【台湾ドラマ】Love Storm ~狂愛龍捲風~ の感想 ラストのハチャメチャ展開に抱腹絶倒だよ!

台湾ドラマの「Love Storm ~狂愛龍捲風~」の視聴を終了しました!考えてみたらビビアン・スーが出てるドラマを見るのは初めて。もうちょっと穏やかなラブストーリーを想像してたんですけども、タイトルにあるStormの通り、嵐のように事件がいろいろ起こります。2003年のドラマですしね、でもそれを差し引いてもはちゃめちゃ展開でビックリします。いっそ面白かったですけどね!

 

スポンサーリンク


 

ビビアン・スー演じるジャールーはお金持ちのお嬢さん。でも運命の人がいるというのを信じていて、それがインフォン(ヴィック・チョウ)だと思い込んだ彼女は彼を追いかけまくるんですね。彼の彫像を作って送ったり、彼の職場に就職したり、それはもう押せ押せガンガン。これって、ジャールーが若くて可愛いから許されてるけど、普通にストーカーレベルなんじゃないかと思っちゃうのであった。まあドラマなんですけどね。インフォンが断っても断っても挫けないからねえ・・・ ちょっと怖くはあるよねえ。

ヴィック・チョウが好みという訳ではないのだけど、辛い過去を持つ影のある青年を演じさせると本当にしっくり来るイケメンだなと思います。幸せでハッピー!って感じの役はあんまりピンと来ないかもなあ。

そんな彼が演じるインフォンは、やっぱり家族がいなくて、そして極道の馬爺の養子になってたりする。馬爺の娘の晶晶が彼を好きなために、インフォンが好きになった女の子は晶晶の妨害によって彼から離れていくという。もちろんジャールーも狙われて誘拐されたりするんですねえ。気に入らないから誘拐ってその発想すごいな!まあジャールーもそれくらいでは挫けなくて強いんですけどね・・・

晶晶もただインフォンのことが好きなだけなんだけど、あんな風に彼の大切な人を傷つけて、それが彼を傷つけるっていう悪循環。インフォンにとってはあくまでも彼女は妹なんだよね・・・ やってることはあれだけど、憎めない感じの演技で晶晶役の許瑋倫(シュー・ウェイルン)がわりと良かったなという印象。

ケン・チュウは昔おデブだったバオロン役。彼はずっとジャールーのことが好きで身を挺して彼女を危険から守ってくれる人。彼はジャールーを無理にでも自分のモノにしたいってタイプじゃなくて彼女の幸せを願ってくれるいい人でしたね。君も幸せになれよ~なんて思わされちゃう。なんとなく晶晶とうまくいくのかも?って匂わされてたので良かったね。そして実は誕生の秘密があったりもするのよねえ。

そして仲良し4人組のバオチュー役で出てた秀琴(シュウ・チン)はどこかで見たことがあるな~と思ったら玉子様で見たんですね。この頃は若者!俳優さんというよりは歌手なのかなー??

 

それにしても、言ってみればずっとハチャメチャ展開だったんですけど、ラスト2話が特に凄いんですよ!消費者保護委員会だって言ってたおじさんがテレショッピングの会社に爆弾を送り、そして社員を人質にしてたてこもり!それも突然!まあね、ちゃんと解決するんだろうしハッピーエンドになるんだろうなと予想はつくんですけど、想像の斜め上のクライマックスでビックリすること請け合いです。見終わった後になんだったんだろうこのドラマ・・・って気分になりますが、意外と楽しんだかもしれない気もする。嵐が過ぎ去った後の気分と同じなのだと思えば案外この感覚間違っていないのかも!笑

 

 

Love Storm ~狂愛龍捲風~が見れるのは・・・

 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す