【韓国ドラマ】スイッチ‐世界を変えろ の感想 詐欺師と検事という相容れないはずの人々のコラボも面白かったし、チャン・グンソクの二役もgoodでした!

チャン・グンソクの入隊前のドラマ、スイッチ‐世界を変えろを視聴終了しましたー!グンソクさんが詐欺師のサ・ドチャンと検事のペク・ジュンスの二役を演じてるんですが、なかなか面白かったですよー。どちらの役を演じてる時も良いんですけど、やっぱりサ・ドチャンの時の彼がめちゃくちゃチャーミングなんですよ!いやーこの役とっても彼に合ってたと思う。

 

スポンサーリンク


 

ストーリーも面白くて最後まで飽きさせずに見せてくれます。視聴者にとってもどこまでが詐欺で誰に騙されてるのか分からない感じで話が進んでいく時もあるので、あれ?ってなりつつ分かった時になるほどってふふって笑っちゃう感じ。やっぱり詐欺師が主役のドラマは詐欺の規模が大きいほうが非日常感があって楽しいなー。飄々とした詐欺師に華麗に騙されたいというか。もちろん現実では騙されたくないけど!

ハン・イェリが演じるオ・ハラもすぐに騙そうとするサ・ドチャンに最初は辟易してるんだけど、だんだん彼のペースに巻き込まれて行って検事と詐欺師の協力体制にすっかり慣れていく姿が面白いです。

二人の掛け合いがテンポも良くて、初めて見た女優さんですが、嫌味が無くてサバサバした今回の役が好印象でした。

ハン・イェリは顔が小さくて、とってもショートカットが似合ってたなー。それとシックな色合いのメンズライクなパンツスーツが熱血検事のオ・ハラの雰囲気を醸し出しててピッタリ。でもパンプスだけはピンヒールでそこだけ女っぽくて素敵だったなー。これ見よがしな女っぽさよりそういうのの方がぐっと来ません!?

 

このドラマは検事チームの間での騙し合いも見どころだったけど、敵チームの中でも騙し合いと騙し合いがあるので、そこも目が離せないところ。

チョン・ウンイン演じるクム・テウンがプルゴム。麻薬取引から資金洗浄から悪いことはなんでもしてるって感じ。このドラマの中で彼がではないけど、片手が義手っていう役の人が出てくるので、どうしても君の声が聞こえるのミン・ジュングクを思いだしてしまいましたねー。あの時の悪役もとても印象的だったけど、このドラマでも欲望に突き動かされる強烈な悪役を演じてました。チェ・ジョンピル役のイ・ジョンギルと彼の欲望のぶつけ合いの争いは迫力あります。恐ろしい。

そしてクム・テウンはとても冷酷な人なのだけれど、そんな人でもどうしても切れなかった情が最後に自分の首を絞めることになったのでした。

チョ・ソンド役のクォン・ファウン(クォン・シヒョンで活動してたみたいだけど、本名に変えたのかな?)もクム・テウンの手下としてかなり印象に残りました。彼は実は・・・という背景があって最後のキーともなるなかなか重要な役でした。普通にしてたら好青年なのに、ここでは崩れたチンピラぶりが非常にうまかった。独立系の映画出身の役者さんみたいですが、これからもっと活躍の場が増えそう。私が今までに見たことあるドラマでは夜を歩く士でヘリョンの護衛武士で出てたらしいんだけど、それは記憶に残ってないなあ。もう一回機会があったら見てみようっと。

クム・テウンの腹心のキム室長も非常に良かったです。ソン・ウォンソクという俳優さんらしいんだけど見たのは初めて。クム・テウンに絶対服従なので非常に残酷な仕事も顔色も変えずにこなすんだけど、どこか憂いを秘めた雰囲気が良かったな。しかし韓国ドラマでは必ずと言っていいほど悪役の手下に殺人などの汚れ仕事から頭脳労働までを一手に引き受ける万能で有能な秘書か室長が一人いるんですけど、そんなにオールマイティーに何でもできる人材います!?って突っ込みたくなるんだなー。まあいんですけども。

 

といった感じで、チャン・グンソク以外にも非常に注目しちゃう俳優さんがたくさん出ていたのですよね。そして、その他にも面白おじさん枠にも私がの好きな方々が出ていて楽しかったのですよー

オ・ハラとペク・ジュンスの上司、部長検事にパク・ウォンサン。ちょっと逃げ腰なところもあるんだけど、大事なところではしっかり部下を守ってくれる頼りになる上司!他の検事は意地悪だったり悪い人が多いんだけど、彼がいてくれるだけで安心して見ていられる。和む~

そして、サ・ドチャンの詐欺チームにはポン監督役のチョ・ヒボン!詐欺師役なので色んなコスプレがたくさん見られます。浮浪者から中東の民族衣装までどれも結構似合うのがすごい。

 

まあ、スイッチのタイトルのごとく、サ・ドチャンとペク・ジュンスがその時々でスイッチするんですが、ばれる!ヤバイ!ってなったらちゃんと本物の検事のペク・ジュンスにすり替わっててこちらとしては大丈夫と分かっていながらドキドキさせられます。そんなタイミングよくうまく行くわけないやん~とも思いつつ、軽快なノリに自分ものせられて見てるとだんだん気にならなくなります。

チャン・グンソクの二役も結構良くて、二人の全く違うキャラを初めからはっきりと設定してくれてたし演じてくれてるので見てる方も分かりやすいのですよねー

検事と詐欺師という全く違う人たちがお互いのことを理解し始めて、同じ目標に向かっていくのは痛快です。ラストもまあ勧善懲悪的な感じですっきり終わるので、後味も良いです。四角四面で融通の利かないペク・ジュンスのネクタイのダサかった結び方がラストではサ・ドチャンと同じ今風になってることで内面の変化も感じ取れたりと最後まで面白かったな~

 

 









【韓国ドラマ】犬とオオカミの時間 の感想 復讐とは今を過去のために使うということなのかもしれない・・・

いつか見よう見ようと思っていた犬とオオカミの時間の視聴を終了しました。私は先に朝鮮ガンマンを見たので、イ・ジュンギとナム・サンミの共演を見るのは二度目でしたが、この現代劇の方が良かったですねー。特にナム・サンミはお洋服の方が似合いますし、健康的な感じがタイで育ったという設定の役にも合ってる!

 

スポンサーリンク


 

そうそう、マオ役のチェ・ジェソンも朝鮮ガンマンでも出ててパク・ユンガンのお父さん役だったので、もしかしてこの2作品の監督が同じとかなのかと思って調べてみたけど、全然違いましたね~。たまたまなんでしょうかね?

韓国ドラマでは、最初の部分のシーンだけ外国で撮影みたいなの多くて、とってつけた感がある場合はちょっとなあ・・・と思うんですが、この作品はその辺りの繋がりがしっかりしていて良かったです。バンコク時代の子役ちゃん達の演技も良くて彼らがずっと相手のことを思っていたのが自然に感じられるものでした。

潜入捜査ものはインファナルアフェアとかミッションアンダーカバーとか映画でもよく題材に取り上げられてる非日常を感じたい時に見るものとして結構好きなんです。しかし、やっぱりそれプラス記憶喪失が出てくるのが韓国ドラマって感じ。まあそもそも潜入捜査をするのが復讐のためっていうのも韓ドラっぽいか。しかしここまでニッチもサッチも行かない状況に追い込まれるスヒョンがかわいそう過ぎると思うんですけど、気の毒。ああ。

細かいことを言い始めると結局キム・ガプスが演じる国家情報院部長が何のためにそこまでしたのかとか、その辺の描写がいまいちピンと来ないように感じてしまったり、敵は一発撃たれたらあっという間に死ぬのに、味方は何発も撃たれてもボコボコにされてもなかなか死なないの法則が露骨だぞ!とか、スヒョンが死んだ(ことになっている)とはいえ、ジウは彼と兄弟みたいなミンギとつき合う!?むしろそこ避けません!?とか、気になるところは色々あるものの、スヒョンとジウについての終わり方は悪く無かったし、マオのケイに対しての思いが導く結末も納得いく感じだったので、それなりにすっきりして見終えることができたな、という気分。

しかしながら、前からうすうす自分でも思っていたんですけど、役柄のせいかもしれないと結論を出さないようにしていたんですが、私はチョン・ギョンホがどうやらとても苦手のようです。あなた笑ってやごめん愛してるのどちらも彼のこと苦手だな~と思って見てたけど、3度目の正直と思ったこのドラマでもやっぱりダメでした・・・ 顔が苦手とかじゃなくて何かじっとりとしたものを感じてしまうのだなあ。なので、最後がミンギとジウという組み合わせにならなくてめっちゃホッとしてしまった!わわわ

マオの後妻役のチャ・スヨンはこの役すごい良かったです。この人はこういうのが似合うんだなあ。そういう組織の女の貫禄ある。千回のキスの時のウビンの元カノ役とかよりもこういうちょっと個性的な役柄の方がずっと良いな~と思いました。

そして私がこっそり好きなチェ・ジノ。こういう胡散臭いチンピラみたいな役のはまり具合と言ったらたまりません。チンピラな上にずるいっていう最高な(私基準)役でしたわ~ いい人役も好きですが、やっぱりこういう役の似合いっぷりは誰にも負けないなあ。

 

イ・ジュンギの記憶喪失時のケイへの成りきり具合もなかなか見ごたえがあったし、派手なアクションもまあ面白かったし、イ・テソンのギラギラっぷりもはまり過ぎってな具合で良かったし、最後まで楽しんで見れたドラマだったかな~と思います!

しかし、「復讐」にこだわるということは、現在の時間を過去のために費やすということなのかなとしみじみと思いました。仕返しをしなければいけないと思い込むのは自分自身であって、誰もそれをしなければいけないと強いているわけではないのだから、あくまでも自分の選択なのですよね。まあスヒョンとしては使命感を持ってしたことだろうけど、実はその選択の過程でジウを捨ててるんだよなあ。人間にとって本当に大切なものって一体何なんでしょうね。

 

このドラマが見れるのは・・・




  

【韓国ドラマ】優しくない女たち の感想 カン・スノクとチャン・モランのやり取りがキュートで好きだった!

優しくない女たちの視聴完了しました!全くノーマークのドラマだったのですが、Gayo!で配信が始まってちょっと見てみたらなんだかとても面白かったので、毎日の更新を楽しみにしていました。個性的な女性たちがなんとも魅力的。「優しくない女たち」ってタイトルで、表面上は確かになかなかお強い女性たちが出てくるんだけど、カン先生の家族の女性たちは本当は優しい。

 

スポンサーリンク


 

事件はとにかくいろいろ起こるし、出演者も多いんだけど、うまくまとまっていて散漫さを感じさせないの話の流れなのがさすが。ベテランの俳優というのは自分が目立つ演技をするのではなく、周りとの調和や相手を引き立たせる演技もするのだな、とそんなことも感じました。

しかし、完全に女性たちが主役で、男性もイ・スンジェやチェ・ジョンウやら有名な俳優さんがたくさん出てくるけど終始女性に圧倒されている感がありますな。イ・スンジェが演じてたキム・チョルヒなんて娘が二人いるのに駆け落ちしようとするし、自分が好きだからってチャン・モランの結婚相手に彼女を中傷する手紙を送って結婚を妨害するとかめっちゃあかん男だし。そして30年間も記憶喪失とかそんな設定はちょっと・・・と思ったけど、戻ってきた夫にカン・スノク演じるキム・ヘジャが洗濯をさせたりと仕返ししてるはなんだか可愛くて面白かったので、まあ良いかと思いましたー。

一番可愛くて好きだったのはこの二人かな。カン・スノクとチャン・モランのコンビ。変な人ね・・・とか言いながらお互いを労わって仲が良いのが面白い。

結局二人ともダメ男キム・チョルヒのある種の犠牲者ということもあって仲良しに。人生ってこういう関係が成立することもあるかもな~と思ったのです。人間関係って複雑だもんな、と有り得なそうだけどそんなこともあるかもしれないと思わせる絶妙な二人の関係性の過程が面白い~ 歳とか関係なく彼女たちはとってもキュートで大好きだった!

そんなベテランの俳優さんたちのなかでソン・ジェリムも頑張っていました。剣道着は似合っててカッコよかったけど、師範ほど強そうには見えなかったかな・・・

年上のチョン・マリ大好き!って感じは微笑ましかったけど、彼らの設定年齢以上に妙に幼い恋な気がしたな。だってチョン・マリは30歳超えてて、イ・ルオは29歳だったのに「大好き~」って雰囲気で「愛」はあんまり伝わってこなかったのでした。お互いの親の彼らの扱い方も10代の子どもに対するみたいに見えてしまったのだけど、あんなもんですかね?

まあ、キム・ヒョンスクが娘を自分のコンプレックスの反動で大学院まで行かせて、その上、自分は19歳でできちゃった婚しているのを棚に上げて30歳を超えた娘の相手には注文をつけるっていうのは現実でもあるある過ぎる設定で見てるのしんどかったな・・・ うーん。なのでヒョンスクはあんまり好きでなかったなあ。だから実はマルニョン先生が彼女に「自分の人生がうまくいかなかったのを人のせいにするな」ってと言ってたのは一理あるな、と思っていました。もちろん先生も酷いんですけどね。

あと、マルニョン先生と弟子のパク主事の悪役的な二人が成りきりっぷりが良くてこのドラマが引き立っていた気がします。彼女たちの存在がスパイスのように効いていたなー!

最初見てる時は、なんだか三世代の年齢があんまりはっきりしない感じで違和感があったんですけど、(チェ・シラが妙におばさんパーマだったりして年齢が分からないし、イ・ハナがその娘!?あれれ、みたいな感じで)だんだん登場人物の関係性が分かってくると慣れてきました。騒動がどんどん起こるので飽きずに最後まで楽しめて面白かったなー。特にセリフとかやり取りが何気なく面白い感じなのでとても良かったです!

 

優しくない女たちが見れるのは・・・




  

【韓国ドラマ】愛もお金になりますか? の感想 コメディータッチで楽しく見れるドラマ!

ヴァンパイア検事を見てから、すっかり気になる存在になったヨン・ジョンフン。他にの出演作も見てみようと「愛もお金になりますか?」も見てみましたー。そうねえ、タイトルだけ見たら好みじゃなさそうとスルーしそうなドラマですが(実際にそれまで全く見る気はなかった)私は気に入った役者さんが出来ると出演作をチェックして横展開していくタイプみたいです。ドラマを選ぶ時に何かとっかかりが必要ですもんね~

 

スポンサーリンク


 

さて、このドラマはヴァンパイア検事のシーズン1シーズン2の間に撮影されたのかな?1話辺りで「ヴァンパイアの血みたいに新鮮ですよ!」みたいなセリフが出てきたので「お!」と思ってちょっとニヤっとしてしまいました~

このドラマでヨン・ジョンフンが演じているマ・インタクは、ツンデレとか生易しいものじゃなくて、かなり傲慢で高飛車な偏屈者。その裏にあるのは寂しさだったりもするし、ユン・ダランと接することでだんだん変わっていくんですけどね。でも、私はヨン・ジョンフンが優しくソフトな役を演じてるよりもクールな役を演じてる方が好きなので、ややミン・テヨンの延長上で見られる感覚があって良かったです。性格は似ていないけど、全く逆方向ではないかな~

お相手役のユン・ダランを演じるオム・ジウォンは見たことないな~と思ってたら、サインで強力係検事を演じてた人だった!あの時とは全然違うヘアスタイルと役柄なので同じ人とは気づかなかったな。見てる最初の方はなんかちょっとおばさんぽい人だなあと思ってたんですが、だんだんあんまり甲高い声で話さなくなって落ち着いてきたので普通に見れるように。そしてなんとなく可愛く見えてきて、この二人の組み合わせも悪く無いかな、と最後には思えるようになりました。

華やさはワン・ビンナが補ってくれる感じだったので、オム・ジウォンは地味目くらいで良かったのかも。ワン・ビンナはスター役なので派手目の洋服が素敵。普通の人には着こなせないけど、綺麗な人がそういうの着てるのを見るのは楽しい。

まあ内容的には、お金のために近づいたのに本当に好きになっちゃったなんてパターンはよく見られるストーリー展開なんだけど、そこに色んな人の思惑が絡んでくるのと、脇役陣におもしろい人たちがキャスティングがされてるので、楽しく見れる感じです。

私は秘書室長役のシム・ウンジンが特に好きでしたー!夜警日誌のオクメも良かったし、スターの恋人のマネージャー役も良かったなー。きつい言葉を言っても独特の可愛げを醸し出せる人だなって思うのです。

イ・カニはインタクのお母さん役でしたが、この方は子を捨てた母役がめっちゃ多い印象。確かじれったいロマンスでもそんな役だった気がする。ちょっと薄幸な感じと思い出の優しい笑顔のお母さん感があるのかなあ。そんなこんなでなんとなくいつもちょっと気になる女優さんではあります。

 

目新しさはないけれど、見始めたら一気に見終わったので、結構楽しめたんだな~と思います。コメディータッチなのでいろいろ誇張された表現が好みに合えばなかなか良いドラマだと思います!私は結構好きでした。

 

愛もお金になりますか?が見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】メディカル・トップチーム の感想 韓ドラには珍しく三角関係にならないのが良かった!

メディカル・トップチームの視聴を終了しました!それにしても医療系のドラマが結構いっぱいありますねえ・・・ それぞれのドラマで舞台となる「科」が全然違うので、そういうのを知るのは興味深いです。そして必ず権力争いの構図が出てくるのもお決まりで、お医者さんって技術を磨くだけでも大変なのに、派閥争いとかまでやらないといけないの大変だなあ。まあ一般企業でも多かれ少なかれそういうもんかもしれないですが・・・。

 

スポンサーリンク


 

このドラマは結構好きなチュ・ジフンが出てるのでいつか見ようと思ってたんですが、彼ってどこか影のある役が似合うと思うんだけど、ここでもやっぱり愛人の子で父に辛く当たられているというそういう役どころ。陰の気を持っているのが魅力の役者さんだな~と思うのですが、このドラマでもそれを遺憾なく発揮してましたね~

でも気になったのは髪型ですかね・・・ サイドを刈り上げてるのにめっちゃ髪の毛多くてすごい濃いなあと思って見てました。前髪全部上げてたからかなあ。前髪があるとそこまで思わないんですけども。

内容はメディカル・トップチームを権力争いに利用したい人々の攻防って感じなんだけど、まあそこまで酷いやり合いって感じでもないので、見ごたえがあるような無いような気分。それよりメディカル・トップチームのメンバーが仲たがいをしたりもするけど、なんだかんだと仲良しこよししてるのを見てる感じだったかな。

しかし、クォン・サンウが敏腕な外科医には見えなくてですね。なんでかなと考えてたんですけど、体格のせいなのか声のせいなのかなんだか医者っぽく無かったな。ムキムキだからそう感じるだけかもしれない・・・ 町の優しいお医者さんならまあ悪くないとは思うんだけどなあ。でも妙に天真爛漫な感じがうまくチュ・ジフンと対比をなしていたと言えなくもないか。

でも良かった部分もあったんですよ!見始めてすぐに「あ~これはクォン・サンウとチュ・ジフンがチョン・リョウォンを好きになって取り合う三角関係のパターンだ!」と思ったのにそうじゃなかったこと。ドラマに定番のそれだと思ってたら、いい意味でそこは期待を裏切られて良かった。だってあの孤独なハン・スンジェ(チュ・ジフン)にはソ・ジュヨン(チョン・リョウォン)が理解者としてそばにいてあげて欲しいですもん。しかし、パク・テシン(クォン・サンウ)の相手がチェ・アジン(オ・ヨンソ)だったのはビックリ。彼女はキム・ソンウ(チェ・ミンホ)と付き合うと思ってたのにな~。ミンホはアイドルだから恋人ができる設定はダメなのかと穿った見方をしてしまう私であった。

そして、救急室にいるお医者さんになんだか見たことある人がいるな~と思ってたら、HISTORYのドギュンさんが出ていたのでした。あんまりよくは知らないんだけど、友人が好きだったので写真を見せてもらったりして名前をよく聞いてたんですよね~ それでなんとなく見覚えがあると調べたら、あードギュンさんだと思い出した訳です。こんなドラマにも出てたんですねえ!HISTORYはもう解散したみたいだし、ドギュンさんは兵役中かな?たくさんアイドルいるけど頑張って~

 

ドラマはすっごく面白かったかというと普通って感じだったんですが、ラブラインが意外性があってちょっと良かったかな、と思います。後は女医さんも変に着飾ってなくてそういうところは真実味があって良かったです(ピンヒールとかミニスカートとか履いてるとそういうとこばっかり気になってしまうタイプなので・・・)

オススメ度合いは中くらいというところでしょうか!

 

メディカル・トップチームが見れるのは・・・