【韓国ドラマ】空港に行く道 の感想 丁寧な内面の描写と風景の美しさが良かった!

空港に行く道の視聴を終了しました。ソウルの風景、済州島の風景などとても美しくてそれだけでも見ごたえがありましたが、落ち着いた雰囲気で大人の恋を描いていてかなり好きなドラマでした。不倫の恋ではあるんだけど、すでにやや破綻した夫婦関係にある二人なので、その点はあんまり気にならないかな。あえてその辺を分かりやすい設定にすることで主役二人の感情を綺麗に描けたのかな、と思います。

 

スポンサーリンク


 

冒頭はいきなり「子どもの死」という話題が出て来たので、ちょっとズーンときてしまって悲しかったんですけれども、それをきっかけにチェ・スアとソ・ドウの心が近づいたり、キム・ヘウォンとソ・ドウの心が決定的に離れてしまう理由になったりと、物語の中で大きな要素だったのかな。でもアニーがとっても良い子だったので、ドラマだと分かっていても彼女はもっと幸せに暮らせたのではないかと思ってしまうのでした。

今は平均寿命が伸びて100歳までとか生きられてしまうのだとしたら、結婚する相手と本当にそんな長い時間ずっと一緒に生きられるのだろうかと考えてしまうし、子育てをするとしてもその時間は20年だとしたらその後の時間のために自分というものをしっかり持っていないといけないのかしらと思ったり。

そんな風に考えると、チェ・スアとソ・ドウがこれから先を一緒に過ごしたい相手を一度立ち止まって考えている姿はいいなあと思ったのでした。チェ・スアの娘のヒョウンへの接し方も好感が持てて、守ろうとはするけど娘を所有しようとしたり自分の思い通りにしようとせずにきちんと意見を聞いて人間同士として扱っているのがいいなと思ったのでした。

 

反対にスアの夫のパク・ジンソクがあんな風に妻や娘を振り回していたのは見ているだけでもとても恐ろしかったんですけどね。きっと彼も育った環境か何かにああいう性格になった理由があったような感じなんだけど、その辺りは軽くしか描かれていないので共感できるほどは彼のことはよくわからなかったな。

映画の彼女を信じないでくださいを見てから、キム・ハヌルがとても好きなんですが、このドラマでもとても綺麗でした。エアアジアの真っ赤なキャビンアテンダントの制服がとても似合っていてお美しい。そういう意味では疲れた主婦感が無さ過ぎたかもしれないかなあ。

ソ・ドウの事務所からの風景、住んでいる伝統家屋、済州島の風景など、本当にどこも美しく撮影されてて行ってみたくなるって感じでした。その背景が彼らの心情とリンクしていてうまく利用されていてとても素敵に感じました。

イ・サンユンとシン・ソンロクが一緒に出演しているドラマを見たことがあるなあと思ったらLIAR GAME~ライアーゲーム~ですね。顔の長さとかが似てる気がして、タイプ的に似た姿かたちの二人に思っちゃうのでした。雰囲気は全く違うんですけど、なんとなく私だったらもっと違うタイプをキャスティングするのにな~なんてことは思うかな・・・

 

タイトルの「空港へ行く道」というのもいいですよね。ソ・ドウのことをスマホに「空港」と登録しているチェ・スア。仕事のために空港へ行く道という意味だけではなくて、ソ・ドウの元に行くまでの彼女が選んだ道程のことだったんだなって。

Gyao!で見たんですが、毎週の更新が楽しみだったドラマでした!好きだったな~

 

空港に行く道が見れるのは・・・




 

【韓国ドラマ】優しい男 の感想  掛け違えたボタンをすべて外して嵌めなおすことなんてできるのだろうか

ドラマの「優しい男」の視聴を完走いたしました~ 結構前に見終わっていたんだけど、なんとなく感想を書くまでに時間がかかってしまったな。ストーリーも興味深かったんだけど、それよりもこのドラマはキャスティングがとても良かったな~と思います。それぞれの役を脚本以上に演じ切っている気がして、そういう部分も含めて良く出来たドラマだな、と思うのでした。ラストは私的にはイマイチなんだけどね・・・

 

スポンサーリンク


 

ソン・ジュンギが演じるカン・マルの声はどこまでも優しくて心を包み込むようで。演技もだけど、何よりもこの声がマルの役にピッタリな気がした。

私はあんまりソン・ジュンギが好みの顔って訳ではないのだけど、マルを演じる表情を見ていると、好きな方にはたまらないのだろうなと思わされることが何度かあったな。マルの優しさって妹やジェヒという誰かに頼り利用する人を作り出してしまう元凶だったのかもしれないな、なんて思うのです。そして彼の優しさがそういう人を引き寄せている。優しさって良いものだと思い込んで来たけれど、それだけのものではもないのかもしれない。

絡み合ってこんがらがってまじりあうことはないマルとウンギ。確かにそこに愛が存在しているのに、正しく伝わらず、受け止められることもなく、ナイフのようにするどく形を変えて傷つけあっているのを見るのは切なかった。

それでもお互いに幸せだと感じあえた一瞬があったのだ、と。それは一瞬だったんだとドラマの中盤では思っていたんだけども。

そして掛け違えたボタンがそのままで最後まで行くしかないのだと思っていたら、ラストはわりと穏やかなハッピーエンドでかなり期待外れだったんだな。最後まで切なさに浸らせて欲しいドラマだったんだけどな。

ハン・ジェヒを演じたパク・シヨンが凄く良かったです。涙で人を動かす方法を知っている。それが分かっていても彼女の術中にはまってしまう男たち。一般的には悪い女なのだろうけど、欲望の向かう先を見失う悲しい女だった。罪を償った後の表情がとても晴れやかでまるで違う人のようだったのが印象的でした。

キム・テフンが演じたアン秘書も切ない存在でした。キム・テフンのちょっと悪い役いいわ~!最後の彼の選択にちょっと救われたのでした。

うすうす思っていたけど、私はイ・ユビがどうも苦手なんだなあ。夜を歩く士でも思ったけども。しかし、チョコの役にはぴったりだったなって思う。ところでベッドにあったあのぬいぐるみはぼのぼののアライグマくんですか?ちょっと耳が違うのかな・・・

そして、この二人に既視感があると思ったら、大丈夫、愛だでですね。どちらも出てた!ジェヒの兄役のヤン・イクジュンなんて両方のドラマで刑務所帰りの兄の役柄だったよね。まあそんなイメージに合う気もしますけど。

 

演出がとてもきめ細やかだったなあと思うこのドラマ。この感じどこかで見たというシーンがドラマ内で繰り返されていましたよね。きっと意図的なんだろうな。
特に記憶に残ったのはキスシーン。弘前城でのマルとウンギのキスの時は途中でマルが目を開くのです。そして、ウンギの記憶が戻った後の公園でのキスではウンギが目を開くんですよね。前者はマルがウンギを愛していなかったし、後者はウンギはマルに復讐をするために記憶が戻ったことを隠してお互いに騙しあっているという状態。

繰り返されるそういうやり切れないようなすれ違いがこのドラマの醍醐味だと思って見ていたので、ラストはまあ二人はうまく行きそうで良かったねと思う気持ちもありつつ、どうしても満足できない気持ちも残っちゃうんだなーって感じ。夢中になって見てはいたんですけどねえ・・・ だからこそ余計にあと一押しと思っちゃったのかな~

 

優しい男が見れるのは・・・




【韓国ドラマ】クリスマスに雪は降るの? の感想 愛って障害があればあるほど燃え上がる気がする

たまたまですが、最近コ・スが出演している作品を見ることが多いんです。サンイウォン超能力者と来て、次に見たのは「クリスマスに雪は降るの?」です。どれもわりと良かったけど、彼は思い悩んで切なそうな顔をしているのが非常に似合う気が個人的にはするので、そういう表情が堪能できるという意味ではこのドラマが一番だったかな~なんてことはちょっと思ったりして。他は無邪気な面がある役でしたもんね。

 

スポンサーリンク


 

親や兄弟など家族に関する障害となる事件が愛し合う二人の間にたくさん起こるので、それでも親に対する愛情も相手に対する愛情も捨てられないのなら、にっちもさっちもいかなくてどうしようも無いな・・・という状況です。でも最後には光明が見えたのかな、というラストだったのでそれは良かったなと思います。

二人の間に障害が起こるというのは定番ではありますが、そうなってしまう話の流れが良く出来てるな~とこのドラマでは思ったんですよね。ジワンがガンジンの時計を川に落として探しているのをジワンの兄が手伝ったことで死んでしまうという事件、ジヨン(ジワンの兄)を愛する母親が記憶喪失になってガンジンを自分の息子と思いこんでしまい、記憶喪失が自分の母親のせいだと知っているガンジンは3年間もジヨンのふりをすることを選ぶこと、全部繋がってくるんだけど、よく思いつくなあと感心するストーリーだった。

そんなこんなで家族問題で二人はなかなか結ばれないのだけど、恋のライバルとして出てくるパク・テジュン(ソン・ジョンホ)とイ・ウジョン(ソヌ・ソン)はジワンとガンジンの結びつきの強さを認めた後は、ガンガンにアタックとかじゃなかったのでまだ良かったよなと思う。彼らまで最後までそれぞれにアプローチしてたら、ごちゃごちゃして見てられなかったかもしれないな。

コ・スとハン・イェスルの相性がとても良くてお似合いに見えて素敵で良かったなと思うけど、子役時代と大人になってからがちょっとイメージが違って見えちゃうかな・・・

ジワンの兄役はソン・ジュンギだったんですけど、本当に出番ちょっとだけでしたね。ジヨンがすぐに死んでしまってビックリしたんだけど、もしかして彼は流されて下流で助けられたけども記憶喪失になってしまっていた、なんつって途中で実は生きていたんだよ~ってまた登場するというアクロバティック的なストーリー展開を期待してたんですよ!でもそれはただの深読みでそんなことはありませんでした!笑 な~んだ。

ガンジンの母親のチャ・チュニ役のチョ・ミンスはとても良かったですよね。ダメな母親なんだけどどこか魅力的で憎めないのよね。そして彼女のジュンスへの思いがなんだか切ない。ガンジンの一途さは母親譲りだったのかもしれないですね・・・

 

タイトルの「クリスマスに雪は降るの?」が日本語字幕ではそれに関わる言葉を言ったシーンが無かったのだけど、韓国語で聞いてたらあったのかな?もう一回確認したい気持ちあったりしつつ。それにしても簡単に成就する愛よりもこんな風に障害が多いほうが愛って燃え上がってしまうのだろうな・・・とガンジンとジワンを見て思うのでした。

 

クリスマスに雪は降るの?が見れるのは・・・

  

【韓国ドラマ】私の残念な彼氏 の感想 何をもって残念な人と判定するのかという根本的なことが気になってしまったなー

これもいつか見よう見ようと思っていたドラマ「私の残念な彼氏」を視聴しました。ノ・ミヌの演じるユン・テウンの純粋さとかはドラマ~って感じで面白いなと思ってたんですけど、テウンの残念さがあんまり分からない。結局、どういう尺度で人を見るかにかかっていると思うんですよね。いわゆる一流企業で仕事もバリバリ出来て出世する男が素晴らしい人で、花を愛する出世なんかには興味のない純粋な人が残念な人という見方はあまりにも一方的でつまらないなあって思ってしまう。

 

スポンサーリンク


 

別に一般的な評価としてテウンが残念な男かどうかなんてどうでもいいじゃない?自分がその人を好きかどうかなのかなって。プロポーズはサプライズでこういうのじゃないとダメとか、そういう世間の価値観に自分を合わせて生きるのって疲れるよねー。本当に自分が求めているものが自分でも分からないっていうのが一番つらいことだと思う。

だから、IMの社長になる気なんてないと世間の尺度で見ると重大かもしれない地位を簡単に手放せる自分にとって大切なものが何かをしっかり分かっているテウンが実はカッコイイと思うのですよ。

そういう意味では、ユナクが演じた本部長のカン・ヒチョルはまわりに振り回されているように見えて全然素敵じゃないんだな・・・ ユ・ジナを利用して、ユン・テウンを陥れようとしてるのとか、なりふり構わない感じが最高にかっこ悪いですもん。なんだか最後まで見てもカン・ヒチョルの行動は一貫性が無いように思えて、めっちゃイマイチなキャラ設定だったと思うんですけどどうですかね?ユナクの演技もちょっと入り込めてない感じもあったのかな?

ノ・ミヌは冷たい人の役が似合うイメージがあるけど、ちょっと間が抜けたゆるふわなテウンの感じも結構良かったです。意外性を狙ったんだと思うけど、私はわりとすんなり受け入れられて彼は良かった。ユ・ジナ役のヤン・ジンソンも私はわりと好き。優雅な女の時のミンギュの彼女とか、秘密の元彼女とか薄幸なイメージがちょっとあったんだけど、今回のたくましい感じも悪くない。ちょっとドラマがコメディー色を強く出そうとし過ぎてる部分は必要なかったかもとは思いますが。

 

ラブコメなんだけど、何を持って「残念」とするのかという関係ないことを考えてしまうドラマでありました。まあ、極端に悪い人が出てこないほんわかストーリーなので、軽い気持ちで楽に楽しめるドラマではありますー

 

 

このドラマが見れるのは・・・

  

【韓国ドラマ】ボイス~112の奇跡~ の感想 なかなかに凄惨な殺人事件がたくさん出てきますよ・・・

「ボイス~112の奇跡~」の視聴を終了しました!まあまず邦題のサブタイトルの112の奇跡はいらんよね。奇跡と言うとなんだかほんわかしたイメージが湧いてしまいません?しかし、このドラマはそういうほんわかしたところは全くなくて、凄惨な殺人事件がいっぱい出てくるんですよ!!!!鉄球で人を殴り殺すとシーンがいっぱい出てくるので苦手な人は見ないほうが良いかもしれません。そんな感じなんで奇跡ってのはどの部分を指しているんだろう?と思ってしまうのよねー イ・ハナ演じるカン・グォンジュが他の人には聞こえない音も聞こえる能力を持っていることですかね。そうだとしてもちょっとずれてるような気がする・・・

 

スポンサーリンク


 

その邦題の件とは別で原題のままの「ボイス」というタイトルも気になってます。グォンジュはボイスプロファイラーでもあるから声も大切なんだけど、他の人が聞き取れないような、例えば看板が回っている音なんかも聞こえてそれを手がかりに事件を解決していくんですよね。だから音も重要なドラマを構成する要素。

これは言語自体の単語が表す意味の範囲も関わるのかなと思うのですが、日本語だと「声」と「音」は全く別の単語のイメージだけど、韓国語だと「モクソリ」と「ソリ」だし、声のことをただソリとだけいうこともあるイメージ(詳しくないので間違っているかもしれませんが・・・)。だから、英語のvoiceというタイトルになっているけど、その英単語を聞いて韓国の方が想像する意味合いには声も音も含まれるのかしら?なんてことを考えていたのです。こういうのを考え出すと止まらない~ 別言語を比較することで初めて認識できる事柄があるのってとても面白い!

 

それにしてもこのドラマで出てくるゴールデンタイムチームの警察官は自分に関係する事件が多すぎで、危ない目に合い過ぎ。もちろん人間なので、自分の大事な人が事件に巻き込まれたら誰しも必死になるとは思うんですけどね・・・ ただ起こる事件のほとんどが同じ犯人と関連があり過ぎな感がありますかね。すべてがそこに繋がって行くので、ちょっとやり過ぎな気がしてしまう。

ム・ジニョク役のチャン・ヒョクは気の荒い、食らいついたら離さない感じの刑事役がとても似合ってます。ただ彼、いつも口が開いてるのがなんとなく気になってそこばっかり見ちゃうのですけど。やり方は激しいけど正義感に溢れた刑事なのですよね。彼のような人が自分の妻を守れなかった時の気持ちは考えるだけでも辛いな。

112通報センター長のカン・グォンジュ役のイ・ハナも意外とこの役にはまっていて良かったです。私はどうしても彼女はナイショの恋していいですか!?のポヤポヤした役のイメージが強いのだけど、こんなキリっとした役も演じられるんだ~とビックリしました。交通事故に遭った12歳の時から他の人には聞こえないような音まで聴こえるようになって無響室に住んでいるグォンジュ。すべての音が聞こえるのって本当にしんどいことだろうな。

そんな二人が同じ犯人を捕まえるために奮闘するのですが、その犯人がまた怖い・・・ 犯人がどうしてそうなってしまったのか、という理由も出てくるのですが、そういう理由があるのだとしてもやっぱり理解は出来ないよな、と思ってしまう。それにしても、刺すとかよりも殴って殺すという撲殺ってなんだか想像の向こう側って感じがあってとても怖いです。でも韓国ドラマでも映画でもよく出てきますね・・・ オールド・ボーイの影響もあるのだろうか。

あとは、主人公が全面的に信頼している人が裏切り者であるという法則があると思うんだけど、信頼の部分をやり過ぎて最初からこの人がスパイなんだろうな~と分かってしまって面白くなかったな・・・ もうちょっとぼかして誰か分からんようにやって欲しい。それと悪徳検事や警察長官辺りの役者さんがいつも同じ人でちょっと飽きたな~なんて。

 

面白くなかったかどうかというと面白かったとは思うのだけど、ドラマとしてはあまり好きじゃなかった、というのが実際のところ。このストーリーにそこまでの残虐性が必然なのだろうか・・・と思ってしまう感じかな?まあそんなことを言っても、韓国ですでに放送されているらしい続編も多分見るんだろうな~と思います。音に注目したという点はすごくアイデアとして面白いと思うんですけどね!

 

このドラマが見れるのは・・・