【韓国ドラマ】検事プリンセス の感想 わがままヒロインで一度挫折も再挑戦したら全く印象の違うラストだった!

以前に一度視聴しようと挑戦したものの2話で挫折したのですが、Gyao!で配信が始まったので、イ・ジョンソクも出ていることだしもう一度挑戦してみようと思って見ました。今回はラストまで完走することが出来ましたよー。

 

スポンサーリンク


 

私もかなり韓国ドラマの視聴数が増えてきて、だんだんパターンが分かってきたというのもあるのかもしれないんですが、今回はまあ普通に見れましたね。最初の3話くらいまでのマ・ヘリの我儘で自分勝手な描かれ方はその先に成長してきちんとした検事になっていく過程を際立たせるためにわざと大げさに描かれているんだろうなあと。あのパーマヘアとかブリブリな服装もどんどん落ち着いて行くので、しばらく頑張って見ていると全く印象の違うシリアスなドラマになっちゃうよーって感じ。

パク・シフもソ・イヌというどこかつかみどころがなく飄々としていて、でも本当は心の中は悲しみで満ちている人物をとても素敵に演じていた気がします。父親を冤罪で獄中で亡くして、交通事故で母親も亡くして、そして独りぼっちでからっぽになった心は復讐をするという目標で埋めなければ生きていけなかったんだろうな。正しくは復讐ではなく、父親の冤罪を晴らして、名誉挽回をするというまっとうなやり方を選んではいるのだけれど。

人間は心がからっぽでは生きていけないんだな。でも利用するつもりで近づいたマ・ヘリを愛してしまったことで心がからっぽの状態ではなくなったから、彼の心も父親のことに関して少しずつ変わって行ったのかな・・・ 愛情と使命のはざまで揺れる心。

ジェニー役のパク・ジョンアはちょっときつめの顔が結構好き。結局、彼女ってあくまでもソ・イヌの友達って立ち位置なのかな~ そういう意味では、恋愛模様はやや平和でしたよね。いや、マ・ヘリとソ・イヌ達の関係性自体に問題があるのでその障害だけでも十分大変なのですけどね。クロスオーバーする愛憎みたいなのは無かったという意味では平穏であった。

イ・ジョンソクは若い~って感じだけど、でもあまり変わらない気もする。すごく白い!!!と妙に思ったのでした。

あと一番ビックリしたのは被害者少女のジミン役をしていた子役ちゃんがめちゃめちゃ美人だったこと。小学校ですでに出来上がった雰囲気がある美人なんですよ!!!でも残念ながらなんていう名前の子役ちゃんなのか分からないのですよね。2010年のドラマだからここから8年たったら更にとんでもない美人になっているんでは!?大人になった姿を見てみたいな~ なんていう子なんだろう。

ソ・イヌがマ・ヘリと一緒になることを選ぶというのは、彼の心の中の区切りのつけ方の問題なのでありだと思うんだけど、マ・ヘリのパパについては、過失致死と殺人は全く違うものだとは思うものの、法に照らし合わせてすでに時効だから刑務所に行かなくてすんで良かった、でいいんでしょうかね?そこはなんだか違う気もする。うーん。

それにしても、最初の始まり数話のドタバタした感じがどんどんなりを潜めて、深刻で切ないストーリーになっていくのにはびっくりしましたね。なんだかそういう意味ではちょっと不思議な見心地のドラマだったという気がします。なので再挑戦して最後まで見て良かったかな。最初の時の印象がかなり変わりました~

 

検事プリンセスが見れるのは・・・
⇒Netflix




 

こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す