【台湾ドラマ】恋してる 愛してる 10話で挫折!主役二人の役のキャラがどうにも好きになれなかった・・・

最近、台湾ドラマの挫折多いな~。すごくはまるドラマもあるんですけどね・・・
という訳で「恋してる 愛してる」は半分の10話まで見たけれど、なんだか見てると嫌な気分になってしまうんで、そんな気持ちになってまで最後まで頑張る意味はないな、とここで離脱。

 

スポンサーリンク


 

なんとな~く、あらすじを読んだら、これから北海道ロケの場面なんかも出てくるみたいだし、日本人の俳優さんも出てくるみたいなのでその点は興味があるんですけどね・・・ まあ仕方ない。

おそらく、スカイとタンタンが近すぎて分からなかったお互いの存在の大切さに気付いてハッピーエンドってな感じですよね?その結末が良かった~という気持ちになるためには二人への共感が必要だと思うんだけど、それが全くこれっぽっちも共感できない。お互いことが大切だと理解する過程で他の人を巻き込んで傷つける必要あったのかな?


むしろ、私はウェンチーの気持ちはわかるなあ・・・と思って見ていました。


(グラニフのマグカップだ~!)

彼女がタンタンに対して嫉妬する気持ちはわかる。彼女は影でそれを他の人と悪口を言うんじゃなくて、スカイやタンタンにはっきりと伝えていたからね。それが好感が持てる点でした。とはいえ、あそこまで言って理解できない相手は価値観が違うと諦めてもっと早めに離れた方がいいんだろうな・・・なんて考えてました。

このドラマではスカイとタンタンは血の繋がらない姉と弟だからそれもまた難しいけど、私が学生時代に付き合ってた彼氏は実妹大好き過ぎてそれはそれで対応に困りましたね・・・ いや、家族を大事にするのは良いことなんだろうけども、あーこれ崖でどっちかが落ちるとなったら私は後回しだな~と思わされるのはあんまりうれしくないですよねえ!笑 私も兄がいますが、そんなべったりした関係ではないので、そんな妹好き好きの気持ちが全く理解できない。だからそういうのって家族それぞれ人それぞれだから、自分もまわりが同じだと思いこまないようにしようと思いましたよ、その時。

家族と違って恋人って自分自身が相手を選んでいるわけじゃないですか?だから家族という定義がある関係よりも恋人との関係ってもっと脆いからこそ、その関係を守るためにより大きな努力が必要な気がするなあ・・・

そんなこんなでその時のことを思い出したりして、それでウェンチーの気持ちが分かり過ぎて、ドラマを見てると嫌な気持ちになったのかもしれないですな・・・(遠い目)

 

まあともかくタンタンとスカイ達の家族は表面上は良い人達のように見えそうなキャラなんだけど、自分たち以外の人には無神経で自分勝手な人たちに見えてしまったのですよね。ウェンチーと彼女のお父さんのことに関しても、一般的に言えば家族は仲良くするべきと思うのかもしれないけど、でも何があったかどういう思いがあるかは本人たちにしか分からない。それなのに、勝手に父と娘を強引に仲直りさせようとするのを見て自分の価値観を押し付ける酷い人たちに思えてしまった。ドラマなので、お父さんが病気になって簡単に仲直りしたので、結果オーライになっていたけども、非常に違和感がありましたね。

 

ドラマに浸って、悲しいとか切ないを共有するのは良いんですが、嫌な気持ちになるのは辛いですね・・・ ここまでそんな気持ちになったのはこのドラマが初めてかも!? ビックリですな~(^^; でもそんなのは私だけかもしれない・・・わわわ

 

恋してる・愛してるが見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す