【韓国映画】コンフェッション 友の告白 の感想 ヒョンテの疑心暗鬼が噴出するラストが苦しい

韓国映画の「コンフェッション 友の告白」を見ました。チュ・ジフンとチソンが出演しているので見なきゃ!思って見たんですけど、絶妙に心が苦しくなるような映画でしたね・・・ クライムサスペンスってうたわれてるんだけど、それよりも友人とは?とその定義について考えさせられるような気分になったのでありました。

 

スポンサーリンク


 

友達といいながら相手に対して本当は複雑な気持ちを抱きながらつき合っているというのはよくあることかもしれない。それでも何事も起こらなければそのままつき合っていけるのかもしれないのだけど。

ヒョンテ(チソン)、インチョル(チュ・ジフン)、ミンス(イ・グァンス)の三人は高校時代からの親友同士。ヒョンテの娘の誕生日にはプレゼントを持って集まったりと良い関係を築いている。しかし、保険外交員のインチョルがヒョンテの母親の願いを聞いて彼女の経営するギャンブル場に火災を起こすことで保険金をもらえるように計らい、ついでに親子の和解もさせようとするも、不幸なことにヒョンテの母親が命を落とすこととなる。警察が犯人を捕まえてくれないこと業を煮やしたヒョンテが自分で犯人を捜して復讐をしようとするが・・・というようなストーリー。

インチョルは見栄っ張りでちゃらんぽらんで一見悪い人に見えるんだけれど、実は一番友達思いな人だったことが分かってくるんですが、反対に消防士で品行方正に生きているように見えるヒョンテが友人たちを本当には信じていなかったことが分かるラストが苦しい。妻に聴覚障害者を選んだり、ギャンブル場を経営している母親の職業が許せなかったり、自分が善の方にいることをことさら強調するような生き方は本当は自分の心の闇を多い隠すためだったのかもしれないと思わされるのです。

結局、最後までインチョルとミンスは(それがうまくいったとはいいがたいけれど)友達のことを思って行動していて、でもヒョンテは最初から誰のことも信頼出来なかったのかな。だから高校時代の出来事をインチョルに伝えて信じていなかったと告白出来てしまうけれど、インチョルはあくまでもヒョンテの母親がインチョルに放火してくれと頼んだことは言わない。それを言ってしまったらヒョンテが傷つくと知っているから。

 

誰もすごく悪い訳ではないのに、最悪の状況に行きついてしまうのを見ているのが苦しくなる。チュ・ジフンが演じる偽悪的なインチョルが最初は過剰に見えたけれど、ヒョンテの告白を聞いて歪めた彼の顔が忘れられないほど印象的だった。チソンの抑えた演技も悪く無いけれど、チュ・ジフンに食われちゃったところもあるかな・・・ イ・グァンスはいつもの感じの役なのでまあ良かったですよね。しかし、三人が同級生っていうのはちょっと見えなくて最初は違和感ありましたかね・・・

韓国映画ってこういう苦しい人間の心の裏側みたいなのを描くのがうまい気がする。引っ張りこまれて一緒に苦しくなること多い気がするな・・・ それなりに元気があるときに見た方がいい気がする映画かもしれない。

 

⇒Netflix






【韓国映画】キッチン〜3人のレシピ の感想 ヒロインのシン・ミナちゃんがとても可愛い!

映画の「キッチン〜3人のレシピ」を見ました!おうちのインテリアやお料理も綺麗で素敵。結局不倫の話じゃん!と思っちゃう人には楽しめないかもしれないんだけど、私は人それぞれだしそんなこともあってもいいんじゃないかなって思うんだな~ 愛のカタチって色々だもん。

それにしても「キッチン」というタイトルを聞くと思わず吉本ばななを思い出してしまうんですが、全然関係ありませんでした~!!!

 

スポンサーリンク



 

ヒロインのモレ役のシン・ミナがとても可愛い。絵を描いたり、日傘だけを扱うお店をやってるのとか(雨傘は売ってない)、独特の感性を持った女の子。彼女の行動を見ると天使とも小悪魔とも言われちゃうのかもしれないけど、モレはただモレ本人なだけなんだろうな。

出会った日にドゥレ(チュ・ジフン)に惹かれてしまって、そしてそのことを夫のサンイン(キム・テウ)に正直に伝えてしまう。相手が誰かというのはサンインに聞きたくないと言われて伝えなかったんだけど、そのドゥレはサンインの料理の先生で三人一緒に住むことになるのでした。

ちょっと現実離れしたところのあるモレとドゥレが惹かれあうのはなんとなく分かる気がする。感性が近いのか二人の纏う空気は少し似ている。モレにとってドゥレを好きなことがダメなことなんじゃなくてそれによってサンインを傷つけてしまうことが苦しかったのかもな。

モレがサンインにドゥレとのことを伝えたのは、サンインという存在が兄であり夫であり家族だからなのかな。罪の意識はないのか!?とかいう次元じゃなくて、ドゥレに惹かれるのは例えばお天気の日が好きとか綺麗な花が好きとかそういう感情に近かったのかな、なんて思う。なんとなく。

サンインは普通の感覚の人だったので、最後はどうなっちゃうのかな~と思ったら、ほうほうなるほどって感じのラストでした。感性に流された切ったラストではなくて一般常識の範疇で収まりましたね・・・

私は3人で暮らしていくっていうのもありなのかなって思って楽しみにしていたんですけどね~ 自分がそれを出来るかっていうとまた別の問題かもしれないけれど、そんな関係の人たちがいてもいいのかなって思うのです。多様化の時代ですから。当人同士の了解がとれていれば自由でいいんではないかなと思うのでした。

 

キッチン〜3人のレシピが見れるのは・・・

 

【韓国ドラマ】メディカル・トップチーム の感想 韓ドラには珍しく三角関係にならないのが良かった!

メディカル・トップチームの視聴を終了しました!それにしても医療系のドラマが結構いっぱいありますねえ・・・ それぞれのドラマで舞台となる「科」が全然違うので、そういうのを知るのは興味深いです。そして必ず権力争いの構図が出てくるのもお決まりで、お医者さんって技術を磨くだけでも大変なのに、派閥争いとかまでやらないといけないの大変だなあ。まあ一般企業でも多かれ少なかれそういうもんかもしれないですが・・・。

 

スポンサーリンク


 

このドラマは結構好きなチュ・ジフンが出てるのでいつか見ようと思ってたんですが、彼ってどこか影のある役が似合うと思うんだけど、ここでもやっぱり愛人の子で父に辛く当たられているというそういう役どころ。陰の気を持っているのが魅力の役者さんだな~と思うのですが、このドラマでもそれを遺憾なく発揮してましたね~

でも気になったのは髪型ですかね・・・ サイドを刈り上げてるのにめっちゃ髪の毛多くてすごい濃いなあと思って見てました。前髪全部上げてたからかなあ。前髪があるとそこまで思わないんですけども。

内容はメディカル・トップチームを権力争いに利用したい人々の攻防って感じなんだけど、まあそこまで酷いやり合いって感じでもないので、見ごたえがあるような無いような気分。それよりメディカル・トップチームのメンバーが仲たがいをしたりもするけど、なんだかんだと仲良しこよししてるのを見てる感じだったかな。

しかし、クォン・サンウが敏腕な外科医には見えなくてですね。なんでかなと考えてたんですけど、体格のせいなのか声のせいなのかなんだか医者っぽく無かったな。ムキムキだからそう感じるだけかもしれない・・・ 町の優しいお医者さんならまあ悪くないとは思うんだけどなあ。でも妙に天真爛漫な感じがうまくチュ・ジフンと対比をなしていたと言えなくもないか。

でも良かった部分もあったんですよ!見始めてすぐに「あ~これはクォン・サンウとチュ・ジフンがチョン・リョウォンを好きになって取り合う三角関係のパターンだ!」と思ったのにそうじゃなかったこと。ドラマに定番のそれだと思ってたら、いい意味でそこは期待を裏切られて良かった。だってあの孤独なハン・スンジェ(チュ・ジフン)にはソ・ジュヨン(チョン・リョウォン)が理解者としてそばにいてあげて欲しいですもん。しかし、パク・テシン(クォン・サンウ)の相手がチェ・アジン(オ・ヨンソ)だったのはビックリ。彼女はキム・ソンウ(チェ・ミンホ)と付き合うと思ってたのにな~。ミンホはアイドルだから恋人ができる設定はダメなのかと穿った見方をしてしまう私であった。

そして、救急室にいるお医者さんになんだか見たことある人がいるな~と思ってたら、HISTORYのドギュンさんが出ていたのでした。あんまりよくは知らないんだけど、友人が好きだったので写真を見せてもらったりして名前をよく聞いてたんですよね~ それでなんとなく見覚えがあると調べたら、あードギュンさんだと思い出した訳です。こんなドラマにも出てたんですねえ!HISTORYはもう解散したみたいだし、ドギュンさんは兵役中かな?たくさんアイドルいるけど頑張って~

 

ドラマはすっごく面白かったかというと普通って感じだったんですが、ラブラインが意外性があってちょっと良かったかな、と思います。後は女医さんも変に着飾ってなくてそういうところは真実味があって良かったです(ピンヒールとかミニスカートとか履いてるとそういうとこばっかり気になってしまうタイプなので・・・)

オススメ度合いは中くらいというところでしょうか!

 

メディカル・トップチームが見れるのは・・・





 

【韓国ドラマ】蒼のピアニスト の感想 親子の愛憎復讐系ドラマ!最後がすっきりしないのが残念かな!

なかなか復讐モノのドラマを見る機会は無いのですが、この「蒼のピアニスト」はキャスティングが私にとって魅力的なので、挑戦してみました。

見終わった結果、疲れた!え?最後はそんな感じなんだ~という感想を抱きました。でもまあ、なんかよく分からんが集中して見たのでそれなりに楽しんだとも言えると思います・・・!

 

スポンサーリンク

 

チュ・ジフンとチ・チャンウクはどちらも好きな俳優さんなので、兄弟対決を楽しみにしてましたが、そうねえ、チュ・ジフンの演じるジホは真面目でいい人過ぎ(途中で復讐始めると悪くなるけどでも根本的には変わらない感じ?)で、チ・チャンウクが演じるイナは被害妄想で卑屈で卑怯過ぎ(最後は良い人になる感じだけど)というそれぞれが一面的な感じがして、一人の人間の中にある感情の深みみたいなものが描き切れてなかったような気がしてしまった。

全体的に人物造詣がそんな感じで、ちょっと面白味が無い感じ。

チュ・ジフンは、ピアニストが似合ってたし、スタンドカラーとか長め丈のちょっと個性的なスーツは良かったです。でももうちょっと分かりにくい性格を演じてるのを見る方が好きだなあって思う。とはいえ不幸な生い立ちとか境遇が似合う影のある表情が得意な人だなあと。

チ・チャンウクが演じてたイナの性格は好きじゃなかったけど、完全に卑怯な性格をリアルに演じてたので、本当にそんな人に見えて凄いなあと思いました。でも人を殺したかもしれないってなったらこんな気弱な人があんな風に普通の生活送れるかなあという違和感もあったりね。
あ、内容とは関係ないけど、最後の方で更生してユ・ジホをヒョンって呼び始めるのが、いい!っ思って。なんかこうチ・チャンウクが誰かをヒョンって呼ぶ声がいいなあ~と思ったんですよ・・・ この辺は完全にただの私のツボの話です。ああ。

チン・セヨンは普段あまり得意じゃない女優さんなんだけど、このドラマではあんまり気にならず、結構良かったかも!
でもダミもいい子過ぎてちょっとつまらない役柄だったような気がするなあ。何があってもジホを好きでいてくれるのは救いでもあるんだけど。うーん。

お母さん役のチェ・シラは迫力があって良かったですな。
口紅をどうやってあんなキレイに塗るんだろうか・・・とメイクばっかり気になってました。
人の感情ってこじれるとあんなことになってしまうのね、という恐ろしさがあったなあ。ともかくジホに対しての憎しみが常軌を逸しておりましたねえ・・・

そうそう、思いっきりハイキックのジュナとムニの大食い親子が出てて、その度にどうしても笑ってしまうのでした。多分彼らについては、ハイキックでのおもしろ親子の姿以外を今後も思い描くことが出来なそうだ・・・

 

結局ラブラインは因縁のある関係でどうしようもないからとあっさり諦める感じだし、何が起こっても思い合ってるジホとダミというのは純愛でいいんだけど、ちょっとつまらないような気がしてしまったかなあ。母と息子の愛憎があまりにも激しすぎるから対比してそう思ってしまうだけかもしれないですけどもね。そういえばソユルもそのお父さんの教授もいつの間にか出てこなくなって雑な扱い過ぎな気も・・・

面白く無いことも無いんだけど、全体のストーリーとしていまいちスッキリしないのは、新しい事実が分かった時にどうしてそんなことをしたのかがはっきりと種明かしがされないところかな、と思います。例えば、どうしてユ会長がジホを自分の子として家に連れて来たのかの真意は知りたいじゃないですか。もちろん想像して、チェ・ヨンランを苦しめるためだったのかなとか色々は考えるけど、本当はどうだったのかが分かる方が良い部分だと思います。そういう部分(はっきりした方が良さそうなのに曖昧な部分)が多くて、メリハリが無い感じがしちゃったかなあ。

こんな内容の復讐モノのドラマに出演すると、俳優さんってとっても疲れちゃうんじゃないだろうかと思ってしまいました。しばらく役から抜けれずに苦しみそう。うう、お疲れさまだなあ・・・とか余計なことばかり考えてました。やっぱり私はこういうドラマを見るのに向いてないのかも。とっても疲れた。

それはまあともかく韓国ドラマを見ていると、親子関係が日本なんかよりずっと濃厚な気がしてしまう。あとは思ったことははっきり口に出すっていうのも感じるかな。まあ日本でも韓国でも関係なく、血縁だろうが、他人だろうが、人をいじめたりひどい事したらダメってことですよね。最終的にどんな関係になるか分からないですからね!

 

蒼のピアニストが見れるのは・・・




 

【韓国映画】私は王である! の感想 ありがちなストーリーだけど楽しく見れる映画!

チュ・ジフン主演の「私は王である!」を楽しく見ました!
王様になりたくなくて宮殿を逃げだした王様が、同じ顔をした奴婢と入れ替わってうんぬん・・・
というありがちと言えばありがちな内容なのですが、最後まで楽しく見れました。

配役もそうだし、お笑い要素をふんだんにちりばめてあるので、軽い気持ちで見れます。
Gyao!で無料配信だったので、ちょっと試しに見てみたらややコミカルな感じだったので、あえて見てみようと思ったのです。
それは、最近までチュ・ジフンの出ている魔王を見ていたので、まるっきり違う役を彼が演じるドラマや映画を楽しめるのかどうかを試してみたいと思ったのです。




 

魔王でのチュ・ジフンの演技は素晴らしかった!と思ったのだけど、ただそれが彼に向いている役だからだったのか、それとも他のドラマでの演技も良いのか知りたかったのです。

そういう意味では、全く違う姿を見せてくれたので、満足です。
更にチュ・ジフンの出演するドラマや映画を見てみたいなと興味を持ちました。
演技がうまいかどうかは、以前に見たドラマの役柄を引きずらずに今見ているドラマの役柄を楽しめるか・・・というのが私としては重点を置いているところなのですが、それはクリア!

今回の忠寧と奴婢にしか見えなかったので、しっかり楽しめたかな!
ちなみに同じ顔で入れ替わる世子と奴婢のドクチルの一人二役だったんだけど、例えば背中の曲がり方、歩き方から表情まで違う人に見えたので、体を使って演じ分けててこりゃ凄いなと思いました。

でも、まあそんな色々考えなくてもコメディータッチで分かりやすい内容なので面白いです。思わずアハハって笑ってしまった場面もありました。
世子の護衛武士役のイム・ウォンヒはドクターキムサブで事務長役だったお笑いの人だったと思うし、世子のお相手の皇太子妃がイ・ミドだったりして、笑わせるぞーって気合が十分に感じられます。

最後の終わり方もすっきりなので、あー面白かったーって感じで良いです。

お付きがどんなに疲れていても自分のことを背負わせてた世子が、最後には反対に怪我をしているお付きの人を背負ってあげるようになったり、可愛い子には旅をさせよじゃないけど、色々なものを自分の目で見て、自分で考えるようになることが必要なんだろうなと思いました。王様でも、普通の人でもそれは同じですね。

しかし、チュ・ジフンは朝鮮時代のお召し物が似合いますね!
この映画では奴婢姿の場面も多いですけども、それもまた良し!

 

このドラマが見れるのは・・・