【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン4 の感想 ギョンヒが帰ってきたよー!わーい

神のクイズ シーズン4の視聴を終了いたしました!このシリーズをやっと最後まで見れたのでちょっと達成感~ でもまた新作が韓国で放送されるみたいなので、それも楽しみにしておこうっと!前作はギョンヒがいなくて物足りなかったのですが、今作は再登場して嬉しい。扱っている事案が深刻なものが多いので、やっぱりジヌとギョンヒの穏やかな愛情も描かれているとホッとします。

 

スポンサーリンク


 

今回は、イ・ドンヘやキム・ジェギョンの華やかなキャストを登場させたことで変化をつけて来ている感じ。ちゃんとそれぞれの性格や特徴も伝わってくるように描写されているので、新しい登場人物が出てきても割とすっと受け入れられるのはうまいなあと思います。

ストーリーとしては、ジヌが実は脳の手術のあと1年間も眠っていて、ギョンヒが一生懸命世話をしていたというところからの始まり。二人の愛は表面的には激しくは見えないけれど、穏やかでもとても深い。互いに労わりあい理解しようとする姿が好きなんです。あんまりこういう愛情の描写を他のドラマでは見ない気がするので余計のこのドラマが好きなのかもしれない。

1話ずつ事件が起こるのはいつものシリーズと同じですが、全話を通しての事件として巨大企業の陰謀みたいなものが描かれます。ジヌの脳の問題は起こらないのだけど、今度は彼の母親が登場したり、イ検事が資料をギョンヒに渡すことで彼女に危険が迫ったり。そしてハン・シウ(イ・ドンヘ)も別ルートでその事件を調べていて命を狙われてしまうんです。単に私の好みの問題なんだけれど、捜査をしている人にまで危険が及んで死んでしまうのってあんまり好きじゃないんだな。ストーリー上でどうしても避けられない必然のシチュエーションなら納得できていいんだけど、あんまり重要じゃない筋書なのに死んでしまうのはイマイチかな。という訳でシウの結末はちょっとな~と思ってしまった。

ケース10の神の代理人のエピソードで、「母親は神の代理人なのかもしれない」と見れた後にジヌの実母を出して来て「子どもを愛する母親なかりではない」と持ってくる脚本のセンスは好きなのだけど、ケース11・12のグッバイ・メビウスのエピはいろいろ無理やり感があって入り込めない感じでした。入院してたソ・ダミちゃんの名前はジヌの母親のダミーという意味からから来てるのかな・・・というクローン話とか、ジヌがとる自白をさせる方法とか、チップを埋め込んで手足を動かせるようになる技術とか、無理がある設定ややり方ばかりで「おいおい」とツッコミを入れたくなる感じなのよね。うむむ。

シリーズも4作目となるとバラエティーを持たせるために新しい要素を入れなければいけなくて大変だろうな~とは思うのですが、今回は意外性を狙い過ぎて取っ散らかった印象でありました。でもそれぞれのエピソードは興味を面白かったので、メビウスの話だけちょっとという感じです。

ケース07のXはちょっと切なかったですね。両性をもって生まれてくるという話は聞いたことがあるけど、子どもの時に外見を男性にしたけれど、心は女性ということがあるんですね・・・ あとオッドアイの高校生を演じたチャン・ギョンオプくんも印象的なルックスで気になりました。切れ長の目に弱い。

 

あくまでもドラマだと分かっていはいるんだけど、シリーズを4作も見ると少しずつジヌの秘密が明かされて来て、でもまだまだ知らないことがあるんだろうなと考えてしまう。人物として親近感を抱いてしまう感じがありますね。母親の登場で更にジヌの過酷な人生が垣間見れてしまった気がして心が痛い。だからなのかな、どうしてもジヌとギョンヒに穏やかな眠りが訪れますようにと祈ってしまう。そんな気持ちになるドラマなのでした。

 

神のクイズ シーズン4が見れるのは・・・


【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン3 の感想 相棒の刑事が変わって刑事モノっぽくなった!

神のクイズ シーズン3の視聴を終了いたしました。シーズン1シーズン2は完全に続き物でストーリーも繋がっているイメージだったし、主要キャストも同じだったのですが、このシーズン3はかなりメンバーが変わって内容にも変化を持たせている感じです。シーズン2は単体で見ると意味が分からない部分があるけれど、このシーズン3はいきなりこれだけ見ても大丈夫そうだな、なんて思いました。

 

スポンサーリンク


 

一番大きな違いは、ハン・ジヌの相棒の刑事が変わったことですね。恋人でもあるカン・ギョンヒ刑事は海外に派遣されて不在、その代わりの刑事としてきたのがペ・テシク刑事。彼をベテラン俳優のアン・ネサンが演じていることもあり、なんとなく刑事モノっぽさの色合いが濃くなっている気がします。面白いかどうかで言うと面白いのですが、ジヌとギョンヒの可愛い掛け合いが無くてさみしいのと、ペ・テシク刑事の癖が強いので、ハン・ジヌという人物の特殊性が際立たない感じ。1と2はあくまでもハン・ジヌが主役に感じたけれど、今回はコンビが主役みたいな印象を受けます。

でも、今回は1話ごとに病気役で出てくる俳優さんたちの演技が非常に素晴らしかったんですよね。特にケース3のCRPSのパク・ジョンミンがすごかった。パク・ジェジョンが演じてたんですが、銃で撃たれる方が楽なほどの痛みというCRPSという病の辛さが見ている私にも伝わってくるようでした。パク・ジェジョンは、チョン・ヤギョンで主役を演じてた俳優さんなんだ!は~なるほど。服装が違うと全然分からないなあ・・・ ケース4の地獄図の被害者たちも非常に心に残りましたねえ。切ない。

毎回、ハン・ジヌ自身の状況がストーリー全体に渡って関わってくるんですが、今回はどうやら彼に多重人格の症状が現れたことが伏線となります。多重人格の設定は割と韓国ドラマに使われているイメージなので、意外性がなくてあまり心惹かれなかったんですよね。ファントムの正体もなんとなくすぐに想像がついてしまいましたし。
あとチョ・ワノが、ジヌに伝言を伝えてから自殺するというシーンもどことなく既視感があると思ったら多分リセットですね。あっちは催眠術、こっちは脳の操作だけど、誰かに操られて殺人、伝言、自殺というパターンが似ている。

なので、1話ずつの個々の事件は興味深かったけれど、ジヌに関わる事件はあまり面白くなかったのが私にとってのシーズン3でした。それよりも何よりも一番心に残ったのは「高周波って怖い」だったかもしれない。人の脳ってデリケートなんだなあ・・・

シーズン4はギョンヒは帰ってくるんでしょうか。私はやっぱりギョンヒがいる神のクイズが好きだなあ。

 

神のクイズ シーズン3が見れるのは・・・



【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン2 の感想 ジヌとギョンヒの微妙な距離感のロマンスが好き。

神のクイズはシーズン4まであると知っていたものの、これまた後回しになっていたのですが、やっとシーズン2に手を付けました。TSUTAYA TVにはシーズン1~4まで全部入っているのでこの機会に全部見たいな~。そして、韓国では神のクイズの5作目「神のクイズ:リブート」が11月から放送されるらしいのでこれまた楽しみ。それにしても5作も作られるなんてよほど人気があるドラマなんですねえ!

 

スポンサーリンク


 

人気があるシリーズだからとも思うんだけど、シーズン1に引き続きシーズン2も主要メンバーを演じる俳優さんたちがそのまま出ているのがいいですねー!そして話数も2話分増えて全12話になっています。

ハン・ジヌ役のリュ・ドクファンはもちろんのこと、カン・ギョンヒ役のユン・ジュヒのほのかなロマンスが少しずつ進んでいくのがいい感じ。前回のラストからこのロマンスがどう進んでいくのかも楽しみにしていたところだったんですが、べたべたしないけれどお互いを思っている二人の微妙な距離感がとても良いです。その点はシーズン2も期待通りだったのでこの先も気になります!

 

このドラマは希少疾病を軸にしてストーリーが展開してきますが、その病気を通して弱者にスポットライトを当てているドラマですね。シーズン2では、障がい者の方なども出てくるのだけど、彼らに向ける視線がどこか優しい気がする。病気やその患者の方、障がいを単にセンセーショナルに書き立てるのではなく、きちんと向き合って脚本が作られているなあという印象です。丁寧な作り。

「エレファントマン」では、その病気を患っている彼は確かに外見は普通ではなくなっているのだけれど、そのせいで怪物と呼ばれる彼が怪物なんかではなくて、そのひどい言葉を投げつける人間たちの方が怪物なのかもしれないと考えさせられてしまう。

それから、今回はミン刑事というプロファイラーの新キャラがいるので、また新しい視点が入って面白いです。その彼女が「サイコパスの判断基準は良心や罪悪感がないこと」と言っていて、なるほどと思いました。単にヤバイ行動をする人のことをサイコパスなのだと思っていたけれど、言葉の定義としてはそれは間違っていたと分かりました。勉強になるなあ。そして先天的より後天的にサイコパスになる確率が多いというのもビックリ。環境が性格に与える影響とはかくも大きいのだなあ。

あと、うまいなあと思うのは、それぞれのエピソードがだいたい1話で終わるんだけど、その全話を通じてジヌに関係する事案が匂わせるように作られている点ですね。シーズン1でも出演していて死んだと思っていたチョン・ハユン(アン・ヨンジュン)が実は生きていて、脳にチップを埋められていて、ラストでジヌと対峙することになるんですが、それまでの各話に少しずつそれに関する部分も入れ込んであるのが興味深いです。7話の「耳の中の爆弾」なんかはジヌとは関係のない事件なのだけど、もしかしてその被害者もチップを埋められているっていうこと!?みたいに思わせて視聴者に期待を持たせるのがうまい。犯罪捜査モノではそういう手法がとられていることも多いけれど、このドラマは更に凝ってるイメージかな。

 

人気があったドラマの続編となると、シーズン1は面白かったけれど、シーズン2は面白くなかったなんてことが多い印象なんですが、それは神のクイズには当てはまらないみたい。シーズン2もとても面白かったので、この先の続きも更に見るのが楽しみです!

 

 

神のクイズ シーズン2が見れるのは・・・

【韓国ドラマ】神のクイズ シーズン1 の感想 解剖結果を通して語られる人々の愛や思いが切ない・・・!

やばいですね。こういうの好きです。神のクイズ。
タイトルは知っていて、登場人物に天才が出て来そうとは思っていたのですが、医療系とは知らなかったのです。実際に見てみるとタイトルも内容もなかなか考えられていて、うーんと言わされる内容です。

1話完結、そして1話の時間も短めなので、展開もスピーディー。
そしてなんだかちょっと薄暗い思わせぶりな映像画面に見覚えがあるような気がしたら、OCNのドラマでした。やっぱりOCN系は私の好みに合うみたいでだいたい興味深く見ている気がしますなー!

 

スポンサーリンク


 

法医学研究所で行われる原因不明の遺体の解剖を通して語られるのは、生きていた頃の本人、そして周りの人の思い。
ただ奇病を面白おかしく描いているのではなくて、その先にある愛、それは恋人の愛だったり、親子の愛だったり、切ない思い、悲しい思い、隠された事実だったりをそれを通して浮かび上がらせる手法なので、見ている者の心まで動かされます。
お話によってはなんだかちょっと苦しくなってしまったりも。

ドラマを通じて伝えたい事がちゃんとある気がして、私は好きだな。

リュ・ドクファンが天才医者ハン・ジヌを演じているんですが、シンイでの王様役もピッタリだったけど、こういう曲者っぽい演技もとても自然です。台詞が長いけど間合いの取り方がうまい気がする。

そして刑事役のユン・ジュヒもキリっとした演技がなかなか良いです。
Dr.JINで妓生のケヒャン役をしてた人なんですねー!あとはアイリス2で局長の秘書役もしてたようです。そういわれてみれば見たことあるような気もする。
キレイだけどそこまで印象に残らなかったんだけど、このドラマのおかげで覚えられそう。

そうそうこのドラマでは、ラブラインは無いのかな~と思ってたら、この二人が意外にも恋人になりそうな感じで微笑ましかったな!
少しずつ心が近づいていく感じがちゃんと伝わってくるんですよねー その辺りも脚本が素敵で良かった。9話と最終話だけはちょっと駆け足で残念だけど。
韓国は背の高い俳優さんが多いけど、女性の方が背が高いカップルも悪くないよねー!新鮮で良いです。

他の俳優さんもあんまり見たことない人が多いのも、変に先入観なくドラマを楽しめる理由の1つなのかもしれないな・・・
やっぱり沢山ドラマを見てしまうと、以前の作品の印象が強く残ってしまう俳優さんも多いですもんね!

 

どうやらシーズン4まであるみたいなのですが、どうにもこうにも見たい韓国ドラマが見つからないっていう時の保険に楽しみに置いておこうっと!

 

 

神のクイズ シーズン1が見れるのは・・・