【韓国ドラマ】危機一髪!プンニョン・マンション の感想 出てくる人みんな隠し事があって疑わしく見える~

「危機一髪!プンニョン・マンション」を見ました!登場人物がみんなどこかあやしいブラックユーモアサスペンスって感じのストーリー。みんなそれぞれ隠し事があるんですよねえ。黄金を探す部分とかがちょっといいかげんな興信所と似た感じの部分もあるかな。音楽とか効果音の感じも似てるように感じたんだけど、まあそれは時代的なものかもしれませんねー このドラマは宝のありかのキーになるのはシン・ハギュン演じるオ・ボッキュということが最初から明確なので、彼をだましてどうやって黄金を手に入れるかとという心理的な攻防が陰で繰り広げられるのが面白いです。

 

スポンサーリンク


 

シン・ハギュンと言ったら、癖のある役を演じてるという勝手な私のイメージがあったんですが、このドラマでは一番純粋でまわりの企みから蚊帳の外って感じの存在でしたね~ でもちゃんとちょっととぼけた感じのいい人に見えるのが凄いなあ。そのいい人感があるおかげでイ・ボヨン演じるユン・ソリンや他の人が余計に疑わしく見えるという相乗効果があるって感じ。

売れない役者役なので、日本の武士役の役をもらって演じてる設定なんだけど、ちょんまげのカツラの形が微妙に違う~って気になってしまう。そういうの気が散るよねえ!笑 おとぼけ感はアップしてたのでまあいいんだけども。

イ・ボヨンもとても綺麗で良かったな~ アイメイクのせいかとても色っぽくて綺麗だったな。いちばん最近見たドラマがmotherだったので、それと比べちゃったのでとても若い!って思いました。ユン・ソリンがお金が必要だった理由が、弟の病院代だったので、根っからの悪者じゃなかったので、ラストでオ・ボッキュとユン・ソリンがハッピーエンドになりそうな予感をさせる終わり方はまあ良かったかなあ。

パク・ソンイ役だったカン・ビョルの女子高生役がとても可愛かったなあ。何かを企んでる人達の中で明るくてちょっとおバカな存在が良かったな。でもユク・ハグン(パク・ヒョジュン)とつき合うようになる展開はビックリしたけど!

あと結構好きだったのは、101号室のキム・ピルチュン(チェ・ジュボン)とイ・スニ(パク・ヘジン)の偽装夫婦。最後はウェットスーツ着てまで黄金を探しに行こうとしてたのが最高よね。黄金への飽くなき探求心がすごくてそういう生きがい?があったら長生きしそうだなあなんて思った!笑

 

黄金がどうなるかの顛末がちょっと物足りない気もするけれど、なかなか面白かったし、そんな風にコメディーっぽいところもあるのにたくさん人が死んだのにはちょっとビックリもして妙にサスペンスっぽくなったりと色々な要素を詰め込んだストーリーでしたね。3人組の犯人のボスは誰か分かりやすくてちょっと残念だったかな?でもまあ登場人物が沢山いたけど、それぞれ個性的で人物描写はしっかりしていたので、わちゃわちゃ感を楽しめたのは良かったかなーと思います!

 

危機一髪!プンニョン・マンションが見れるのは・・・

 

【韓国ドラマ】愛の迷宮~トンネル~ の感想 事件解決のため30年の時を超えてやってきた刑事のストーリー

「愛の迷宮~トンネル~」の視聴を終了しました!チェ・ジニョクとユン・ヒョンミンはどちらも好きな俳優さんなので見るのをとっても楽しみにしていました。そしてその期待を裏切らない面白さでありました!タイムスリップという題材は韓国ドラマではよく出てきますが、パターンはいろいろですよね。このドラマのタイムスリップは30年前から現在へという形なので、時空を超えた主人公の驚き方にこの30年間の進歩というのはかなり急激だったんだなと実感します。事件の解決のための捜査方法も昔と今では全然違う!世の中は加速度的に変化しているなあ!

 

スポンサーリンク


 

ま、でもやっぱり邦題にはいつもの如くツッコミを入れたくなりますね。愛の迷宮なんて言われたらどんなメロドラマが展開されるのかと思って見始めたんですけど、犯罪捜査モノやん!?ってビックリしましたよ。ちょっとちょっと!残酷な殺人事件なんかも発生するんですけど、なんでジャケットがピンク色なんだろう・・・?
まあグァンホがヨンスクを愛していて、過去に戻って彼女のそばに行きたいという愛もあるけど、娘の存在が明らかになって娘を守りたいという愛もあるので、言ってみれば家族愛が描かれてるので、迷宮ってのはちょっとなあ。そしてその部分よりも犯人逮捕のための捜査に重点が置かれてる気がするのですね。っていうか、事件は迷宮の中って感じだけど、愛の存在は確かだから迷宮じゃないじゃないですか?ドラマの内容のイメージとタイトルのイメージがかけ離れてると本当にガッカリしちゃうよー

まあそれはさておき、このドラマはとてもキャストが良かった!熱血刑事のパク・グァンホ役のチェ・ジニョクと冷静で人とあまり関わらないキム・ソンジェ役のユン・ヒョンミンの相性もとても良くて見てて楽しかったな~。むしろ今まではチェ・ジニョクは冷静なイメージの役の印象の方が強かったんですけど、熱血さがすごく良くてね、いい意味で驚きでした。スタイリッシュなイメージを脱ぎ捨てて泥臭い感じの地道にでも着実に捜査する刑事役が好印象でした。ユン・ヒョンミンもどこか独特の雰囲気がありますよね。不思議な軽妙さがあって、冷たいふりしてもちょっとお茶目なのでグァンホとソンジェの心の距離が縮まって行くのを見るのが楽しかった!

他の強力班チームのメンバーも面白メンバーだったので、ほのぼのしてて良かったですよね。現在では本当にチーム長になってたソンシク役のチョ・ヒボン、クァク・テヒ役のキム・ビョンチョル、ソン・ミンハ役のカン・ギヨンのやり取りが最高に面白かったな~!だから、事件は凄惨なものではあったんだけど、全体的にあったかい雰囲気のドラマだったのが良かったですね。シン・ジェイ役のイ・ユヨンも神秘的で良かったし、感情を抑えて生きてきた彼女の心がほどけていくのにちょっと感動してしまったり。

そんな感じでとても好きなドラマでした。タイムスリップをして変化したであろう結果の整合性はどうなるんだろう?という疑問はちょっとあるんですけども、まあその辺はまあいいかな。どっちの世界の人々も幸せに暮らして欲しいなあなんて思ってしまう。そんな風に登場人物に親しみを持ってしまう感じでした!

 

 

愛の迷宮~トンネル~が見れるのは・・・



  

【韓国ドラマ】10-TEN シーズン2 の感想 10%の難事件を担当する捜査チームの第2弾! 

TENに引き続きTENシーズン2も見ましたよ~。これは内容も完全に続き物なのでTENチームのメンバーもそのまま同じなので良いですね。全12話で、最初の2話はTENシーズン1のラストで出てきたシーンの説明的な内容。なので、やっとこれを見てなるほど~そういうことだったのか!と分かる感じ。元々、人の心の裏の裏を描こうとした一筋縄ではいかない展開のドラマではあったけど、シーズン2は更にトリッキーでちょっとやり過ぎた気もするかな。興味深くはあるんですけどね。

あ、TENチームの「10」という数字って何のことって思ってたら10%の難事件を担当する犯罪捜査犯ということでつけられた名前らしい。ドラマの中で説明があったのかな?ちゃんと見てなかったのかもしれない~

 

スポンサーリンク


 

まあなんといっても私が続けざまにこのシリーズを見たのもひとえにF事件の犯人を知りたかったから!しか~し解決したように見せかけて、捕まった犯人は真犯人ではなかったんですよ・・・ その捕まった犯人は連続殺人事件で家族を殺されて真犯人を追っていたのだけど、親身になってくれない警察にも同じ目に合わせて自分たちの気持ちを分からせようという思いで殺人を犯した人だったという。え~~~、で結局真犯人は誰なんですか?っていうのはシーズン2でも明らかになりません!おいおいお~い。なのでまあラストまで見終わってさすがにガックリ来ましたよね・・・

まだシーズン3は放送されてなさそうなのでもう知らん・・・って気分です。ちょっと引っ張りすぎで、う~ん。ちょっとこねくりまわして複雑にし過ぎたせいで間延びした展開になった気がしますねえ。

まあストーリーの中で心に残ったのは教授の話かなあ。いい意味で心に残ったというのではなく、自殺することに関して贖罪の意味があるのかもしれないけども、そんなやり方をしたって自殺は自殺だからちょっと釈然としないなという印象です。まるで教授のしたことは高尚な意味があることのようでただの屁理屈をこねただけのように感じてしまうな。

そしてメンバーの一人が誘拐されるというストーリーにどこか既視感があるなと思ったら、神のクイズ4ですね。あれと同じで最後はひどい結果に終わるのかと思ったらここではそうではなかったので、まあそこは良かったです。でもこういう刑事ドラマで捜査チームの誰かが誘拐されるとか狙われるっていう展開があまり好きじゃないなあ。見てるとそういうの多い気がしますけどね・・・ 刑事本人が当事者とか被害者の家族とかで事件に関係があるっていうのより、純粋に捜査をしているドラマが見たいな~。その方が1話ずつ新鮮な気持ちで見れてすっきり犯人が分かっていいな。

多分、複雑な展開過ぎて、単純な展開のものを見たくなってるだけかもしれません!
そしてF事件の真犯人が分からなかったってことの衝撃がドラマの面白さを凌駕してしまったせいでそんな風に思ってしまうのかも~~~!!!!(どうやら余程ショックだったようです、私!笑)

 

10-TEN シーズン2が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】10-TEN の感想 人間の心の深いところを描いているのが面白かった!

私の好きなOCNのドラマだけど、まだ見ていなかったTENを見ました!シーズン1は全10話で手を付けやすい話数です。が、10話まで見たけど肝心の事件が解決しなくて続きのシーズン2ありきで製作されている様子。なのでそのままシーズン2も見る予定にして見始めるのがオススメです!残酷な殺人事件も出てくるし展開も複雑なのでちょっと好みが分かれるのかなあ?私は人の心の奥の奥を描いてるようなところが好きでしたけども!

 

スポンサーリンク


 

殺人事件自体というよりもそれが起こるまでの人の心の動きに重点を置いているんですよね。単純ではない人間の心の裏の裏が見えてきて、一度解決しそうになっても二転三転する展開なんですね。人の心を理解するのって本当に不可能に近いことなのかもしれないなあ、なんて。自分の心でさえ理解することは難しい気がしますもんね。

ストーリーはTENチームが結成されるきっかけとなる双子事件の2話分があって、その後はチームが色んな事件を解決していく形です。そしてラストはヨ・ジフンチーム長(チュ・サンウク)が追い続けているF事件に関連して行くという感じ。

チーム構成は、ヨ・ジフンチーム長(チュ・サンウク)、ナム・イェリ(チョ・アン)、ペク・ドシク(キム・サンホ)、パク・ミンホ(チェ・ウシク)の4人。それぞれのキャラもしっかり出来てて、過去の話も出てくるし、4人のバランスも良くて好きでしたねー。チュ・サンウクもいい人役も悪役も出来る感じなので、チーム長のちょっと秘密めいた雰囲気に合ってましたよね~ ま、ペク刑事だけ私にはコミカルなイメージが強いもんで、そんな腕利きの毒蛇みたいな刑事に見えない時があったんですけど、まあ大丈夫だったですけど。

そのメンバーが事件に対し、それぞれのアプローチで解決に向けて動き出すんですけど、そうして調べていくうちにみんなが同じところにたどり着いて鉢合わせする感じが良かった!物理的にも同じ現場でちょうど出会うっていうシーンが印象的でした。内面を描きつつ、見える形でそれを表現するっていうのかな?ビジュアルと内面を融合させて分かり表してて面白いな~って思いました。こういうのって小説ではできなくて映像ならではなので興味深いなあと。

出てくる事件で印象に残ったのは、暴漢に襲われた娘を助けなかった傍観者たちに復讐をする父親の話かな・・・ これなんか既視感があると思ったら映画の10億ですね。こういう時ってどうすればいいんだろう?だからと言ってを助けようとした方の人が死んだら、それはそれでとやかく言われたりもするし、答えが無くてとても難しいですよね。正義感があっても助けられるのかどうかはその時になってみないと自分でも分からないな・・・

 

人の心のとても深い部分を描いているのが印象に残るドラマでした。残酷な事件も出てくるのだけど、それよりも心の動きに焦点を当てているところが面白かったです。でもラストとうとうF事件の全容が分かるのかなと期待していたら全然解決しなくてそこはマジでビックリしました。めっちゃto be continuedなそういうつくりはあまり好きじゃないなあ。まあドラマの編成上の都合なのかもしれないですけどね~

 

このドラマが見れるのは・・・


【韓国ドラマ】パンチ〜余命6ヶ月の奇跡 の感想 自分にとって大切なものが何かを考えてしまった

「パンチ〜余命6ヶ月の奇跡」を視聴終了しました。意外なことにキム・レウォンが主演のドラマを見るのは初めて!映画の江南ブルースで見たことがあるくらい。このドラマでは余命宣告されて改心して闘う検事という難しい役どころだったと思うんですけど、とても良かったな。娘を愛するパパの顔が心に残りました。

 

スポンサーリンク


 

だけど、二転三転するストーリーはなかなか見てるのがしんどいかった~ パク・ジョンファンに残された時間が短いことが分かっているのでどうしてもハラハラしてしまいます。なにより彼の娘のイェリン役のキム・ジヨンちゃんがうまくてねえ・・・ 彼女の泣く姿を見ているのは辛かったなあ。ほんと韓ドラに出てくる子役ちゃんたちは演技が本当に上手でビックリしますね!

シン・ハギョン役のキム・アジュンは正義を貫こうとする検事の役が似合っていましたね。こういうキリっとした役が似合うな。しかしこのドラマではちゃんとした検事の方が少なくて彼女と次長検事くらいしかいなかったよね!?本当にそんな状況だったら恐ろしいなあなんて。

パク・ジョンファン(キム・レウォン)だって検事になりたての頃は高い志を持っていたのに、現実を前に道を踏み外してしまうんだけど、脳腫瘍になり余命宣告を受けた後に娘のために罪を償い、間違ったことを正そうとする。人間って本当はいつまでとは分からないまでも実際には期間限定の命なのにその事実を目の前に突き付けられないと認識できないんですよね。そうしてやっと初めて限られた時間をどう生きるべきかと考えることが出来るものなんだなあ・・・ 本当はいつも自覚できたらいいんだけど、難しい。

やっぱりドラマの一番の見どころはイ・テジュン(チョ・ジェヒョン)とユン・ジスク(チェ・ミョンギル)のパワーゲームの部分なのかな。味方になったり敵になったりする彼らを見ていたらアメーバの細胞分裂を見ているような気分になる。手を組んだり、陥れたりのスピードが早くて、時勢を読むのにたけていると言えば聞こえはいいけれど、損得勘定の計算が早いだけとも言えるのかなあ。

チェ・ミョンギルは長官とか社長とか上に立つ人の役が似合う。迫力がありますよね。なので反対に普通の家庭の母親役などを演じると怖すぎることもあるなあって印象。金よ出てこいコンコンの時の母親は語気がキツくてとっても怖かったって思い出しました。

イ・テジュンとユン・ジスクだと本当に恐ろしいのはユン・ジスクの方なのかもしれない。イ・テジュンはのし上がるためなら悪いこともする、という自覚があるけど、ユン・ジスクは悪いことをしても、これは正しいことのためにやむを得ずすることだから仕方がなくて自分は悪くないと思っている。繰り返し描かれる育ちの違いというのが根底にあるのだろうし、それが韓国の現実なのかな・・・

そして同僚の検事たちの思惑も絡み合って更に複雑。チェ・ヨンジン役のソ・ジヘいいですよね。嫉妬の化身でもアナウンサー役で出てましたね~ 背筋が伸びてとても姿勢がいいので、こういう役が似合うのだと思う。ちょっとしれっとした色気もあって好き。

イ・ホソン(オン・ジュワン)はどんどん自分の目指す道を見失っていく姿が怖かったですね。彼自身もどこに行きたいのか分からないままマシだと思う方を選んでやっていたら、いつしか抜け出せなくなっていたという。上に従っていたら最終的にはこんなことになってしまった・・・という彼のような存在が私たちが普通に会社勤めをしていたらなってしまうかもしれない姿に一番近いのかも、なんてことを考えていました。

 

相手を陥れるために命をもてあそぶようなセリフをいうシーンもあって、それがリアルな感じでもあるんだけど、ちょっと聞いてるのがつらいなんてところもありましたね・・・ 興味深かったし、どうなっちゃうの~とわりと夢中になって見はしたんですけど、どうしてもテーマが重いので、見るのに力が必要なドラマでありました~!

 

 

パンチ〜余命6ヶ月の奇跡が見れるのは・・・