【韓国映画】蜜の味 〜テイスト・オブ・マネー〜 の感想 お金って一体なんなのかしら?

蜜の味 〜テイスト・オブ・マネー〜を見ました。キム・ガンウが出演していたから見たんですけどもこれまたなんとも言えない気分になる映画でありました。ユン・ヨジョン演じる財閥ユン家のペク・クモクが秘書のヨンジャク(キム・ガンウ)を誘惑する場面があまりにも強烈だったからですよ!拒めずに言いなりにってしまうヨンジャク・・・ ああ。

 

スポンサーリンク


 

監督はイム・サンスで、この映画の前作はハウスメイドです。この映画の中で財閥一家がホームシアターで映画を鑑賞するシーンがあるんですが、そこで流れているのがハウスメイドだったし、他のセリフにも彷彿とさせる場面があったので先にハウスメイドを見てからの方が面白いかも。ここの財閥家のユン・ナミはハウスメイドの映画の中で女中が自殺するのを見てたこどものナミなんですよね。そんな感じで話が繋がっているイメージ。

お金という蜜の味は一度味わったら離れられないというストーリーなのかと思ってると、それを捨てようとするユン・ギョンソン会長がいたり、ヨンジャクもクモクを拒めなかったところからもっとお金の味にはまってしまうのかと思ったらどこか最後の部分で踏みとどまっている印象なので、どこか救いがあるストーリーのように感じました。

ハウスメイドもだったけれど、監督はこの映画も色んな問題に目を向けているのだと思います。メイドが韓国人だけではなく、フィリピン人になっていたりするのも韓国の現状を映しているのだろうし、日々感じることを映画という形で表現しているんだろうな。

見終わった後はやっぱりユン・ヨジョンのベッドシーンが強烈でその印象が強く残ってしまったのだけれど、あとからじわじわと色んなシーンが絵のように記憶によみがえってくる印象があります。積まれた札束とか、キム・ガンウ演じるヨンジャクがお金を前にした時の表情がどんどん変わって行く様とかフィリピンでのシーンとか。そしてなんとなく長く心に残ってふとそういうことだったのかな、とそんな感情を呼び起こすような感覚。

何かひとつそういう風に忘れられないような衝撃をわざと作って、それによって他の部分も相乗的に印象に残るような手法を使っているのかしら?わかんないけど。
でもそのせいでなんだか忘れられない映画になっている気がします。好きとか嫌いとかでは表現できないですが、自問自答を問いかけられるような映画でした。

 

蜜の味 〜テイスト・オブ・マネー〜が見れるのは・・・


こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す