【韓国ドラマ】自己発光オフィス〜拝啓運命の女神さま!〜 の感想 寒い日も閉じた日も春を待ちながら一生懸命頑張ること

「自己発光オフィス〜拝啓運命の女神さま!〜」を見ましたたがなかなか面白かったです。就職難のくだり見てると韓国も大変なんだなあ・・・ 日本と同じですね。それにしても三人衆のパッとしない感じがあまりにもうまく就職浪人生たちに見えるのがなんかすごいなぁって思いました。ホヤとかアイドルとして踊ってだとは思えないくらい冴えない雰囲気を醸し出しててまじすごい。イ・ドンフィは他でもこういう役も多いけど、今回は可愛い彼女がいる役で良かったね!なんて思ったりして。

 

スポンサーリンク


 

ヒロインのウン・ホウォン役のコ・アソンはちょっと個性的なキュートさで結構好きだったなあ。ちょっとおかしな子なんだけと、可愛いっていう。あんな子といると楽しいね。コ・アソンは初めて見たなあと思ったら、悲しき恋歌のファジョンの子ども時代を演じてた子役ちゃんだったんですね!あの髪の毛クリンクリンの子!あら~綺麗になったねえなんて。一緒に子ども時代を演じてたユ・スンホもすっかり大人っぽくなってるし、彼女もすっかり大人になったのねえ~

ハ・ソクジンもこういう役すごい似合っちゃう。どうしても冷たいとか厳しいとか偏屈なとこのある役が多いけど伝説の魔女のときみたいな優しい人もいけるよね。しかし、このドラマでのソ・ウジンは上司として尊敬できる感覚はわかるけど、彼相手に恋愛感情を持てる気がしないなあ。もちろんこのドラマのシチュエーションの話ですけどね。

キム・ドンウクが演じたソ・ヒョンだけはどういう人なのかあんまりつかめない感じでしたね。優しいのか、弱いのか、強がってるのか、ただの嫌なやつなのか難しい。見てる方も(というか私が)あんまり良く分からんなあと思ってたんだけど演じてる本人もどういうキャラなのか掴み切れなかったんじゃないかしら?なんて思っちゃう。とにかく難しい人だなと。

オフィスの皆さんはみんな個性的で面白かったよね。癖が強すぎる気もするけど。部長が辞めた後とか面白かったな。代理役のオ・デファンとか持ち味が炸裂してて最高に良かった!明らかにやな奴なんだけど憎めない!他のみんなも好きでしたー

よくドラマでも扱われるけど、実は寿命には期限があるものであるということを間近で感じるというのはやっぱり自分の生き方を見直す機会になりますね。いつだって悔いのないようには行きたいと思っているけれど、じゃあどれくらい切実にそういう生き方を出来ているか・・・っていうとなかなか難しい。

まさにホウォンが言ってた「寒い日も閉じた日も春を待ちながら一生懸命頑張ること」が出来るように。日々を大切に、そして大切な人にちゃんと感謝を伝えながら生きたいものです。

ドラマは登場人物のキャラがみんなしっかり描かれていてとっても面白かったです〜 実は扱ってるテーマは暗めなんだろうけど、テンポもノリも良くって楽しく見れるドラマでしたよ~

 

自己発光オフィス〜拝啓運命の女神さま!〜が見れるのは・・・






こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す