【香港映画】楽園の瑕 終極版 の感想 ただひたすら幻想的な映像の美しさに浸る

「楽園の瑕 終極版」を視聴しました。楽園の瑕を見たような見ていないような記憶が定かでないのですが、どっちにしても終極版は見ていないのは確かなのでなんとなく気が向いたので見てみましたよ~ あの頃のウォン・カーウァイ作品はほとんど見たような気がするんだけどな。でもそんなくらいの記憶でいいのかもしれない。この映画で出てくる砂漠の風景みたいにその記憶も砂に埋もれてしまうくらいでちょうど良いのかもな。

 

スポンサーリンク


 

ウォン・カーウァイ監督作品というのは本当に独特の世界観がありますよね。この映画もそう。金庸の「射鵰英雄伝」に出てくる登場人物の外伝的なストーリーらしいのですけど、一般的な武侠ものとは一味も二味も違います。

欧陽鋒(レスリー・チャン)は西域の砂漠に腰を落ち着けているにも関わらず、なんだかロードムービーの趣があるような気がする。そこを訪れ去っていく人々がいて、出会いと別れを繰り返しているせいかもしれない。通り過ぎていく人々を通してみるのは自分の人生。欧陽鋒の体は旅していないのだけど、心は旅をしているように見える。それは砂漠に吹く風のせいなのだろうか?

それにしても豪華なキャスティング。黄薬師(レオン・カーフェイ)が酒を煽る姿が美しい。

剣士役のトニー・レオン。馬賊との闘いのシーンはカメラも人物の動きに合わせて動くスタイル。傍観者というよりはその戦いのまん中に放り込まれる感覚。これを物足りないと思うか、美しいと思うか。視力を失う役のトニー・レオンの光る白目部分とあれた唇が印象に残っている。

欧陽鋒の最愛の人の役はマギー・チャン。愛していると彼が言ってくれなかったからと兄嫁になる。この心の動きはどこか分かる気がする。忘れたくて忘れて欲しくない。そして忘れることなんて出来ないのに。

 

答えがあるようでない人生のロードムービー。そんなものを見ている気になる。沢山出てくる登場人物の中で、自分の見る時期によって誰の目線でこの映画を感じるかが変わるかもしれないなんて思う。待つだけなのか、追いかけるのか、後ろを振り返るのか、前に進むのか。意味を深く考えるのもいいし、ただ美しい映像と雰囲気に身を任せるだけでもいいのかもしれない。

 

楽園の瑕 終極版が見れるのは・・・



こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す