【韓国映画】コンフェッション 友の告白 の感想 ヒョンテの疑心暗鬼が噴出するラストが苦しい

韓国映画の「コンフェッション 友の告白」を見ました。チュ・ジフンとチソンが出演しているので見なきゃ!思って見たんですけど、絶妙に心が苦しくなるような映画でしたね・・・ クライムサスペンスってうたわれてるんだけど、それよりも友人とは?とその定義について考えさせられるような気分になったのでありました。

 

スポンサーリンク


 

友達といいながら相手に対して本当は複雑な気持ちを抱きながらつき合っているというのはよくあることかもしれない。それでも何事も起こらなければそのままつき合っていけるのかもしれないのだけど。

ヒョンテ(チソン)、インチョル(チュ・ジフン)、ミンス(イ・グァンス)の三人は高校時代からの親友同士。ヒョンテの娘の誕生日にはプレゼントを持って集まったりと良い関係を築いている。しかし、保険外交員のインチョルがヒョンテの母親の願いを聞いて彼女の経営するギャンブル場に火災を起こすことで保険金をもらえるように計らい、ついでに親子の和解もさせようとするも、不幸なことにヒョンテの母親が命を落とすこととなる。警察が犯人を捕まえてくれないこと業を煮やしたヒョンテが自分で犯人を捜して復讐をしようとするが・・・というようなストーリー。

インチョルは見栄っ張りでちゃらんぽらんで一見悪い人に見えるんだけれど、実は一番友達思いな人だったことが分かってくるんですが、反対に消防士で品行方正に生きているように見えるヒョンテが友人たちを本当には信じていなかったことが分かるラストが苦しい。妻に聴覚障害者を選んだり、ギャンブル場を経営している母親の職業が許せなかったり、自分が善の方にいることをことさら強調するような生き方は本当は自分の心の闇を多い隠すためだったのかもしれないと思わされるのです。

結局、最後までインチョルとミンスは(それがうまくいったとはいいがたいけれど)友達のことを思って行動していて、でもヒョンテは最初から誰のことも信頼出来なかったのかな。だから高校時代の出来事をインチョルに伝えて信じていなかったと告白出来てしまうけれど、インチョルはあくまでもヒョンテの母親がインチョルに放火してくれと頼んだことは言わない。それを言ってしまったらヒョンテが傷つくと知っているから。

 

誰もすごく悪い訳ではないのに、最悪の状況に行きついてしまうのを見ているのが苦しくなる。チュ・ジフンが演じる偽悪的なインチョルが最初は過剰に見えたけれど、ヒョンテの告白を聞いて歪めた彼の顔が忘れられないほど印象的だった。チソンの抑えた演技も悪く無いけれど、チュ・ジフンに食われちゃったところもあるかな・・・ イ・グァンスはいつもの感じの役なのでまあ良かったですよね。しかし、三人が同級生っていうのはちょっと見えなくて最初は違和感ありましたかね・・・

韓国映画ってこういう苦しい人間の心の裏側みたいなのを描くのがうまい気がする。引っ張りこまれて一緒に苦しくなること多い気がするな・・・ それなりに元気があるときに見た方がいい気がする映画かもしれない。

 

⇒Netflix






こちらの記事もどうぞ!

コメントを残す