【中台ドラマ】シンデレラの法則 の感想 ほんわかゆるく楽しめるドラマかな!

チャン・ハンとジョー・チェンが主演のシンデレラの法則を視聴終了しました!
結構あっという間に駆け抜けて見ちゃったな・・・

お昼12時のシンデレラですっかり好きになったチャン・ハンですが、このドラマでは全然ツンデレじゃない可愛い男性を演じてます。でも、このドラマを先に見たら私はもしかしたら彼のファンにならなかったかも・・・?あんまり尽くす系はタイプじゃないからなーなんてことを考えるとドラマの中の役柄が影響するんですねえ。

とはいえ、大好きなリン・シャオジエがカオ・ズーチーと何をしているのかが気になって仕方なくて花に隠れて盗み見てたり(そんなんじゃばれるよ・・・)、友達のアダム・ベアがリン・シャオジエにキスするふりをしたら、隠れてたのに我を忘れて走って出て行っていたのがばれたりするチャン・ハン。優しくってでもちょっと優柔不断だけど、まあそれも魅力的なんですよねー こんな柔らかい感じも似合うんだなあってちょっと意外な感じ。

 

スポンサーリンク

 

どうやら脚本は「ハートに命中100%」のスタッフ陣のようで、このドラマもハートフルな感じ。ちょっと悪い人も出て来るけど、最終的にはまあ改心する感じでおおまかには平和です。

しかし、デパートを乗っ取ろうとする方のやり方も、取り返そうとする方のやり方もちょっとちょっと・・・どうなんそれ?簡単というか単純というかひねりがないというか、ちょっとあれ?とは思ったのですが、まあそこが大事なとこじゃないですから、まあいいのかな! あとは、デパートの社長がそこまでお金持ちだとか、オーナー経営とかが今時あるんだろうか?とか他にもいっぱい気になるところはあるけど、その辺りは深く考えずにスルーしてゆるく見る方が良さそう。


イギリス、上海、台湾のシーンが出てきますが、イギリスということもあって結構大事な小道具としてピーターラビットが出てきます。

ジョー・チェンが抱きしめてるのはもちろん可愛いし、確かに彼女はちょっとウサギさんぽいかも?ゴージャスって感じじゃなくて素朴ですもんね。

でもびっくりだったのは、チャン・ハンが抱きしめても似合うことですね・・・
か、可愛いじゃないか ぐぎぎぎぎ

ジョー・チェンは結構好きなんですが、その理由を考えていたところ、「媚びがないように見える」からかなと。こういうお金持ちのイケメンに好かれるヒロインがぶりっ子だったり、自分ではそんな気がなくても媚が垣間見えるような演技をされると私は途端に冷めてしまうんですよね。でも彼女の演技はどこか冷静で、いい感じでアラサー感が出ていて現実感があって良かったなと思います。

でもちゃんと可愛いので、もてるのもわかるー!って納得できる感じなんですよ。

そしてもう一人のヒロインのお相手、カオ・イーシャンですが、これまたなんかすごいイケメンでびっくりですよ。
195センチくらいあって、チャン・ハンが小さく見えちゃうくらいだし、スタイルも完璧。私としては好きなタイプの顔ではないけれど、好みとかそういうのを置いといて、いやもうこれはただのイケメンだと認めざるを得ないような圧倒的なパワーがある人だなと思いました。すごい。

 

女性陣もなかなか綺麗な方も多くて気になったんですが、特に私が好きだったのはこの二人かな!

シャオジエの友達ジアイー役のシア・ユーチャオ
表情が豊かで魅力的!

あとはショートカットが可愛いホァンハイ百貨店の企画部の同僚の子!
多分タン・イーシンって女優さんかな?
最後にロングヘアで出て来るシーンもあったけど、ショートが断然可愛いです。
ショートが似合う女性に憧れるんですよね~ 鮮烈な魅力がある気がする!

 

上海が舞台になってからは、チュウチュウとその父の邪魔もあって、タン・ジュンとリン・シャオジエがうまくいかない感じなんですが、とはいえ気持ちを確認するのにお互い臆病なだけだったり、ちょっとした擦れ違いがったりで、本当は心の中では好きなくせに!と思いながら見てたので私はそこまでイライラしないですんだかな。

ラストが結婚式とか、子どもが出来て幸せたっぷりとかのありがちな終わり方じゃなくて、タン・ジュンとカオ・ズーチーがまだ張り合ってるの!?みたいな可愛い感じだったので、そこは好感度大でした!

 

今の時代はシンデレラと言っても、お金持ちの男性に見初められるっていうだけでは無くて、女性も自分のキャリアを積み上げて仕事の達成感も手に入れて、そして魅力的な男性もゲットするというストーリーが多いんだなと思いました。社会の状況に応じて視聴者層が望む幸せがそうなんだろうと思うんですが、幸せの形って時代とともに変わっていくものなんだな~と、そんなことを思いました。

 

シンデレラの法則が見れるのは・・・



【中国ドラマ】お昼12時のシンデレラ の感想 面白かったし、チャン・ハンが素敵でした!

最近は韓国ドラマより台湾とか中国のドラマを見ることが増えているのですが、その理由はいくつかあります。

まず、1話の時間が短いこと。だいたい1話が45分くらいなんですけども、オープニングにもラストにも主題歌があるので、それを飛ばしてしまえば実質は40分くらい。どうも私の集中力が続くのがそれくらいがちょうど良くて楽ちんなんです。韓国ドラマの1時間越えになってくると、よっぽど好きなドラマ以外は途中で何か違うことを始めてしまうこともあったりするんですよねー^^;

そして次に、これは特に中国ドラマをいくつか見て思ったんですが、起承転結の起に当たる始まりの部分の作り方がうまいこと。まだ数本しか見てないので、全体的にはどうか分からないのですが、このドラマも特に最初の導入部分が工夫されてるな~なんてことを思いました。役者さんも知らない人が多いので、とりあえず1話見てみようと視聴してみるのですが、だいたいそのまま最後まで見てしまう感じ!今のところの私の印象なんですけどね!

という訳でこの「お昼12時のシンデレラ」もdTVで未試聴で何か面白いの無いかしら・・・と探している時に見てみたら面白かったので見た!って感じです。

 

スポンサーリンク

 

中国ドラマは知ってる俳優さんが少ないので、どれを選べばいいかの手がかりが少ないのですが、見たことのある人が一人だけ出ていました。

あの星空、あの海。に出ていたホアン・ミンです。プレイボーイなのに実は一途という役柄までとても似ていたな~ 確かに人当たりが良いタイプなので、そういうところも、主役をサポートする友達役ってのがピッタリだなと思います。

 

そして、フォン・トン役のチャン・ハンは写真で見るとあまりタイプじゃないしかっこいいともなんとも思わなかったんですけど、見ていたらどんどんカッコよく見えてきたので、動いている方がステキに見える人なのかも。
そう、役柄のフォン・トンが魅力的だったのもあって、いつの間にかチャン・ハンばかりを見てました!ドラママジック!

ブラインド越しにシャンシャンがお弁当を食べるのを見るフォン・トン!
彼女が食べ出すと自分は室内で一緒にお弁当を食べ始めるんですよ・・・ナニそれ!ひー!

社長であるフォン・トンが一社員のシャンシャンを好きになるんですが、その徐々に好きになっていく過程がちゃんと表現されていて、そこが好きだったなー。
あんまり感情を表情に出さない演技なのですが、そこがまた良かったー!

真剣な顔をしていると正に社長の雰囲気なんだけど(でもコートの襟は立て過ぎだとずっと思ってたw)

笑うとこんなキュート!!困ったなあ~すっかり好きになった。

フォン・トンが素敵だったのは、もちろん社長だとかお金持ちだとかカッコイイとかもあるんですけど、他の女が自分の彼女に対してした意地悪にちゃんと気づいているところ!男性ってそういうの全然気づいてくれなかったりするんだけど、彼はちゃんと知ってるの。そういうのって意外と一番嬉しいことだったりするかも。

キスシーンも多いんですけど、それよりも子豚ちゃんって言いながらシャンシャンのほっぺをつねるチャン・ハンが可愛くて好きでした。げぼー
つねられてる方じゃなくてつねってる方を可愛く思うってどうなのよっていうのはさておき。あはは

シャンシャン役のチャオ・リーインは幸せそうにご飯いっぱい食べるキャラには合っていると思うんですが、化粧が濃すぎるような気がしちゃいました。アイラインと眉毛が気になってしまう。古装には合いそうなメイクだったんだけど、洋服にはもっとナチュラルメイクが合う気がするなあ。まあ髪型によって印象が全然違うのですが、最後の方のストレートが一番良かった気がします。

あ、中国名のシャンシャンとか、メイメイとか、同じ二文字を重ねる名前がとっても可愛くて好き。私も中国人だったらそういう名前になりたいな~と勝手に憧れてます。いや、イケメンに呼ばれたいだけなのかもしれないw

それにしても、純粋で素朴な女の子を表現するのってとっても難しいと思うのです。それと鈍感や無神経の境界線ってとっても微妙ですから、純粋で素直を表現する脚本を作るのは大変だなあと思います。そうだなあ、私にはシャンシャンのセリフや行動が純粋で素朴にはあまり見えなかったかなあ・・・うーん。

しかし、やたら出て来る瓶に入った色とりどりのカクテルみたいな飲み物が気になりました。黄色とか水色とかピンクとか!スポンサーの商品なんだと思うんですが、あまりに何度も出て来るので飲んでみたくなりましたよ!

そして、中国ドラマはメインキャラっぽい人の人数が多めだなってことも思ったのでした。韓国ドラマだと男女4人ってだいたい決まってるイメージなんだけど、中国ドラマは色々だな~と。そしてみんなにちゃんとそれなりにお相手が出来るイメージなんですよね。そういうのもちょっと新鮮で面白いので、色々見てみるのは興味深いなあなんて思います。

 

まあともかくストーリーもなかなか面白かったし、何よりもチャン・ハンがステキだったので見て良かった!そして次も彼が主役のシンデレラの法則を見ているので、演技の違いを見比べるのが楽しみです!

 

お昼12時のシンデレラが見れるのは・・・



  

【中台ドラマ】屋根の上のエメラルド の感想 マ、マジで・・・!って最終回でビックリのドラマだった

屋根の上のエメラルドをラストまで視聴終了したんですが・・・
最後まで見て出た言葉がこんな感じ。

なんてこった ひえー!そんなのあり!?

これはなんだろうあれかな?
中国では「受けた恩は返す」という思想が儒教だとかの影響であってこういう犠牲の精神が当たり前なんでしょうか・・・?

ともかく何とも言えない気持ちになるラストです。

 

スポンサーリンク

 

2006年のドラマなので、やや古い感じはあるのですが、それを差し引いても全体を流れる空気感がとにかく暗いです。
挿入歌のせいもあるのか、ドラマのストーリーのせいなのか分かりませんが、不思議なくらい暗いなあと視聴途中から思っていました。そして以上なくらい回想シーンが多いので、もう分かったよ!みたいな気分に何度もなりましたね・・・

 

念中と家琦が愛し合っているという事実だけは間違いが無いのですが、それぞれその二人片思いしている人たちがとにかく諦めません・・・
佩妤も聶凱もとにかくいつか報われると尽くし続ける。でもはっきり言ってそこまでいくと怖いよ!マジで!

そうだなあ、私はどっちかというと聶凱の方が見ててしつこくて辛かったんですけど、念中に対して「親友だから」譲れと迫るような感じがずるくて見ててとても嫌でした。都合の良い時に振りかざす「親友」という言葉に気持ち悪さを感じてしまう。
家琦とも親友だって言ってるんだから、彼女の念中を愛してるという意思を尊重してお前こそ身を引きなよ!みたいな気持ち。
自分の気持ちを押し付けるばかりで相手の気持ちなんてちっとも考えないので、見てて本当になんだかなあ・・・でした。
その上、武術の先生に「試合は諦めた方が負けだ。終わるまで分からない」とか言われて、そうだ!だから家琦を最後まで諦めない!とか言い出すんだけど、恋愛を武術の試合と一緒にしないで~!相手の気持ちを考えて~!と画面に向かってツッコミを入れてしまいましたよ。

エメラルドのペンダントを白露の日に愛する人に渡せば二人は永遠に結ばれるという伝説があって、家琦は念中に渡したんだけど、それを知った聶凱は念中に俺ももらったと嘘をつくんですよね。自分のは家琦が落としたのを勝手にネコババしたものなのに。これで念中は家琦がどっちにも渡してたなら俺が好きってことじゃなかったんだ・・・ともちろん思いますよね。そんな酷いことをして親友なのかな?うーん。
人を行動を縛るために使われる「親友」って言葉が非常に薄っぺらく感じられるドラマであった・・・

 

とはいえ、この恋の一番の障害は博打で借金を作ったり、お金持ちと結婚をさせるために画策する家琦のお母さんだったと思うので、この愛を叶えるためにはお母さんを捨てるしかなかったのかもしれないな。捨てるというか離れる?
まあ無理なのかもしれないけど、でもそう思う・・・

 

あと気になったのは家琦と念中の思い出が入った缶がヨックモックのに見えたこと!台湾にもあるのかな?シガール食べたくなる!

 

ともかくウォレス・フォとスン・リーは美男美女で美しかったし、最後はビックリしたし、面白かったかというと何とも言えないけど、或る意味感情を掻き立てられるドラマではありました!

 

 

このドラマが見れるのは・・・


  

【台湾ドラマ】戦神~MARS~ の感想 ヴィック・チョウがほんとに少女漫画から抜け出て来たみたい!

なんだかタイトルを聞いたことがあるな~と思っていたら、日本の漫画が原作のようです。惣領冬実さんの漫画はボーイフレンドは読んだことがある気がします。
このドラマの原作も含めて他は多分読んだことないかな・・・?

台湾ドラマを見ていると、これは日本の本や漫画が原作なのかな?と分かる理由があって、それは役名がそのまま原作の日本名で字幕が出るから。
それで気づいて、原作を調べてみるっていうことが多いかも。

 

スポンサーリンク

 

幸い原作を知らないので、何の先入観も無く見れたんですが、雰囲気のある映像でなかなか良かったな、という印象です。

私は台湾版の花より男子の流星花園は見ていないし、この頃の台湾ドラマも全然見ていないので、ヴィック・チョウもバービィー・スーも初めてでした。

ヴィック・チョウは、後ろ髪長っ!て思いましたけど、でも生き急いでいるような生き方をしている零のイメージとぴったり!バイク乗ってそうだもん。
漫画から飛び出して来た感じの現実味の無い感じがとても合っていました。

バービィー・スーはちょっとこのドラマでは大人しい役なので、服装がかなり地味で、最初の頃は可愛いのかどうかがよく分からないような気分だったんですが、だんだんとよく見ると顔小さいくて、お目めぱっちりで綺麗なんだろうな~と分かって来ました。

傷ついた2人の気持ちが少しずつ近づいてお互いにいなくてはならない関係になっていくのが正に少女漫画の世界!そして起こる事件もなかなかにそんな感じ。

あと、キラが美術部で、麗をモデルにして描いた絵が出てきたり、弟の聖が書いた絵が出て来たりするのですが、その絵がとても良かったのです。
展覧会で飾られている『零』の絵を見て、みんながわあ!って言うのが、真実味があって、私もちょっと心奪われるような気がしました。
小道具として使われているあの絵の効果は結構大きいかも。

 

あとは、メーガン・ライが出てて、当たり前なんだけどちゃんと女の子だったので、アニキに恋してはかなり男の子の歩き方とか動作とか研究して演技したんだろうな、と思ったり、アリスへの奇跡で出てたシュウ・ジエカイを見てこういう主人公の友達役とか似合うなあと思ったり、ショーン・アンのサイコパス役だけは少しだけ物足りなかったかな、とも思いました。でもああいう役は特に答えが無いから難しい・・・

 

漫画のイメージを壊さずに作られた独特の雰囲気が素敵なドラマだったと思います!
アイドルが出てるドラマみたいだからどうかな~と思ったけど、意外と良いドラマでした。

 

戦神~MARS~が見れるのは・・・


【台湾ドラマ】 笑うハナに恋きたる の感想 見ているうちにだんだんハナのハッピーに巻き込まれる!

ディーンフジオカも出てるし、ちょっと見てみようかな~と思ったら、意外と面白くなってきてdTVで最後まで一気に見ちゃいました。
「笑うハナに恋きたる」って凄いタイトルだなって思ったけど、
内容と結構合ってるような気がします。なかなかうまいです。

 

スポンサーリンク

 

ハナは天然パーマだし、洋服のセンスもかなり個性的で、最初はギョッとする感じ。
そしてドラマの中で、スタイリストのタムを演じるウィルバー・パンもそう思って、最初は悪趣味で嫌いって言ってるのに、だんだんハナの心優しいところを知って惹かれてることに気づくんですよね。

ドラマで「良い人」として設定されてて、まわりの登場人物から「良い人だ」「性格がいい」と台詞で言われるものの、全く良い人に見えないってことがよくあって(彼女はキレイだったとか!)、そういう時はドラマ全体の説得力が無くなっちゃって面白くなくなってしまうんですけど、このドラマでのハナはそういうところが自然で私も良い子だなといつの間にか思わされて、だんだん好きだな~と思ってました。

レイニー・ヤンは初めて見たので、素がどんなタイプか分からないけれど、このドラマではしゃべり方とか歩き方とか表情とかぶっ飛んだハナに成りきってて、結構上手だと思いました。
他のドラマではどうなのかとっても興味があります。

ウィルバー・パンももちろん初見で、特に好きも嫌いもなかったけど、だんだんかっこよく見えてくる魔法w
タムがかなり毒舌だったのですが、かなり板についた感じだったので、これまた全然違う役を演じてるところを見たいな~と思いました。

そしてディーンさんは、メインキャストを多分吹替えじゃなくて自分で中国語を話して演じてて凄いな・・・と思いました。
しばらく日本でいたという設定ではあるものの、台湾人の役ですからね。
王子様をオトせ!を見た時は、むしろ日本人って知らなかったしな・・・

ともかく台湾でもイケメン設定だったから、カッコイイの基準は結構似てるんだな!
それにしても変なギャザーがビラビラの光沢素材のシャツを何度も着てて、そこはちょっとwと思いましたけども!!!

ミシェル・チェンも少し前に見た映画の花様とは全く違うタイプの恋に必死になるあまり少し意地悪な役。
そんななのに、意外とどんくさくって怪我ばっかりしてるというコミカルな部分も違和感無くてそれも良かったです。

台湾ドラマはどれもな気がするけど、家族の描き方がとても優しいなと思います。
面白可笑しく作られているけど、このドラマもそう。
それぞれの家族がハナのおかげで変わっていくのが良いです。

 

アニメっぽい大げさな作り方だし、コミカル過ぎると思う人もいるかもしれないので、苦手な人もいるかもな~とは思うのですが、でも個性的なハナが自分のありのままを受け入れて、そして明るいパワーでまわりをハッピーにしていく姿が見てる人まで元気にしてくれる可愛いドラマだなと私は思いました!

軽い気持ちで見れる、意外とオススメのドラマです!

 

笑うハナに恋きたるが見れるのは・・・