【韓国ドラマ】君を守りたい ~SAVE ME~ の感想 カルト教団の描写がリアルっぽくて震える~

「君を守りたい」なんていうタイトルなもんだから、少しは困難な状況にある二人のラブストーリー的な内容なのかと思ったら全く違いました~!!!! 実際はカルト教団に取り込まれた同級生を助けるという恋愛要素はほとんどないサスペンスものでありましたよ。カルト教団の描写が本当にありそうなリアルさで臨場感があってとても怖かったんです。思想を強制されるのって殺されるよりも恐ろしいことのような気がしてしまう。

 

スポンサーリンク


 

それにしてもどのドラマでも邦題が気になってしまうんですが、このドラマは「君を守りたい ~SAVE ME~」って本当に訳が分かりませんよね。守りたいの?助けて欲しいの?どっちやねん!と思っちゃうよね。実際のところ、原題は「たすけて」という意味合いのようなので、邦題はちょっとラブストーリーっぽく感じさせるために「君を守りたい」にしたけれど、本来の意味も付け加える意味で「SAVE ME」をサブタイトルでつけてみたよ~って感じなんですかねー?テギョンが演じるサンファンを主役と印象付けたいのかもしれないけれど、サンファンがサンミに抱く恋心は淡いものであって、彼が彼女を助けたかった本当の理由は彼自身のアイデンティティーを守るためだったんだと思うんだよな。そうでなければサンファンは逃げる人のままの人生を送ることになってしまうから。なんて考えてるとやっぱりどこかずれている気がする。うーん。

このドラマはキャスティングが全体的にばっちりでした!テギョンって目がキラキラしてるからやっぱりこんなまっすぐで頭のいい青年役が似合うな。彼は悪役とかに挑戦しないでこのままの感じの役を演じて欲しい。が、高校生役は制服がぱっつぱつ過ぎるのでさすがにもう無理があると思いますな・・・ ソク・ドンチョル役のウ・ドファンもとても良かったな。鋭い眼光が少しひねくれたでもナイーブな青年にピッタリ。ドンチョルはサンファンのこともサンミのことももっと恨んでもいいくらいなのに、また助けるために奔走して実はめっちゃいい子ですよね!?きっとおばあちゃんのおかげなんだわ!!!泣 ジョンフンとマニもとぼけた雰囲気が良くて、彼らの存在がディープなストーリーのちょっとした救いになってたかも。

そして、家族が洗脳されてしまう中で、最後まで正気を保ったイム・サンミ役を演じたソ・イェジの凛とした美しさは際立っていました。彼女は確かにおじさんにも好かれそうなタイプの可憐さ。偽エロ教祖が目をつけるのも納得の配役でしたね。でも芯の強さも必要な役だから、他の女優さんが思いつかないくらい!良かった。

教団の人たち、教祖、パク使徒、チェ使徒も圧倒的だったんですけど、一番すごかったのはサンミの両親じゃないかしら?父親役のチョン・ヘギュンが洗脳されてしまった後の何を考えているか全く分からない空っぽの瞳。ゾッとして背筋が冷える感じでした。最後まで洗脳が解けなかったしなあ。きっと実在のカルト集団が解体された後もあんな感じで信者が残り、また同じような団体が新しく出来るのだろうと考えると恐ろしいです。母親役のユン・ユソンも向精神薬を飲まされてやつれた姿の迫真の演技。メイクのおかげもあるんだろうけど、本当の病人のようでした・・・

 

あくまでもドラマなんだけど、現実でこれに近いことは起こっていないとも限らない、と思わされるところがあって恐ろしかったんですよね。カルト教団が警察も政治家も巻き込んで強大な力を持つなんて考えただけでも怖いな。そっちが正しくて自分がくるっていると言われてしまうサンミの絶望。一体、信仰と盲信の境目はなんなんだろう、なんてことを考えてしまうドラマでありました。興味深かったけど、見てるのがちょっとしんどい気分だったな~

 

君を守りたい ~SAVE ME~が見れるのは・・・



  

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す