【韓国ドラマ】よくおごってくれる綺麗なお姉さん の感想 ハッピーエンド風なのに何も解決していないラスト

なかなか感想を書けないでおります。時間が無いというよりはドラマは割と見てるんだけど、なんとなく文章が書けないんであります・・・ 多分、しばらく書かなかったら脳みその中にある文章を書く筋肉みたいなものが衰えてしまうのかもしれませんねえ。見終わったドラマがいっぱい溜まっているのでまた少しずつ頑張らなくては!・・・という訳で心を入れ替えます!

さて、一番最近見終わったのは、「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」であります。あなたが眠ってる間にのウタク役ですっかり心を奪われたチョン・ヘインが出てることだし、綺麗なお姉さん役がソン・イェジンということで見る前からどうも期待値が上がり過ぎてしまっていたのかもしれません。それとも私が1話が45分くらいの20話編集版を見たためカットされている部分が多かったせいなのか、残念なことに私はあんまり楽しむことが出来なかったんですよね。

 

スポンサーリンク


 

最初のうちは美男美女の二人の戯れを微笑ましい気持ちで見ていたんだけど、わりとあっという間に二人はくっついて、その後は二人の交際に反対する親や兄弟に振り回されるのを延々と見せられてちょっとウンザリする感じがあります。私は人が罵倒されるのを聞いているのが得意じゃないので、ジナの母親がジュニに投げつける言葉たちはなかなかに辛い。そしてくどい。二人の交際を反対する気持ちが全く分からない訳ではないし、母親が娘の将来を心配する気持ちも分からないでもない。でも夫が大手企業に勤めていたとか息子がいい大学に行った程度で自分の地位がジュニの家族より上だと思うことで自分を保っているジナの母親という存在はなんだか見ているのが逆にしんどい部分がありました。韓国ドラマでは財閥の人が一般市民を馬鹿にするなんてシーンはよく見ますが、一般市民同士でもあんなにはっきり言い合うのだなあ。

あと、ジナの会社のセクハラ騒動もなあ・・・ 現在の問題をテーマに掲げたドラマなのかもしれませんし、あの結局のところ解決しない感じも現実に即してるような気もするけど、まあスッキリはしませんなあ。セクハラを我慢していたジナが、ジュニと付き合いはじめたことで「自分を大切にしてくれるある人のために自分のことを守ろうと思いました」と言ってセクハラに対し声を上げることにしたという流れはとてもいいな、素敵だなと思ったんですけどね。終わり方がね。

そして別れた後にまた出会う二人が一応ハッピーエンドの様相を呈しているんですけども、私の見たところ何も解決してないやん!?と思う訳です。セクハラ問題も解決した訳ではなくてジナが辞めるという決着だし(じゃあ左遷された時にさっさとやめた方が良かったんでは?)、ジナの親がジュニのことを認めた訳でもなく、ただやっぱりあなたが好きだった!とまたくっつく二人。それならあの時に二人でアメリカに行っちゃっても良かったかもなあ、と思うのであった。いやまあ離れたからこそ分かる気持ちもあるんだろうし、ジナはあの時は逃げることはしたくなかったんだろうなというのも分かるんだけどね。

最近、ドラマでは年下彼氏が主役っていうのも多いですねえ。並行して台湾ドラマの年下のオトコも見てたからかもしれないけど、あちらも二人は一度離れるものの子どもの存在をうまく使うストーリーで最終的に家族の理解が得られるというすっきりした展開だったので、比べてしまったこともあり、このドラマは余計に不完全燃焼な気持ちになってしまいました。

チョン・ヘインはとっても素敵だったので、その点はまあ良かったんですけど、ストーリーとしては、うーんという感じでありました。でも韓国で放送されてた時に人気だったみたいだから、私みたいな感想の人はあんまりいないのかもしれないですね~

 

よくおごってくれる綺麗なお姉さんが見れるのは・・・





 

【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 君の恋愛実験 の感想 薬の副作用で超人的な能力を手に入れたら!?というお話

「三つ色のファンタジー」という三部作のドラマのうちのひとつ「君の恋愛実験」を見ました!3つあるんですけど、結局2作品しか見なかったなあ。もうひとつはまたいつか機会があったらかな・・・

そうそう、このドラマの中のカップル役のユン・シユンとチョ・スヒャンが恋する指輪にゲスト出演してましたね。二人のラブラブっぷりをキム・スルギちゃんが屋台で羨ましそうに見るってシーンがどっちのドラマにも出てきてそういうのは面白い。

 

スポンサーリンク


 

主役のユン・シユンは就職浪人のインソン役。お金が欲しさに治験のバイトをするんだけど、その薬の副作用で超人的な能力を手に入れて・・・っていうお話。

そんな感じでこのドラマも現実には起こりそうにないファンタジー仕立て。超人的な能力を手に入れるけど、最後にはやっぱりその効き目はなくなっちゃうってのもお約束。それでもあなたが好きよってなるのよね。う~ん、このストーリー展開知ってたよ~~~!

主役の二人がちょっと地味目で私にはちょっと物足りなかったかな。特にユン・シユンが能力を手に入れたときにみんなに「かっこいい~」って言われるんだけど、イケテない時とイケてる時のビジュアルの差を感じなくてつまらない。眼鏡をかけてるかかけてないくらいではわっかんないな~って思っちゃう。設定がややぶっ飛んでんだからその辺は極端なくらいにやってくれる方が好き。

まあでもカン・ギヨンがインソンの友人役で出演してて、自分をかっこいいと思ってる勘違い君を面白おかしく演じてて安定のいい味出してるし、まあそれなりに楽しめたかなって感じ。必見!って感じのドラマではないけど好きな俳優さんが出てたら楽しめるんじゃないかなと思います。

 

三つ色のファンタジー 君の恋愛実験が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】三つ色のファンタジー 恋する指輪 の感想 はめたら相手の理想の姿になれる指輪があったら!?

三つ色のファンタジーはおそらく三部作なんだけど、そのうちの一つ「恋する指輪」を視聴終了しました!とっても大好きなキム・スルギちゃんが主役だし、アン・ヒョソプも以前見て好印象だったので見る前から楽しみにしていました!このシリーズは1話が15分くらい×12話という構成なので軽い気持ちで見るのにピッタリ。ちょっとファンタジーっぽい要素もあるので楽しく見れる感じです。

 

スポンサーリンク


 

キム・スルギちゃんは表情も豊かでとっても可愛いと思うんだけどな。でも彼女がいけてない女の子代表みたいな役どころなのは、ややいつも通りって感じ。でも最終的にハッピーエンドなのですけどね~ まあそんな普通っぽい子がイケメンとうまく行くってのは女の子の夢を体現したファンタジーって感じなのかなあ。ストーリー自体は、ちょっとうーんってところもあるんだけど、深く考えずにモ・ナンヒとパク・セゴンがどうなるのかを見ている分には楽しめるのかな、と思う。

アン・ヒョソプと言えば、タンタラでアイドル役で出てたのをすごく覚えてるんですよね。メインのバンドのメンバーたちには全然興味が湧かないドラマだったので彼の方が印象が強かったみたい。スタイルが良くて確かにイケメンだけど、ちょっと影があるというか癖があるところが好き。このドラマでもひどいことをはっきり言っちゃう鼻もちならない男ではあるんだけど、そういうところありそうに見えるキャラが彼に合ってたので楽しめたところもあるかもしれない!そしてそういう人なんだけど、本当は母親のことで傷ついているのとかも似合う感じでしたね。

それにしても韓ドラに限ったことではないかもしれないけれど、外見によるヒエラルキーっていうのが割とはっきりと描かれてるドラマが多い気がするなあ。美人とそうじゃないの境目ってそこまで明確に線引きできるものでもないし、整った顔だから美人って訳ではなくて、醸し出す雰囲気が可愛いって場合もあるし、ううむ。そこのとこはどうなんだろうな~とは思いつつ。世間がそうなのよ!って感じなのか、ドラマやテレビでそういう価値観を繰り返し描くからそれを見て植え付けらてるって部分があるのか、どっちが先なんだろうなんてことを考えちゃったなあ。

 

味噌玉の話とか、モ・ナンヒの両親なんかが可愛かったのも良かったし、そんな指輪なんてあるわけ無いよ~なんて突っ込まずに楽しむのが良いと思います!アン・ヒョソプの腕にすっぽり包まれちゃうキム・スルギちゃんとの身長差が良いです~~

 

三つ色のファンタジー 恋する指輪が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】スリーデイズ 3days の感想 悪役サイドのキャスティングが好みだった!

3daysの視聴を終了しました!タイトルを見てそしてパク・ハソンも出ているのを見てちょっとTWO WEEKSを思い出したんですけど関連があるわけではありませんでした。ちょっと意味合いが違って3日間という限られた時間に起こることを描いてるというタイムトライアル的な内容ではなくて、スリーデイズというタイトルは象徴的なニュアンスで使われているようです。行く末を決定づける3日間が何度かあったというような感じみたい。

 

スポンサーリンク


 

ユチョンはアクションもこなして頑張っていたし、演技も良かったですね。が、ちょっと彼だけかっこよく描こうとし過ぎた気がしてしまった。彼は表情もとても良いし、もっといろんな感情を演じられる気がするのでどこかアイドル的立ち位置なのがむしろ勿体ない気分でありました(最後のイメージ映像みたいなのもいらなかったのでは・・・?)まあ他の人々、大統領とかが複雑な感情を併せ持った人達なので、ユチョンが演じたハン・テギョンは分かりやすいまっすぐな正義感でいいのかもしれないですけどね。

実はあんまり主要キャストには興味が湧かなかったんですけども、私のお気に入りのドンハが殺し屋役で出てて、本当にこういう役があまりにもしっくり来るなあとしみじみ思いました。いつか全然違うロマンチックな役とかで見てみたいナ~と思っておりますよ!!!

そして一癖ある役を演じたら嫌らしくて最高なチェ・ウォニョンが悪役で出てて、これまた見て良かった~と思いました。そう考えてみると政府要人とかもいっぱい出てる設定だったので出演者は豪華でしたねえ。ほんと。

しかしながらチェ・ウォニョンが演じるジェシングループ会長の演技は狂った感じで良かったものの、ただのサイコパス的な位置づけで奥行きがない存在だったなあと。最初は金儲けのためなら何でもする人という感じだったのに、最終的には全部めちゃめちゃにしてやるみたいな支離滅裂な感じになってなんかイマイチ人物像がつかめない。それを全部サイコパスだからで片づけるのはちょっとなあ。彼がどうしてそういう人になったかの描写とかも無いので、その辺がついて行けない気分であった。繋がらない感じ。

あと、ハン・テギョンとユン・ボウォンのラブラインがほのぼの系だったんだけど、死に直面するような極限状態を体験した時って思いが燃え上がるものなんじゃないのかなって思ったりしてね。そういう点でもなんだか物語に入り込めない感覚があったかも。

ドラマのストーリー展開に緊張感があると言えばあるんですけど、週2話というペースで見ちゃったのでそういうのがちょっと薄れてしまう感じがあってまとめて一気に見た方が良いドラマなのかなと思いました。壮大な設定の話なのだけど、細部の心の動きの描写が欠けている気がしてどこか大味な気がしてしまったのでした。アクションに力を入れたせいかもしれないですが、物足りなさがありましたな~

 

スリーデイズ 3daysが見れるのは・・・



 

【韓国ドラマ】ザ・ウィルス の感想 欲望という名のウィルスも存在するのだろうか?

ザ・ウィルスの視聴を終了しました。どうしても同じようにウィルスの蔓延をテーマにしたドラマ「世界の終わり」と比べてしまうのですよねー。パニックものではあるんだけど、ウィルス自体ではなくてそれに対峙する人間の心というものの方が脅威だと描かれてるかな。こちらのドラマの方が動的ではあるけど、そういう描かれ方は似てると思いました。

 

スポンサーリンク


 

OCNのドラマは私の好みに合うことが多いのですが、このドラマはあんまりでした。妙に陰謀論臭い感じや、張られていない伏線を突然回収していく感じ、全体的に大げさすぎる演技というか演出でいまいちピンと来ませんでした。

西洋人がアジアを実験場としてウィルスをばらまいてワクチンを売ってお金もうけをする。そしてそれに韓国のトップも関わっているというのはなんだかちょっと無理があるような気がするなあ。荒唐無稽なお話は好きなタイプなんですけど、そこに行きつく流れが自然でないので、なんだかなあって思ってしまうであった。

ちょっとなあと思う部分がいろいろあって、まずめっちゃ簡単に感染するウィルスなのに危機対策班の人たちがマスク程度の防護なので脅威を感じるほどの臨場感が無いんですよね。目から血を流すというの病状自体は怖いんですけどね・・・ なのでそういう部分は断然「世界の終わり」に軍配が上がりますね。そういう描写が丁寧でウィルスに対する恐怖が否が応でも理解できるようになってましたもん。
そして、ウィルス保持者のキム・インチョルを演じてたのがヒョヌで、親に借金のカタで売られてウィルス実験されちゃうっていう役なんだけど、もっと高校生くらいで年齢が若い右も左も分からない感じの人の方が良かったんじゃないかな?彼だと完全に健康で体格のいい大人に見えて簡単に逃げることができたんじゃないの?って思えちゃってなんだか違和感を感じる。
あと、ラストの方でスパイが見つかったり、あれあの人味方だと思ってたのに?みたいなのが本当に突然出てくるんですよね。それまでに伏線が全くなくてあまりにも唐突なので「はあ・・・?」っていう気分になるというか。どんでん返しがちっとも効果的に働いていないんです。この感じはもしかしたらシーズン2みたいな続編ありきだったせいなのかもしれないんですけど、それにしても消化不良な気分であります。

 

10話に収めるにはてんこ盛りにしちゃった感じなのかもしれませんな。ウィルスの脅威があまり伝わってこないせいもあって、むしろ「欲望というウィルス」に感染してしまった人々のマヒした感覚の恐ろしさを描いているのかな、なんてことを思ったのでした。

 

ザ・ウィルスが見れるのは・・・