【韓国ドラマ】 恋の記憶は24時間~マソンの喜び~ の感想 マソン&キップムの二人がキュート!

「恋の記憶は24時間~マソンの喜び~」の視聴を終了いたしました!悲しい物語になってしまいそうな設定ではあるんだけど、とにかくメインの主役カップルのラブラブっぷりがとってもキュートでなんだかほのぼのとしたドラマに仕上がってました。ラストもどうなっちゃうのかと思ったけど、ハッピーエンドで良かったです。現実を受け入れてその状況さえ楽しんでしまうっていうのはいいよね。

韓国語のタイトルって名前にちなんだ感じで意味も持たせつつって出来るのが面白いなあと思います。マソンのキップム(마성의 기쁨)=マソンの喜びみたいな。日本の名前では漢字の組み合わせで意味を持たせることが多くて、名前そのものが物事の名称になることはあまり多くないかな。そうすると韓国のタイトルのように、ダブルミーニングでタイトルを作るのは難しい気がするなあ。

ストーリーはマソンが事故にあって、記憶障害になり、24時間しか記憶が続かなくて次の日に目覚めたら前日のことを忘れてしまう状況。で、マソンとキップムは海南島で恋に落ちるんだけど、その後に事故にあったマソンは彼女のことを忘れてしまうと。その後に韓国で再び出会った二人はどうなるのでしょう!という感じ。

マソンが普通の一般人だったら、自分の病気の状況を公表も出来るし、周りにも伝えられるんだろうけど、財閥という立場で権力があるが故に隠さなければいけないというのが鍵なんだろうなあ。そしてキップムにもなかなか伝えられなくてすれ違いつつ、覚えていないはずなのにまたキップムに惹かれてしまうというのもロマンチック。

ソン・ハユンはどこかで見た覚えがあると思ったら、サム、マイウェイのペク・ソリ!ああ~エラの親友ね!彼女のウルウルした大きな瞳で見つめられたら、男の人はすぐに彼女のことを好きになっちゃうんじゃなかろうか・・・なんて思いながら見てました。守ってあげたくなるような可愛さですよね。でもそんな彼女がむしろ反対に彼を守ろうとする姿がまた健気で可愛いという。チェ・ジニョクもキップムのことを好きでたまらないって感じが溢れだしてて非常に良かったです。財閥なんだけど、自身の病気のせいもあるのか、いやらしさのない良いお金持ちで可愛げがある感じが合ってました。彼はネチっとした感じはあんまり合わない気がするのでね。ともかく二人の相性が最高だし、キスシーンも多かったんだけど、ラブラブで良かったです。

あと、ギジュンとハイムの心が近づいていく感じも良かったなあ。憧れと実際の恋って違うものなのかなあ?歳のわりには幼いやり取りの彼らも可愛かったのでした。

サブ・キャラも好きな出演者が多くて、特に印象に残ったのは、帝国エンタの社長キム・ボムス役のチョン・スギョ!非常にいい感じに悪い人になり切っててよかったわあ。そしてマソンの秘書役のチャン・インソプも好きだったな。心の葛藤が漏れ出てる感じが良かった。どこかで見たことあると思ったら、ハッピー・レストランのボン・マノ役だった!チャラチャラしたヘリョンの双子のお兄さん!印象が全然違ってビックリだな。他にも色々出てるのね~

このドラマはとにかく主役の二人のキュートさを楽しむのが一番って感じ。素敵~っていうよりは微笑ましいという気持ちで見ていたかなあ。Gyao!で見たんですけど、毎週更新したらすぐに視聴してたから、結構気に入ってたんだろうなあ。悪い人も出てくるんですけど、復讐ものみたいに激しくないし、ちゃんと罰を受けつつ許しも与えるって感じがちょっと台湾ドラマっぽさもあるな。とっても楽しく見たドラマでありました!ラストまで可愛かったし満足です。


恋の記憶は24時間~マソンの喜び~ が見れるのは・・・








【韓国ドラマ】最高のチキン~夢を叶える恋の味~ の感想 チキンが食べたくなるよ!

あ~また久しぶりの更新になってしまった!もう6月になってしまいましたねえ・・・
時間が過ぎるのはなんと早いことか!そんなことを言っていても仕方ないので気を取り直して感想を書きますよっと。

一番最近見終わったのがこの「最高のチキン~夢を叶える恋の味~」なんでありますが、このドラマもなんで見てみようと思ったかというと恋するレモネードみたいにヒロインがI.O.I出身者だったからなんですねえ。チョンハは別として他のメンバーはあまり知らないのですけど、こういうオーディション番組に出演して頑張っていた方々が引き続き頑張っている姿を見届けたい気持ちがある。この気持ちはもしかしたらアイドルマスター.KRを見てから私の中で芽生えたものかもしれないなあ。それはまあ置いといて、今回のヒロイン役のキム・ソヘちゃんは今回のソ・ボア役はなかなかピッタリで良かったですよ。初めて見たと思ったんだけど、どうやら恋する指輪でアイドル役で出たのを見たことがあるみたい。この頃はI.O.Iのことを知らなかったので華麗にスルーして全然覚えてないですな。あと彼女もいじめ疑惑などで色々あるみたいですが、その辺は真実は私には分からないので、どちらにせよしっかり解決できるといいですね。

もう一人、主役のパク・ソンホも病院船で見てたらしい。全然覚えてないね!彼の善良そうな、世間知らずそうな、ちょっと天然なパク・チェゴ役にはピッタリでしたね。まあそりゃソ・ボアもさ、こんな人と毎日一緒にいたら好きになっちゃうと思うね。追い出そうとしても無理よねっていう説得力はあったよ。

ストーリーは、大手企業を辞めてチキン店を開いたパク・チェゴと彼を追い出すために奮闘する家主の孫ソ・ボアとその仲間たちの攻防から始まるんだけど、そのチキン店でバイトをするうちに二人は急接近!ってな感じ。仲間たちの物語も思ったよりもきちんと描かれてて面白かったかも。

実はこういう若者キャストがメインのドラマは、彼らの演技にそわそわして落ち着いて見れない気分になることも多いんですね。もちろん初々しさが好ましさを感じさせる反面、ががが頑張ってるう~みたいな気持ちで見てしまう時があって。このドラマもちょっとそういうところがあったんですけど、中盤を超えた辺りからそれも解消されて楽しく見れました。役が彼らに馴染んだからなのか、私が慣れたのかは分からないけど。パク・チェゴの性格があまりにもいい人過ぎて癖が無いというか、見てて面白くない感じがあったんですけど、その点が母親との攻防で余裕がなくなって迷走し始めたりする辺りから人間っぽく見えるようになったのかもしれない。

まあなんといってもチェゴの母親の強烈さは凄かったですね・・・ 息子にチキン屋を辞めさせるために、自分も近隣にチキン屋を作って妨害するって発想が凄いね。愛情ゆえと言えば美しいのかもしれないけど、まあ普通にドン引きですよね。あそこまでの干渉は恐ろしい。息子は母親の所有物ではない別の人格だよ・・・

それにボアの父親もなかなかに人でなしだったので、主役の親たちがキッツい感じでしたね。それでも子どもたちは良い子に育っててほんと偉い。

ラストは、ある程度いい感じにハッピーエンドでこれからの未来も明るい感じなんだけど、やり過ぎじゃないのが良かったかな。現実的な部分もあってそこは好感を持てましたな。アンドリューの名前を間違え続けるという吉本新喜劇みたいなリピート&リピートのボケつっこみは見ててちょっとめんどくさかったけどね!

そうそう内容には関係ないけど、気になったこと2つ。干し柿を作るときの干すハンガーみたいなのいいなって思ったのと、旅行に行く時に化粧水とか乳液をビニール手袋の指の部分に入れて、ヘアアイロンでジュってして閉めてたのいいよね。1回分だけ持っていけるの便利~って思いました!今度やろうっと。

 

最高のチキン~夢を叶える恋の味~が見れるのは・・・







【韓国ドラマ】恋するレモネード(学校2017)の感想 悩んで恋して青春~って感じ!

「恋するレモネード」の視聴を見ましたよ~ こちらは学校シリーズの2017年版ですね。学校シリーズでいうとイ・ジョンソクとキム・ウビンが出演していた2013年度版の「ゆれながら咲く花」が大好きなんですが、そういえば最近学園モノを見ていなかったなあ~なんて思い出し、今作を見てみたって感じです。

あとはオーディション番組から派生したI.O.Iに今更ながら興味を持ったという事もあって、元メンバーだったキム・セジョンがヒロインということで見たってのもあります。ちなみにどうしてI.O.Iに興味を持ったかというと、チョンハのことを知ったからなんですね~ なんだかインスタでおススメみたいなので彼女のDream of Youがやたらと出てきて見てたらダンスお上手ね~!ってビックリしてすっかりハマってyoutubeで動画を見まくってたら、どうやらI.O.I出身なんだなと知ったというわけです。謎の経路ですが、他にもホテル・デルーナに出てたカン・ミナちゃんもI.O.I出身なんですねえ。ほ~

ドラマには関係ないけど、私の大好きなDream of Youも貼っておこうっと。

さて、それはさておき、ドラマも結構面白かったんですよ。ストーリー構造が単純なのもいいし、イジメも出てくるけど、そこまで陰湿ではないので見てて辛くないというか。あとはヒロインと男子生徒2名の三角関係っていうのではないのも爽やかでいい感じ。変に人間関係をややこしくしなかったのも好感触だったな。みんな少しずつ思春期特有のひねた感じはあるんだけど、基本的にみんな良い子で、青春!って感じが良いのよね。まあでもウェブ漫画とかウェブ小説を書く登場人物がいる場合は、今回はXについてとかそのまま現実で起こったことを書いちゃってそのせいで目をつけられるパターンが多い気がするのは私だけ?そりゃバレるよな・・・

さてキャスト陣も結構良い感じです。ウノ役のキム・セジュンも高校生役がピッタリで元気いっぱいさが可愛かった。ほんとに学校にいそうな普通っぽさが良かったな。テウン役のキム・ジョンヒョンは最初はカッコよさが分からないな・・・なんて思っちゃったんだけど、だんだんカッコよく見えて来たので良かったです。デフィ役のチャン・ドンユンも頭良さそうな優等生役が似合うな!

あとは帰国子女でちょっと浮世離れした同級生役でソ・ジフンも出演してました。最近ケリョン仙女伝で見たけど、結構雰囲気が変わったんだな~と思いました。

そして先生たちも個性豊かで良かったですね。校長や教頭はよく見る顔ぶれ!
2年1組担任役でハン・ジュワンも。こういう正義感の強い先生役が似合ってるのになあ。これから俳優活動がどうなるのかなあ・・・

そうそうハン・ソナが学校に駐在してる警察官役で出演していたんですけど、そういうシステムもあるのかな?確かに学校内の暴力は「イジメ」という言葉で別のものとみなされがちだけど、実際は普通の暴行罪と同じなんですもんね。警察が介入する必要があるのかもしれないとも思う。最近の日本の学校はどうなんだろう?

ちょっと極端な学校対生徒というのは実情にどれくらい即してるか分からないけど、実際に「成績重視」というのはどこの国も同じなんだろうなあ。そしてそんな中でたくましく楽しく生きて残る方法を探すのはとても難しいのもどこの国も同じだよなあなんて。それでも楽しんだもん勝ちのような気もするね!

 

恋するレモネードが見れるのは・・・



【韓国ドラマ】ボディーガード の感想 ヒロインたちの美しさが眼福~!

韓国ドラマの「ボディーガード」の視聴を終了しました。2003年のドラマらしいんで、なんと20年近く前のドラマですねえ!あら、それにしてはあんまりチャ・スンウォンは今とあんまり変わった感じがしないかもしれない~ どのドラマを見始めようかなと思って色々と1話だけ試し見してたんですよね。その時に女性陣のキャストが気になってそのまま見続けることにしましたよ。

ドラマの中で有名な映画の「ボディガード」が出てくるので、このドラマの少し前頃の作品なのかなと思ったら、映画は1992年の映画でした!わお!更に前なんだなあ。ホイットニー・ヒューストンの歌は知っているけど、見たことないんですよね。これをきっかけに見てみるのもいいかも。

主役のホン・ギョンタクは直情的な性格などもあんまり好みではなかったので、それでも裏表のないところがモテモテの要因なのかしら?なんて思いつつ見てた感じ。だけど、ヒロイン勢が最高でね・・・ イ・ナヨン役のイム・ウンギョンは人形的な可愛さと同僚のボディーガードのパク・ユジン役のハン・ゴウンの宝塚の男役的な素敵さとで、もう大満足でしたよ。こんな二人に好かれるギョンタク!羨ましい!

結局、どちらかとくっつくんでしょなんていう予想も覆され、最後までギョンタクはそういう事には疎い感じで終わるので、どちらのヒロインも大好きだった私はそれはそれで良かったかなという気分。最初のうちこそ、自分とは違うタイプの相手を見て、彼女の方がギョンタクに似合うなんて軽い嫉妬の情も見せていた二人ですが、仲良しになってからのシスターフッドな感じが良きでした。そんな二人の中でもユジンが強くて優しくて、でも繊細な部分も持ち合わせてて良い女過ぎる。どこかで見たことあるようなと思って調べてみたらハン・ゴウンは、京城スキャンダルのヨノンでした!ああいうお化粧バッチリもお綺麗だったし、今回のすっぴんぽい感じも美しかったなあ。

そしてなんとこのドラマでヒョンビンを発見!シネのストーカー役でニヤニヤしてる役だったけど、ムキムキでビックリしたわー こんなにガッシリしてるんすね。これがドラマ初出演だったのかな?

このドラマでめっちゃ気になったのが、ギョンタクの両親のやりとり。ダメダメな親父に働き者の母親という構図はありがちなんだけど、母親が父親のためにスイカの種まで取ってあげてるんですよ・・・ 他の家族も「ゴハンくれ」ばっかり言ってるし、母親ってほんと大変な仕事だよななんて改めて考えてしまった。今はこのころよりは良くなってるんでしょうか・・・?

そんなこんなとドラマに関係ないことも考えつつ、ラストの悪い事した人たちの結末はあんまりすっきりはしない気分ではあるけども、ヒロインたちがとても好きだったので見てよかったかな!

 

ボディーガードが見れるのは・・・

【韓国ドラマ】一体どういうこと の感想 Block Bのジェヒョの初主演ドラマだそう。

Block Bのジェヒョが演技初挑戦という「一体どういうこと」を視聴しました。アマプラに3話くらいの短編として配信されてたので、時間があったので見てみましたよ。最初から主役が誰か分かっていた訳ではなくて、髪型と雰囲気からKポアイドルっぽいと調べてみたらやっぱり!って感じ。彼、めちゃめちゃ睫毛が長くてビックリ。羨ましい。

こちらのドラマはウェブ漫画をドラマ化したものらしく、確かに漫画っぽいストーリーです。そういう意味ではジェヒョみたいなアイドルが主役を演じるのはピッタリですね。ストーリーとしては、ジェヒョ演じるイルは25歳、そしてコ・ウンミ演じる恋人のアンナは40歳の15歳差カップル。だけど狭い町で噂にならないようにその関係を隠しています。だけどイルがアンナにプロポーズをしようとしたその日に、アンナはお婆さんにもらったカードのせいで、突然10歳に若返ってしまうことに!イルに事実を伝える訳にもいかず、アンナの娘のハンナとして彼と過ごすことになりますが、二人の恋の行方は一体どうなるのか!?って感じ。うーん。こうやってあらすじを書いていても漫画っぽいなって思いますね。

そうそう、アンナのネイルサロンが見たことある建物・・・と思ったこちら、私の美しき人生クリーニングのクリーニング屋じゃないかな?多分同じシリーズのウェブドラマなんだろうな~

あと、バリでの出来事でスジョンの友人ミヒ役を演じていたシニも出演しています。今回もヒロインの友人役。どこかで見た顔だな~と考えてたんだけど、分かってすっきりしたなあ。

内容に関してはまさにタイトルと同じ感想。一体どういうことなんだろうな~と思いながら見てましたね。年の差恋愛、お婆さんの初恋はまあいいとして、アンナが10歳の子どもになっちゃうっていう設定の必要性は分かんない。いろんな要素を混ぜてみたけど相乗効果にはなっていなくて、散漫になってしまった印象。

でも子役のチョ・ウニョンちゃんがなかなか良かったので見て良かったなと思ってます。彼女どこかで見たことあるなあと思ったら、映画「お嬢さん」「エンドレス 繰り返される悪夢」「ディヴァイン・フューリー/使者」、ドラマだと「ホテルキング」なんかにも出てました。なるほどね、なんだか存在感があったんですよね。子役と言っても2005年生まれだから、もう16歳とかになるのかな?これからめっちゃ楽しみですね!

まあでも「愛は変わる。真実の愛は毎日ますます美しく変わる。」みたいなセリフが美しい若者の口から語られるっていうのはメルヘンで良かったんじゃないかなー!

 

一体どういうことが見れるのは・・・