【韓国ドラマ】この人生は初めてなので の感想 すっかりイ・ミンギがお気に入りに!もちろんストーリーも面白かった!

この人生は初めてなので視聴を終了しました。こ、これはとても良かったです。面白かったし、なによりもこのイ・ミンギ好き過ぎてたまりませんでした。うおー。「結婚」というのがドラマの大きなテーマになっているのだけど、こういう結婚が正しい!と描いているんじゃなくて、視聴者にもこの時代の結婚ってどういうものか考えてみてと問いかけているようなそんな気がしたドラマでした。

 

スポンサーリンク


 

演出は ごはん行こうよシリーズなどのパク・ジュンファ監督です。そういえばユン・ドゥジュンとユン・ソヒがゲスト出演してるのはその関係ですね。(ちなみにこの監督はパク・ソジュン主演のキム秘書はどうしてそうかの演出もしてるみたいで、イ・ミンギとチョン・ソミンのゲスト出演の回があるらしい。絶対見なきゃ~)そして、脚本はイケメンラーメン店などのユン・ナンジュンが担当。メインキャストが6人だったり、セヒ達の会社が手掛けているアプリが「結婚じゃなくて恋愛」という名前だったりするので、恋愛じゃなくて結婚と監督か脚本が同じなのかと思ったら違ったのでした~。まあ、よく考えてみたらかなり雰囲気が違いますね。文学的なアプローチが多いですし。

そしてセヒが飼ってる猫がまた可愛いんですよ・・・ 私は完全に犬派なんですが、イ・ミンギには断然猫が似合いますね。イケメンと美猫とか最高の組み合わせであります。この猫ちゃんも演技(っていうのかな?)が上手で絶妙なのですよ。ふさふさしたしっぽを振るところが私のトキメキポイントでした。

今の時代、結婚しない人が多いのって、まず結婚にメリットが感じられないからなんじゃないかな。もちろん愛も大事だけど、それだけを頼りに結婚したところで、夫婦共働きなのに家事や子育ては妻だけなんていうのが続いたら女性にとってはむしろデメリットばかりなんてことになりかねない。男性も責任を取る必要もなく一人気ままな方が楽ちんだろうし。子どもを一緒に育てるとか好きな相手と一緒に過ごせる等という結婚のスペシャルな部分もあるとしても、それでも好きという気持ちだけでの結婚のリスクが高いことは間違いない。

なので、セヒとジホのように一緒に暮らすことがメリットがあると明確な状態での契約結婚が意外と悪くないかもしれないと思ったのでした。実際にあの状況はないとしても最初の始まりとしてはありというか、お互いの希望をしっかり明文化して擦り合わせる行為がすごく良いなと思ったのです。ラストで本当に結婚してからも毎年契約書を作成するっていうの非常に合理的だし、無駄に相手を傷つけたり、自分も傷つかないでいられる気がする。「こうしてくれると思ったのに」「こうやってくれるのが当たり前なのに」という不要な不満を積み重ねるのってお互いに辛いものだから。育った環境が違えば常識や当たり前もそれぞれ違うものだから。

セヒとジホが特に最初は家主と借主だったからというのもあるけど、丁寧な言葉、ゆったりとしたトーンで話している二人の会話がとても好きでした。お互いのことを思いやってゆっくりと距離が縮まっていく感じ。キスをしてもいいですか?はい。ってちゃんと了解を得るのとか、演じている二人の雰囲気も相まって素敵だな、って思いました。言いたいことを言い合うだけではなくて、会話だなあって。

そうそう全然関係ないけど、ジホが正官庄の紅蔘エキス飲んでるシーン多いな~と思ったら、やっぱりスポンサーであった。こういうのめっちゃチェックしてしまう。

おばちゃんスタイルでキムチづくりをするセヒは最高です。自分の実家の法事でジホが働いた6時間を同じように労働で返すという状況なんですが、こういう考え方いいな。彼らは契約結婚だから当たり前のようにギブ&テイクなんだけど、結婚となると突然その感覚がなくなってしまう気がするなあ。そんなことない人もいるかもだけども。

ジホがやってきた時のセヒの嬉しそうな顔!良過ぎる。無表情だったセヒが少しずつ感情を取り戻していく過程がとても好きだった・・・ ジホがセヒに与えた優しい言葉が少しずつ降り積もって彼の心の呪いの言葉を溶かしたのだな。

そして、イ・ミンギとキム・ミンソクは私の大好きな美男バンド以来の共演ですね~ しかし、イ・ミンギはあの時の夭折するバンドマン役とは180度違う。あのアイラインばっちりの姿も大好きだったけど、今回のセヒもめっちゃ好きでした。背筋が伸びてるのがかっこいいんだなあ・・・ これから多分、彼の出演作を探して見まくりたいと思います。

パク・ビョンウンが演じるマ代表もすごく良いキャラだったし、ジホの友達たちもすごく良かった。どのキャラも生き生きしていたなあと思うのです。それぞれについても書きたいこといっぱいあるくらい~ そういえば、女性陣よりも男性陣の方がめっちゃ泣いてたイメージあるな。なんていうかピュアだった。ジホもピュアだと思ってたけど、ラスト2話あたりでなんかよくわからなくなったのだよな。まああれは駆け引きというよりはセヒに外界から隔離して自分を安全に守っている部屋から出て来て欲しかったからなのかな、とも思いつつ。

あと、韓国は日本よりもずっと「詩」がポピュラーなのかななんて思ったのでした。日本は学校の授業なんかでも現代詩はあんまり学ばないし、詩の本がベストセラーなんてのも聞かない気がする。でも韓国ドラマを見ていたら詩をモチーフに使っていることが多いなあと思うのです。このドラマでもとても効果的に使われてて素敵だったな・・・

セヒの部屋からジホが借りて読んでいた島(チョン・ヒョンジョン著)という本の中の訪問客という詩はとても印象的でした。

たしかだいたいこんな感じ?

人がやってくるということは実はすごいことだ
彼は過去と現在とそして未来とともにやってくるからだ
一人の人生がやってくるからだ

 

そして、セヒがジホに渡そうと買った本、泣いたからって変わることなんて何もないだろうけれど(パク・ジュン著)はエッセイ?詩?なのかな、結局渡さなかったセヒが印象的でした。元カノにもらった本に貼ってあった言葉がセヒの心の中にずっと呪いのように沈殿していたことを知っている彼は、あの時に行ってしまうことを選んだジホに同じように呪いをかけてしまうことを選ばなかった・・・ その時のセヒの気持ちを思うとジホに好きな癖になんでやねん!おいおいもうちょっとやり方あるやん!?って思う。そう考えると私はずっとセヒ視点で見てたのかもしれないデスね~

 

ともかくとっても素敵なドラマでした。結婚というシステムについても考えさせられたし、でもちゃんと面白くてキュンとして、クスっと笑える部分もあってバランスも良かったなあ。間違いなく今年の私のベストテン入りするドラマです!

 









【韓国ドラマ】チョコバンク の感想 親の希望よりも自分のやりたいことをやって生きていきたいね!

EXOのカイが主役のチョコバンクを見ました!1話15分×6話のウェブドラマなのであっという間に見れます。ハ・チョコという名前の女の子とキム・ウネンという銀行という名前を持つ男の子のお話。そんな彼らの恋がチョコバンクというチョコレート屋さんで育まれるわけですね。

 

スポンサーリンク


 

ハ・チョコ役のパク・ウンビンは素朴さが良い感じで可愛いですね。子役時代から俳優さんをやってるみたい。私は見たことないなあ~と思ったのですが、タンタラで最後に新しいドラム役でちょっとだけ出てきた女の子だったみたい。ああ、あれバンドのメンバーチェンジを軽く考えてる!!!って私が勝手に怒ってたやつね!笑

彼女とウネンはラブストーリーはうまく行くだろうな~と思ってたし、いわゆる初めて一目見たときからお互いに恋に落ちてたみたいなノリはあんまり心に響かなくて二人のやりとりはただ見てた感じ。

それより、とにかくこのドラマで一番気になってたのは、子どもを自分の所有物と考えて思い通りにしようとする母親というもの、それについて考えてしまいました。ウネン=銀行という名前をつけるくらい息子を銀行員にすると息巻いてる母親。夫が起業して自営業で借金してひどい目にあったから息子に同じ思いをさせたくないからという理由をつけているけれども、やっぱりそれは子供のためと言いつつ、本当は自分のためなんだなあ、と思うのでした。まあ、時代って変わるし、昔は安定しているといわれていた銀行員という仕事が今はそうでもないという事実もある訳で。

そして、そういう親の意見、期待をかけてずっと聞かされると子どもってそれが親の意見なのか自分の意見なのか分からなくなってしまう。ウネンもまさにその状態。でもウネンはチョコと会ったことで自分が何がやりたいのかちゃんと持てる機会が出来て良かったな・・・と思ったのでした。呪いが解けたよね。まあ、母親も最後には子離れをしていたので良かったですね。

多分、私は「人を自分の思い通りに動かしたい人」というのが苦手なのかもしれない。ドラマでもそういう人は見てて苦しい気持ちになるなあ~

チョコの幼馴染役で出てたヨン・ジュンソクはどこかで見たことがあるな~と思ったら、がんばれ、ミスターキム!で北朝鮮から来た少年役の子だと思い出しました!結構どんな役も合いそうだな、と思ってるんで、もっと色々な役を見てみたいな。

 

子どものためといっても度を過ぎると害になるなあなんてことを考えたドラマでした。でも多分そこを目的には作られていない!笑

 

チョコバンクが見れるのは・・・




【韓国ドラマ】優雅な女 の感想 なんだか掴みどころのないストーリー、そしてソンギかわいそうじゃないかー!

優雅な女を見終わりましたが、なんだか掴みどころのないドラマだったな、というのが正直な印象です。スキャンダラスな家庭の虚栄や野望を描くのかと思いきや、なんだかストーリーは復讐へと広がって行き・・・ 視聴者の裏をかく事に重点を置いたらこんな散漫な内容になりましたよーって感じなんだろうか?うーん。でも面白くなかったわけではないです。不思議。

 

スポンサーリンク


 

誰が出演しているかを知らずに見始めたんですが、主役のチョ・アラを演じているのはオ・ヒョンギョン。どっかで見たことあるな~と思いながら見てたら、伝説の魔女のソン・プングム役の女優さんだったー!あのドラマ好きだったんだよな~ 今回もベテラン女優役だし、なかなか迫力のある役が似合う。

そして、ラジオのDJの仕事のシーンで眼球浄化の無断横断と曲紹介をするシーンが!美男バンドの劇中歌だ~!!!と1人で盛り上がりました。同じ放送局tvNのドラマだからですよね、きっと。あのドラマも好きだったなあ。

そして、旦那のコン・ジョンハン役のパク・ソンウンが「実は自分はゲイでチ・ソンギを愛している!」と家族に告白するんですけれども、私はこの時ジョンハンのソンギに向ける視線がどうみても愛しているという視線の演技に見えないな・・・と思ってしまって。霜花店のチュ・ジンモのチョ・インソンに向ける愛をはらんだ生々しい目つきが焼きついているもので、ジョンハンも心から彼のことを愛しているというならあれくらいでないと・・・と思ってはいたのでした。

そしたら、結局ジョンハンのソンギに対する愛情はそういう恋愛感情ではなくて、ゲイではないとラスト辺りで判明しまして、ということはパク・ソンウンそれも踏まえてどこか恋愛感情を含んだ視線にならないように演技してたのかな、そうだとしたら凄いなと思った!そして私の疑いも当たった風な展開となった!

このドラマでは、クォン・ユルが演じたチ・ソンギだけはなんだかとても切ない存在だった。復讐には走らない赦しの天使。そして最後には悲しい結末を迎えることに。本人は何にも悪く無いのにね。なので、チ・ソンギの描き方に関してはとても後味が悪いです・・・ 来世は幸せな人生を送るんだよ! クォン・ユルは可愛くも見えるし、ミステリアスにも見える人なので、いろいろな役を演じてるイメージですが、私はブレインでのどこでも寝ちゃうちょっととぼけた外科医役が好きです。

B1A4のジニョンはおバカだけど意外とピュアな息子を魅力的に演じてたな~と思いました。あんな家庭でいたらもっとひねくれそうな気もするけど、おバカなところが幸いした感じしてどこか素直なのかもしれない!

この二人の愛の結末は少し悲しいけど、ちゃんとお互いにいっぱい愛したから、ナニの人生は幸せだったよね?

彼はふざけてる時と、こんな表情のギャップが良いなあ。ドラマで初めて見たと思ったんですけど、メンドロントットも出てたんですね。あの時の役とイメージが重ならなくて全然分からなかった!髪の色が違うというのもあるのかな。

将軍の夫婦が最後は元サヤに戻ったのは意外。将軍はあんなにチョ・アラに「愛している!」って言ってたのに、妻が去るとその存在の大きさに気づくとか、都合良すぎないかい?

 

結局、何を描きたかったのか分からないドラマだったけど、雨降って地固まってやっぱり家族って大切だよね!みたいなこと言いたい感じなのかな、という気もした。チョ・アラ夫妻も隣の家の夫婦も家族関係が修復されるという結末を迎えた訳だから。表面上は視聴者に衝撃を与えるエピソードを見せつつも、意外とテーマはオーソドックスなものだったのかもしれない。

 

このドラマが見れるのは・・・




【韓国ドラマ】清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます the drama の感想 鬼のようにカットされてるけど面白かったです! 

『清潭洞(チョンダムドン)に住んでいます』をGyao!で配信していたので見ちゃいました!これまた私は全然知らないドラマだったんですが、いわゆるシットコムで気軽に見れる感じでした。だいたいシットコムでは俳優さんがドラマ内でも自分の芸名そのままで演じることが多いというのが分かってきました。まあこれって例えば新人の俳優さんなんかはこういうドラマに出演すると話数も長いし、芸名も覚えてもらえるのでこれをきっかけに人気がでることもあるんだろうなあ。反対にベテランの俳優さんは自分の今まで演じてきたキャラを壊すきっかけになるのかもしれない!

 

スポンサーリンク


 

しかし、どうやら本当は170話だか200話だかあるドラマなのに、日本に入荷されてるバージョンはなんと18話+番外編1話というビックリの短縮版なのですよ。え、よくそこまでカットできたな、と驚き!おそらく、存在自体をほとんどカットされてる登場人物もいるので、それにまつわるエピソードはなくても違和感ないんですが、やっぱり主要人物のエピソードのカット具合も半端ないので、特に後半は訳が分からなくなってしまいますね~。まあなんとなくわかる感じには作られてるんで面白いんですけどね。

チョンダムドンで貸本屋をやることになった貧乏な家族が主役なんですが、そこに下宿人も加わってドタバタと話が進んでいくのですが、これまた登場人物は派手ではないものの悪人がいなくてなんだかホロっとさせられることもたくさん。チョンダムドンは日本でいうと表参道とか青山とかかな・・・ それとも銀座?ともかくお金持ちの町なのに貧乏人が住んでいるものだから、見栄を張ってどんどん嘘が積み重なっていく姿は面白いけど、ちょっと悲しくもあり。

お母さんのキム・ヘジャは優しくない女たちでも少しおかしみのある役だったので、このドラマでもじわっと面白い感じがとても似合ってました!独特の面白さと良い話のエピソードのバランスが良かった。しかし、お金持ちのご婦人たちに嘘がどうやってばれたのかはすごく見たい場面だったんだけど、そこバッサリなくて残念だったなあ。あとあの貸本屋の持ち主のおじいさんとのこともよくわからなかった。

この強面3人組のエピソードにもかなり時間が割かれてた気がしますね。お下品ネタはだいたいこの人たち。不潔自慢はリアル過ぎて笑っちゃう。強面を買われて映画に出てたのは面白かったな~ ウヒョンとシェフのロマンスはもうちょっと見たかった!あと印象に残ったセリフは過去に戻りたいって言ってた時に、「あ、でもダメだ。兵役があるから戻れない。」ってところ。全員同意してたから、やっぱり兵役ってすごく大変なんだな・・・とそんなことを思ったのでした。

そしてオ・ジウンとヒョヌのカップルはめっちゃ可愛かった~!オ・ジウンと言えばチョヨン~幽霊が見える刑事~でも好印象で結構好きだったんだけど、このドラマでもとっても可愛かった!ヒョヌはどうやらパスタに出ていた様子。あの時はイケメンシェフの一人くらいの印象しかなかったけど、今回はスラっとしてかっこよくてギター抱えてる姿とか最高やん!?ってなってました。髪型もすごく似合ってる。短いよりこの時の方が良い!!

あんまりベタベタした二人は好きじゃないので、この二人の距離感ぐらいが好き。しかし、彼らの距離が近づいていくエピソードはすっぽり抜けててこれまた残念。二人がつきあってることが家族にばれた時とか、ヒョヌが実はお金持ちのボンボンとばれた時とか、ジウンがククス屋を開くことになったいきさつとか見たいところいっぱいありましたね・・・

あと、こういうドラマではお約束の豪華ゲストなんかもちらほら。

漫画を借りて延滞してるお客にユノ。これはかなりのこじつけの出番だったな。面白いけど。

ユン・ドゥジュンはそのままアイドル役で出演。でも強面3人組には全然アイドルと気づいてもらえないの。モップかけまでさせられて、コントだね。

 

それぞれの俳優さんの持ち味が出てて、とっても素敵なドラマでした。どうしても惜しむらくは激しすぎるカットの多さですよねえ。回想シーンを見て察するという能力を非常に要する展開なんでさすがによくわからんところもありますもんね。もちろんしょうもないエピソードもいっぱいあるんだろうけど、それでももう少し見れたらもっと楽しめたかな~

 

このドラマが見れるのは・・・




【韓国ドラマ】嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~ の感想 人生は選択の連続なのだと改めて実感したのだった

嫉妬の化身を視聴終了しました!コン・ヒョジンが出演しているラブコメは好きなことが多いので見よう見ようと思っていたのですが、お相手となるのがチョ・ジョンソクとコ・ギョンピョだと私基準ではちょっとイケメン度合いが足りないかな~(失礼!)なんて思ってしまい後回しになっておりました(チョ・ジョンソクはキングの時から好きではあるんですけどねっ)。でもそんなこと言ってないで早く見ればよかったです。めっちゃ面白かったし、夢中になって見ちゃいました!

 

スポンサーリンク


 

コン・ヒョジンはめっちゃ美人という感じじゃないんだけど、自分の見せ方を知っている人だなあと思う。着てるお洋服やアクセがとても素敵なんですよねえ。スタイリッシュ!

このワンピを着ている時の左右長さの違うピアスがとても好みだったので、欲しくなっちゃいました。彼女は何でも着こなせるというよりは、自分に似合わないものは徹底的に排除しているのだと思うのです。それと同じで、出演するドラマに関してもしっかり吟味していると思う。そういう取捨選択が出来るからどの出演作も彼女の魅力がしっかり出せるような気がしています。

チョ・ジョンソク演じるイ・ファシンがあんなにマッチョで男らしさを誇っているタイプなのに乳がんになってしまうことで「男性」性のアイデンティティー崩壊で悩む姿はなんだかすごく考えさせられるものがありました。ここでは乳がんが原因でそれが起こっていますが、その状況以外でも現実的にいたるところで起こっていることのような気がするんですよね。それは逆に女性もしかり。

そんな感じで、ジャンル分けするならラブコメに入れられるドラマだと思うんですが、例えば、男性も乳がんになる可能性があること、やテレビ局の就職状況など、ちょっと問題提起も取り入れてあって脚本がとてもよく出来ているなあと思ったのです。ピョ・ナリに3年間片思いされていてもイ・ファシンは全く彼女に興味がなかったのに、乳がんになって部屋が同じになって彼女を知ることによって変わっていく態度が自然で面白かったですし。そして、彼らの心が病室の向き合ったスリッパの角度でほのめかされたり、トイレの表示が信号みたいに赤になったり青になったりすることで表現されていたりもする。役者さんの演技だけじゃない演出までも楽しめるドラマなんですよねー

このドラマのテーマは嫉妬であるのと同時に裏テーマは「選択」なのかな、と思ったんです。ピョ・ナリがイ・ファシンとコ・ジョンウォンのどちらを選択するのか、キム・ラクがケ・ソンスクとパン・ジャヨンのどちらを選択するのか、イ・パルガンが実母と育ての母のどちらを選択するのかと、恋人としてピョ・チヨルとオ・テグのどちらを選択するのか、そんな風に何度も描写される選択の場面を見ていると本当に人生って選択の連続だよな・・・なんてことを思いました。

私は基本的には三角関係のドラマはあんまり楽しめないし、優柔不断な登場人物は苦手なことが多いんだけど、ここに出てくるピョ・ナリがどっちか決められないからこのままずっと3人で一緒じゃダメ?と聞くのとか、お試しで3人で暮らしてみましょうっていう感覚はなんだか共感できたな。まあ彼女は計算ずくでどちらの心も引き留めておいてやる!って思ってるんではなくて、純粋に決められないで迷っているという状態でそれを口に率直に出してるので嫌味がないのかな。

そして結局はイ・ファシンもピョ・ナリも嫉妬をするかどうかが結論を出すきっかけになったという。嫉妬をするということは誰かを独占したいと思うことなんだと思うけど、それが愛ってことなのかな?それも正しいんだとは思うんだけど、個人的にはは嫉妬なんてしないで相手のすべてを受け入れられるようなもっと大きな愛が存在するといいのになあと思ったりもするのでした。

 

脇役陣も豪華且つキャラ設定もしっかりしているのが良いし、ドラマだけど隅々まで気を配られている演出が効いてるし、非常に見ごたえがあったな~と思います。といっても軽妙で面白くもあって、すごく楽しんで見れたドラマでした!オススメ!

 

 

嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~が見れるのは・・・