーの兼ね合いとかそういう事まで考えて作られたんでしょうかね?そこまでは分からないんだけど、とにかく最初から最後までの流れがあまりにも素晴らしくてとうとう私は最後の「夜の散歩」で泣いてしまいましたよ・・・ その作品中のセリフとか演技のせいかもしれないのだけど、それだけではなくてペルソナ全編を通して見ることで迫ってくる、人生の中にある「生」と「死」その色の濃い香りに酔ってしまったようなそんな感覚になったのでした。

そこにあるのは明と暗のコントラスト。明暗、生と死、昼と夜、少女と大人の女
二面性をあまりにも鮮やかに描き出していて、見ていて苦しいくらい。それはIUの中にあるものでもあり、見ている者の中にもあるものである。特に「LOVESET」の生と「夜の散歩」の死が対照的なのが印象的でした。それでいて彼女一人でそれを体現出来ることからも分かるように、その境目は非常に曖昧なのです。

LOVESETは、テニスの試合なのに擬似セックスのように艶めかしく描写される。すごい。ただのエロではなくてそこには脈々と息づく生の香りが立ち上っていて、その濃厚さに目眩がしそうなのです。膝から流れる血や吹き出す汗が非常にエロティックではあるけれど、性=生なんだなあと。キム・テフンがパパ役というのもめっちゃいいキャスティング!あの「パパじゃない」っていう意味深な台詞も、パパとしても素敵っていうギリギリのラインが素晴らしい。

「夜の散歩」で泣いてしまった。何も悲しくなんてないのに。でもそう、そばに誰かがいてもその他の人のせいで寂しかったと吐露する彼女の気持ちがわかる。死んでしまってもそうやって夢の中で会えるくらい確かな存在のようでいてでももう触れられないというのはどういうことなんだろう。全ての境目が曖昧で、全てが闇に溶けていくようで、それに共鳴したわたしの中の闇が涙を絞り出すのだった。結局、わたしたちは一人で、最後まで孤独なのだと。それを知っている。

一つ一つの作品としても良かったのだけど、すべてを通して見た後に見えてくる流れが素晴らしかったです。オムニバスの醍醐味。人間にいろんな面があるように、どんな面も全て合わさってはじめてひとつになるような。そんな感じ。

このペルソナの2がソルリ主演で撮影が始まっていて、2作品は撮り終えた状態だったそう。IUのがとても良かったので、ソルリのも全作品を通した形で見たかったな。もうそれがかなわないのがとても悲しいけれど・・・

 

ペルソナ-仮面の下の素顔-が見れるのは・・・
⇒Netflix

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す