【中国映画】カンフートラベラー 南拳 の感想 荒唐無稽だけど好き!

実は前から気になっていた映画「カンフートラベラー 南拳」をやっと見ましたよ!どこでみたんだっけなあ、あんまり面白くないなんて感想を見た印象があって視聴が後回しになってたところがあるんだけど、やっぱり自分で見ないとダメだなあと改めて思いましたね。そう、私めっちゃ好きだったんですよ。

もちろん、荒唐無稽な設定だし、辻褄があってないとか、そんな訳ないとか思っちゃうとそればっかり気になっちゃいそうな内容ではあるんですけど、私はむしろそういう部分は気にならなくて、ぶっ飛んだ設定をえいやってこうやって作品に仕上げてしまう中国のパワーってのを感じて面白いなあと思うのですよね。この映画もそんなとこある。

ストーリーは、2147年の地球が異星人に侵略されていて、AIロボットに戦かわせてるんだけどもう負けそうってな状態。一応全世界連合軍なんだけど、最後に残った要塞は中国の地。で、もう侵略されてしまうのも時間の問題ってな状態なった時に、異星人に勝つための最後の手段は南拳をロボットにプログラミングすることしかないってなるんですよ・・・ しかし、南拳の奥義みたいなのはこの時代にはすでに失われてるので、ロボットを200年前に送って南拳を7日間のうちに名人に弟子入りさせ、その技をチップに記録させてこの難局を乗り切ろうって作戦に出る訳です。ここで、異星人への最後の手段が南拳ってなんのこっちゃ!?と思っちゃうともうこの映画にはハマれないでしょうが、そこをおもろ~と乗っかれるかどうかがこの映画を楽しめるかの分かれ目になると思います。

私はというと地球滅亡とカンフーを掛け合わせるとこうなるのかともうそこだけでもスゲーなと思ってしまいました。なんというか、センチメンタルでダイナミックな映画だな~なんて思ったねえ。

それにしても、なぜ人はロボットの顔を自分の好きな人の顔にしてしまうのでしょうねえ。それも叶わぬ恋の相手。ロボットじゃないとか君はロボットとかもそんな感じでしたし。人間の想像力も創造力も自分の頭の中にあるものでないと具現化出来ないのかもしれないなあなんて思うのです。

まあそれは置いておいて、二人で南拳を修行する姿が美しかったですな。

そして、タイガー・チェンを私は初めて見たんじゃないだろうか!彼の南拳は大変美しかったです。マトリックスなどでアクション指導をしてる方なんですねえ。存じなかったんですけど、俄然興味が沸いて来たので、他の作品も見てみようっと。

異星人が出てきたり、ロボットが出てくるんだけど、最終的は愛の物語でもあったりしてね。なんだったんだろうという気持ちもありつつ、かなり楽しんで見た感覚もありって感じ。いやもう好きですこういうの。さて、続編もあるみたいなので、多分あっという間に見ると思います。楽しみ~

カンフートラベラー 南拳が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】君のせいで何もできない! の感想 友達と恋人の境界線は難しい

「君のせいで何もできない!」の視聴を完了しました!こちらは約10分×10話で終わるミニドラマなので、隙間時間にさっくり見れます。

主役の2人がキム・ソンホとイ・ユヨンなので、これは是非見なくては!と思って見ましたよ。キム・ソンホはあっという間に大人気になったなあというイメージ。私が初めて彼を見たのは最強配達人だったんですけど、主役たちより印象に残ったのを覚えてます。彼の醸し出す柔らかい雰囲気を持つ役者さんが他に思いつかないんだよな~ そういうのを持ってるのって強みですよね。そして、イ・ユヨンは私にとっては映画女優さんのイメージで、アトリエの春,昼下がりの裸婦と背徳の王宮の印象が強いです。とても大好きな女優さんなので、最近はドラマでもちょくちょくお見掛けして嬉しいです。

さて、ストーリーは友達以上恋人未満な二人がどうなるのかって感じ。8年来の友達だったのに、ある日酔っ払って一線を越えてしまう二人。でもそれを無かったことにして今まで通り友達として付き合っていこうとするのだけれど・・・まあそれは難しいよね。

男女間の友情が成り立つのかというと成り立つとも言えるし、成り立たないとも言える気がする。それはそれぞれの関係性に寄るのかなと。一方が完全に友達だと思っていても、もう一方が実は好意を持っていて・・・なんてことは良くある話。その上で、一歩を踏み出さない自制心のある人であれば、そのまま友人関係を続けることが出来るけれど、このドラマみたいに事件が一度起こってしまうと、関係性が変わっていくなんてこともあり得る話だなって。ウンソンが言ってたけど、恋人になってしまうといつか終わりが来てしまうから嫌だ、友達のままでいたい、ずっと一緒にいられるからっていう気持ちはよく分かるな。そういう意味では男女間の友情というのは難しいものではあるよね。しかし、好きだから友達でいたい訳だし、そう考えると友達の「好き」と恋人としての「好き」の明確な線引きって難しいね。性的な魅力を感じるかどうかってところなのかしら?

そうそう、このドラマでもう一つ嬉しかったことは、UNIQのソンジェが出演していたこと!彼のことについて詳しい訳じゃないんですけど、単にめちゃめちゃ顔が好みなんですよ~~ だから、たまたま出てて嬉しかったなって。それだけ~

短いドラマなんですが、メインの二人の演技が上手なこともあって、二人がどうなるのか割とドキドキしながら見ちゃいましたね。キム・ソンホが画家役っていうのもイメージに合ってて良かったです。

 

君のせいで何もできない!が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】キル・イット 〜巡り会うふたり〜 の感想 う~ん、切ない!

キル・イットの視聴を完了いたしましたよ!ううう、げぼぼってなるラストはもう最初の設定からこうなるしかないと分かってしまうストーリーだから仕方ないけれど、でも悲しい。やるせない。もうナナ氏の嗚咽がリアルで私の胸も痛かったですよ・・・ ぬぬぬ。

それにしてもチャン・ギヨンはどうしようもなく不幸な境遇という役柄が最近多いな~~~ ここに来て抱きしめて(これも感想まだ書いてない~~自分早く~~)もギャフンってなったし、今回も更にギャフンってなったから、次はビックリするくらい幸せな役をやって欲しい~~!とはいえ、こういう不幸を背負っているみたいな役を視聴者を共感させつつ演じられる人って限られてる気もするので、この路線で突っ走ってもらうのもいいんですけど・・・う~ん。などと思いつつ、一番最近の彼の出演作らしいボーン・アゲインのあらすじを見たら、またまた複雑な背景を持つ役っぽいな。大丈夫愛だとか最高の結婚辺りの軽い若者っぽい役も良かったんで、またそういうのも見たいけどな~ なんだかんだ彼は結構好きなので、活躍してくれたらどんな役でもいいよ・・・とも思うけど。どっちやねん!

殺し屋と刑事の二人。実は幼少の頃、同じ孤児院で育ったことがあると判明するんだけど、その孤児院はいわくつきの場所。有力者たちが自分の病気の治療のために血のつながった子ども作り出し、秘密裡に養育する施設だった・・・という。最近はクローンをテーマに扱った作品も多いので、今回はクローンではなくて代理母を使っての出産という形だけど、こういう設定はたまに見るかな。そして、いわゆる不老不死を願う有力者たちの姿っていうのは昔から今も続いているんだなあなんて思う。昔は臓器移植なんて方法はないから、もっと荒唐無稽で不老不死の薬を作ろうとしてたなんてストーリー多いもんね。長い人生が幸せなのかどうかなんて私にはよく分からないけれど、権力を手に入れるとその権力を出来るだけ長く行使したいと願ってしまうのかもしれないですね。

今回すごくよかったのは主役二人のキャスティング。チャン・ギヨンのキム・スヒョンは良かったよね。無口で凄腕の殺し屋だけど、表の顔は獣医さんっていう設定は秀逸。なんせ殺伐とした内容だから、可愛い犬さんが出てくるのが癒される。そしてイケメンと動物は絵になるもんな。まあ彼はイケメンというかやや個性的な顔の気もするけど、姿勢の良さとか、動きの美しさがイケメン度をアップさせるというかそういう感じ。そうそう、アクションのシーンで動きも美しくてとても好みだったな。あとはヒロインのナナさんもマジで美しかった。彼女の甘さのないキリっとした美貌があってこそ、ラストへの説得力が出る気がしたな。でもそんなに悲しむならなんとか他の方法は無かったのかと今も思ってしまうけど~~泣

それでもエピローグ的な、出来ればそうでなりたかった二人みたいな夢みたいな姿があって、少し救われた気分になったかな。手を繋ぐのをこんなに切ない気持ちで見たことある!?って気持ちになりました。わーん。

そうそう、冒頭のスヒョンとその養父のパーベルの「もしも殺し屋がボケたら」みたいなシーン、恐ろしかったね。そうだよね。どんな職業の人も歳をとる訳で・・・なんてことを思いつつ、あそこから始まって一体どうストーリーを進めていくのか全く想像がつかなかったな~

ともかく、切ないお話が好きな方にはおススメのドラマですね。やや定番っぽいテーマではあるけど、私は嫌いじゃないよ~ 好きと言い切れないのは悲しくて切な過ぎるからですよね・・・

 

キル・イット 〜巡り会うふたり〜が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】チャングムの末裔 の感想 美味しそうな料理いっぱい!

チャングムの末裔の視聴を終了しました!このドラマはラブラインもあるんですけど、どちらかというとホームドラマの趣があります。主人公はチャングムの末裔らしき3兄弟なんですが、彼らはそれぞれ特殊能力が備わっているせいで、なかなか恋を成就させるのが難しいんですね。そんな彼らがそれぞれ運命(?)の人と出会って・・・というようなストーリー。そこに美味しそうな韓国料理がいっぱい出てくるのでそれを見るのも楽しいです。

私がこのドラマを見始めたのは、もちろんシン・ドンウクが出演しているから!今回は3兄弟の長男のカン・サネ役でなんと主役と言ってもいいですよね?いつも2番手やらサブキャラ役が多い彼がメインなんて見るしかないよね~!!!
そして、いつもはクールなキャラが多いイメージですが、今回は表面上は冷静でクールっぽいものの、内面はそんなこともなく、美味しい物を食べたらフィーバーするし(謎のラッパーシン・ドンウクも見れちゃう)、ラブラブで甘々な姿も見れるし、いつもとは一味違います。まあ私の好みからいうと、クールな役の方が好きなんだけど、楽しそうだからまあいっかってな気分で見てました。ほほほ。

そして双子のジンミとジョンシクの掛け合いが結構好きだったな。いつも喧嘩してるんだけど、凄いリアルな感じで、こんな兄弟いそう!って思った。なんだかんだと仲良しなんだけど、こういう小競り合いするよね。うん。分かる。

ヒロインのユリちゃんも元気いっぱいの天然ちゃんで可愛かったです。君に泳げの時はあんまり・・・だったけど、今回みたいな役はピッタリで良かったです。パクパク食べる姿が非常に良い。好きになる気持ち分かる!って気持ちになったもん。ただ、スンアがチーム長とジョンシクの間で悩み出した時は、いやいや兄がダメだからって弟に行くのは無いでしょ、チーム長を諦めるなら次は無関係の男にしなよ・・・と思ってしまって、見るのが一瞬めんどくさくなったんですけど、そこもあんまり引きずることもなく、過ぎ去ったので最後までなんとか見終えることが出来ましたね・・・ スンアの良さはサバサバしたところなのに、ウジウジされると良さがぶっ飛んでしまうというか・・・そんな気分になっちゃったね。

その他、めちゃめちゃたくさんゲストが出演してます。ミンヒョクのとこのBTOBの皆さんとか、ホン・ジニョンやら、ショヌさんやら、カンナムやら、ギョンリやら。自動車を買いに来るお客さんも、ファン・ボラとか、ヤン・ドングンとか!次から次へと見たことある顔ぶれなので、ちょっと笑っちゃいました。

お料理も本格的な手作りの韓国料理から、お店で食べる料理、そしてコンビニで売ってるものでアレンジ出来る料理とか、色々なパターンで出てくるので工夫されてて見てて楽しかったな。ジンミの絶対嗅覚だと添加物の匂いも分かっちゃいそうだから、ジャンクフードは食べられないんじゃないかな?とはちょっと思ってしまったけど!知らんけど!

まあそんな感じで、色々起こりますが、全体的に平和な内容のドラマでした。一番記憶に残ってるのは営業部長のコスプレのような気がするな。毎回大変だっただろうな・・・ 部長もハッピーエンドで何よりでした!

 

チャングムの末裔が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】ボクスが帰ってきた の感想 ユ・スンホ×チョ・ボアが可愛い!

「ボクスが帰って来た」の視聴を終了しました!分かりやすくてハートフルですっきり楽しく見れるドラマでした。主役二人がとっても可愛かったし、二人を見てるだけでも可愛くて微笑ましい!

チョ・ボアちゃんはイケメンバンドの時から可愛いなあ~と思ってたけど、どんどんキャリアを積んでも今も可愛いままで、まだ制服も似合っちゃう。もしかしたら、韓ドラに出てくる女優さんで彼女の顔が一番好きかもしれないなあ、私。今回も可愛い、可愛いって言いながら見てました。は~眼福。

そして、カン・ボクス役のユ・スンホも良かったです。1993年生まれだからもう28歳で、ちょうどこのドラマの役柄と実年齢も同じくらいだったみたいだけど、彼もやっぱりまだまだ制服が似合うし違和感なかった!そういうビジュアル的な面でも合ってたけど、「カン・ボクス」という役柄もぴったりで良かったです。まっすぐで純粋で正義感に溢れた、でもちょっとお茶目なところもあるっていうのがユ・スンホのイメージにバッチリ合ってた感じ。今のところ、やっぱり彼は悪役とかは想像できなくて良い人が合う感じがありますね。大人になってもどこかキュートだもん。

他の出演者も安心感ありありで、ボクスのお母さんのキム・ミギョンとか、スジョンのおばあちゃんのキム・ヨンオクとか、先生のチョン・ホジンとか!ベテランがいっぱい。

あとは学園ものだと生徒役で出演者が多いのも楽しいですよね。IVY組のイ・チェミン役のチャン・ドンジュは見たことある気がしたら、クリミナルマインドで犯人役だった様子。ボクスのクラスメートのオ・ヨンミン役のヨン・ジュンソクは、がんばれ、ミスターキム!で脱北者の男の子役だったなあとか、ユン・スンウ役のイ・ガンミンは、ウチに住むオトコで餃子作ってたなあとか、見終わった後に答え合わせみたいに調べるのが面白い。

そしてオ・セホ役のクァク・ドンヨンは野球少女の時にも書いたけど、いつもの如くやっぱりどこか微妙な役柄だった!今回もお母さんのせいで性格が曲がってしまったものの本来の彼が悪人っていう訳ではない役ではあったけれど、こういう影のある役が多いよなあ。底抜けに良い人を演じてるのを見たのはやっぱり今のところ野球少女だけだな。あれがむしろ良かったので、ああいう役を演じてるところをもっと見たいなっと。

現実では、韓国の高校のシステムってどんな感じなのかなあ?日本では私立だと学校ごとでランクがあるイメージだから、似通った偏差値の生徒が集まる感じで、このドラマみたいにそこまで成績がバラツキが無い気がするんだけど、実際はどうなんでしょうね?でも、韓ドラではこういう設定が良く見る気もするな。あくまでもドラマの設定なのかしら?

それにしても、オ・セホのお母さんは酷かったね。自分の子どもを愛せない親もいると思うし、それは理解出来る気もするけれど、あんなにひどい言葉を直接的に浴びせられる子どもがいると思うと心が痛い。そんな時に子ども達がSOSを出せる場所がちゃんとあるといいななんてことを思う。学校は金儲けのための物じゃない、生徒たちのものだと学校を守り抜いた生徒たちの姿は痛快で面白いドラマだったけど、その裏でオ・セホやキム・ミギョンのような痛々しい存在が心に棘のように刺さるのでした。

 

ボクスが帰ってきたが見れるのは・・・